熊澤良尊 将棋駒工房

元将棋博物館顧問。将棋駒研究と制作。

JR加茂駅、徒歩2分。
見学訪問は、0774-76-5911へ。

目次

作品 文章 写真 販売品

文字起し

2014-01-31 06:08:27 | 文章
1月31日(金)、大曇り。

旧暦正月とか。
昨日から今朝にかけて、幾分寒さが和らいでいます。

しかし昨日の日中気温は10℃超えでも、太陽の恵み薄。
外仕事は寒さが身に堪えました。

この時期は彫りとか整形とか。
漆仕事は棚上げに限ります。

昨日「探山」のリクエスト。
大昔、多少研究はしましたが、今回は文字起しから始めようと思います。

映像は、この間の奈良の裏道。
どこにでもありそうな景色ですが、この時期、残った柿の実の赤。








コメント

明けの明星

2014-01-29 06:21:52 | 文章
1月29日(水)、晴れ。

寒くなるかと思っていた昨日。
予想に反して、日中はポカポカ。
太陽の恵みが強くなったのを感じました。

映像は、先ほどの夜明け、東の空。
月齢27日ほどのお月さまと、近接する明けの明星。
金星、見えますでしょうか。
拡大してみます。


今日も一日が始まります。

ーーーー
今日も元気で働くことが出来ました。
お陰さまで、一日が終わりました。
世の中に感謝。
森羅万象、そして皆さまに感謝。

日の入り。
鹿背山の向うに沈む太陽。


太陽に感謝。


コメント (1)

スマイルジャパン

2014-01-28 06:56:20 | 文章
1月28日(火)、晴れ。

夜明けが幾分早まりました。
何でもこの時期、一日ごとに2分程度、日の出が早くなっているのだそうです。
只今の映像、今朝も上天気。
だが、チョッと寒くなりそう。

女子アイスホッケー。
オリムピックの日本代表。
皆んなニコニコ。
とにかく明るい選手たち。

イイねー。
これまでは、3大会連続で最終戦で敗退。
今度は最終戦で勝利してオリムピック出場が叶った。

試合中でも笑顔。
笑顔だと、いつもの力が出るんだとか。
で、愛称が「スマイルジャパン」。
強豪に混じって、笑顔で大いなる活躍を予感。

ーーーー
今年もいつの間にか、誕生日が過ぎました。
平和だと言うこと。
さて、本日は何をするかな。
いつものように、仕事場に入って決めることにします。




コメント

若草山山焼き

2014-01-26 08:29:52 | 文章
1月26日(日)、曇り。

夜半の雨は止んで、今は村雲ばかり。
天気が回復するのかどうかは不明。

昨日は、奈良で早い夕食。
その帰りに、若草山の山焼きに出くわしました。
若草山は、三笠山とも。
若草山は、愛称ですかね。

郡山近くで食事を終えて帰ろうとしたら、車窓越しに花火。
忘れていたのですが「ああ、今日は山焼き」。
花火で山焼きが始まりました。
帰るルートは三つ四つ。
花火を見ながら帰るとして、一番良いのはどれ。

で、ルートは二条大通りに出て中心街を東進。
正面に、円い光の花がハーッパアーっと広がります。
どこまで近づけるのかなあ―と思いながらなおも東進。
油坂辺りでは、「ドーン」という破裂音が車全体を揺らします。

行けるところまで行こうと、近鉄奈良駅を過ぎて奈良公園に。
県庁前を更に東進し交差点辺りに近づきました。
この先を直進すると国立博物館・東大寺・春日大社・そして若草山。
しかし、此処で交通規制があって、先には進めません。

ゆっくりと左折れして北に。
その頃、花火が止みました。
と、山のここそこで赤々の火柱。
山焼きの開始です。

懸念もあった雨は、この時間はまだ。
無風状態という良い条件。
火は、やがて全山に。
昨夜は、思わぬお年玉を貰ったような出会いでありました。

写真を撮りたかったのですが、安全運転に努めました。



コメント

香川愛生女流王将祝賀会

2014-01-25 19:22:57 | 写真
1月25日(土)、晴れ。

一日中、春のような陽気。
気温は15℃。
夜になっても13℃と過ごしやすい一日でした。

午前中から午後は京都へ。
香川愛生女流王将祝賀会は、四条のANAホテル。
主催は、在学中の立命館大学将棋部OB会。
OB各位の祝辞、記念品の駒の贈呈と進んで、映像は3番勝負、女流王将決定局を振り返っての様子。

参加者は、50名近く。

駒は会場にて披露されました。
駒の製作者としての小生。
祝辞と駒制作の経緯を簡略説明。

10日ほど前の夜に中平名誉会長から電話で制作依頼を戴いたこと。
「本人の希望は卷菱湖。それを彫り埋め駒で。当日は目録贈呈を予定している」とのことでした。

「駒は、当日には到底困難ですが、慶んで制作させていただきます」と返事。
しかし、現品が無い駒の贈呈式は、まるで気の抜けたビールのよう。
何とか当日お渡ししたい。
何とかできないかなあ・・。

と言うことで、翌日仕事場に入って、探すと、ありましたありました。
去年の秋から、ボツボツと進めていた「菱湖」。
盛り上げ駒にするつもりで、途中まで進めていた駒。
もう少しで、彫り埋めが終わるところ。

これなら、間に合うかもしれない。
だが、この時期、漆にとっては最悪。
そんな日々が続きました。

中平さんからは「駒が出来ても出来なかったとしても、祝賀会へ」と招請をいただきました。
でも、この時も100%の約束は出来ないでおりました。
2日前の朝、やっと「祝賀会当日に、お持ちします」と伝えることが出来た次第。

木地は御蔵島ツゲ、目が積んだ柾目。
袋は正倉院文様。龍村製獅子狩紋を京都で縫製。

とにかく、ほのぼのとした愉しい祝賀会でした。








コメント

春の兆し

2014-01-24 07:01:17 | 文章
1月24日(金)、晴れ。

寒かった昨日より、5~6℃アップの予報。
間もなく陽が昇ります。
太陽の恵み、春の兆しです。

写真中央に、白い靄。
先日のナンダロウの、原因が分かりました。
奈良市の焼却炉から排出される水蒸気。
本日は無風。


ーーーー
都知事選。
立候補は10数人。
その中で3~4人が混戦状態。
誰が信用できそうかな、誰に投票するかな・・。
でも、当方はその資格がありません。
しかし注目です。

ーーーー
仕事は、木地の再成型やら、お祝いの駒やら。
再整形は、要望に合わせて小ぶり薄めに調整。

お祝いの駒は、あと1枚。
今日が最終確認する日。
何とか目途がつきました。

ーーーー
ソレニシテモ、マー君の話題。
契約金の額。
凄いですね。
記者会見も自然体で立派。
コメント

朝靄

2014-01-23 20:09:03 | 文章
1月23日(木)、朝靄。

今朝は雨上がりで、靄。
外は相変わらずの冷気。
でも、春は確実にやってくる気配です。

中々固まらなかった駒と根付の漆。
いつもは1日で固まるのが、1週間経って、やっと芯まで固まった模様。
モノによっては、もう少し待つとします。

お祝いの駒。
どうやら土曜日には持参出来そう。
本日は、駒箱への揮毫を終えました。
ブログで披露できるのは、お渡しした後。
ご本人の許可を戴いてからとします。
コメント

不思議な夕焼け空

2014-01-22 17:39:05 | 文章
1月22日(水)、晴れ。

映像は先ほどの夕焼け空模様。
良く見ると、中央辺りの雲付近。
この辺りが、何やら縦にボヤーッと明るく。
此処だけ、小糠雨でも降っているのでしょうか。

土曜日の京都での祝賀会。
その前日には幹事さんの手元に届けたい。
駒の大半は、出来上がってきました。
だが、1~2枚チョッと手を加えたいところがあって、それが間に合うかどうか。
秒読み段階です。

まだ、その見極めが出来ていなかった昨日。
祝賀会への御招待をいただきました。
「駒が出来なくても、出席を・・」とのこと。
有り難いお誘いです。

直接会場に持っていくより、納期は1日延びることになります。
この一日の違いが、間に合うかどうかのポイント。
今日現在では、飛車が未完ですが、どうやら間に合いそう。
と言うことで、駒箱の選定やら箱書きやら。

ソレニシテモ、漆に四苦八苦のこの時期です。


コメント

霧の朝

2014-01-21 07:11:32 | 文章
1月21日(火)、霧。

昨日は大寒。
間もなく日の出。
外は白っぽく、霧が出ています。

ソレニシテモ、同じような事件・事故が続くものですね。

今日は訪問者。
この間の駒を渡すことに。
映像を再掲。




それまでに急ぎ仕事。
この間、「漆の乾きが倍」と書きました。
しかしこのところは、3倍にも4倍にも。
それだけ寒いと言うことですね。




コメント

仕事優先

2014-01-20 07:15:31 | 文章
1月20日(月)、快晴。

間もなく日の出。
今日は360度、晴れ渡っています。

明日の来訪者の他に、先週、急遽飛び込んだ急ぎ仕事もあって、東京行きは断念。
東京は久しぶりなのですが、仕事優先と言うことで、今回は残念。
急ぎ仕事は、立命館大学関係者から依頼だあった「巻菱湖書」。
駒は間に合わないので、目録贈呈を考えておられるようです。

しかし、現物の無いままの贈呈式は、気の抜けたビール。
そこで、途中までボツボツと進めていた駒を、急遽これに当てようと。
先週から、残りの工程に入りましたが、間に合うかどうかのギリギリ。
とにかく、25日の祝賀会に間に合わせなければと思っています。

映像は昨日の夕景。
ソレニシテモ、電線とか電柱とかがいっぱい。
街路樹の欅も、枝が散切り。
見苦しい姿。

コメント

駒の写真集

リンク先はこちら」 http://blog.goo.ne.jp/photo/11726