春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

大叔父・太田節三の慕情を新装しました・・・。

母に、背負われて・・・・!

2016-04-30 20:53:43 | 魅せられた!
何の疑いもなく、映画看板を写して、
ポスターを見て、2日神輿が出る?
なんで月曜日だったのだろう?
4日前から疑問だった。
さっき帰路に向かう、車の中で気が付いた。
『営業車が少ない訳だ!』

こんな症状をなんと解釈されるのだろう!!

写真を撮らせて頂いたお礼に
青梅市の誘客に一役です。

2日午後から神輿  3日本祭り
2日午後、3日朝から車では通行できません。

・・・・・・・・・・・・・・・
母の背中にかつがれ、初めて見たのが『シェーン』
今でもそう思っている次第で・・・・。




こんなお店も・・・・。

今晩はこの辺で、映画看板の案内を留め置かさせていただきます。
コメント (1)

レトロな町、5月2・3日は神輿が出るってよ!

2016-04-30 05:50:39 | 魅せられた!
おはようございます
又 また 看板です。
『挽歌』原節子・笠智衆  『拳銃の街』 ジョン・ウエィン


『第3の男』ジョセフ・コットン オーソン・ウェルズ





青梅市は都会。路上禁煙。多摩川迄。
我に返った。浮かんだ1度だけの父と母とのお出かけ。


路地に入り、青梅線の線路の沿いに、





お店の看板。

・・・・つづく


コメント (2)

節三の妻ルーシーが姿三四郎を山嵐で・・・!

2016-04-29 03:58:19 | 節三・Memo
また 看板です。
おはようございます。

左下「ティファニーで朝食を」なんとマァ、キュートな・・」
右上「姿三四郎」


富田常雄原作・実在の人物・
講道館の西郷四郎を物語にしています。
講道館の資料館では全く小柄で紹介されています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



寄せられた下記の記事が心を動かしました。
28日 夕刻の送信でした。
見たのは、21時。
昨日『なつめろ聞いて・・信州の釜めしか!』のページに
書いた『なつめろダイアリー』記事への返信。

※私がブログを開設する、決定的なきっかけになった方の記事です。
このコメントは、これからの私の貴重なページになります。

『にいちゃんのなつめろダイアリー』
これを機に、一旦公開し仮眠中にしたページ『にいちゃん あなたですね』を開きます。

『にいちゃんのなつめろダイアリー』さまからです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「熱さ」の伝わる記事、早速拝見しました。
一昨年の夏の「林田民子エピソードTwitter&ブログ掲載ブーム」で
全国の若い世代の方々にも有名になられた太田氏。
私は佐藤千夜子さん関連を検索中に
偶然「林田民子エピソード」を見掛けてすごく驚いたのでした。
元々は2冊の著書に掲載発表されてるらしい話を2009年に某ブログが掲載、
そのブログを私も見掛けたのですが
「感動」と同時に「不自然な部分」を感じたため、
太田氏関連記事を掲載しながら検索してみたのです。
話題となった話の2冊の著書に描かれた林田民子エピソードは
どちらも「著者それぞれの伝え聞き」と判明、
その著書に話を伝えた方は既に故人のようです。
「伝え聞き話はアテにならない」と思いましたし、
多くの人々の気持を揺さぶった感動が込められたエピソードに
「日本人の心」も感じたのでした。
商業ベースで著書を発表される方は
「伝え聞き話」の内容を確かめられてから書かれるべきで、
その傾向は商業ベースでない「Wikipedia」にも最近すごく多いのです。
ブログをなさっておられる多くの方々がWikipediaに対する信頼性の疑問を
感じないまま記述抜粋でブログに引用されているので、
それらについても記事に少し書いています。また、
米国記述(英文ページ)には
「太田節三とルーシー・バニングの結婚は1929年」と記述があり、
米国では「その記事」からルーシー・バニング関連記述が書かれているようです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上{にいちゃんのなつめろダイアリー}さま。(是非検索してみてください)

{toyo0181}
この記事はブログを開設しようとした私の心を見透かしたかのように・・・お見事でした。
造られすぎて「歴史に残る一ページ」は、決していいものではないでしょう。
著者の方、著書を決して極論で、誹謗するものではありませんが、
鵜呑みにして煽動される読者の方にも、
僅かばかり、寂しさを感じています。
小説は小説。いいのです小説です。
ただ、読者はその小説をどう読み熟すかで
自分の感性は磨かれるのでしょう?

実在の人物を描くときは、注意しなければなりません。
実在の人物を書き手の意のまま行動させ事実からかけ離れて、
読者に夢を与えようとするのであれば、
書き手の驕りに軍配が上がります!
そこで何も知らない読者は、歓喜の輪を広げるのでしょう。
実在の人物の周りは、苦渋の顔で天を仰いでしまいます!

私は稚拙な文を読み返すと、
熟柿の朱より紅くなり、ガマの油に匹敵する、汗が出ます。

隠密を走らせ、密偵となって集めた資料も、
書けばほんの一行にも満たない、もどかしさ、
整理能力のなさ、解析力のなさ、決断の鈍さ・・・・
苦楽を共にする伴侶が居たなら、
きっと膝の上で煙草をくゆらせ、歯がゆさゆえ一筋の涙を流すでしょう!?

※アメリカの記事とは「ロスアンジェルスのリトル東京図書館内の書籍」のことでしょうか。

年譜は間違いです。

節三が生まれた、小坂町の役場にある戸籍簿です。

「節三」亡太田新助・クニ 七男 明治参拾年四月四日生
「ルーシー・B・ロッス」ト昭和参年壱月壱九日婚姻、同月弐拾六日届出 同年弐月弐日北米合衆国在
ロスアンゼルス領事水沢孝策受附 同年五月弐日送付

「ルーシー・B・ロッス」
   父亡 ゼネラル・フヰニース・バ二ング
   母亡 メリー・ホリスター
   節三 妻
   西暦壱千八百七拾八年七月拾壱日生(注・明治11年)
北米合衆国カルホニア州ローサンゼヱルス市南コモンウェルス街三〇五番 戸主昭和参年壱月拾九日
太田節三ト婚姻 同日国籍取得 同年五月弐日入籍
昭和四年弐月弐拾日午前拾弐時半 「フローレンス」ニ於いて死亡 同居者 夫太田節三届出 同月
弐拾七日 在ミラン帝国領事井上清一受附 同年参月弐拾五日送附

昭和参年=1928年 婚姻
昭和4年=1929年 妻ルーシー死亡
です。


『にいちゃんのなつめろダイアリー』さま、このコメントの公開が不本意に扱われた
と思われましたら削除・・・・・いた・・し・・ます。
が・・・・
削除はさせません・・・でしょう・?

トルーマン大統領の原爆投下決断には血走って吊上がる眼ですが、
「某著書」に描かれた大統領、ご親族の皆様にはなんと、お詫びすればいいものか!

合わせる{顔}がありません!

コメント (2)

◆2 騎兵隊と野武士、どっちが勝つ?

2016-04-28 07:03:06 | 魅せられた!
おはようございます。

志村喬さん渋かったですね・・・。
屋根の上にでかく。


何回か觀行きました。立ってるだけでスター・・か・・ウン!


お店の看板、メイン看板ではありません。
ポンペイ。


松竹の看板娘「岩下志麻」さんですか?


1989年カンヌ国際映画祭
審査員特別大賞受賞
「ニューシネマ パラダイス」
映画に見せられた中年の男・・ウン!


この日は、半袖でも暑く、クマは・・・!
コメント (4)

 鞍馬天狗、山あいで活躍・・!

2016-04-27 06:51:19 | 魅せられた!
パソコンが元気になったのは、日付の変わった、深夜。
それから、準備をして投稿となりそうです。

昨日は、一昨日の陽気につられ、予定は海だったが多摩地方の
山奥にハンドルを切ってた。
籠城中の「川合玉堂」が気になっていたに違いない。
15歳~16歳に描いたスケッチの感性と技術には、感銘したのだが、
退館後・・・・・渓流に降りて、吸煙。
時間が余った・・!

・・・・・・・・・・
1924年当時の青梅駅


現在の青梅駅(1924年と同じ建物です)


当時の建物の出入り口ですが重厚ですね。


歩いて50メートル。表通りに出て見上げると、商店の看板が、
映画のワンシーンです。
向かいも、隣も。
この商店の看板、右は「赤塚不二夫」氏の描いた看板。
左の自転車を持っているのは、佐田啓二さんの、映画「・・」
このワンシーン見覚えがあるのですが、どうも題名が浮んできま・・・・せん!


「君の名は」をだぶらせる「哀愁」
ビビアン・リーが演じた哀愁の襞が感動でした。
「風と共に去りぬ」よりはるかに胸を打つ存在感だった。


電線がなければ、もう少し洒落てましたか?


どっこい!
洒落た民家。
とんかつ がまた歴史を想像させます。


お待ちかね、大佛次郎の十八番、「鞍馬天狗」
猫好き、吉川英治より多いペンネーム。
童話迄書く、マルチ小説家。
当方掲載の鎌倉市、長谷寺の後ろ大仏さんの近くに住んだことで
大佛次郎。

怪しげな「扇千景」さんの登場に「嵐・寛」さん
首をクリ・・クリ・クリ・・。


今晩・・・? また!
コメント (11)

時間かかっても、楽・・

2016-04-26 07:51:13 | Extra
おはようございます。
今日もいい天気ですが、パソコンの調子が
急に悪くなりまして、
薄い塀の上を歩くような状態での投稿です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

郡山~会津若松までの運行表ですが、
随分時間がかかったものです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント (1)

{21} 川合玉堂、籠城・・・次の手は・・

2016-04-25 21:48:29 | 散歩
し貧血気味だが、すぐ腹が減る。
以前にない症状であります。

多摩の御岳峡谷まで散歩。
初めて知る、川井玉堂の足跡。
その美術館があるというので、意気込んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

静岡停車場構内 東海軒 静岡元祖「鯛飯御辦當」
代償参拾銭 大正7(1918)・21

静岡駅より 
御用邸 四?丁 ・浅間神社 十六丁 ・久能山 二里一六丁 蔦の細道 二里 ・???
駿府城 ?丁 ・清水公園 八丁 ・??? ・今川義元ノ墓

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いくつも違う色の緑の葉から、
小気味のいい太陽が
歩経路を包んでいました。








本日、月曜日、休館日。



「岩」を・・・・・・「がぁーん」とも云う。

コメント (1)

{20} 寝すぎた 弁当・・今・・。

2016-04-25 06:45:54 | Extra
おはようございます
今日は青空が見える気持ちのいい朝です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
豊橋駅
壺屋辦當部
金 百五十円
昭和二十七年

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

千葉駅
万葉軒
昭和 沼本忠次蔵
水彩絵の具で描かれているよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

濱松駅
白笑亭
昭和29・8・22
金50円
コメント (2)

(42) 道は険しく・・・ても・・・

2016-04-24 19:49:38 | 節三・Memo
命がけのアンデス山脈を越え、
パンと水だけでメンドサ市への170キロの旅、
学校のトイレ掃除などで生活費を稼ぎ出すと、
無蓋貨車に乗って、首都ブエノスアイレスへ。
不況下のアルゼンチンには、言葉のわからない邦人青年の就職はなく、
生きる道は、700キロのコルトバ市へ。
農学校で20日ばかり働き、さらに600キロ離れた、トウクマン市へ徒歩の旅。
そこで地元の有力新聞「エルオルデン」の社長ロスエシバルの秘書という
思い掛けない職にありついた。
生活に余裕のつき、地元の貧民窟の子供たちを相手に事前運動をはじめる節三の兄六郎。

一貫性のない投稿ばかりで・・・・。


足りてる物資、足りてない地域。
東日本大震災の時も、
足りてた物資を、足りない地域に運んだらと、同じ被災者のいう言葉にも、
運べない、ここに来たものを分け与えるのは「窃盗」にあたると、
頑として、ストックしたままの地域もありました。

コメント

ここまで・・気をつかう?・・日本の母・・・

2016-04-23 20:23:24 | Extra
皇室の衣服は、焼却されるそうで、
下のベビー服は、
天皇陛下、皇太子、秋篠宮様にお仕した
浜尾 実氏が退官の折、美智子皇后から、拝領した
美智子皇后が皇太子幼少のころ、自分で縫ったベビー服なのだそうで・・・


これが私の母の縫いつけたボタンの糸。


皇后さまの付けかた。
で付けると、後で重ねた糸が先に切れるので
矢印に付けたという!!!、


へぇぇ・・・びっくり!

まぁ・いいか!
眠くなりました。
コメント (6)

{19} 密偵、岩窟の秘密を暴く・・・・・

2016-04-23 07:18:37 | 散歩
弁天窟、突入。


弘法大師が

(町田市・高幡不動の像)

参籠し感得し弁財天の尊像を彫ったと伝えられ、


弁天窟の壁面は、弁財天と十六童子が祀られています。




出口迄来ると、何となく裕福に、汚れが落ちたような錯覚に・・・


そのまま鐘楼へ
この鐘楼は1984年に作られた新しいものだと・・


このほか、弁天堂や慈光殿など見どころはありましたが、写真はなし!!
※受売り 1
お寺の歴史・養老5年(721)徳道上人によって観音像が作られ、
16年後この地に祀りしたのが始まりという。
※受売り 2
後年徳川家康が、支援をし江戸時代には、庶民の信仰のお寺として、
関東三十三か所観音霊場巡りの霊場として栄えたとのこと。
(杉本寺を出発点とし、逗子の岩殿寺、大町の安養院、そして四番目)



長谷寺
おしまい!
コメント (1)

{18} 隠密、ひさびさの活躍か・・・

2016-04-22 19:43:26 | 節三・Memo
本日、4月22日、AM8:30、コメントへの追伸です。
▽「三船師範のお墓は、久慈市にありますか」
▲「はい、あります」
▽「場所は、どこでしょうか?」
▲「巽公園にあります」

これは、久慈市にあります「三船久蔵十段記念館」の職員さんの方との会話です。
巽公園にお墓はなく、下図の記念碑があります。
おそらく記念碑を、お墓と勘違いしたのではないでしょうか。
「日本1000公園」恵谷真様から許可を得て掲載しております。 2016.4.23
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


新宿~御嶽(東京・青梅市)間の直通電車 御嶽=御岳
行楽シーズの休日に、御嶽駅迄鉄道省(国鉄)の電車が直通した時のスナップ
1934年(昭和9年)



昭和9年。
佐藤千夜子の功績は、イタリアからメダルを授与されるのだが、
若手の台頭、太田節三とのスキャ・・で。

佐藤千夜子。
昭和4年、菊池寛が小説「東京行進曲」を夏川静江、入江たか子主演で
映画化した主題歌に佐藤千夜子が日本で初めてタイアップした曲が25万枚の
売上げ、特大ヒット曲のお陰で全国区のスターにのし上がった。

子供の頃から天童教会の日曜学校に通い、
伝道師のミス・キルバン (Miss Kirwan) と出会い
天童小学校高等科卒業後、その歌の才能を見抜いたキルバンに連れられて上京。。
ミッション系である普連土女学校(現:普連土学園)に入学。
1920年(大正9年)、東京音楽学校(現:東京芸術大学)に入学。      

在学中にオペラを鑑賞し、強い感銘を受け音楽を志し   
中山晋平 野口雨情らと親交で、スターとして不動の地位を築いていきます。
明治大学マンドリン倶楽部で「古賀政男」の「影を慕いて」に注目し、
古賀政男を世に送り出します。

コメント (1)

{17} 三船師範の検証と、乗ったかもしれない小作駅

2016-04-21 20:08:06 | 節三・Memo
2等車を連結した、電車。
場所 東京、羽村市小作駅
昭和20年代後半。
占領時代の連合軍専用車両の名残で
1957(昭和32)年迄2等車、今のグリーン車があったといいます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・コメント頂きました。
写真ですが検証ください・・・
写真奥、真中が三船師範と奥様、郁子夫人の眠る・・・

久慈市にはないと思います・・・。でも何かある様な気がしますね。
久慈市の三船十段記念館の像の眼が講道館の方角を見ているように、
鎌倉霊園では最上段、明るい太陽を浴びる真南を向いています。

これでいいと思います。※郁子夫人が施主となって三船師範の両親も右側にあります。


{記事一覧の (31)三船久蔵、節三に再び会う}
をめくって頂ければ、幸いです。



コメント (1)

{16} のどかでした・・・

2016-04-20 20:47:21 | Extra


成当時の青梅駅
1924年(大正13年)
青梅鉄道株式会社の本社

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は1枚で・・・・。
明日はちょいと気分を変えて、
アメリガ女性と結婚した、節三の婚前旅行で
訪れたでありましょう鎌倉市の長谷寺を、投稿・・・予定・です・・。
コメント (1)

{15} 捲土重来を期し・・・そっとおやすみなさい・・・。

2016-04-20 05:59:07 | Extra

駅弁の包み紙を見ていると腹が減るので
しばらく、折詰にして仕舞っておきます。
提供くださった方のご厚意と、意に英断下された寛大なお心に感謝いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昭和40年、(1965) 東京、青梅駅構内。交通文化振興財団。


明治33年 (1900) アメリカ製
上信電鉄の創業時の会社の名前は上野電鉄。
5号機関車は重量4トンで一番の小型とのこと。


初代の青梅駅
祝日か記念日か・・日の丸が・・。



▲「処で、折詰はいつ開くの?」
 ▽「ひらく気になった時・・・だな・・」

ご覧下さった皆様にお願いです。
「駅弁紙」は再度投稿できる暫くの間、休みをください。
コメント (2)