春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

大叔父・太田節三の慕情を新装しました・・・。

2千年の旅、ぼ~ぜん! ガラスの森

2017-04-30 16:49:13 | ヴェネチアのガラス

昨日は、ブログ更新後、急いで箱根まで・・・。
雷雨の心配もありましたが、その被害には合わず、良かったのですが、
アルベルト・デ・メイスさんというヴァイオリンのコンサートもあって、
美術館は満員状態。

小さいガラス箱、後続の方が絶たず、GWが過ぎてからの方が、よかったと!
中高年の方も多いのですが、箱根観光の1つに取り入れたのでしょうか、
若いカップルの方が多く、特に驚いたのは、女性は男性が先に進んでも、
構いなし、じぃ~とみている姿でした。
日本の2千年前を浮かべ、これら作品の出来栄えに、
ぼ~ぜん。



1世紀・長頸瓶、宙吹き、モザイク・グラス、ムラーノガラス美術館
※細長い頸を持つ香油瓶。
加熱して板状にした色ガラスを吹き竿の先に取って、
息を吹き込んで成型したものと考えられる。
従来の工法より200倍も早く、形や大きさも自在に政策されたので、
爆発的に普及した。
紀元前、1世紀前後に、ローマの町の4分の1が、
香料店だと風刺されるほど、香油が大流行したことから、
ガラス製の香油瓶も大量に制作された(解説から)
クレオパトラは、シベット、アンバーグリス、ムスクの
香料をふんだんに使用していたというから、
紀元前1世紀の女王ですから、このような瓶があっても、
当然なのでしょうが、それにしても鮮やかな色です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



1世紀前半、
リブ装飾碗、出土地・アクイレイア・宙吹き、モール装飾

アクイレイア国立考古学博物館
※胴体の周囲に張り出したリブ装飾がみられるガラス碗。
胴体の周囲に細いガラス棒を縦に熔着し、凹凸を付けた後、
膨らませたり、ガラスを縦につまんで、模様をつけることで表現(解説より)



6世紀ごろ、
円形切子装飾碗、宙吹き、カット装飾

※ササン朝ペルシャ時代に製作されたといわれるガラス碗。
周囲に32個の円文切子装飾が施されている。
ササン朝ペルシャのガラス器で有名な類例は、
シルクロードを渡り正倉院に収められた、
白瑠璃碗や紺瑠璃杯、第4回十字軍遠征により、
コンスタンティノポリスから奪取され、
ヴェネチアのサン・マルコ寺院に収められた作品群が有名(解説より)



紀元前1世紀末~紀元後1世紀初め、モザイク・グラス
出土地・カナルビアンコ墳墓(アドリア)、アドリア国立考古学博物館



1884年 脚付杯、
フランチェスコ・トーゾ・ボレッラ、
宙吹き、エナメル彩、金彩
全体8センチほどの大きさ。

レンズから見ないと



3~4世紀、
耳付二連瓶、パレスチナ地方



17世紀・
動物型オイルランプ、宙吹き、熔着装飾、ムラーノ・ガラス美術館

※中に油と芯を入れて使う卓上用のオイルランプ。
形態は、16~17世紀にヴェネチアで多く生産された(解説から)

ヴェネチアグラスの源流は古代グラス。
約4千年前の昔に、
人間の知恵と技術によって、人工的に作り出されたことに始まる。

う~ん!吸収しきれません毎度ですが。

コメント (2)

4月29日のケーキカット!

2017-04-29 10:07:37 | Extra

昭和の日。
昭和天皇が生まれた日。
終戦後、平和を願い全国を行脚したという天皇のエピソードを
知ったのは、大人になってからでした。

昭和63年、朝日新聞1創刊100周年の特集で、昭和天皇が、
昭和24年5月(福岡県嘉穂郡庄内町)「天皇様はどこかな」と
おばあちゃんが天皇陛下と並んで
歩く姿を、
朝日新聞の記者が特ダネとして載せている。

記者、松田繁さん(当時65歳)、後ずさりして、
菊の御紋章のついた陛下のお車にぶつかり、
冷や汗をかきました。と、
咎めのない事後処理にしみじみ平和を感じたという。


茶色に変色している資料は、
紫雲丸事件の沈没の瞬間(昭和30年5月)
三島事件の割腹現場(昭和45年11月・市ヶ谷)
ベトナム戦争の開高健が直面した銃殺場面(昭和40年1月)、
伊勢湾台風(昭和34年9月・名古屋)
など、生々しい現場写真が写っている。

私の年代では、どれもが、見聞きしたもの。
昭和天皇は、どの事故、事件にも心を痛め、
市井が安心して暮らせることを、
決して忘れなかったと聞けば、
我儘三昧、先走って疲弊し、これからを見間違う私、
生まれた時に戻る時間より、
これからの時間が短い私、

今日、平和を願った昭和天皇誕生日のケーキカットは笑顔だろうか?
を思えば、
私の事より「シャキッとしろ」と、ナイフを置く姿が浮かんでくる

 

コメント

旅情・キャサリン・ヘプバーンの赤いグラス・ヴェネチア職人❛4❜

2017-04-28 10:31:59 | 魅せられた!

 久しぶりに、朝から青い空。
こんな日は、おもてに出て気分をすっきりさせたいのですが、
気の赴くままでは、あとで困るので、少し、我慢、ぐっと、こらえましょう!

ただ、

暗号鍵は「通信の秘密ではない」無線LAN、ただ乗り無罪。やっぱり使えませんね。

今後30年間に震度6弱以上の揺れに見舞われる確率 | J-SHIS リンクです。
横浜は81%。1922年9月の関東大震災の震源地は横浜ですからね。

アチェロ (木製のからくり人形が時を刻む森の小さな水車小屋)
3個買ったのですがなくなりました。
調味料にしても、いい商品でした。



 

  

  

 

 風にそよぐグラス 1895年

 

 

 

 白

鳥装飾脚 キャンドル・スタンドール、19世紀
フラテッリ・トーゾ工房
宙吹き、熔着熔着、金箔装飾

旅情のグラス
赤色の発色方法はもっとも難しく、
工房では未だ極秘だそうです
 

「キャサリンヘッ...」の画像検索結果


この後、後ずさりしながら撮影して、
運河に゛どぶん゛
「キャサリンヘッ...」の画像検索結果

「キャサリンヘッ...」の画像検索結果

「キャサリンヘッ...」の画像検索結果
4枚・借用

花装飾脚故ブレット、19世紀
宙吹き、熔着装飾

 

 龍装飾コンポート、1880年
サルヴィアーティ公房
宙吹き、熔着装飾、金箔熔着

 

 

コメント (1)

隣りでGWの前々夜祭!

2017-04-27 17:33:04 | Extra

稜線の白い雲に、焼いたイワシのつまみで一杯は、
ゴールデンウィークには遠出をしない、
私の為に、
「友」が仲間を引き連れて、
前夜祭でしょうか、隣りで盛り上がっています。

私をダシにして今日から酒盛りとは、
「友」にすれば、なんと長い休暇になることか。

狭い我が家に女性ばかりは、到底、間が持ちません。

が、今年のゴールデンウィークは近場に出かける予定は、有って
ヴェネチアグラスの2千年の旅が箱根町で、
山本周五郎展が甲府市で、
どちらも29日に開催するので、調整をして抜け駆け・・と。

2日、3日は、新緑の山あいに似合う青梅の山車祭。
祭りは、去年初めて見た祭りなのに、山車と男衆、女衆、見物衆が一体となって、、
暮れてゆく、山あいの碧い山に、お囃子が木魂する風景がたまりませんでした。
どうしても来いと呼んでいます。


てなわけで、
山は、人が少なくなってから、登ればいいし、

仕事は、夜すればいい、と完璧なスケジュール? ウン!
と、思いつくまま隣りへ、申し訳程度に顔を出しましょう。




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

昨年の写真です。

コメント

昼行灯と花!

2017-04-26 21:28:35 | Extra

本を読むのは苦手、まして文章書くなど、闇の中で恋人を探すようなもの。
2年前突然の依頼で、1910年前後から、第2時世界大戦の終戦辺りまで、
持っていた少しばかりの知識を頼りに、
猛烈な勢いで資料を集め、本を読始んだ。

紆余曲折、ひとまず知識のてんこ盛りに。

謎が解けていき、空白の地図が埋まり、完成に近づいてくると、
途端に、自他認める「昼行灯」にもどってしまう。
その「昼行灯」になる節目は今日あたりかな、と、
夕方、稜線を眺めて思った。

4月半ば、八王子・高尾山に咲いていた花ですが、覚えたはずの名前、今浮かびません!

 

 

 

コメント

春なのに、なぜかうすら寒い! Nippon

2017-04-26 11:11:18 | 3.11 被災

常磐自動車道の福島地域に入ると、
田んぼの中に、黒いトン袋が数えきれない数で並んでいるのが見えてくる。
被災地で、行き場のない黒い袋。
福島県浪江町の高速道路を下りると、
幹線道路左にはバリケードが張り巡らされ、
ガードマンが不幸の砦を守っている。
立ち入り禁止の区域であった。
右の道、1分も走れば、黒い袋の大きさと、敷き詰められた広大な面積には、
車を止めてしまう、衝動に愕然としてしまう。
家々の門戸には頑丈に鉄パイプのバリケード。
それが2017年、3月10日、
4月から帰宅可能になっても、保障費打ち切る直前の浪江町の風景でした。
3月11日、6年前の震災当日。
日本国中が震撼とした天災で、すべてを失った人たちが、
多くの励ましと、支援を受けて、立ち直ろうとした矢先、
6年後、

唯一救世主であるべき日本国に、被災は忘れ去られ、
明日を比較対象の前で切り捨てられていたとは、
これっぽちも思っていなかったであろう。

天災は、小さくも大きくも、被災者にとっては同じ困難が生じる。
それを救うのが国ではなかったろうか!
国は、国を守るのはなく、国に住む人間を守ることが基本ではなかったか!

前途ある若者が、国を意識しなくなる理由が判るような気がする。

覆水盆に返らず。
謝って盆に返そうとする、デリカシーのない人など、今の日本に必要ではあるまい。
謝ることが常習化し、ことが進んでいく、責任のなさに、

春なのに、なぜか背中がうすら寒い。

コメント (2)

開放感200%医師との別れ。ガラスの森! 

2017-04-25 18:07:48 | ヴェネチアのガラス

2週間の行動表を渡し、返ってきた言葉が「なんて無謀な!」
30分程度の散歩の指示を破って、
高尾山に5度、小金井に2度、箱根と、ハードな運動量だった。

痛みも出て、腫れもしたけど、
開き直って、化膿したら切開すればいいだけ、と強行突破?

問診、触診、予定にないレントゲン撮影。

結果が出るまでなんと5時間過ぎて。
何もそこまで時間をかけることはないだろうに、と思ったけど、
結果は化膿しないと判って、切開は無し、
これ以上良くならない無理のない程度で、筋力をつけましょう、と。
今日で医師、患者の付き合いは実質終わった。
これで医師の言葉を裏切らなくて済む開放感がボワ~ッと。

暇人と思ったのか、1か月後に予約が入った。
来るか来ないかはご自由に、だという。
先生も、私に解放されて、ホットしたに違いない。
やけに饒舌だった。昼飯時過ぎて、話に花が咲いてしまった。
明日は、東京地方、雨が降るのは夕方からだと・・・!
「友」に「登山靴」を返せと、でかい態度で言えるのが、これまた爽快!

箱根ガラスの森美術館の売店で売られている商品の一部ですが、
ヴェネネチア製で、色彩が実に鮮やかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 


ではまた!

コメント (6)

箱根ガラスの森美術館 2千年の旅展が!

2017-04-24 16:31:50 | ヴェネチアのガラス

 



 

 

 


 

●箱根登山鉄道「箱根湯本駅」から
●箱根登山バス「仙石案内所前行」


あなたの席で、カンツォーネ。箱根の思い出をさらに印象付けます! 



きな臭い話の報道に、肝は座っているのですが、
私たちの手の届かない政治家のやり取りに、肝が据わった、という以前の
釈然としない心地が、脳のどこかに゛デン゛と居座り続けています。
日本という国は、どうして゛戦争゛という言葉が付きまとうのでしょうか。
日本が引き起こす、戦いではなく、悲惨な日々を送ることになる危険性が、
目の前で繰り広げられ、
あり得ないと云う言葉は98%の我々の言葉でも、
あるかもしれないという不安は消えないのですから・・・
専門家でも判らないという解決策
に、
欠伸をしながら背伸びをして「平和」だといえる言葉が、
遠のいていくような気がします。
せめてブログの中だけでも基本、争いを忘れたいものです。

コメント

ヴェネチアの職人・箱根ガラスの森美術館❛2❜

2017-04-23 19:30:33 | ヴェネチアのガラス

















ドルフィン型脚ワイングラス 
20世紀・ヴェネチア
宙吹き・エナメル彩・金彩・熔着装飾


カワセミ 1
9世紀・ヴェネチア 
ホットワーク、熔着装飾


船形水差 16世紀中頃・ヴェネチア
アルミニア・ヴィヴァリーニ作
宙吹き・熔着装飾

 ロック・クリスタル双耳 
16世紀・ヴェネチア

  水晶のロック・クリスタル彫刻
  グラヴィール・カット・装飾金具


バラ装飾脚ワイングラス 19世紀・ヴェネチア
サルヴィアーティ工房

宙吹き・モール装飾・熔着装飾

ミルフィオリ・グラス・ランプ 1890年~1910年・ヴェネチア

フラテッリ・トーゾ工房
宙吹き・ミルフィオリ・グラス



人物行列文壺 
1500年頃・ヴェネチア
宙吹き・エナメル彩・金彩























まがも別名・あおくび❜・製造年月日・不明
2017/4.21現在、箱根ガラスの森美術館・所有
成長過程・水草の葉や茎、植物の種子、貝などを食べ、
潜水は苦手なので、脅したり、嬌声は挙げませんよう。
※他県情報・栃木県では準絶滅危惧に指定。

掲載の写真は、許可をいただいています、個人用でしたら、ご自由にお使いください              

コメント

ヴネチェアの職人。箱根ガラスの森美術館!❛1❜

2017-04-22 21:20:30 | ヴェネチアのガラス






1997年パラッツォ・ドゥカーレ・シャンデリア  
「ヴェネチア市立ムラーノ・ガラス美術館」が
箱根ガラス美術館と
1996年に姉妹提携を結んだ記念として2点制作した1つだといいます



約16万粒のクリスタル・ガラスがゆらめく高さ約9mのアーチ「光の回廊」。
光が当たるとレインボーの輝きがシャワーのように降り注ぎます。



モザイク・グラス・ランプ
ジャコモ・デ・カルロ・製作



果物装飾角形杯 19世紀ヴェネチア 金箔溶着 宙吹き


ダンサー


15世紀から18世紀の作品を、
箱根で展示されていること自体すごいことだと思います
・・・・
ではまた・ガラスを!

コメント (4)

小康状態、箱根大涌谷を!

2017-04-21 23:56:19 | Extra

連日、「歳の所為か疲れた」というと云うと、明日あたり、
ドアの前で仁王立ち、されそうなので、注意して言わないようにしたいのですが、
「歳でしょうか、今日は疲れました」
いつもは海側から、今日は山側、箱根裏街道のルートで、
箱根仙石原まで、出かけました。倍近い時間がかかりましたが、
用事は意外と早く済んだので、
大涌谷の噴煙を見学しました。
通行止めは相変わらずですが
展望台だけは見学出来ました。
まず人の多い事、ほとんど、外人です。

日本語を聞いたのは、店員さんの挨拶だけです

一時、
火山が爆発したらどうなるかと思いましたが、
そんなこと、外人さんは知らないでしょうね。



現在、県道734号(大涌谷-小涌谷線)の大涌谷三叉路から
大涌谷園地駐車場までを通行止め。

ただし、2016年7月26日(火曜)より、9時から17時までの間、通行できます。
通行規制については、今後の火山活動状況により変更する場合があります。
と、大涌谷防災情報のホームページでは案内しています。(2017/4・7現在)

強羅という場所から降りてきたケーブルカー。
大涌谷の煙が写真右下に見えているでしょう。

大涌谷で一番噴煙の上がる場所のようです。
風があって、なかなか撮れません。が、撮れた。

上の噴出孔の下方ですが出は少ないです。

もう真っ白。漂白作用?
まさかです!

風に押された煙の隙間に、黒い影、しばらく見ていましたらやっぱり人。

拡大しましたら、働いていました。
管に硫黄がつまらないように、しているのです。
各地の温泉などでも、雪をかき分けて、
除去する人をテレビなどで放映していますね

さらに拡大しますと、左の方は、マスクもしないで・・・・。

これ以上、火山が活発にならないよう、願うばかりです。

 

コメント

タイトル?怖くて書け無いのです。花!

2017-04-20 20:42:51 | Extra

こんな過ごしやすい日が続きますと、
眉間の立皺を造っている場合じゃないと、思っていた時電話。
「イカリソウって花ネ、怒っているからイカリソウじゃありません。
船の碇に似ているからイカリソウっていうのですよ・・と勝誇った、響きのいい声。
血が頭に昇ってしまった。
おまけに「怒るときは、口に出して言います、
いつも怒っているのではありませんよ」と。
一昨日のブログのタイトル
「家にもいる、腹の中で怒っている、イカリソウ」の
ダブルパンチ。
コーヒーを持って座わる瞬間、椅子の脚に小指が挟まって・・
もう~話なんか聞いていません。

が、参ります。この「友」の切り口上。

グーの音も出
ないところで、
永井荷風の「あめりか物語」に目を通しながら、
パソコンの掃除に切り替えました。
反応が鈍くなって、自分を見ているようです。

この花を知っている方は、ぜひ教え下れば幸いです!


明日の準備があり今日はこのあたりで・・・。

コメント

「大菩薩峠」 ここで書いていた、高尾山!

2017-04-19 21:24:32 | Extra


 訂正です・いつもの誤字です・・『大菩薩峠は絵と背を⇒大菩薩峠は江戸を西に

八王子から20キロほど山あいに行くと、幕末辺りの建物の面影と、
「映画の町」を観光にしている、青梅市がある。
その隣町の羽村市で生まれた中里介山。
今は知っている方も少ないでありましょう。
民権運動の色濃い土地柄、多摩川畔の水車小屋で生まれ、
芥川龍之介、谷崎潤一郎、宮沢賢治、大宅壮一などに絶賛された「大菩薩峠」
この未完の大作を最初に書き始めたのが、
1922年から1925年まで住んだ、高尾山に建てた6畳一間の草庵から。
目の前を流れるせせらぎをこよなく愛したという。
小学生、映画に明け暮れた私が、
「音なしの構え」の達人、辻斬りの常習、女性を辱め、失明した恐怖と、
悪夢にうなされる、机龍之介を演じた片岡千恵蔵の画面の前では、
恐怖に目を伏せながら、見ていた思い出は、今も忘れられない。

その中里介山の草庵の跡地が、
高尾山2号路の病院の裏側の狭い登山道にある。

看板は無く、多くの登山者は気づかないで通り過ぎていく。
それこそ、中里介山の意を汲んだように、ひっそりとである。


妙音橋を渡れば5分。





この建物の裏。狭い階段を昇ると・・

 

 

 

 



中里介山の生涯は、政治が絡み、ロシア文学が絡み、
教育が絡み、ブログではとても!

ただ、高尾の山を愛した小説家がいたと・・・・。

コメント (2)

家にもいる、腹で怒っているのが、イカリソウ!

2017-04-18 18:33:52 | Extra

今日は夏!
都心より3度ほど低い八王子でも夏でしたが、
部屋にいると、何とも眠りを誘う小気味のいい温度!
仮眠ベットがフル活動でした。

写真は4月16日までのファイルです。

 

イカリソウ(三枝九葉草)sanshikuyousou(高尾599から)

ミミガタテンナンショウ 1号路
誤って食べると、口が焼けるように痛む(高尾599から)
子供のころ、この花に遭うと、全くおとなしい餓鬼になって!

ヤマガラ
山頂の
休憩場所で(4.12)
とにかく足元まで、消えては現れて、また現れて近寄り、
そのたびに写真にと構えて、さまになったのはこの一枚だけ・・・
隣の人は、きれいに何枚も撮っていましたけど・・・。

 ?・?

まあ、どこへ行っても人人です。
このところ、大勢の人がいる処へは出かけていなかったので、
人混みで酔ってしまいそうです。
どうせ酔うならビールジョッキ2~3杯の方がいいけど・・
 

ここは桑の葉ジェラードか、だんご、腰を下ろし。

この時間は午後2時30分ごろ。
写真の奥の人たちは、下りのケーブルを待っている人たち。
この時間で、下りですから、都心の人たちにとっては、
高尾山は手ごろな山ともいえます。

高尾山に登ったらせめて、
この神社には、手を合わせることに。
薬王院では拝んだことは無いのに・・・・ここは別。

帰りをせかす電話。帰りは歩きを中止。
が、リフトもケーブカーも、待ち時間が長いので、
もう少し上まで登ることに。では!

コメント (4)

高尾山1号路、ヤマネコノメソウの実!

2017-04-17 20:34:25 | Extra

 

高尾山は、葉の色が濃くなってきました。

4月16日で、高尾の桜も、ここで夕焼けを浴びて役割を終えました。
☟4月12日の桜



昨日は、
ヤマネコノメソウには、
茶色の実をつけると判ったので、
どこかにあるのでは、と思って山登りの準備でした。

 

ここな処にあった、あった。
1号路を登り始めて10分。ヤマネコメノソウの実。
2日前に、身を着けると知って、また登ろうと思ったばかり、
1日おいて、見られるとは、晴天の霹靂?
もう今日の山登りは、ここまで・・・とよぎったけど、
1号路、ケーブルカーと、リフトの終点までは、登ってみようと。
その変更がのち、いい結果になるのですが。

 



派生地の前の家のご主人が、つかつか寄ってきて、

ゴリンソウだと教えてくれた。
今日調べたらゴリンソウではなかなか出て来ない。

2013年の某ブログようやく出てきた。レンプクソウ。
5面に花がつくのでゴリンソウとも。
とにかくいっぱい撮ったけど、さっぱり見栄えがしません。
高尾では某カメラマンが、2か所しか派生していない、と言ってたと。
2号路、6号路、ケーブルカーの発着場から100メートル上流で。

シャガ 。(1号路で)

タチツボスミレ?(387m・金毘羅台園地・展望台)

1号路は、車道にもなっているので、歩きやすいのですが、
今日、起きてみると、根っこのある道の方が体に足にも、膝にも、
負担が少なかったかなと、今後のコースから外れそうです。

ここはまだ標高の3分の1。
16日、日曜日午後2時。下山のリフトは、しばらくお待ちくださいのアナウンス。

これから、20分ほどの薬王院まで登ってから、引き返します。

名前を覚えるのは大変。
が、名前はわかりませんか、花はきれいだから、満足しています。
そんな日曜日でした!

ではまた!

コメント (2)