春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

大叔父・太田節三の慕情を新装しました・・・。

高尾山麓、川辺にポツンと花

2018-03-31 22:34:34 | 高尾山

 

景信山を水源にした川縁を歩くと、沢山花が咲いていて、
花を目当てに訪れる方がいます。

 昼の食事をここで摂る人たちもいたり、

 
あっちへ行って戻ったりです。


図鑑と花の写真を見比べ、
深いため息が出ます。
すみれの花にしてわずかな違いで名前が違い、
撮った写真に名前を添付する自信がなくなっている次第です。
花の名前、だいぶ覚え、入門して、序の口と思いましたが、
とんでもありません、序の口の序までも
限りなく遠いと、思い知らされているところです。
ここは、とりあえず、高尾山麓川縁に、咲いている花、
という記録だけで・・・・。

ヤマエンゴサク

 

 
キバナノアマナ

 

 

 

ハナニラ

 

 

 

 

 

バノスミレサイシン?

 

 

 

 

 花粉症渋い目に涙のしずく、花を捜して、鵜の目鷹の目。いい日送りです。

コメント

滝行地に眩しいハナネコノメ。

2018-03-30 21:11:54 | 高尾山

 

 

紅色の雄しべが8本。
5ミリほどの花を2~3個付ける、
10センチばかりの、ハナネコノメ。

ネコノメソウを知って、
2年越し初めて見れた高尾山蛇滝。
花を求めてくる方は、蛇滝のコースを選ぶのだそうで、
白と赤のコントラストは、荒くれ野武士を自称する、
私でも、さすが「きれい」だと見惚れてしまいました。

 
 

蛇滝水行道場産籠場の石段を下りると、
 
 
 
 



ハナネコノメの群生。

 

ひたむきさに触れると、つい心に留めておきたいものです、

どんな方か知りませんが、花を撮る姿のひたむきさ、
つい撮ってしまった。

 

 

 

 

蛇滝を下って、平坦地に来ると、左手に、
今の皇居、千代田城、築城の際、
太田道灌が城内に、守護神として、勧請したという
千代田稲荷神社があって、

 

 登れば今は、荒れ放題で、お参りする方がいるのに、
ちと、残念!

 

 

地蔵の姿も「もう,飲めねぇ~」の俗っぽく見えて・・。

 

 

 


荒れてしまった神社に、赤と白のコントラストがまぶしい、
ハナネコノメ。
どちらも印象に残った、高尾山自然研究路2号・蛇滝コースでした。



                              写真は、2018.3.26

コメント

ヤマノネコノメソウ

2018-03-28 21:48:10 | 高尾山

 

花粉症でしょうか、頭がすっきりしません。
そのまま、高尾山に登りましたけど、
都心の風景も、春霞というのでしょか、
ぼんやりして見えませんでした。
小仏峠まで、春休みで訪れた児童を眺めながら、
写真撮りに意欲が湧くわけではなく、
暑さも手伝い、あったち坐り、こっちで座ったり。
高尾山は、エンザイスミレやヤマユリソウが旬でした。
木々も若芽を付け、この陽気、一気に若葉色の山になるでしょう!


ヤマノネコノメソウ

 

                     

👇 ルリシジミ
 翅を広げると、オスは明るい 淡紫青色から青色をしていて、
 その青みにちなんで「瑠璃」の名が。
 メスはほとんど青い部分がせまく、
 黒の縁どりがオスよりも広い(Webから抜粋)
 ブナが多い高尾山ではよくみられます。

 

 
☝ 高尾山、蛇滝のヤマノネコノメソウとルリシジミ

👇 高尾山、自然研究路6号・・山麓

 
 
 
 
 
昨日のブログ、ネコノメソウでお会いしますは、
ヤマノネコノメソウになりました。
高尾山で、ネコノメソウは、まだ探せてないこと気づきまして、
なにとぞ、ご赦免を・・・。

 
 
 
コメント

蛇滝のヨゴレネコノメソウ。

2018-03-27 22:13:38 | 高尾山

 
高尾山の蛇滝は琵琶滝と同様に滝修行の水行道場です。
昔、猟師に撃たれた白蛇(安倍晋三氏)が今にも殺されそうになった時、
そこをたまたま通りかかった俊源大徳
(佐川宣寿氏)に助けられました。
蛇はそのお礼にと、滝修行の場を探していた

俊源大徳(佐川宣寿氏)の為に滝(国税庁長官)に化身し(させ)
我が身を提供したという言い伝えがあります。
下手な脚色、バカばっかし・・・。

行は神道のでは「みそぎ」と呼び、
水で心身を清める行為、
仏教では「垢離(こり)」と呼び、
日本古来の山岳信仰、「滝への崇拝」と結びき、
政治では切り捨て御免「密室の会談」が、
「国会の証人喚問の場」が、
それに当たります。
又しても・・・・バカばっかし!

👇 ロープウエーから山頂、山頂から小仏峠までの予定を、
変更して、研究路蛇滝へ向かいました。
    

 

 

 
👇 と、見事なオブジェ。
花がなければ、すたすた下って行ったのですが、
この洒落っ気に、作者に会いたくなりました。

 
👇 滝行の場所に。
滝が見える場所には、

立ち入り禁止の看板があって、写真は撮れませんでした。

 

 

 

 👇、滝行のあたりにハナネコメ、ネコノメソウが密集していて、
今が旬。女性登山者にモテモテの蛇滝、
80歳女性の健脚に感心しながら、
鼻の下を長くして、私は、ヨゴレネコノメソウを覗きました。
3月下旬~4月中旬頃咲き、
約5~15センチに生育する、複数年のあいだ育成する植物。
高尾山で水辺や、湿ったところがあったら、
辺りをキョロキョロすれば、たいてい見られるでしょう。

 

 

 

 

 
👇 テングチョウ
頭部が天狗の鼻のように前方に伸びることに由来し、
京では絶滅危惧種ですが、
大阪、奈良、六甲山などでは大量発生した調査があって、
エノキに産卵し、エノキの新芽を食べて成長するのだそうです。

 

 長々と・・・、夜も深けてきました。
明日は「ネコノメソウ」でお会いいたします。

コメント

花わさび、姫ニラと花もも、と。

2018-03-26 23:46:40 | 高尾山

☝ ボケ この幹の歴史は100年でと・・。
               
指を折って待った、
ひまぁ
~タイム、入って、
高尾山に登りましたが、山麓で
窓ガラスに映るザック姿は、
去年のような癇癪然とした、活力がどうも見受けられない。
まぁ~いいっか・・・。

しかも、高尾の山は予想外に花が咲いていて、
春が終わる勢いの天候に
こちらも、季節感覚の「ずれ」を感じてしまった次第。
でも、いいか・・・と慰めるのは、
思いがけない花が撮れた気分高揚から。

下山して、土産屋の樽の「花わさび」を見て、通り越し、
戻って小銭を400円。
店主が言うには、食するのは、あと2~3日だと云い、
珍しいのだと。
私、山の御上りさん、「ワサビ菜」は食べたことはあるけど、
「花わさび」は見たことも、食したこともなく、
女店主曰く、全く別物だといいます。
生産地を聞けば「モグモグ」
これはきっと相当の貴重品中もしれない!・・と。
(知らないのは私だけかもしれないのに・・)








① 水洗い後、約3~4㎝間隔位に切る。
② ざるに入れたわさび100g(1束)に熱湯をやかん半分ほどかける。
③ 熱湯を切り、水で冷やし一つまみの食塩で強くもむ。
④ 素早くビンまたは、タッパーに入れ、1時間から2時間程度おいて、
  醤油等で味付けして召し上がり下さい。

とコピーを渡されて・・・。
うでてすぐ食べるのは、辛みが出ないから、
時間をかけたらいいと教えられました。
今日は、買ったまま冷蔵庫の中、
明日、国会テレビ中継見ながら作り、「辛み」が出るか、
「甘いまま」か「辛味」が出たら、してやったり・・・と、
2重の味を味わえるのだけど。

👇 こちらは観賞用「ヒメニラ(姫韮)」
ネギの仲間だけど、3週間ほどで葉も茎も枯れて姿を消す、
「春の妖精」関東から西の県では絶滅危惧種に・・。
高尾山山麓、西浅川の支流で小粒5ミリくらいの花。
例によって、レンズもよくないけど、腕も悪い証明をここに。


 

 

 


👇 そして、これは喰えない!
「花もも」


八王子の桜の満開は後2~3日でしょうか。

 


コメント

山梨県、七ツ釜は通行止め

2018-03-24 22:45:21 | Extra

 

 


山梨県勝沼インターから40分ほど、笛吹川沿いのルート140を。

 

 

 

山岳雑誌『山と溪谷』が創刊されたのが1930年。
早稲田大学山岳部出身で同大学を卒業したばかりの川崎吉蔵氏。

多くの人に読んでもらえる山岳雑誌をつくりたい」

誌名は、川崎が感銘を受けた田部重治氏が書いた『山と溪谷』
田部重治氏、明治生まれの英文学者にして登山家。

これを知ったときは、目が点。

その田部の文学碑が、西沢峡谷入り口、西沢山荘の広場にある。
峡谷「七ツ釜」の滝までの登山道は、
滑落の危険を呼びかけ、4月28日まで、通行止めに・・・。


👇 はい! ピンぼけ!


 

 

 

 

 

 

 

 

 まもなく暇になる予感に、浮足立つ土曜日です。

 

コメント

大菩薩峠・裂石山。雲峰寺

2018-03-23 21:53:19 | Extra

大菩薩峠、列石山・雲峰寺
武田勝頼が天目山の合戦で敗北した時、家臣に託した、
武田家の家宝、日本最古の「日の丸御旗」
戦場で用いられた、軍旗などを見ることができます。
👇 懸魚のある派風と屋根先端の曲線の美しさは、

仁王門の木鼻にも 室町時代の建築のシンプルな造りに、
どことなく優雅を漂わせる貴重な建物と思います。

豊臣の猿殿が織田信長に仕えたころ、
行基の創設した一庵は、
火災に会い、一時荒廃していたものを、
武田信虎が再建し面目を一新した大菩薩峠・列石山・雲峰寺。

 

 

 

 

     武田勝頼 軍旗 に対する画像結果 👈 Webからの写真


 


寺の前の渓流-みそぎ沢-は笛吹川に流れる水量溢れるものでした。

 

 

 

武田家最後、信玄の娘「松姫」は山梨塩山市を抜け、
この武田家ゆかりの「雲峰寺」で、
2度と訪れることはないだろう、無念の手を合わせ、

大菩薩峠を超え尾根伝い、25里先の八王子に逃げ伸びたに違いありません。
その資料はどこにもありませんが・・松姫20歳。

コメント

職人が咲かせた、箱根にない花たちと噴煙。

2018-03-21 19:38:09 | 魅せられた!

 ☝ クリスマスローズ

 👇 ナニワズ、
日本海側に見られる落葉小低木で箱根に自生はしていなく、
職人が丹精込めて咲かせたもの。

 


箱根の今日、25センチの雪が降ったお彼岸の中日。

訪れた日(15日)は強風で転げる人もいて、
大涌谷の噴煙を観光しに来た人たちは、

ダイナミックな噴煙はちょぴちょぴに、ややがっかりさせた日でした。
この日は、駐車場はバス、乗用車とも満車状態でしたのに、5人ほど。
昨年の4月は見物用の鉄柵にはたくさんの人がひしめいていたのですが・・。
                                                                                         👇 冠ヶ岳


👇 ロープウェイは動いていません。
強風の揺れで、接触を避け、停まったままでした。

 

3100年前の水蒸気爆発で、堆積物がたまり、
さらに300年後2度目の火砕流で冠ヶ岳のでき、
幾たびの火山砕屑物の間にできたのが現在の大涌谷。
2001年ごろにも爆墳があって、2011年の東日本大震災で地震が増加してからは、
2013年、登山者のルートも閉められ、
一時は地元のお土産屋さんでは死活問題と騒がれた記憶が新しいです。

 


                           👇 2017年4月21日の写真  

  👇 2017年4月21日の写真

                             👇 2017年4月21日の写真

                          👇 2017年4月21日の写真

 

 

👇「セツブンソウ」
石灰岩層に咲く多年草、関東から西に咲く花。
箱根では自生しておらず、職人さんの手で植えられたものです。

 

 
👇 クリスマスローズ
名前はそれぞれについているのに、
どれがどれだか、ごちゃごちゃになって・・。
母親の仏壇に手を合わせる、わがドドンパ娘、
酎ハイグラス片手にニッコリ「修業が足らん!」の一刀両断に・・・
背筋が・・・・ピッ!

 

コメント

湿地の花

2018-03-20 21:07:06 | 魅せられた!

☝ ミツバノバイカオーレン

同じような花なのに、葉が4つか3つかの違い。
花を正確に知るのは、むつかしい。

少し自由の時間が取れたと思ったとたん、

雨の日々が続きそうで、
きょうは一日、これから咲く花の図鑑を見ながら過ごしました。
昨年一年でだいぶ覚えたつもりでしたが、
同じ仲間で名の違う花を見ていると、
さっぱりわからなくなる始末です。
箱根で撮った、湿地に咲く花たちでした。

👇 こちらはバイカオーレン

 

👇 セリバオーレン(芹葉黄連)

 
👇 キクザキイチゲ(菊咲一華)



 

👇 エゾエンゴサク(ケシ科)



 

 



 

コメント

達磨草

2018-03-19 21:40:44 | 魅せられた!

 


昨年、わがアパートで、ネズミ出没事件があって、
捕獲作戦の失敗の連続で、しばらくの間、眠れず、
ディズニー・かわいいミッキーマウスを見ても、
口は「への字」
隙間風に揺れるビニール袋の音にも、
ビクつき、
目覚めて、半眼の目に馬標旗のマークは、
両手広げるネズミに槍を投げる図柄の、
白日夢の日々。
あの時ほど、ミッキーマウスからのギャップを経験した日々はない。
今でも、たまに思い出すと、背筋がシャキッとなります。
今でもにっくき「野ネズミ」君。

そんなネズミでも待っている植物があるという。
達磨草=ゼンソウ=スカンクキャベツ。
花に訪れる昆虫が少ない、寒いときに咲くので、
熱と匂いを嗅ぎつけて、花粉に寄る昆虫は少なく、
種子の結実が低いのだそうで。
ネズミの功績は、貯蓄が目的で種子を運び、運んだ先で、
散布し、おかげで、被食されず発芽できるという構図。
あちこちで、目に掛れないザゼンソウにしてみれば、
ネズミは、子孫繁栄の救世主・光源氏?

 

☝ 写真は箱根の達磨草

 昨日(21日)山梨県甲州市大菩薩峠まで出かけたけど、
峠の麓には群生地があるといわれたけど、
写真は15日とったものでした。
ウィキを見ていたら、ネズミが出てきて、
ネズミ、悪夢のフラッシュバック、
寄らずに、帰った次第。
今、投稿記事作成しながら、めまいの症状?
ネズミがかかわりを知らず、撮った時は
なんとおっとりして、と、
見た喜びに歓声を上げたのですが・・・。

今日こんな時は、👇の靴を履く女性を想像し、
バーボンでコテン、それもいい!

 

コメント (2)

キバナノクリンザクラ、ススキが真っ黒け。

2018-03-17 22:25:11 | 魅せられた!

☝ 👇 山中湖、鹿と私、どちらが闖入者か・・・。
    湖畔で朝食をとっている鹿の集団のところで、車の音の私。
    止めて挨拶しても、私は怪物。
    はて、どう対応すればいいもの、か?

 

 

 

 

☝ 去年の白鳥
👇 北に飛んでいかない白鳥は、今年も朝陽を受ける端正な富士山の下で。

 カルガモも

仙石原、ススキ草原の野焼き。
立っていられない強風の日。
消防署も度胸があって・・・・見学の私は、ハラハラ。


フクジュソウ。野焼きの煙にも負けず、
       強風?・・どこ吹く風?・・・。
       冬に耐えた「幸福」の根性、見習いたい! 

 

 

 

 

 

 

 

 

☝ 👇 去年の11月の、ススキ草原のススキが・ススキが・・・真っ黒け!

 ひとまず安心。

👇 キバナノクリンザクラ
原産はヨーロッパの低地~高地、アフリカ。
牧場などに多い多年草。写真は箱根でした。

コメント

カタクリと蟻と蝉、そして、もこもこ。

2018-03-16 22:35:01 | 魅せられた!


000万年前の落葉広葉樹林の広っ原にカタクリの祖先がいたという。
動物などは今の原型に近いというから、
カタクリの花も、今とあまり変わらない姿かもしれない。
1年目は、胚芽して葉っぱ1枚で過ごし、2枚目の葉が出たところで、
花が咲くという。
2枚目の葉が・・・出るまでが7~8年後。

ただ個体になっからの寿命は40~50年というから、
気の遠くなるほどの辛抱強さ。

蝉に似ている。
蝉も孵化してから種類によって、3~17年は地中に潜りっぱなし。
蝉は短命どころか、長寿の部類。
蝉の寿命は1週間は都市伝説。
自然の中では1か月くらいは生きているのだと・・・・。

カタクリの味方は「蟻」
種子にある、脂肪酸や炭水化物によって来る
蟻に拾われ生育地を広げるのだと。
カタクリにしてみれば「蟻」様さま。

と、にわかに教えていただいた、ものですが、
花には素人、
これ以上は、じっくり腰を据えて、勉強いたします。
「春の妖精」カタクリを名誉のためにも・・・
この辺で・・・。
興味を持った花、
うっとり、見ているのが合っています。


 

                             ☝ 箱根のカタクリ


昨日、箱根の大涌谷は強風で、ロープウェイの運転は停止。
駐車場はびっしりなのに、そばで見ている人は、4~5人ほどでした。

猫柳も揺れっ放し。
この「もこもこ」感がたまりませんです!

 

 

 

 

 

 



 あら、まぁ~ (拝借した動画です)

コメント

水芭蕉とクマ

2018-03-15 23:53:30 | 魅せられた!


昔、雪解け、春が来て
渓流、ヤマメやイワナを釣りに出かけ
水芭蕉があったら、
一にも二にも、そこからできるだけ遠くに走る。
きれい美しいと感慨にふけるのは禁物。
水芭蕉は、クマに取って、冬眠中の便秘を
きれいさっぱり、取り除いてくれる絶好の下剤薬。
周りにクマ笹があったら尚更。
クマ笹も毒素を取り除くのであります。

今日見た水芭蕉は箱根で。
強風でしたが仙石原の野焼きを見ながら、
久しぶりにゆっくりした一日でした。

ッコウの声に呼ばれて行くと
ひょっこり出会った山の池に
白い花 白い花
水芭蕉の花たち
心も明るくぱっと咲いた
咲くということはどの花も
それは見事で愛しい
水芭蕉の花は 水芭蕉の花は
清純に可憐に

今夏をはにかみながら呼んでいるのだ
可愛いキャンドルには
オレンジ色の灯をつけて
冷たく澄んだ水鏡に
花の心をうつす

水芭蕉には白い優しい手もある
ぽうっとともっている炎を
近寄ってくるいたずら風に
消されないようにかざしている

詩 三越佐千夫

 

 

 






 








        



コメント

運搬中、割らないでほしい。

2018-03-13 22:10:12 | Extra

 

 

 


ガラスの歴史は古く、5000年。
美しいガラスはシリアから始まり、
ヴェネツィアは、ガラスを創る資源のないところ
シリアのアンティオキアと協定を結んで
原料とガラスの技術までを
ヴェネツィアに移してしまう

沼地に葦のヴェネツィアがアドリア海の女王と呼ばれる、
美しい街になるまで、


ここまで書いたのはいいのですが、
日本の5000年前は、
新潟、長野、福島あたりでは、
世界に類を見ない火炎型土器が
創られていた・・・・


思っているうちに、一気に眠気が・・・
ここ数日の緊張が維持できない状態になっています。
ここで止めさせてください。
まもなく自由の時間が取れるはず
2週間ぶり、少しばかりのバーボンの香りを・・。
 

 

 

 

ヴェネツィアの南部に位置するアクイレイア 

 

 

 

 

コメント

枯れる涙

2018-03-11 23:10:24 | 3.11 被災

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント