春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

飲み過ぎ、丸太から滑った
徳利、背中の与太郎河童
花見の色香に、プハァ~川から顔出し
キョロ、きょろきょろ!

籠城、無手勝流でvsコロナ。箱根の花!

2020-03-31 22:14:02 | Extra

老人がコロナに感染を避け、
ニュース、外に出ない要請を受けて、
自室に籠り、頬杖4日、
買い出し、外に出ればコロナ忘れているのに、
テレビを見てしまう家の中では、
流石、立ち上がると足元が ❛よたり ❜

江戸期の成人男性は、旅の1日におよそ10里。
平地、自然を眺めながら歩いて、
8~ 10時間で約40kmを歩いた。
皇女和宮さんが中山道、2万人?の用心を、
引き連れて下向した時でさえ、おおよそ20キロ。
八王子の河童、一日の歩行距離、150m。
大人になってもガキ大将、
覗き込んで小心者に変える戒めのラブレター👇


👆年々、肺機能が悪くなる診断。
👇その他はま~ぁま〜ぁと判断したのに、
結果報告には、なんと何項目もの指摘が・・・。
河童、首をうな垂れて、
ここでコロナに感染しては明日は無く・・と。
箱根の花の写真を眺めては、
サバの一夜干しをパク、パクリ。

明日の作戦は籠城、無手勝流で・・・
与太郎河童 vs コロナ。



👆ヘマトクリックは、肥満、多汗症ではなく、
水分摂取が少ない人に現れる症状なのだとか・・・。














写真 2020.3.21 箱根にて
コメント

ハナニラの花沢川万葉の道、東海道。焼津市 ①

2020-03-29 23:56:36 | Extra

焼津辺・焼津から、阿部(静岡)の東海道、
奈良時代、僧侶から俗人になり、春日の朝廷の倉庫番をし、
春日倉首を与えられた貴族。
国に残した娘を思ってか、子の躍動に感動したのか、
ふと、よぎった歌。

昔の東海道が、この道と教えてくれた、万葉集の中の一句。




花沢川に沿った狭い路、
片側の石積みの上に長屋門風の古い板壁の民家。
江戸時代、1700年頃の意匠を堅持し、
昔、三十戸、今は二十八戸、
これからの二十八戸は、
花沢山・449m、高草山・501m、満観峰・470mの
ハイキング客の無事を祈っている。



































コメント (2)

自粛規制。

2020-03-27 21:59:07 | Extra

昨晩遅く帰宅し、
今日は一日テレビに噛り付いて、
大変な状況になったと、今後を気にしているところです。
定期健康診断で、
肺に影があり、再診を促されたときは、
有無を言わさない、ものでした。
唾を試験管?に入れ検査が終わるまで、
完全に隔離室で待ちます。
一切ドアからは出られず、
結核と判明した時点で、着替えの用意に、
自宅に戻ることはできませんでした。
幸いは、指定された病院は、
世界が注目する結核研究所が清瀬市の病院で、
約3か月間の隔離病棟での生活。
日に3度、3種類の薬を飲むまで、看護師が側から離れません。
面会は、菌が少なくなるまで謝絶です。
一時は結核を知らない医学生がいたくらい、
日本の結核は昔の事と、
言われていた菌が、日本に蔓延した数年前でした。

得体のしれないコロナの各国の惨状には、
戦慄が走ります。
どのような感染経路が判らないウィルス、
人と会わないことは効果があるとなれば、
外出の自粛は、今は一番いいことなのでしょう。
ウィルスに勝つ新薬が出るまで・・。
一年後?、二年後?・・?せめて半年であってほしいもの・・・と。


















写真・2020.3.25 岐阜にて


コメント

自粛規制で、八王子に戻ります。

2020-03-26 08:04:42 | Extra

昨晩、多治見市のホテルに着いて驚きました。
長野県、奈良井宿から、美濃市を訪れ、
4ヶ所ばかり見学したのですが、
都内の、コロナが急増し自粛気勢が敷かれたことに、
オリンピック延期のニュースより衝撃を受けました。
私は肝臓数値がいつでも高く、
ウィルスC型肝炎とは知らず、生きてきました。
結核療養でウィルスC型肝炎の疑いを指摘され、
アメリカの新薬で治り、今は全くの正常な数値で、
生活をしているのですが、
ウィルスはいつまでも生き続けるということを、
体験しているだけに、
死に至るコロナが蔓延する状況がは、
やはり気がかりです。

今日は八王子に戻ることを念頭に、
行動することにします。

👇岐阜美濃市・大谷田神社楼門。


👇岐阜美濃市、長良川風景。





👇こぶしだそうです





コメント (2)

野焼きの原、箱根にピレネーの花

2020-03-23 22:30:56 | 散歩






猫が鳴こうが、逆立ちしようが、
牛が鳴こうが、星になろうが、
新聞紙棒の一撃があろうとも、
ボーっと生きてて、机に脚を上げた不動のスタイル、
仕事を終えた歓喜のエビスビール一本に、
イチゴの景色が消えたり見えたり。
野焼きが済んだ、箱根仙石原の湿地園、
広い湿地に、僅か咲いていました。
3月21日。




























コメント

庶民が完成させた、歓喜院聖天堂・埼玉県

2020-03-21 09:22:42 | 関口文治郎/神社仏閣

摘み草時に終われる仕事、
土筆摘む親子の姿に、
あそこに行きたい、ここも、と、
思うだけになるのだろうか、後二日。

源頼朝が参拝し、
斎藤別当実盛公(さいとうべっとうさねもり)が、
ご本尊聖天さまを1179年、
お祀りしたのに創まりで、実盛公の次男斎藤六実長が、
出家して阿請房良応(あしょうぼうりょうおう)となり、
1197に歓喜院を開創いたしました。

👇中世には忍(おし)城主の庇護を受け、

行田市にある模擬の城 インターネットで借用。で



近世初頭には徳川家康によって再興された、
1670年の妻沼の大火で焼失した聖天堂。


1735年から、
熊谷の宮大工棟梁・林兵庫正清。孫の正信が手掛けた聖天堂。
惜しみない技術と、花鳥を主題にした、
彫刻師達のマンネリに、
斬新なモチーフを彫り込んだの聖天堂、
1760年以降北関東の彫刻師達は、
独自な発想を表現するようになりました。



神様が、洪水の災害で飢えに喘いでいた、
市民の心の中で身近な存在になった、
そんな歓喜院聖天堂、彫刻のモチーフが、👇。

👇唐子の相撲に、わが子が健やかに育てと、
祈りたくもなって・・・


👇丸めた雪を転がす遊び・・、
梅が咲いているから、雪解け頃に降った雪 ?


👇獅子舞の、
子供たちの健やかな成長の願いには、
唐草模様・牡丹が定番も、木瓜文や唐花文で、
芙蓉を施し派手さを表していて・・・・


👇女の子が、幼い子を盆踊りの輪の中に手を引いて、
男の子の、誘っている優しさが


👇凧揚げの歴史は、古代からで、
永遠と続いてきた遊びが・・・・


👇蛇行遊び、
鬼が、連なる子らの後ろの子を捕まえる遊び・・・


はっけよ~ぃ?・・・闘鶏の図柄に、牡丹を大きく彫って・・・。


👇二本足の竹馬は江戸時代からで、
竹に造り物を飾る古式の竹馬は遊ぶ子ら・・。


工事の費用を負担したのは、
幕府や大名、豪商ではなく、
妻沼を中心とした庶民たち。
度重なる大洪水などで中断して
大工棟梁、林正清は1753年に
彫刻棟梁、石原銀八郎は1759年に、
1960年の完成を見ることができなかった。











👇1851年、聖天堂の完成1760年から100年後。
聖天堂の宮大工林正清から5代目養子の正道が、
妻沼歓喜院聖天堂の門を完成させました。







👇千代桝・割烹




※聖天堂の彫刻は一部ですのでご了承くださいますよう!
色彩は原色なのですが、表見しきれず・・。

コメント (4)

わたらせの瀬音、涙の「鷲と猿」 妻沼聖天堂

2020-03-10 20:52:49 | 関口文治郎/神社仏閣

小雨に歩く人が、車を追い越していく。
高尾裏街道、景信山登山口までの細い道、
携帯を持たず、カメラも持たず、
白い梅、、向こうにピンクの梅が、と、
靄の舞いには、車を止め、
仕事の緊張が融け、たおやかな心地の朝。


花輪彫刻集団の礎を築いた石原吟八郎さんが、
弟子を連れ、
埼玉県熊谷市妻沼に、出向いたのは1749年。
12歳で彫刻仲間に驚きの腕を見せた、
弟子の関口文治郎さん、若干19歳。
吟八郎さんは文治郎さんを可愛がり、

技を教えた彫刻師です。

今の日光東照宮の将軍霊廟から130年後、
観賞用にと、庶民信仰社寺の装飾を施した、歓喜院。
日光東照宮の花鳥に変わり、

権威の象徴から、一歩踏み込んだ、
七福神や唐子の彫刻が評判になり、
工匠たちは民の遊楽、哀歓の象徴した、
歓喜院の彫刻をこ踊りして、真似をし、

技法を自分なりに磨いていきます。
が・・・
1780年頃から、将軍霊廟構築は禁じられ、

極彩色の社寺はまもなく、節約令で、
柱も梁も土台もすべて白木構造に変わります。

1760年25年の歳月で完成した歓喜院聖天堂、
11人の弟子を育て、、群馬県渡良瀬渓谷に、
彫刻集団を作った石原吟八郎さん、

歓喜院のお披露目を見ることなく、
1759年、病に伏し、群馬県
花輪村で、
わたらせ渓谷の瀬音を消します。

👇吟八郎さんが亡くなった後、

関口文治郎さんが彫り、
彫刻家の名を世間に轟かせた、
22歳のデビュー。
「鷲と猿の図」
1720年狩野探幽さんの弟子が描いた絵で、
すでに記録に残っていたといいます。


👇鷲が猿を襲っているのではなく、
川の流れに滑り落ちる猿を、鷲が救い上げている図。
観光に訪れた庶民の心を打つ図柄でしょうか・・!








👇本殿、反対側の羽目板2枚。














コメント

世良田八坂神社、飛んでけぇ~と祈る。 

2020-03-07 20:22:01 | 関口文治郎/神社仏閣


喘息 ゴホンと咳をすれば、8個の黒目が、
突き刺さり、2つの尻が宙に浮く、打ち合わせの席。
日毎止まないニュースに、のほほん河童の、
ジョークも色あせ、

摘まんだ、たくあん、口元で一時停止!

1760年、
北関東の社寺彫刻を語るには、原点ともいえる、
煌びやかな色彩の歓喜院聖天堂👆が、

埼玉県熊谷市に、建立されました。
完成するまで25年。
大工棟梁は、熊谷市出身の林正清さん。
彫刻棟梁が石原銀八郎さん、で
花輪彫刻集団の礎を築いたボス。

歓喜院から2キロばかり、
利根川は度々氾濫し、家が流され、食料に飢え、
疫病が流行り、歓喜院は江戸の御開帳で建築費を賄いながら・・、
幾度も工事は中断することに。
歓喜院工事の中断で、
大工棟梁林正清さんは、
利根川から12キロばかりところの太田市世良田で、
疫病厄除けの祇園社・世良田八坂神社を請け負います。
1756年完成の本殿





















八坂神社の祭礼を祇園祭といい、
農業・疫病除けの神として広く信仰され、
7月の第4土・日曜日に開催される夏祭は、
「世良田祇園祭り」
屋台が繰り出して競う祇園ばやしは、
夜空にこだまして絢爛幻想の世界を繰り広げます。






領主、新田の紋が・・。




コロナコロナ、飛んでけぇ~


コメント (3)

野木神社・梟の住む杜。

2020-03-03 11:20:48 | 関口文治郎/神社仏閣



何事にも不器用を自称する、河童、
ねじり鉢巻き状態の仕事が、まもなく終わる、と、
八王子の朱い朝陽に、ふたつ、

ふ~っと、深い吐息の今朝です。
仕事に関わってくださって、
有形無形の協力くださった皆さんの、顔が、
少し喘息気味と花粉症でゆがんだ、頭の上を、
くるくる、廻っています。

出産した女性が、乳の出が良くなるようにと願って、
白布に米ぬかを入れて乳房を模したものを、
境内のイチョウに奉納するという民間信仰がある
野木神社。
栃木県の下都賀郡野木町。
平安時代に遷座し、
1806年には焼失し、
古河藩主土井氏の崇敬を受け、
古河藩が鎮守・祈願所として1819年再建された、
梟が住む杜です。




江戸時代末期、各地の寺社に彫り物を施している、
石原常八主信さんは1819年、33歳で野木神社の社殿に、
鑿の冴えを施します。
彫物師が一社での準備は、2~5年で、
家族から離れて、生活をしますが、
この時主信には9歳の子供がいて、
石原常八主利と名乗りました。
後に、熊谷市の国宝聖天堂の、

貴惣門に彫刻を施し、
北群馬郡榛東村の宿稲荷神社では、
1863年、父が亡くなる2年前、
常八主信さんの最後の作を、親子で彫り上げています。

👇野木神社
























12月3日は冬季霊祭は、提灯もみ祭りで賑わいます。
参道に沿って町内ごとに
当地方特産のよしずで小屋を建て、
その中で甘酒や煮しめなどを食べたり






樹齢650年と言われているケヤキ。


コメント (2)