春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

大叔父・太田節三の慕情を新装しました・・・。

節三を・・・その前に一服、吉川英治

2016-03-31 01:02:19 | 魅せられた!







書斎の中

書斎入口


居間・10畳4部屋と・・




明治25年横浜で生まれ、10歳で小学校中退。奉公に出される。
以後、家計を助けるために多くの職を転々する。
大正3年「江の島物語」で講談倶楽部一等当選。
70年の生涯おおよそ30回の引越しの中で、
昭和16年、青梅市の当時吉野村(現在も地名はあります)に
土地を購入。昭和19年3月赤坂から移り住む。
引越し最長不倒、9年5か月を過ごす。
欅の下で奥様とよくお茶を飲んだといいます。
20年終戦で創作の筆を立ち、その後の2年間、
晴耕雨読
の生活を送る。
以上、パンフレットから抜粋です。

ここから私、
晴耕雨読。これを「セイタガアマヨミ」
と茶化した御仁がいる。
もちろん、御仁は読み方を知らないわけではない。
そう読んで、不正解を口にし話題を作り、
周りを楽しませる心優しい、性格の持ち主である。
わたしはそこが好きで、「うまいなあ」といつも一人ほくそ笑んでいる。

これは!!!
文学者の中でも、かなりの知恵ものに違いない。



指南番



コメント (2)

(34)小泉の言いなりになる、節三

2016-03-22 03:45:11 | 節三・Memo
   

大正4年去年から参戦した第一次世界大戦も秋田の田舎では、まだ実感として捉えられていなかった。
むしろ、鉱山の資源は、益々小坂町の財政を潤し、新助も、長男戍太郎、悌三らは好景気の恩恵を受け、投資でも稼いでいた。
太田家の悲劇は、ただ一つ、七男の節三であった。
大館中学、柔道部主将、黒帯二段、東北六県の他流試合では無敵を誇り、新聞もやんやと書立てた。
講道館五段三船久に見込まれて、柔道では申分ない、少年なのだが、又しても校長室を賑わした。

担任の小笠原連三は、生徒の一年間の記録簿を、昨年、三船指南が教導の為に作らせた檜のテーブルに置き、校長と口車の教頭の前で額に皺をよせ、溜息をついた。
「もう一度記録を見せてくれ」
への字の校長が記録簿に目を通すと、何も言わず、やはり肩を落とした。
節三は昨年同様、学業不振に付き、進級できずの憂き目の瀬戸際に立たされていた。
校長は窓の光を遮る、雪の山を見ながら、ポケットから「朝日」の煙草に火を点けた。
娯楽、嗜好品の少ない、小坂町の楽しみは、煙草であった。
「山桜」「敷島」「大和」などは大人気だった。
数年前から輸入煙草も売ってはいたが、地主か鉱山の重役位でなけれは買えない値段であった。

「落第ですな」
教頭が沈黙の空気に唾を飛ばしてまくし立てた。
「落第、落第、柔道が少しくらい、強いと鼻にかけているようだが、校長、学校は学問を学ぶための場所。その場所で学問の出来が良くない、記録簿が物語っているでしょう。これはもう一度、二年生ですな、成績が上がるまで二年生。すんなり進級させられますか」
校長も返す言葉が見つからなかった。が、
節三の落第を覆したのは、柔道の浅利顧問であった。
節三が落第らしいと教員室で噂を耳にした浅利顧問は、
「教え子が落第と聞いては、黙って見過ごす気持ちになれない」
校長室の引戸を静かに引いて、ストーブに薪を投げている校長に、
「太田君は、三船指南の門下生になる予定です」
「三船指南は、その気になればいずれかの大学に進学してもらわなければならん。教導の役目には、大学の肩書が必要になろう。
親御さんも太田君が学生の分際では、仕送りもしてくれるでしょう。そう言って帰られました。三船指南は太田君が上京すると、思ってますよ。その三船指南の行為を二年も三年も待たせる訳にはいかんでしょう。ここは目をつむって太田君の将来にかけましょう」
校長は柔道で学校に貢献する節三の落第に気分を曇らせていたのである。

この言葉は節三の窮地を救い、浅利顧問は面目を保った。

秀才、小柄な一歳年下の同級生、小泉の言いなりになる節三の中学三年が始まった。
コメント

(33)節三、月に吠える

2016-03-20 04:24:50 | 節三・Memo
大正三年十月、太田の庭の池に赤く染まった紅葉の葉が映っていた。
三日後、兄、悌三夫婦が久しぶりに、育った太田の家に泊りがけで帰っていた。




明治四十五年三月、二日続けて朝日新聞記事に載った記事が三船久蔵の名を全国に知らしめた。

{五段三船久蔵は、横山、山下、永岡、磯貝の七段の指南役を除けば、記者が選んだ新人四人は道場で匹敵するものはいないであろう。この四人は、日本の国技柔道の選手として無上の名誉と責任とを有っている・・・・
5段三船久蔵は四強の随一である。身長五尺二寸五分、体重は一五貫に足らぬ、小男であるが、全身に溌剌たる精気は迸って、彼の霊妙神速にして猛烈窮むるところを知らず・・・・
講道館の対外試合に百戦百勝し、嘉納師範を助けて、今日の講道館あるを得せしめし、横山指南が、健康勝れず、漸く老いんとするこの頃、彼れ三船五段は有段者の稽古を預かり、行く行くは講道館を背負って立たんとする有様である・・・・}

{三段門脇誠一郎は講道館の力もちである・・武者修行せる彼は、通常の人が両手にてようやく持ち挙げ得る位な鉄亜鈴を振ひ・・・・稽古後の講道館の裏口の井戸端にありし、二五貫の力試しの石を悠々指し上げる。日曜日は亀戸の神社にて遊び、境内の四三貫の大岩石を荷い、帰っては鶏卵十個を丼に解き啜る・・・・
三船一日門脇を稽古せる際、三船は得意の寝技にて、狂猛無比の門脇を抑え込んだ。門脇は起きんとする、三船は起こさせじとする刹那、門脇全身の猛力を集めて最後の活躍を試みと、オッと叫んで身を躍らせたるに、肋骨二本、自身の蛮力に堪えずずめりずめりと音をたてて折れた。しかも三船の押さえ込みは破るに由なかった。見る人聞く人悉く今更三船の寝技の精妙と門脇の狂猛なる戦力には怖れ慄いたという・・・・}

天下の三船久蔵の噂は、秋田の片田舎でも知らないものはいなかった。
その三船が節三を「門下生にと」わざわざ大館まで訪ねてきたのである。

悌三が実家に帰ったのは、父新助の計らいであった。
三船の真意を確かめるため、大館中学の校長と面談し確認を得た新助は、悌三の元へ使いを走らせた。
節三を養子にと、言ってから三年余、新助は節三の将来に僅かばかりであるが灯りが点いた今、悌三の望みを適えてやれるのは、今がいい、と決断したのである。。
長女「ウメ」次女の「ヤエ」が嫁いだ隣村、毛馬内で南部馬の売買と投資で羽振りのいい悌三は新助の手紙を見て、嫁の「トシ」に急いで着替えを用意しろと叫んだ。

その夜、家人一同の前で、
「悌にぃのところに行く」と言った節三は、学校の休みだけは悌三の家に帰ることで縁組が決まった。

池の大きい岩に座り、親となる悌三との生活、噂の講道館を見上げた月に写して身震いしている節三の背中に、悌三とトシが静かに近づいて行った。
コメント (1)

(32)節三の心に、灯りが

2016-03-19 16:15:43 | 節三・Memo

校長室の引き戸を開け一歩足を踏み入れると、校長、教頭、柔道の顧問が、一斉に節三の顔を仰いだ。



「太田君、益々腕を上げているようだね」
教頭が、背広のポケットに手を入れ、眼鏡の上縁から肩幅が広くなった節三に愛想を言った。
柔道では節三には勝てなくなった浅利顧問が、節三の稽古着の袖を引いて、校長の前に行くように、促した。
校長は三船久蔵からの便箋を一枚一枚めくりながら、
「三船先生が明後日ここへ来ると手紙を頂いたんだが、訪問の折には、是非君に会ってお話をしたい、と連絡があってね、どんな話か詳しくはわからないが、悪い話ではないことは確かのようだ」
教頭が、校長の話を遮るかのような速さで、首を何度も振り、
「いやぁ、君という人間は、明治三十一年大館中学創設以来の歴史を塗り替えるかも知らん。名誉ものだ。あの天下の講道館の三船先生が、こんな田舎の中学の太田君に会いたい、と、名指しで来るんだから、大したもんだ、柔道の先生が、柔道の君に会いに来る。校長がいうように、これは悪い話ではないことは、確かだ。大したもんだ、いやぁ大したもんだ君は、是非とも会いたまえ」
学業不振で落第をし、いたずらの首謀者と誤解されて停学は当然と、いの一番に推奨した教頭が節三を誉めた。
大館中学には、節三より遥かに、名を馳せた学士は何人もいる。
教頭の口車に、柔道顧問の浅利が「チッ」と口を鳴らした。
節三は校長から渡された手紙に目を通したが、三船の達筆な文章は文字に疎い、節三には珍粉漢粉であった。が、体が熱くなり、脈が早鐘のように打ったのは、自分の名前が、手紙の中で鮮明に浮かんだ時である。
脈打つ心臓の音が聞こえた。時間が止まり、心臓の音は皆に届いているのではと動揺したが冷静さを保ち、
腕組みをしている浅利顧問の顔をチラリと見た。、
察してか、校長は
「最近、君は教室から、抜け出し不真面目だと報告もあるが、今後は学問にも身を入れるように。今日は三船先生のたっての要請だ、明後日は、どんなことがあっても抜け出してはいかん、先生のお迎えする準備も
ある、君にも手伝ってもらう。分ったかね」
校長の命令に、軽く頷いた節三は、浅利顧問と共に、校長室を出た。
教頭が慌てて引き戸を引き、節三の手から、校長宛ての手紙をはぎ取って引き返した。
長い廊下の中間の通用口に、小泉が心配そうな顔をして、節三を待っていた。

三船が来るというのに、節三は相変わらず、破れ袴のまま、登校した。
袴で、通学するのは節三ぐらいであった。

椅子に座る三船の小柄な背中が節三の眼には「でかい、石みたいだ」と映った。
「太田君、中学を出たら、どうするのかな」
三船久蔵は、真新しい檜のテーブルを挟んで座る、節三に問いかけた。
校長は、その二人を、じっと見たまま、身じろぎせず、節三の返事を待った。
「決めていません、考えたこともありません」
所詮、金持ちの倅、喧嘩に勝つために始めた柔道。
いつも頭にあるのは「闘う相手がいればいい」、将来には無頓着な節三であった。
三船は、檜のテーブルに両手をつっかえ棒にして節三の顔を見上げ、
「いずれ、君を私の門下生として、我が家に呼びたいと思っているのだが、どうかね」
節三の眼がきらりと光り、三船の眼を鋭く刺した。
「飯の糧はわしが出す。いずれはわしの名代として大学や会社の柔道部の教範になって貰いたいのだがね、中学を卒業してからの話だが、家族の皆さんに相談してみてくれたまえ」

去年、大館中学の教範の直前、新妻、郁子を連れて、長木沢川で鑑賞した、風にたよう身丈より大きい蕗のしなやかさを、節三に重ねていたのだ
「柔よく剛を制す」大男を投げ飛ばすには、節三のしなやかさが、何よりの武器になる。
しなやかさは誰も彼も持ち合わせているものではない。
その稀有な素質を持つ節三を昨年の教範で見出していた。
それを忘れずにいた。

終着駅小坂町に近づき、夜空を覆い隠す精錬所の煙を仰いだ節三の心に変化が生じた。、
「悪くない話だ。俺はこの町にいるような男ではない」
その夜、女子学生で流行っている、ひさし髪の髷にして若く見えた義姉アヤの飯を口に運びながら、今日の出来事と心境をお膳の横で節三の所作に対応するアヤに話した。
アヤはミツが嫁いでから、少しふっくらし、お代わりする節三に、一歳しか違わない節三の甥、自分の子昌雄と比べ昌雄より遥かに大人になっている。と感じていた。

大正三年十月、太田の庭の池に赤く染まった紅葉の葉が映っていた。
三日後、兄、悌三夫婦が久しぶりに、育った太田の家に泊りがけで帰っていた。

コメント (1)

(31)三船久蔵、節三に再び会う

2016-03-13 12:47:40 | 節三・Memo

鎌倉霊園の最上段の真南の景色を眺望する三基のお墓の真ん中

世光院殿柔道顕正日久大居士
 長光院柔覚郁安日永大姉   

昭和四十年十一月二十七日 寂父 三船久蔵
昭和五十四年六月二七日  寂母 三船郁子

施主 三船 貢     


決めていなかった花嫁、嘘に慌てた父親が三船久蔵の帰省中に汗を流して探した花嫁の名前は
郁子
久蔵は講道館の猛者と言われ、新技を編み出し、上達のための稽古に励んだ日々。
聡明な「郁子」との結婚生活は、年輪一つで、情熱を賭けた柔道の修業を止めた。

郁子がそっと差し出す酒を飲む久蔵
この真南の景色を見ながら、波紋見せなかった郁子、と、どんな話しをしているのだろうか。





あくる朝、節三は、岡場所から駅に向かうと甥の昌男
アヤの作った弁当を持って駅舎で待っていた。{(30)ミツの手紙を落とした、節三}

授業を抜け出す癖は、かろうじて進級できた二年になっても治らなかった。
教室を抜けだし、大館村を横切る長木川の砂場で、檜相手に稽古を始める始末。
勉強の嫌いな節三だが、学校では、面と向かって叱る先生はいなかった。
益々図に乗る節三だが、同級生で、一歳年下の小泉が、真っ赤な顔で
「明日三船師範がお見えになるってことです。急いで学校に戻ってくださいと校長先生が・・」
マッチ箱の汽車で教えた節三の秘密の場所を小坂町の小泉が覚えていたのか、と、節三は口元に笑みを浮かべ、小柄な学業優等生、小泉と肩を並べて、学校へ戻った。
杉板のドイツ張りの校舎から帰路に就く生徒が節三に道を空け、道の端による姿を見て、小泉は内心、うれしさを隠せなかった。

校長室の引き戸を開け一歩足を踏み入れると、校長、教頭、柔道の顧問が、一斉に節三の顔を仰いだ。
コメント

(30)ミツの手紙を落とした、節三

2016-03-10 00:49:26 | 節三・Memo


抗夫相手の岡場所で節三は、酔っ払いに
「書生、お前もやるのう」
と、言った抗夫を足払いで、あっという間に宙に飛ばすと二人目、三人目払い腰
払いで飲み屋の入り口に投げつけた。

その頃、戍太郎の嫁アヤはクニと濡れ縁から拾ったミツの手紙の皺を、膝の上で
伸ばし、かみしめるように読んでいた。
「可愛そうな事したねぇ」
年老えたクニが小いさな背中を震わせた。
この年数え年で五十八歳になったばかり、十人の子に恵まれ、六男の六郎以外の
子供たちは、立派に育ち、今のクニは気弱になっていた。
「あの子は、一人っ子のような感じだったのですよ。兄弟とは年が離れているし、
決め事になんでも外れていたから、太田の家のことは何も知らなかったと思いますよ」
お父さんは最初は可愛いといってたけど、喧嘩するようになってからは、まったく
馬鹿なって奴だ。馬鹿野郎、が口癖になって、近寄らないし、節三もわかるんだろうね、
父さんには近寄らなかったし、みんなに怒られて、育った様なもの、考えりゃあ
不憫な事をしましたよ」
「そんなとこ、全然感じませんでしたけど・・」
アヤはクニの手を握った。
「ミツまで、黙っていなくなって、誰も節三の味方がいなくなったかねぇ」
「悌三さんがいますよ。養子にって前からいってたではありませんか」
「アヤさん、悌三は節三が可愛いから養子にするわけではありませんよ、自分には
子供がいないから、跡取りがほしいだけですよ。悌三は優しいが、後生節三を面倒
見きれるかどうか。親の私が言ってはいけないことでしょうが、親だからわかるも
のもあってねぇ」
アヤは初めて見た節三への優しさを言葉にする義母に、実母には無かった愛おし
さを感じた。
「ミツさんのことは節三さんも許してくれますよ」
「節三さんは優しい心を持ってますもの、きっと、きっとわかってくれるはずです・・ね」
そんなアヤもミツの手紙を見ては、年頃になって迄縁談を断り、言いたい放題の
あの生意気な小姑のミツを初めて理解し、涙を流した。

あくる朝、節三は、岡場所から駅に向かうと甥の昌男がアヤの作った弁当を持って
駅舎で待っていた。

コメント (3)

(29)ミツ・節三に命令

2016-03-07 12:21:25 | 節三・Memo
何よりねぇちゃんのほうがみんなよりはるかに、黙っていこうと思っていました。でも、悩んだのですよ・・・・・
節三は胡坐をかいたまま電灯の真下まですり寄った。{(28)ミツの手紙、節三は}

姉ちゃんはお嫁に行かないと決めていました。
腰から下の火傷の痕をあなたも、見たことがあるでしょう。
あなたを背負って、どうして竈の上に煮え湯があったのか,
ねぇちゃん、蓋をあけた途端、ひっくり返しました。
その時のあなたも今では大事な足も火傷をしたのです。
あとで
俺の足なんでこうなったと、母さんに聞いたとき、
ねぇちゃんは、息が止まりそうでした。
母さん
お前が悪さして、お湯をかぶったと、私をかばいました。
その時から、ねぇちゃんは、節三が大人になるまでは、
お嫁に行かない。そう決めました。
どうせお嫁の貰いてもない、と、あきらめてもいました。
でも、くじける時もありました。
ウメねぇちゃんと、ヤエねえちゃんがお嫁に行くときは、
部屋の中でいつまでも泣いていました。
もっといやだったのは
戍太郎兄さんに、南部出の偉いお嬢さんがお嫁に来た日でした。
体のことは知られたくない、
どんなことがあっても、火傷の痕は見せたくない。
そればかりでした。
節三、知っていましたか。
節三の足を見るたびに、
ねぇちゃんは、どんなお転婆をしていても、
おとなしくなっていたのを」

節三は幼い頃が走馬灯に鮮明に浮かんでいた。走馬灯はミツの思いを鮮明に浮かび上がらせていた。

「七滝ので、俺は柔道をやると叫んだそうですね、小作さんが教えてくれました。
何をバカなことをしている、どこまで馬鹿なことをする男なのだ。
私なら滝に行かなくても、決めたらそこで、実行するのに、なんて暇人だと思いました。
でも、どんな決め方でも、節三は今日の今日まで、柔道だけを考える人になりました。
ねぇちゃんはそんな節三を偉いと思いました。
新聞の記事は、切り抜いて大事にとってありますよ。
仲良くしてくれた、節三に打ち明けるか、どうか。
あなたは今、大事な柔道の時でしょう。
ねぇちゃんは決めました。
あなたには挨拶をしないでこの家を出る事にしょう。
身内だけのお披露目は明日ですが、
あなただけには、言いたくない。言いたくありません。
どうしてか言えません。
明日は盛岡で試合ですね。怪我をしないようにしてください。

嫁ぎ先を探してくれた、父さんと戍太郎兄さんは大変だったでしょう。
有難く思わなければなりません。
ねぇちゃんは、黙って嫁いで行く事を節三が解ってもらえるかどうか、それだけが心残りです。

最後にねぇちゃんから命令です。
節三、お前は誰にも負けない強い柔道家になれるのだから、わき目を振ってはいけません。
ねえちゃんはいつでもお前ことを思っています。
私が離縁されたらお前が私を養うのです。
解りましたか。
解からなかったら解るまで、滝に打たれなさい。

さようなら
                      ミツより
 節三へ                      」  

節三は小刻みに震える手で引いた建付けの悪い障子が、
「ピシッ」と大田の家に響いた。               

{(28)ミツの手紙、節三は}の書き出しに・・・・
font>

コメント

(28)ミツの手紙・節三は

2016-03-06 02:31:42 | 節三・Memo


建付けの悪い障子が「ピシッ」と空を切った。
節三は廊下を走り。ミツの部屋の襖両手で開き
「ねぇちゃん」とありったけの声で呼んだ。
人影はなく、鏡台も、箪笥が消えていて、暗いがらんとした部屋は小さい窓からの月の明かりだけが、かろうじて主になっていた。
節三は、甥の昌男の部屋、父新助の部屋、戍太郎の部屋、納戸、風呂場。便所、客間と家中の部屋を、
「ねぇちゃん、ねぇちゃん」と叫びながら、ミツを探した。
「父さん、ミツねぇちゃんはどこにだ、どこにいる」
「昌男、おばちゃんを知らないか」と叫んだ。
廊下で新助と戍太郎が、母クニと戍太郎の妻アヤが、節三の取り乱し様をじっと見ていた。

泊りがけの遠征から帰った節三に義姉のアヤさんが夕食を運びながら、
「節三さん、今日はな・・・」
と言ったきり、後を続けないアヤさんを見て、「マッいいか」と言葉を待つまもなく、食の礼を言い、歩きながら両肘を背中の後ろにそらし部屋に入った。
電灯をつけると、
「おっ」と口から洩れた。
布団がたたまれ、教科書が机の隅に並らんでいる。汚れて投げ捨ててあった衣類は洗濯をされきれいになって部屋の真ん中にたたまれていた。。
「散らかっていても、どこに何があるかわかっているから部屋には入るな」
と言われている手伝いの「タエ」が「節三さん嫌がるんですよね」云いながらもと母のクに、
「これと、これは洗濯して、後は部屋を履いておいて頂戴」
と言われると、従わざるを得ない。
「タエの苦情」は母に言われて十分承知している節三は、ただ自分では片付けないことも知っている。母のクニには少し腹が立つが、タエには心底怒っている訳ではなかった。
押入れから布団を持ち上げ、足で洗濯ものを寄せようとしたとき、電灯に揺れた白い封筒が目に入った。
布団を「ポイ」と放り、封筒を「スゥッ」と手にした。
封筒を持つ手が少し震えたような気がした。
「節三さんへ・・・・」青いインクのミツの字の一行目。

「毎日稽古稽古で大変ですね。
節三にとっては突然のことで、心苦しく思いますが、ねぇちゃん明日お嫁に行くことになりました。
父さん、母さん、兄さんたちと話し合い、節三にはねぇちゃんが嫁いでから話そうということになりましたが黙ってたことに、みんなを恨まないでください。お願いします。
何よりねぇちゃんのほうがみんなよりはるかに、黙っていこうと思っていました。でも、悩んだのですよ・・・・・

節三は胡坐をかいたまま電灯の真下まですり寄った。
コメント

(25)節三冬眠する

2016-03-01 22:41:33 | Extra
停学になった。大叔父・太田節三の慕情の節三。

2泊3日の冬眠に入ります。

この男どうもマイべースで困った者だが。


冬眠前、私に捨て台詞を言った。

お前はいい友達を持ったもんだ

上の瞼と下の瞼は誰もが羨む、間柄ではないか。
コメント