春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

大叔父・太田節三の慕情を新装しました・・・。

真鶴岬、、潮騒に美の決まり。

2019-01-30 22:27:17 | 散歩

 

神奈川県足柄下郡真鶴(まなづる)町、
あの手この手で仕事を抜け出し、訪れました。
八王子から高速で1時間30分で着く真鶴町。
地中海沿岸に似て、日本のリヴィエラと言われるそうで、
それはともかく・・・。

4つ違いの兄の唇が紫になる変調に、
驚きながらこの海、岸壁で泳いだ一点だけ鮮明な記憶の町。
いつの頃か、どうして真鶴だったか、

一向に思い出さないまま、見た真鶴町の景色は、
坂道歩いて、行き交う人は無いほどに、潮騒がかすか。

真鶴町は自然環境、
生活環境及び歴史的文化的環境を守り、
かつ発展させるために、
配慮しなければならない美の原則に・・

場所・建築は場所を尊重し、
風景を支配しないようにしなければならない。

眺め
・建築は人々の眺めの中にあり、

美しい眺めを育てるために、
あらゆる努力をしなければならない。

 





👇岬の森に、
クスノキ、クロマツ、アカマツ、スダジイなど

350年以上の大木が、
樹陰に寄る魚の命を守っているという。


 

 


👇真鶴半島・三ツ石海岸、注連縄に初日の出が、
人気だといいます。


👇かすかに大島が浮かんで・・。


👇メジナを釣った釣り人の向こうに熱海市、伊東市が・・。


 

 

コメント (2)

奥多摩日原の人形山で悟った!

2019-01-26 13:33:28 | 山に登れば

 

人形山、どうして可愛い名前が付いたか、
登ってから調べていたら、山の名の由来より、
一人では登らない、難路・・。
踏み跡も消える・・山登りの初心者、
行く前に十分な調べをしていたなら、
もっと早い時間に登るべきでした。

👇 神社にお参りし、登山口を捜すのに、
それすら見つけられず、神社の周りをグルグルです。

 

 

登り口で、痛い目に合ったので、少々冷静にと❝後述❞、
踏み跡を、辿って、

 

👇向かいの山は梵天巌

 

👇 支柱が朽ちて、寝そべった看板に、
このままいけば大丈夫だと・・。

 
👇4年前の某ブログの写真に、倒木は無かった。

 

 

 至る所に倒木。

 

 

 

 

 

 

 

ミズナラにモミの木、ベンチで、軽く食事を済ませ、

 
👇 左の北側には杉の木が、

 

岩を支えにしなければ、滑り落ちそうですが、
息切れ、ミズナラを見るためという意識は、
しっかり消えていて、
むしろ一歩一歩登っていることに快感さえ感じます。
ただ、復路は避けたいと、しきりに思いながら・・。

 

 

 

 

 

 
👇ヤドリギでしょうか、まさか、
熊棚ではありませんよね。

 人形山の頂上辺りは踏み後は全くなく、
ミズナラの巨木を目指して、篭巌方面に降りる予定でしてたが、
あるはずの看板は無く、
コンパスも何も、全く役に立てず、
午後3時30分、来た道、下りを後ろ向きになって・・。

 
1月16日ミズナラ、ブナ林に胸を弾ませた人形山。
登山のしょっぱな、
人生、地に足を付け、足元を見ての教訓!

ウソだ!ウソだ、言葉が足りない・・?
足元を見て歩いて、踏み跡を捜して、
ギュッと背伸びした・・

見えなかった鉄パイプが・・。

 仕事は順調です。

コメント

奥多摩日原・人形山のミズナラ、ブナと

2019-01-22 22:23:13 | 山に登れば


ミズナラとブナの樹が東京・人形山に、
あると知って、登りました。
明日から2月初旬までは仕事になる1月16日。
4〜5時間で下山できそうな山(1176m)
車の行き止まりは日原鍾乳洞で、
到着するまでは、狭い道。
それでも、鍾乳洞を見学しに来たのでしょう、
数台の車とすれ違いました。



❝  森では、地上に落ちた葉や枝が微生物によって
解されるが、このときにフルボ酸ができる。
このフ
ルボ酸が腐植土の中の鉄と結合して、
フルボ酸鉄となる。
鉄は、イオンのままでは、川で運ばれる途中で、
酸素に触れて鉄粒子に変わってしまう。
しかし、森でフルボ酸と結合した鉄イオンは、
ルボ酸鉄として鉄イオンのまま、
川を下って海へ到達する 

海の生物は、森と密接な関係で結ばれていると説いた、
松永勝彦氏と
読売新聞・「時代の証言者」を執筆している畠山重篤氏。
落葉樹からの腐葉土は、漁師にとって「宝」だと。

町の銀杏の葉は避けて通りたいけど、
山道、危険ではあるけど、
カサカサ、耳障りのいい落ち葉の道を歩くとき、
クロッキーを胸の中、描く、
心地よい時間ではあるけれど・・。












 


 

 

 

コメント

煩悩、三〇槌の氷柱で払う。

2019-01-19 20:32:14 | Extra

 

冬日和でなければ足を延ばさなかった秩父地方、
羽村市のどんと焼きを見物して、余った時間。
芦ヶ久保の氷柱を見て、もう帰ろうかの時刻。
年寄りひとり、行くところ行くところ、
若い男女を見て、睦ましい老夫婦を見て、
三峰神社の駐車場から、夕焼けでもと、
国道140、甲州市方面に向かった道すがら、
三〇槌の氷柱の看板を見て、ひょいと左折。
気乗りしていない観光。
大きい火鉢に暖を取るカップルを、
憮然と横切り、チケット自販機に200円。

滑りそうな石段で、
日陰の荒川の流れに映る、天然の透き通った氷柱。
時間が経つごと、
三峰神社で払う筈の煩悩、
ここで・・・済ませてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

👇 秩父・三〇槌天然の氷柱。

 

 

 

コメント (2)

子育ての虎・左甚五郎。

2019-01-17 22:11:54 | 関口文治郎/神社仏閣

 

柏手ふたつ、春かの陽ざしに飛び立つ5羽の、
寒雀に誘われて秩父神社境内に・・・。
三猿は、見て、聞き、喋る元気のいい小猿達。
くさりで縛られた龍。
児を育てる寅は、
寒村の秩父の民の、講詣での人の、
支えになっていたでしょう。



 

 

 

 

 
👇日光の三猿、見ざる、言わざる、聞かざるの三猿は、
秩父では、よく見て、よく聞いて、よく話そう
戦国時代の彫刻なのに、現代の情報化に近い、感覚。
秩父神社の妙見様は、
人間の元気な命を司る神様と、
永く信仰されているのだそうです。

 

 

 

 

 

 

コメント

あしがくぼ氷柱

2019-01-16 22:44:41 | Extra

 

秩父市に入るルート299の、
道の駅「あしがくぼ」
町の人たちが暖冬と戦って作った、氷柱。

14日の祭日、車を止めるのに30分近く待って・・・。
近くには氷柱用の駐車場が・・・、
すぐ留められるのを知ったのは、
帰る時でした

 

 

 

氷の特質をとらえられません。
機会がありましたら・・・ぜひ。 

 

 


 

 

 

銘仙の産地、道の駅で売っているものは、
数少ない職人の技で仕上げたもので、
足を止めてしまいます。 

 

 

コメント

無病息災、羽村のねこ。

2019-01-15 22:14:34 | Extra

 

小正月、短い鼻のトンネルをすり抜けて、
ボタンと机に落ちる、水。
こんな夜は水をたらふく飲んで、
布団に入るがいい・・!

乾燥しきっている八王子から40分。
羽村市は、小説「大菩薩峠」を書いた中里介山が生まれ、
太宰治が入水した「玉川上水」の取り水の場所がある、
人口55000人が住む市であります。
羽衣の堰と詠われた「羽村堰」の中州では毎年、
成人の日に、
無病息災を願い神様を送る、
「どんと焼き」が行われました。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

羽村堰のどんと焼きと猫。

 


無病息災・・・?
わたしはいつも、げ〜んきで昼寝・・!
撮ってるあんたは?
1月14日、猫との会話。

 

コメント

中州のどんと焼き 羽村市

2019-01-14 23:50:48 | Extra


春を感じさせる暖かい日でした。
羽村市まで、どん焼きを見に・・。
天候のお陰でしょうか、沢山の人が、
多摩川・羽村堰に集まっていました…


羽村市、米軍横田基地に隣接し、

全国の市では7番目に狭い面積だといいます。
ただ、縄文時代から古墳時代の遺跡もあり、
1653年には、
多摩川(玉川)では一番最初に水の取り口が設置された

羽村市、かつては筏の集積場にもなっていて、
多摩川水系の貴重なところとされています。

11日訪れた多摩川の中州のどんと焼き(決行日は14日)の、
風景を投稿させていただきます。





どんと焼き 羽村市

 

 

コメント

多摩川5丁目の散歩

2019-01-12 23:41:12 | Extra

 


一昨日、友達の家で他愛のない時間を過ごし、
帰り際、多摩川の土手を歩きました。
多摩川5丁目この辺りは、渡しがあり、
奥多摩の伐採した木の筏が、深川まで、
流れていたといいます。
昭和10年ごろ鉄道ができた辺りで、
数か所の渡し場は無くなったと
いいます。

跡地の碑はあるようですが・・。


奥多摩、鳩ノ巣の60年くらい前、
ダムができる前の源流は、
今の水位より6メートルくらいは、高く、
渦巻く水流で泳ぐのが、子供心に楽しかったと、
地元のМ氏の言葉を思い出していました。





☝  奥多摩 多摩川・鳩ノ巣峡谷

👇 多摩川・多摩川5丁目付近



写真ではうまく撮れませんでした、多摩川の夕陽です。

 多摩川5丁目

 

 生垣の隙間に咲いていた水仙。

 

 

コメント

鳩ノ巣小橋、ひっぱりだこ飯の壺。

2019-01-10 10:16:24 | 山に登れば

 

 

国道411は甲州裏街道と呼ばれて、
起点は東京は八王子で、
山梨県は甲府市、

笠取山の水干(みずひ)一滴と奥秩父連峰の沢水が、

一ノ瀬川から、丹沢川に、
東京の水亀、小河内ダム
に流れて、
多摩川と名を変えた峡谷の景色は、

眼を奪われ、寒くても車を止めて、
覗きたくなる120キロでもあります。

👇花折トンネル手前を、左に・・。


八王子から43キロ、
白丸調整池ダムの、虹が・・。

 

 

イワナ、ヤマメなど、魚が遡上する道があり、
てっぺんには、登りに疲れた魚が、
一休みする、

水面よりちょっと高いコの字型の隔壁があり、
一休みした魚は、ダムの中のトンネルをくぐり、


「やったね」と、

仲間にウィンクをしながら、もっと上流へと泳いでいく。

 

私はダムを渡って、川岸の向こうから、
この地に生まれ、この地に住んでいるМ氏の
話をひとつひとつ、確かめるように、
下流の「鳩の巣」町辺りまで行きます。

 

 

 

 

👇放流しているダムの水煙が・・

 

秩父古生層、白妙の石灰岩からの、
瀬音を聞きながら・・

 

 

 

 

 

 


鳩ノ巣小橋、
ここで見つけたのが,

電車を乗り換えても買うという
20年前明石海峡大橋開通の記念に作った、
明石名物、淡路屋のひっばりだこ飯のツボ。
多摩川の水、東京湾まであと100キロの長旅、

洒落た昼飯を食ってると感動!?

 

コメント (2)

笠取山、分水嶺から水干まで・・。

2019-01-09 01:06:36 | 山に登れば

雨の降らない関東地方、
山には雪は少ないだろうと、1953mの笠取山。

小学生の頃、
オリンピックでアルペン3種目(滑降・大回転・回転)の、
栄冠を勝ち取った、アラン・ドロンに匹敵する、
べらぼうな美男子がいた。
オーストリアのトニーザイラー。
映画に出たばかりに、アマチァー資格を失い、
その後の活躍は、無いけど、
家族に隠れて観たのは「白銀は招くよ」
私たぶん10歳ころ。
夢中になり競技に破れて、捨てたスキー板。
18歳から一度も触ったことがありません。

笠取小屋から30分。
日陰の道、アイスバーンを心して、

 

笠取山の名前は「笠」となれば、
天木越え・田中裕子さんが留置場まで、
連れていかれるときに、

被せられた手縄にあの笠。似ている!
♬ 肩の向こうに あなた 山が燃える・・♫ 
ここの昔は、樹木は無く丸坊主、
降る雨に大洪水に見舞われたという。

今は人工林が麓の住民のに生活を守り・・

 

 ☝ 👇降った雨が、向こう奥千丈岳や黒金山を、
下る水らと合流し笛吹川に、
笛吹川は山梨県南巨摩市で、

釜無川と合流してから富士川と呼ばれて、
駿河湾のヒラメ、太刀魚やイカと出会い、

 

 

☝ 👇多摩川方面では丹波川に流れ、
小河内ダムから、多摩川の名前で、

東京の人たちの重要な水になって、
東京湾にあらわれたクジラにも、供給した。

 

 

 

☝ 👇 縄文人が住んでいた、秩父の谷あいを、
埼玉県の吉見町では2537m日本一の川幅を誇って、
東京23区、荒川区を迂回して、
デズニーシーのミッキーマウスに会いに行く。

 

👇分水嶺から直接登れば30分くらいだといいますが、

 緩やかな道にある水干(みずひ)、
多摩川の一滴を見学に、


途中これは、地下水まで掘る鑿泉機でしょうか・・・。
笠取山の歴史を見れば、うなずけます。

 

 

貝が開いたような黒い部分、
雨の降らない状態なので
枯れています、が

 

振り向いてミズヒ沢60mあたり下に、湧水・・・
多摩川に流れていく水です。
富士山が見えて、水神社があり、
ミズヒ沢のつららが、

 

 

 

 

 

 

そして帰り、
笠取山、夕陽が当たる山の左の
山頂まであと数十メートルを
登らなかった。
無念(?)をここで晴らして、

ルート411を八王子に向かいました。
下山時刻、16時30分。
計画表から4時間30分オーバーでした。


 

コメント

笠取山に登れば・・。

2019-01-07 19:04:46 | 山に登れば

 


朝焼けの勝沼インターから1時間30分くらい、
R411・大菩薩峠ラインを八王子方面に、
くすんだ空に、太陽が射した富士山を、



柳沢川沿いに、鶏冠山落合登山口の、
看板に気が付いて、

信玄の隠し湯という原水館辺りを、
一ノ瀬キャンプ場に向かいます。

2018.12.9 撮影



2018.12.9 撮影

笠取山の登山口佐場平口に着いたのは7時50分、
予定を1時間遅れ。
駐車所には先客、6台の車、
終日晴れの予報でした。

もたもたして登り始めたのは、8時30分。




20分ほどして、後から威勢のいいあいさつをした、
お兄さん、あれよあれよ、追い越していきました。












まもなく、笠取山の小屋です。

 

バイオトイレのある小屋、
暮れ正月3日は営業していて、
昨日用ができなければ、泊まる予定でした。
ここまでは、1時間少しで着くのですが、
私は、3時間かかっています。
8時ごろ登った2匹の犬を連れた老人は、
すでに、笠取山に登って、下り、
悠々とお昼を摂っていた。
少し恥ずかしい気持ちも湧いた。

股下の短さも、十分影響している!?



標高1700m。
山登り初心者に挨拶をした、鹿が10頭ばかり、
気を良くしさらに登ります。

コメント

幻の荒川起点の碑、

2019-01-05 21:49:02 | 山に登れば


1月2日、荒川の上流、入川峡谷をハイキングしたのですが、
入川渓谷に入る道、秩父市から来れば、
道の駅おおたき」に、前回投稿した金田一春彦氏の石碑が、
ここにもあります。

どちらも雁坂峠を今立っている場所から詠ったものですが、
雁坂峠は「日本書紀」にも登場し日本最古の峠といわれ、
三伏峠(南アルプス)、針ノ木峠(北アルプス)に並んで、
三大峠と言われ、甲州と秩父を結ぶ重要な交通路だったそうで、
そんなこと知らず、雁坂峠、どこに見えますかと、
あちこち、聞き歩くわけです。

昨日(4日)笠取山に登り、雁坂峠を眼の前にしたので、

金田一晴彦氏の碑も、陽の目を見ることはなるのですが・・。

 

碑の傍に土産屋さんがあり「郷路館」の屋号も金田一さんが、
名付けをしたのだといいますから、歴史がありますね!

 

荒川起点の碑を見るのに、
勾配緩和のループ橋(雷電廿六木橋)を、くるり。

 

左手に滝沢ダム・奥多摩もみじ湖が見えました。
車を降りることになるのですが、

12月25日は、昨日より寒く、
見に来た夫婦の犬の散歩姿、
あっという間に見えません。


 

 

と、街道に戻って、入沢渓谷の小さい看板の指示で、
扇屋山荘左にして、狭い道を進んでいけば、荒川起点の碑。
前回はここまででした。

 

十文字峠方面に・・

 

昭和23年から45年頃まで、山林伐採に使ったトロッコ線路が・・
半世紀経って、浸食されていたわけで・・

 

 

 

 

 

 

 

調べではここに「荒川起点の地」があるはずでした。


 

 

崩落している赤沢谷との合流地点、
渡る橋も崩れ落ちています。

 

 

いくら探しても、探せません!
もう帰ります。上流はまだまだ続いています。
「ここは、荒川の一滴ではないし・・」
碑を捜せない自分にかけた、つぶやき・・
が、すごすごと帰る後ろ姿が見えます。

 

 

 

 

帰り道、看板に12月中旬から4月中旬まで、通行禁止。
なら、入り口に置いとけっ・・と、
腹の中で、でかい声が・・
つい 八つ当たり?


なが〜い荒川起点の碑、幻に終わりましたが、
それもロマンです!
見えなかった川のニンフ、瀬音は聞かせてくれた、
それだけで満足です!

コメント (2)

荒川源流・入川峡谷のハイキング。1

2019-01-03 15:55:36 | 山に登れば

朝陽を見ているうちに、出かけたくなった昨日でした。
運動不足に悲鳴を上げなくて済むだろう、
秩父市大滝の滝沢ダム(奥多摩もみじ湖)近く、
入川峡谷沿いの、ハイキングです。

中央道勝沼インターで降りて、
フルツーライン、山梨市、笛吹市が一望でき夜景は絶景です。

 

車を降りて迎えてくれたのが、
Mrs.Katunuma

寒さで鼻水、よだれをしっかり外套代わりにして、

拭こうと近寄ったら、怒ったのは、
旦那?
猫にはネコの、守りたいネコもいる!。



出しゃばりを止め、フルーツラインから、R140を、
ひたすら、秩父方面に、

 

 

なんの実を包んでいるのでしょうか・・

 

広瀬湖で、トイレを借りて・・

 

木賊山(左)と破風山(右)でしょうか・・

 

住むならこんなところもいいな、と

 

左・とさかに似た、鶏冠山と教えられながら、
道の駅、みとみで水と缶コーヒーを買い、

 

 

秩父・大原を愛し「うたのおばさん」安西愛子さんへの、
ラブレター事件で、登校拒否になった金田一春彦氏の
碑を観れば・・・

 

案内看板のリスは正月の陽ざしに、のどか!

 

 

入川峡谷沿いの、でこぼこ道は時速10キロ、
11時には入川渓流観光釣場について、

 

 荒川起点の場所まで、
工林・サワラを見上げて、
標高730m~920m5.3kmのハイキングです。

コメント

孤独な羊飼い・赤い山脈に透き通る音!

2019-01-01 17:42:44 | 山に登れば


山に入って木立を見上げれば、碧空に

6回目の干支に入って、なお、
森の精、泉の精に、木の精と
出逢ったことがない。


羊飼いと群れの監視するアルカディアの神、
山羊のような角を持ち、

臀部と脚部は羊の四足獣姿の
精力あふれるパーン。

狩りを終えて山を下りる道で現れた、
野に住む、
歌と踊りが得意な、
若くて美しい女性姿の、
ニンフに恋をした。

生娘でいたいニンフは執拗なパーンの誘いを、
断り逃げ走り、追いかけるパーン、
川の土手で捕らえられた野のニンフ、
水中のニンフに助けを叫び、
パーンの手が体に触れた時、
ニンフが・・
川辺のになってしまった。

山がら吹く風にから、
悲しげな旋律でニンフの音が、山にこだました。
孤独になったパーン、ニンフを讃え、
数本のをちぎって、
山脈の頂に、空に響けと、
楽器を造る。
パンフルート

今年は、庭園や牧場に花を咲かせ、
家畜を見張り、
狩りの獲物を提供し、
守護する泉の水を飲む者に、
予言の力を授けたり病を治すという
山の精、谷の精、木の精、森の精、川の精、
ひと目逢いたくて・・・。

 

アルカディア「牧歌的な状態」トマス・コール(1836)


〜 The
Lonely Shepherd 〜 

Gheorghe Zamfir
(ルーマニア・1941~)
パン笛のマスター


八王子、今日も穏やかな陽差しでした。

 

コメント (2)