春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

飲み過ぎ、丸太から滑った
徳利、背中の与太郎河童
花見の色香に、プハァ~川から顔出し
キョロ、きょろきょろ!

越冬態勢のウラギンシジミを探せ♪ 八王子から

2018-09-30 20:22:30 | 新潟


昨年私を苦しめた女性がいる。
煩悩、3時間考えて、捨てきれないと云えば、
とよさんから煩悩を取ったら、何が残りましょう!
と、小気味のいい啖呵。
その後👇の絵、
ウラギンシジミを捜して真夜中まで、
捜せず、ギブアップ!
絵の陰でケタケタ笑っている姿が浮かび、
案の定、クスクス笑ったという。

越冬態勢のウラギンシジミを探せ♪


その方、越後の雪の中、
越冬して播磨地方で羽化した、

茶目美人。
美人にして、茶人。
ちゃめ!
働き者にして、肝っ玉美人!
骨董にふれ、バックに友の気遣いのお守りを付け、
甲状腺の異常を抱えて、過ごして・・いる。

今夜は、皆さん、ごめんなさい。
一人だけに送るメッセージ。

 遠方の地に住む、茶目さんの、心がこんなに近く感じるとは!
ちゃめさん、八王子の、
雨に打たれる花も、明日はやがて、
きれいな

元の❝花❞になります。
その日まで
ッ!

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

Do not stand at my grave and weep 『わたしの・・・・』

2017-12-21 21:43:34 | 新潟

「尋ね人の時間」

港で風景を撮っていると、熱をだし数日ホテルでうなされ、

肩身の狭い思いが嘘のように思えた。

小説「尋ね人の時間」の主人公はカメラマンで、

生活を壊していく物語。
作者は、新井満。
新潟に生まれ、博報堂で環境ビデオを作成乍ら、
小説、歌などの創作活動をした人物。
文才あってか、詩的な作風の物語を描き、
今から30年前、芥川賞作家にもなってしまった。
1946年生まれ、
童話もたくさん書いた。
肩書は、作詞作曲家・歌手・写真家・絵本・・・・。
わたしのブログ仲間の方も、同じ会社で働いて、
ひょっとして、分野は違うけど、同じ屋根の下で働いていて、
顔見知りだったかもしれない。


「千の風になって」はその作家が
訳詞・作曲した曲て゛、
新井満氏の友人の妻が、癌で亡くなり、友人家族4人を慰めるために、
作者不明の外国の詩を翻訳し、作曲。
30枚のCDを造ったのが元。

後、テノール歌手が歌って大ヒットした曲。

新潟港、みなとぴあの憩いの場に、

「千の風になって」のプレートがこんもりした、山に埋めてある。

新井満氏が歌っている。


Do not stand at my grave and weep 
ー私のお墓で佇み泣かないでー


もう40年も経つ。
カネボウのCMソングとして自ら歌唱した

『ワインカラーのときめき』
(作詞:阿久悠 作曲:森田公一)がヒット曲となる。



 



 

☟この船は、拉致被害者の曽我さんのいる佐渡へ
 花街、色恋の新潟、今日は厳粛に!

コメント

炉の女神ヘスティア

2017-12-20 20:42:50 | 新潟

 

今日は朝からひま。
山と渓谷社の記事「単独行60の知恵」を見て、夕方まで。
十日市「七ツ釜」で、私の干支・いのししを見てから、
あなどれないと・・・。

関係ないけど、2020年のオリンピックに、
暑さに強い花を選定したニュースが。
ついでに、思っていた。
この火炎型土器、聖火台にならないかと。
縄文式の土器、新潟、笹山遺跡出発掘したもの。
国宝になっているこの土器、
新潟の橋ではあちこち見ることができる。
聖火台が駄目なら、聖火トーチにでも・・・ダメ?
着火には、かぐや姫の衣装で・・ダメ?

 

 

 

 

 


ギリシア神話・炉の女神・ヘスティア



なんとなく雰囲気似て、聖火台に!
(・・・・・・・・・・・・・・)

もう寝よう!

 

コメント (2)

簡素な松之山温泉「白痴」の安吾記念館へ

2017-12-19 14:08:14 | 新潟

                                ☝新潟・松之山温泉の坂口安吾資料館の庭風景。

女性は小さな痛みに弱く、大きい痛みに強い、
男性は小さな痛みに強く、大きな痛みに弱い。
まさに実感している今日でもあります。
くしゃみ一つに、これからの日程が大きくカーブを描いて変更されるとは・・・。
今年もあとわずか、忙しいのは峠は超えたものの、
外歩きの予定は、週末の2日間を除いて、今年はぜんぶあきらめてしまった。
大事の前の小事、
ねずみ小僧、千両箱目の前にして、
屋根裏、猫の姿を見て不吉を察し、持ち去るは後日にとばかり、
良策・・・?
そう、思ったら気分は落ち着いたけど、
外の明るい陽射しが、妙に恨めしい。

てなわけで、パソコンに向かえば、
ブログ更新の記事?・・・・なぃ・なぃ・ナィ!





 

 

 

 

 

新潟に生まれた、坂口安吾。
叔母・貞、姉・セキが嫁いだ松之山温泉の元づくり酒屋の庄屋・村山家を、

昭和5年から13年の間、
安吾は度々訪れここで、小説を数編書いた小説が、
「逃げたい心」「黒谷村」「不連続殺人事件」
「山棟山美術博物館」は700年の村山家の調度品、書画、陶芸品、
安吾の資料を展示しているのですが、
記念館、中では人の気配がするけど、
訪れた日は冬季、閉館中。見学はできませんでた。

名家に生まれ、ガキ大将、ド近眼、情緒不安定、孤独
自分ばかり憎み叱責する母に対する反抗心を増しても、
砂丘に寝転んで光と小石の風景を眺めながら、
海と空と風の中にふるさとと愛を感じ、
その中にふるさとの母を求めていた。
幼少時代。


安部公房の師・石川淳と並んで新文学旗手と言われ、
成人の安吾の作品、軌跡を、
「太宰治がもてはやされて、
坂口安吾が忘れられるとは、

石が浮んで、木の葉が沈むやうなものだ」
と、三島由紀夫氏に言わしめた。
妥協の安定を覆す、安吾。

☟11月18日発行・十日町タイムスより。


映画かされた作品は9本もあって、
坂口安吾、映画監督・篠田正浩、女房・岩下志麻、若山富三郎で、

「桜の森の満開の下」鈴木達夫氏の美しい映像、
池田満寿夫と生活を共にした、冨岡多恵子氏の脚本。
今村昌平監督、息子天願大介脚本、役者・柄本明、松坂慶子・世良公則の
「カンゾウ先生」喜劇を、音楽を山下洋輔の喜劇が、ただ笑えない作品て゛あったのも、
記憶に浮かんだ、十日町・松之山温泉でした。

まこと、恐縮ながら、更新者は安吾の作品等、
重箱の隅、楊枝でほじくったことはなく・・・・・。
あしからず・・・。

コメント (2)

ここまで65分、まもなく・・。

2017-12-15 21:29:05 | 新潟

 

わたし、今夜の景色が見えずらくなって・・・きて、
午前中、メタボが気になって、
町中を歩いて、気分よく帰ってきました。

ブログの更新と思いながら、
つい、
干物の写真を見乍ら、コップに半分、冷酒飲んだ!
そ~したら、断酒7日間、もうだめです。
一気に眠くなってしまって・・・。
努力は、日々少しづつの積み重ねと、習ったので、
きっと、
酒も、毎日少しづつ飲んでいたら、
これほど眠く、ならなかったかも・・・・・?
ここまで65分!
シャっキリまなこ、兆候が・・・・有りません・・・・!
日の出まで、サヨナラ!

コメント

新潟、道楽神社で願懸けした、が・・。

2017-12-14 21:22:19 | 新潟

 

☝新潟港、信濃川河口にむかし、船着き場の荷揚げ場所があった。
 14年前に移築した、昭和2年にできた「旧第四銀行」をバックに、
 今は、きれいに整備している。

☟その港から、歩いて10分ほどの住宅地に、
 「豊光稲荷大神」がありました。
 住民の憩いの場所にも思えた11月下旬。

 

 





 そこで見たのは、狛犬に祈願する、女性の数の多さ。
 狛犬、左は女性用。
 足止め祈願の「ひも」の数が・・・。
 新潟、むかしは花街の町だった・・・・今も!


☟こちら、右が男性用。


 

 




☟酔狂、私も願を懸けました。
 願いは・・??・・・。
 朝も早く、だれもいない神社でした。


 狛犬を回し願いをブツブツと、


 つややかな姿でもあります。


 がぁ~・・・回したのは「女の人」が回す狛犬。

☟男性用の狛犬、「違う」と、言ってくれれば、
 だれもいない境内、人の気配を、
 きょろきょろ探さなくて済んだのに!

 


北前船、港は男と女がうごめく物語は満載でもありましょう。



今宵は「おっちょこちょい」を半分、反省して眠りにつきます。

 

コメント (2)

十日町七ツ釜と、猪の爪あと!

2017-12-13 20:59:41 | 新潟

 

十日町、訪れた11月下旬は、町には降ってませんでしたが
今日は、十日町の積雪状況が報道されていて・・・。

昨日の続きです。
峡谷に降りる道も、滑落防止の柵は、外されています。
落葉が濡れていて、細心の注意を払って・・・。

 

 

 


 


 


 


 


 

 


平成7年の融雪出水で消失した滝を、

地元の、砂防堰堤に再現する要請を受けて、
2年をかけて、崩壊前の状態に近く、全国初めての、
擬岩で復旧した、名称は「七ツ滝下流砂防堰堤」通称「田代の七ツ釜」

柱状節理と水刎ね、近くにはキャンプ場もあって、
訪れる人も多いとか・・。
今度見るのは、立入禁止が解ける6月頃・・・。


 

 

 

 

 




☟ここは少し上流にある流れです。 




見学し終わって、車まで数メートルの処に、
あちこちに、割れた爪痕の後ろに2個の副帝・・・・いのしし?!・・・ビクッ!
鈴、持たず
軽率に降りたのはいいけど、
背筋に緊張が走りました。
何しろ、この山には、たぶん私ひとり。
七ツ釜の滝「いのししに突き落とされて怪我」と
話題になっては、困ります。
ここは裾、はしょって「ゴメンナスッテ」人里へ一目散。
というわけで、

「田代の七ツ釜」でした。

 
こちらは、鹿の爪跡。







気象予報に耳を傾けて、今日はこの辺で。

コメント (2)

多角柱の岩山。

2017-12-12 20:19:39 | 新潟

 

 


咳しても、ビリビリする腰を、
自然治癒で治したい一心で、痛み止めの服用を、
我慢しているところです。
一晩眠ってからの痛みに比べますと、今は回復に向かっていて、
しばらく、自宅での時間が多くなる・・と。

11月下旬、新潟県十日町に出かけました。
上旬、清津峡で、新潟が海の中だった時、火山溶岩が冷えて出来た、
多角柱状・柱状節理を見て、まだ何処かにあると、
調べると、十日町の「七ツ釜滝」でも見られると判り、
出掛けたものです。
生憎、雪が降った後、町ではバリケードを外し「立入禁止」になっていましたが、
役場に問合せたた処、今日の道路、積雪状況では、
「個人の判断に任せます」と。

 処がナビが、違うところを走らせていたわけで・・・。
☟橋を渡って、山道を登ると、

 

民家が数件・神社も冬支度をしていて、

 

 

 

 

 

 






辿り着いたら、雪原に、
もう少し進んだら、急過ぎる坂道。
おっかない二の足を踏み、ひなたぼこしている人に聞いたら、


☟「ほら、あの白いところが駐車場だよ」

 谷を越えた向こう側!
 雲が厚くなって、この日は雨が降る予報でした。
 急ぎ、ハンドルを切り返しました。
 


☟ガードのワイヤーは外されています。
 その向こうの小道が「七ツ釜の滝」へ、
 対向車が来れば、どちらかがバックするようです。


無事駐車場へ着いて、

 




おぉ~・・6角柱の玄武岩、柱状節理の塊です。

 

 

 

滝を下流からも見たい、降り口を探し、首を伸ばすけど、
なかなか見つからない。
そして見つけた、道は滑って転びそうな道。
滝は、やはり下から見た方がいい!
明日また。

コメント

ポチャ、バーン、冬の池

2017-12-11 21:55:12 | 新潟

手でエスコートしようとした時、ボートが動いて、
握った手が離れてしまった。
天空から舞い降りる天使の羽衣のように、コートを宙でヒラヒラさせて、
娘が鴨の遊び場の池に゛ポチャッ゛

なんとして・・・今だから言えるようになりました。
ボチャ・バーン・・・・水しぶき、波紋のすごいのなんのって。
婿が、あとから河童よろしく、飛び降りて、ヘルプ。
胴あたりの深さ、婿は水に足を取られて、つんのめり、
夫婦愛わし、二人とも全身ずぶ濡れの、冬の池。

いやはや、車をシートで巻いて、いい人もいる、
そこまで手伝った方達がいて・・・・。
娘には、車のトランクのある、着替えを、
婿にはジャンパーに、腰の下は、毛布を巻かせた、
とんだ、家族の親睦。
帰りの道中「お父つぁん、コンビニでウイスキー」
くしゃみに鼻水、二人とも。
なんでも聞いてしまった、親父の私。

コンビニまで歩く姿に「お父つぁん、腰が曲がっている」

悟られるのは、癪!
ここは、意地でも、背筋を「ピン」」
が、無理。
わたし、引き揚げようと、手を引っ張ったあたりで、
「ゴリッ」と鳴ったったか「グリ」という音だったか
40数年来、腰痛がなかった、この年で゛ぎっくり腰です゛と・・。
8日の出来事でした。

 



コメント

目に入っ朝市の・・。

2017-11-28 23:49:08 | 新潟

 

欠食児童(?)の眼に入ったのは、
「かぶ」と「トマト」

トマトは半分だけ売ってもらった。
かぶ・・・・一回り歩いたら、忘れていた。

今日はこの辺で、
小さな3個、風邪クスリ飲んだら、ねむい・・・・。
パソコンの画面が消えたり、見えたり・・・
たった、3個のパンチに、勝てそうにありません!

明日は、八王子の「あかり」で一杯(?)です。

☝☟新潟の露店です!

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

滝にうたれりゃぁ、風邪など!

2017-11-27 23:00:33 | 新潟


出がけ、気になったかすみ目、

パソコンの色が少し薄くなっていた。
が、体調は、いいと自画自賛。
思うのは自分だけ、周りは「気を付けなさいよ!」
この時やめればよかった、
初日、出先のホテルで病院の世話に!
俗にいう「鬼の霍乱」・・・・風邪をひきまして、
鼻水タラタラ、恋にうなされた少年のように、
ボウ~っとして。今日です。
2日の予定がもう4日。
ブログに皆様にも、お会いできず・・・、
辛うじて「あしあと」は、追いかけましたが、
追いかけ、中途。気にかかる始末です!

あぁ~、よる歳を自覚しないのは、はた迷惑!

と、散々言われました。
フン!と、思ったけど、言葉に出なかった!

 

 


                             ※十日町、海底から隆起した、岩の亀裂を落ちる、七ツ釜の滝。

ご心配おかけいたしました、明日は、ホテルを出ます。
元気です!

コメント (4)

雨の日、勤労の家族!

2017-11-23 10:24:25 | 新潟

目を覚ましたら外は土砂降り。
寒くて、ストーブに電気を入れたけど、
微妙に寒さがしみる。
娘が来て、夜通しついていた、2つの換気扇のスイッチを切った。

今日は勤労感謝の日。
9里離れた青梅の図書館に、珍しい本があって見せてくれるという。
普段、仕事はしているけど勤労者ではないので、
旗日、出掛ける処。なのに・・・・、

もたもたしているうちに、雨が小降りに変わってしまい、
投稿の写真「寒くて土砂降りの日はこんな感じて゛」と題して
用意したのに、気が抜けた。


そりもいらない。




帰って炬燵で一杯、酔ったら一節、陽気に手拍子、ヤー、ソレ、ドッコイ、
画に描いて窓から街道を見れば、通りの通行人、傘さす人がいなくなって、
手拍子何処かに消し飛んで、なんとなく、気がそげた。




働きづくめの写真を拾い出したのが、いけなかった、
見習えと、天の声なのかも・・・・?
気分一新?飯に一品添え物を稼ぐことにして
「もじり」を多摩川に、こそっと置いてこようかと・・・?。
では、まいります!

 

コメント (2)

八海山、八ッ峰の手前まで

2017-11-14 11:42:57 | 新潟

日本の豪雪地帯、家々の1階の窓は、窓は、雪に押しつぶされないように、
板でふさいで、夏もこのまま、造りを3階立ての構造にしている。
街道を走れば、2階建ての新興住宅の風景に見慣れているわたしには、
濃紺、こげ茶、暗い赤の外壁の建物が、
異様な景色に見えました。
十日町のアーケードの商店街は、午後4時というのに、
開いている商店はなく、かろうじて、時計屋に灯りが付いていものの、
人の姿はなく。
それでも朝の街道には、車の隙間を作らない。
道路には、積雪表示が、鉄柱の4メートルくらい高さに・・・・・。

言葉は、重い塊を引きずっているようで、そして、
言葉は塊に、潰されて身体は重く沈んでいくようだ。
そんな十日町。
観光の5日、町の風景、物見雄山で撮ることは、とてもとても・・・。


棚田の坂道を降りかけたところに、明治12年に建てた「峠校」
前身、竹所校は9年に開校し、手はくわえられているけど、躯体はそのまま、
昭和59年、108年間の学びを閉じた歴史。




傍にたくあんの準備。





 

十日町を離れて、関越道六日町のインターへ。
街道から八海山が見えて、ループウェーがあるので・・・。

 






八海山頂上の八ッ
9合目の山小屋は泊まれ、憧れるのだけど!


 







 

 

 

 

 

 






 

 




魚沼・3年間、雪室で熟成する、雪の中の酒・「八海山」・・・うまい! 



 

 

 


帰ってから、「山に登ろう」と、娘に言った。
お互い、協調性なし。思ったことをする。
「おとっつあん、山の麓について、一人で登ることになって、いい?」
予期していた言葉が、そのまんま。
婿が隣で、八海山をがぶ飲みしながら、ニタリ!
何のための頼みだったか!

曇って寒い、八王子です。

コメント (2)

清津峡の青と紅葉 十日町

2017-11-13 07:27:56 | 新潟

 

朝焼けの、光がまぶしい八王子です。
5日の清津峡の渓流の流れも、まぶしかった。
紅葉より、水の青さに目を奪われていました。
4か所の展望台は、暗いトンネルを歩いてから、
なおさらの、色合いだったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





 

 

5日は観光、朝、棚田を見てこの清津峡。
この後、ナビは八海山を検索しています。

コメント (4)

十日町、清津渓の青い流れ

2017-11-12 10:55:38 | 新潟

 

 


おはようございます。
都心より3度は低い八王子は、冷たい風が吹いてます。
空は抜けるような青空。


日本3大峡谷と言われ、雨にかかわらず、
駐車場が一杯だった「清津渓」
とばっくちで引き返した4日、あくる日は連休中日。
離れた駐車場で、お帰りの車を待って、と、待つことしばし。
たばこを2本。





 




 

 




売店とホテルがあるここから100m向こうが、トンネル。
  カメラではうまく撮れません。
  水と冷気、紅葉は見惚れるほどの色合いです。

 




ここで600円のトンネル、通行料を払って、1キロくらい。
4か所の見晴台はどんなか?歩いた。
一つ目の見晴らし台で見た景色が
1600万年~1300年前、海底の火山灰が積もってできた、巌。
近くから、サメの化石が出たことから、
新潟十日町は海底だったと。
七谷層、火山の頁岩が、7つの層をなしているのだそうで・・




 


噴き出して岩盤になり、冷やされたときできる割れ目を、
「柱状節理」と、案内看板に書いていた。(追記・習ったな・・・・)




 










 







紅葉というより岩盤地質の見学という感じ、
ながら、岩盤の隙間から生えている、植物の生命力に、
ただ感心!すごいもんです!
植物は・・・・水の青さも!

益々、抜けていく八王子の青空です。
カメラの調子を試せる恰好の天気ですが、
出掛けられないのが・・・恨めしい!
では

コメント (2)