春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

飲み過ぎ、丸太から滑った
徳利、背中の与太郎河童
花見の色香に、プハァ~川から顔出し
キョロ、きょろきょろ!

こんな時は、音楽を聴く。イグレシアス・Hey。

2019-10-30 22:28:23 | Extra
 
 
 
 
 
 
 
もともと文章を書くのは苦手、
本となれば、必要なら読むけど、
好きかと聞かれたら、
苦手のボルテージがマックスになります。
それでも書くとなると、
それこそ、頭を抱え、腕組みをし、頬杖をつき、
気晴らしに外を見たり、
クモの巣がどこまで伸びるかなんて、見ては、
テレビの録画のボタンを押してしまいます。
結果ブログの投稿は、一日延び、二日延び・・・。
奇妙な後ろめたさが、ポッ、ポッと湧いてきます。

 
一竹美術館 河口湖 フリオ・イグレシアスで 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
コメント (2)

辻が花・久保田一竹美術館 ③ー③

2019-10-28 07:50:38 | Extra
 
久保田一竹さんが室町時代の紋様染、
「辻が花染め」に出会ったのは、20歳の時。
シベリア抑留を経験して、
辻が花を本格的に、研究したのは、
40歳からだといいます。
無くなる85歳まで、
それこそ、
貧乏な時は、黒くなるまで
100回も染め直し、研究したといいます。

久保田さんを知っている人は、
気さくで、温厚だったと・・・。
 
 
 
 
 
 



👇美術館の外は、遊歩道・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 👇美術館の傍の「蜻蛉玉」という名のミュウジアムカフェに、
久保田さんが各国から集めた、トンボ玉(蜻蛉)を、
展示しています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
👇テラスで、コーヒーを・・。
 
 
 
 
 
👇野外ステージ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
👇久保田さんのライフワークの「光響」80連作。
46連作が完成しているものの、
ク保田さんは、残り34作のデザインを残し、
2003年4月26日逝去。
一作に一年以上かかり、
私も80連作の完成は、見ることができない。
それでも絞りの極めに、
 入館から5時間余り、
安土桃山時代、武家、武将に好まれ、
江戸初期、友禅染に押されて、姿を消した、幻の染物、
独自の技法を編み出した「一竹・辻が花」には、
ただ、驚きでした。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
👇11月1日から紅葉通りに、ライトアップは、
美術館の入り口まで・・。
 
 


コメント

辻が花、一竹美術館 ③-②

2019-10-27 05:56:46 | Extra
 
河口湖の一竹美術館は、奇抜な設計で、
知られるガウディの作品に似ていると教えられ、
訪れました。
富士山が冠雪した翌日の今月23日、
良く晴れた日でした。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
琉球石灰岩で作られ、やはりガウディーでした。
スペインを訪れた、
久保田一竹さんが自分の「辻が花」染色に、
合うとプロデュースしたのでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この絵は、名前は忘れましたが、寄贈された作品です。
 
 
敷地内は、久保田さんが集めた、東洋の置物が、
展示されている、ガウディー風の建物と、
ピラミッド型に、木造の吹き抜けの美術館。
こちらの内部は、撮影禁止で写真はありません。
 
 
 
 
 
建築物を見学に行ったのですが、
久保田一竹さんの染色作品を見て、
驚ろき、時間を忘れ、目は、しょっちょゅう点、点。

 
 
 
 
コメント (6)

辻が花・一竹美術館 ③-①

2019-10-23 23:33:56 | Extra
 
山梨県河口湖に、室町時代から桃山時代にかけ、
盛んだった、紅を基調にして草花文様の絞り染め、
江戸時代の初めには、一旦すたれた「辻が花」を、
復活させ、世界に名を轟かせた男がいる。
久保田一竹さん。

河口湖に生まれ、富士山を題材にした、

気の遠くなるような細かい絞りの作品を、
展示するために自分でプロデュースして、
スペインの建築家アントニ・ガウディの、
作風をまねて造ってしまった。
その「一竹美術館」のある河口湖迄、
行ってきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
👇絞りを入れた単衣。
制作には早くて、一年はかかるとという。
そのポスター。
 
 

👇スカーフ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント (2)

古河橋、最古の移設されない鉄橋。足尾

2019-10-20 22:36:07 | Extra
 
歌を忘れたカナリヤは、
月夜の海に象牙の舟に銀の櫂で、浮かべれば、
思い出す歌も、
記事が浮かばない私ブロガーは、
あちこち歩いても記事は浮かばない。
果て、どうしたものか。


 
救いの神が現れた。
7ページばかりの冊子。
足尾銅山の世界遺産登録を推進する会、の、
2年前の会報。
会員になるつもりはないけど、
訪れた足尾銅山の古河橋の歴史が、載っていた。
閑散とした今の足尾銅山。
鉱毒カドミュウム被害者で千人以上の死者を出した、
足尾銅山。
一時は、半数を超える北陸の抗夫たち
よそ者たちが花街があり、夜通し気勢を上げて
栄華を誇った町。
 
 
明治の終わり、夏目漱石が新聞に連載した「抗夫」には、
栄華の町は描かれていないけど、
足尾銅山を念頭に描かれた小説。
小説の主人公が銅山に着いた時にはすでに、
掛けられていた橋。
👇古河橋。
明治23年、架設して以来、
120年間、移設されず、今の場所に残っている、
道路用鉄橋では、日本最古だといいます。
 
 
 
 
 
興味を持ったのは、鉄橋になる前は、
松木川を物資輸送のために造られた、



👇明治18年に造られた刎橋、直利橋(古河橋鉄橋の前身)
の写真。大月市猿橋の施工とは少し違うけど、
刎橋の姿を存分に残していてくれた。
 
 
👇トラス工法、鉄橋を架けるときの光景。
足場材は丸太。

 
👇陸橋前での祭り。
背駕籠姿で、参加しているのが、これまたいい!

 
足尾銅山のシンボル・煙突。
 
 
👇戦後の邦画を見ているようです。
ガソリンで動いてます。
 
 
明日から関東は雨が続くようですが、
わたらせ渓谷の紅葉もまじかです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

koko et kaori s・・鶴岡、羽黒山。

2019-10-18 20:02:40 | 関口文治郎/神社仏閣

村治佳織。
ギタリスト。14歳でリサイタルデビュー
2003年英国の名門クラシックレーベルDECCAと、
日本人初の長期専属契約を結ぶ。

谷川公子。
2008 年公開映画《火垂るの墓》の音楽監督。
平和への祈りを込めたギター曲『一億の祈り』を作曲。
演奏者・村治佳織。
映像と一体化した総合的な音楽制作

koko et kaori s

 

Kaori Muraji - 村治佳織 - Nuovo cinema paradiso suite

 

出羽三山神社、一億の祈り・村治佳織さんのギターで

 

コメント (2)

川越の氷川神社・一億の祈り。

2019-10-16 20:16:54 | 関口文治郎/神社仏閣
 
ギターリスト、村治佳織さんは、
東日本震災の後、本人の病気も重なり、
ピアニストで作曲家の谷川公子さんと、
亡くなった方への鎮魂と復興を願う「一億の祈り」を創った。
谷川公子さんも、乳がんを食事療法だけで、
治した女性。
今回も、早く元の生活に戻れるよう・・・。

 
 
氷川神社・川越。
 
 
本殿は入母屋造り。
天保十三年(1843年)起工、
嘉永二年(1849年)に竣工されました。
 
 
本殿の周りに彫った彫刻家は、
嶋村源蔵と氷川神社では公表していますが、
飯田岩(巌)次郎との共作。
源蔵はもともと江戸彫り、島村家の7代目。
先代たちは、日光東照宮も手掛けた、名工です。

岩次郎の父は飯田仙之助。
群馬県勢多郡の花輪に住んで、
石原吟八の愛弟子で、吟八がくなると、
生まれ故郷、東松山で、大工棟梁、飯田和泉守安軌の子の元で、
武藏国で活躍した彫刻師でした。

彫刻には、必ずもとになる絵師がいるのですが、
川越神社の絵師は絵心のある、
嶋村源蔵(俊表)ではないかと・・・・推測です。

余分なことひとつ。
源蔵と岩之助はコンビを組んで、
東松山市の箭弓神社も手掛けています。
ここにはさらに、群馬県太田市薮塚に住んでいた、
名工、岸又八が絡んでます。

 
海老紅陵の繊細な鑿使いは、
彫り物師、関口文治郎の榛名神社の海老紅陵の流れを、
さらにきめ細かく彫られている。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
👇牛若丸

 
 
 
 
👇頼朝が鶴を放す場面。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
神社は、
苦しい時、悲しい時、寂しい時、
いつでも何か、明日はいい日であることに、
手を合わせる。
嬉しい時、楽しい時がありました、
いい日が続くようにと、
一億の胸が待つ、
1652年から続いている、
横笛の音、摺り鉦の音、太鼓の音、
歓声が川越にまもなく響く。
 
 
👆👇 案内掲示板から
 
 
👇川越市護国神社
西南ノ役以降の、英霊2970柱を奉斎しています

 
訪問 2019.10.3
 
コメント

足尾銅山

2019-10-14 21:55:12 | Extra
 
曇っていたし、宿で災害の画面を見ているうち、
花輪彫刻集団の親分、関口文治郎さんの末裔と、
会うのをやめた。
どうせ約束は取ってないし、
手も足も出ない状況に
なんだか、気が晴れない。
ドアを開け出れば、会って話はできるけど、
部屋にいる間に、会いに行かないと決めた。
足尾銅山、資料館と精錬所跡まで、
昨日の続き。
鹿沼の古峯神社も通行止め。
早めに切り上げ、帰宅。
帰りはすんなり高速も開通していました。
 
                       
👆👇資料館、資料から

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
👇松木ゲート、足尾砂防堰堤、
これから先は、車両進入禁止になってます。
 
 
渡良瀬渓谷の源流の碑。
 
 
 
👇群馬県桐生市から、
わたらせ渓谷鉄道の終点、栃木県の間藤駅。
11月の紅葉に、訪れる人たちの歓声が、
聞こえそうなのですが・・・
 
 
 
コメント

廃墟、足尾銅山・渡良瀬渓谷。

2019-10-13 23:30:08 | Extra
 
👆八王子を襲った台風で、
氾濫するかもしれないと、
一役買ったのですが、今朝は水かさも減り、
杞憂に済んで、

足尾銅山に向かいます。
 
 

👇高速は、土砂崩れが数か所、
至る所通行禁止の張り紙、一般道で行くことに 来ることに。


 
👇足尾銅山の町。
 
 
 
 
 
 
 
 
👇廃墟、足尾銅山の精錬所の前を走る、
渡良瀬の電車。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

👇渡良瀬渓谷、花輪駅。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

心配をおかけしました。

2019-10-12 15:30:39 | Extra
 
台風まもなく上陸の情報前、
すでに八王子の浅川では、
八王子市浅川氾濫警戒情報が、出ていて、
氾濫区域に、はまる知人の家は、👆の橋の向こう側、
知人を我が家に連れてくる前に撮ったもので、
これから、もっと降るなら今後の事、やはり心配です。
心配をおかけしました。
知人たちは、我が家で今晩を過ごします。
氾濫すれば、ひとたまりも無い地域、
その時は、又考えましょう。
被害の出た地域もあります。
知人は家の心配もあるのでしょうが、
以外とあっけらから〜んとしているのが救いです。
知人の友達も非難は済んだようだし、
私の友達も安心できる状況。
後は台風が過ぎていくのを待つだけです。





14時、無事帰宅です。

コメント (6)

台風養生に出かけます。

2019-10-12 07:04:47 | Extra
 
 
八王子は大降りの雨で暗いです。
台風が現実味を帯びてきました。
これから知人宅の台風養生に出かけます、
比較的、台風被害の少ない八王子ですが、
今日は、安心できません。
知人の子供たちも自宅待機のようですが、
心もとないです。
昨日のスーパーはどのレジも長い列を作りました。
皆さんのところへ、訪問できる時間が、
限られると思います。

7時、風の音が一段と聞こえるようになりました。
私の住家は比較的高台、堅牢なアパートですので、停電の際の、
冷蔵庫が気になるくらい。
とりあえず、出かけることにします。
 
 
 
 
 
 
コメント (6)

明治神宮にワイン。

2019-10-11 06:32:03 | 関口文治郎/神社仏閣

関東直撃の台風、八王子も霧雨です。
明日あさっては、出かけないことにしました。

10月7日、久しぶりに渋谷に出ました。
土地勘が鈍っていました。
👇国立代々木競技場の周りの、
ケヤキも、まもなく秋秋です。
 
 
もともと占領アメリカ軍施設・ワシントンハイツがあって、
1964年のオリンピックの競技場の敷地として、
アメリカ軍との返還交渉が難航し、
出来上がったのは、開催の39日前に竣工した歴史。
1964年の7月からは、24時間体制での、まさに、
突貫工事だっと。
アリーナ・室内に柱がない・当時としては画期的な、
図面をを引いたのは、丹下健三さん。
 
 
👇手入れもまもなく終わりそうです。
 
 
 
 
 
👇陸橋を降りて明治神宮の入り口。
日本人がいない休み処ですが、
木陰下の雰囲気・・なんとなく様になっている。
 
 
1912年7月30日、明治天皇が崩御。
陵墓は京都の伏見桃山陵。
ここは、明治天皇と昭憲皇太后を御祭神としています。

まもなく年賀の参拝者で、びっしり埋まることでしょう。
加藤家・井伊家の下屋敷の中庭だったところ、
明治初年に明治天皇の敷地になってしまった、二万五千坪。
本堂までは結構、遠い・・・。
 
 
宮中晩餐会で振舞われるワインはフランス産と決まっていて、
シャンパンはシャンパーニュ地方
赤ワインはボルドー、
白ワインはブルゴー二ュ。
👇ドメーニュのワイン。
造りのスピリットを、
すべての工程に映し出した逸品で、
安くない!
2006年から献上された樽、60本。
中身はカラッポです。
 
撮っているのはフランス人。
帰国したら、きっと見せびらかすに違いない。
撮ったあと、ニンマリしていた。
 
 
👇全国から献上された日本酒の菰樽、201本。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
👇撮影はここまで、御朱印の場もお守りの売り場も、
撮影禁止・・・ちょっと残念ですね。
 
 
 
 
 
 
コメント (2)

何年振りか、渋谷から原宿まで。そして記事が消えた?

2019-10-10 16:21:01 | Extra
 
秋田で生まれて、
小学校五年から中学までの夏休みは、
池袋の近くに住んだ。
あちこち連れ廻される多感な少年が、
何時も立ち止まるのが、映画館の手書きの看板。
通路で絵描きが一服の煙草を吸うまで、
眺めていたことがある。
今は手書きの看板がない。
たまに八百屋と魚屋に見る。
ホッとする。
 
昨日は、インターネット、
あの山この山、登山の記録を見ていた 一日。
自分が登った気になって・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
👇原宿駅のすぐそば。
昭和57年に架橋された二代目。
石親柱(石灯篭)は初代のもので、
重量感たっぷりの橋は、
もう作らないのかもしれない・・・。
 
 
👇モデル料に¥500
返礼は、シャリ〜ン。
 
 
👇原宿駅、開業は1906年4月
「ハーフティンバー」・骨組みを表に出し、
土や、セメント、レンガ、石などを充填した様式で、
屋根上には小さな尖塔が載る。
この尖塔は木製のルーバー8面で構成された塔に、
銅板の屋根を葺いたもの。
瀟洒な造りは、結構見られますが、
山手線、木造の駅はここだけ。
 
 
 
 
 
 
 
 
明治神宮を見学して、
井之頭線の途中駅までの道が判らない。
始発の渋谷まで戻って・・・。


👇ゴミ箱。洒落てて、いい。
 

コメント

日高市の酔芙蓉から、聖天院②-② 

2019-10-09 05:29:21 | 関口文治郎/神社仏閣
 
暑くなる日といわれて、秋。
朝晩は涼しさを通り越し、寒い。
通りの車の音が、部屋にこだまする、
八王子の夜明け前。
取り込み忘れたタオルが2枚、ふらり、ふら〜り。
 
日高市巾着田の曼殊沙華を見たあと、
出向いた聖天院勝楽寺。
近くの高麗神社には、皇族が参拝し、
著名人が沢山訪れるのですが、
聖天院は、高麗郷・奥多摩を見ながら
ひと時を過ごせるところ。

👇聖天院
 
 
👇奈良時代、高句麗から渡来した若光(じゃっこう)は、
日高市の豪農になって、渡来人の王様。
聖天院勝楽寺は、若光の菩提寺。

 
👇阿弥陀堂。
宝永年間、(1704年〜1711年)
建てたのは高岡村金子六左衛門。
(インターネット引用)
 
 
👇平成12年完成した、京都神護寺をモデルにした聖天院。
総欅造り、立川流宮大工九代目、石川吉登の作。
鐘楼の向こうの高台には、
在日韓民族慰霊塔や、
高句麗の王様、八角亭、檀君、広開土大王、王仁博士等の
石像があるのですが・・・・。(インターネット引用)
 
 
👇造成中に現れた、地中障害「石灰岩」
「雪山」となずけて、観賞用に・・。
 
 
👇稚児棟鬼飾りは円筒が突き出て、
見るからに現代風。
日本の寺社仏閣建築様式になかった姿。

隅棟の鬼飾りも、
現代風にそのもの鬼!  ウ〜ン
 
 
 
 
 
👇高麗川・曼殊沙華も酔芙蓉も、今日辺りは、
枯れているのでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

渋谷、絵画鑑賞に街並み、湧く新しい息吹。

2019-10-08 04:18:54 | Extra
 
👆「私、失敗しないので」
以前、ちょっと痛快なドラマだったので見た。
実生活ではいつでも、ドジを踏む。
👇いっそ、頭を丸めて、人生の修業をすれば、
いいかもしれないけど、
辛抱が足りない、まず無理。
暇を見つけては、あちこち出歩くのが、
丁度いいかもしれない。

 
昨日は、渋谷に出ました。
人、人だけど、ほとんど外人ばかりしか目に入らなかった。
桜通りをのんびり、
都心も、まもなく紅葉の景色になるなぁ〜と
思いながら・・。
ひょいと、

 
青山学院大学の卒業生が開いた「オール青山美術展」に、
寄りました。
皆さん上手い。
出品された方々が、数人いて、
写真も黙って撮らせて頂きましたが、
同窓生の語らいは特別な連帯意識があるのでしょう、
一向に話が途切れなかった。

渋谷、今度来るのは来年かな、と思い、
美術展の出品作を浮かべながら・・・、
原宿辺りまで。



























 
 


コメント (5)