春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

大叔父・太田節三の慕情を新装しました・・・。

ツチアケビ、そして、よくぞ落ちなかった。!

2017-07-31 23:36:23 | 高尾山

山に登れば、気が晴れる。
今日は意地を通して、一切の仕事から手を引き、
山登り。
意地を通した時点で一つの快感。
見慣れている、登山口に辿り着いて、歩き出せば、更に快感。

いつ実がなるのか「ツチアケビ」のもとへ。

高尾山、一か所に生息している、内緒の場所。



まだ、実をつけていなかっ10日の「ツチアケビ」




今日の気が晴れた3つ目。
こんなん、になるのかぁ~。
もっと果肉が付くのだという!

 

 

 


が、撮り終えて、高尾に木魂する、サイレン!
数台に乗り合わせた、レスキュー隊が、次々と。

 

 

 

 


30数名のレスキュー隊員。
昨日は朝方まで雨の八王子でした。
自然研究路4号路入った私。
その4号路で女性が滑った・・と。

添え木は、捻挫か、骨折か、いずれ!
4号路、尻もちで何十メートル、下の谷へ。
晴れた日でも、気を付ける道幅。
よくぞ滑落しないで済んだ、不幸中の幸い、と。

一歩踏み出せば、わが身。
今日の山登り、対面者が通るまで、待つこと・・・・・回!
こんな時、待たせて悪いと思わず、ゆっくの歩いてほしいもの・・・と!

 



 

なんとなく、なんとなく下山しなくてもいい・・そんな日でした。

 

コメント

タイトル書き忘れて、隋神門!

2017-07-30 20:30:01 | 魅せられた!

夕方から雨、強く、弱く。
花火の音が、ポン。
霞んで灯る街灯の向こうから、花火がポン、ぽぽぽん、ポポン!
そんな八王子で、間もなく終れる、仕事を放棄し、
夜風に顎をしゃくって、預けて、ビールをグゥ~ィ!

と、榛名に咲いていた花?を画面にしたところで、
眠ってしまった。風邪気味だったのでしょうか、熱っぽく20時には布団の中。

榛名神社、1500年の歴史で、荘厳を演出しているのは、「岩」
岩と岩の隙間に巧みに建物を配置し、
それぞれの建物を引き立たせているのが判ります。


ここ双竜門が見える岩から、山門まで時間を戻して。

 

 

 

 

 



 

☟この岩の状態、なんと書けばい・い・の・でしょう?

 


 

☟しかも、上にはこの岩たち、

 


☟明治、仏神稀釈の折、取り壊されなかった3重の塔。

明治2年に作られたためか、塔に5躰の神像が置かれていたからか・・・
いずれにしろ、壊されなかったから、陽の目を見、私らを楽しませてくれている。


☟朝日岳だったか夕日岳だったか、たぶん下の方だから朝日岳!

☟榛名神社への入り口。
隋神門。
この門こそ、榛名神社1500年の重みに
1847年の建立した狛犬を配した彫刻した、まさに日本の中心に、
でんと誇示する荘厳な門でありましょう!
が、今回の修復には、入っておらず・・・
これも何とか・・・・

 

 

 

 

 

門をくぐ前に好物の「ところてん」でしたが、
帰りも喉を潤すように、

お酢をたっぷり、ひんしゅくを買って、またすすった「ところてん」
そんな榛名神社でした

 

コメント

2025年も見たい神社!

2017-07-28 22:54:35 | 魅せられた!


☟双竜門を潜り、登りきると、神楽殿と拝殿が、


☟神楽殿は23年~25年に修復し、

 

上の写真の建物右にある額殿は、19年までの修復。
訪れた7月16日には、すでに14枚を程の太々神楽の額は修復に入っていました。


☟拝殿、幣殿も21年から25年まで修復。



 

2025年までかぁ~。

綺麗に磨きかけた神社をどうしたら見られるか

きっと、
そのころは、
「判る?ここがじッちゃんが昔、撮って見せてくれた神社だよ、判る?」
などと言われ、「おう!車酔いした、霞んで見えるが、えらい建物だなぁ!」
と、なんとなく予測する。
江戸時代は宿坊は100件ほどあったという麓、
言葉にはなじんでいる、そこへ移り住むかなと、

書いて、見たくなる理由が・・・・・、


☟「こんな床下の、彫刻見たことがない!」
と、拝観者、皆、同じ言葉を口にする。

 

 

 

 


☟床下の彫刻がある拝殿で・・・・
無神論者の私でも、なんか願いが叶いそうと・・・・。

 

 

 


☟ころりと落ちはしないか、それだけが心配!


コメント (2)

四面軒唐派風の双竜門! 榛名神社。

2017-07-26 21:45:46 | 魅せられた!

 

 

 

群馬榛名湖に訪れたら、立ち寄ってほしい神社、榛名神社。
榛名山の火の神、土の神を祀り、鬱蒼とした、木立、岩に囲まれた神社。

2017年度から2025年度にかけて群馬県内にある文化財の修復事業としては、
過去最大規模となる総額23億円をかけて百数十年ぶりに大修理を行うと。
すでに、国祖社・額殿は、すべての額が外され、修復作業に入っていました。

余分な話、
平成15年、「地球儀を俯瞰する外交」と
豪語した安倍首相が頻繁に外遊した回数は11回。

その費用が23億円。一回当たり2億円。
名古屋の新聞読者の質問に、東京新聞が、
外務省に問い合わせて、返ってきた数字。

榛名神社4棟の修復と同じ23億円。
15年、効果の薄かった外遊の費用に比べたら、
榛名神社にはもう少し割増しを・・と、いかがでありましょうか。

そう思わせる、榛名神社。

隋神門を潜り、神幸殿をまずパスして、20年から修復する、
国指定重要文化財・双龍門
総欅造り、正面と背面に千鳥破風、安政2年(1855)の建立。

 双龍門と鉾岩、別名ローソク岩。

門です。門。

 龍の彫刻や水墨画が描かれていることから、双龍門。
扉です。扉。

 

 

 

 四面に軒唐破風をつける豪華な門です。
こんな派風を施した門、見たことがない。
若い方が、真剣に彫刻を覗いているのが印象に残りました。
 

 

コメント (2)

けなげなバッタ。景信山!

2017-07-24 23:43:34 | 高尾山

 

 

 

 

  

 

 
本日の被害者・・
危害を加えたのは、私の指。
バッタの姿を一目、瞼に焼き付けたいと、
バッタの休んでいた、葉を捻じったり、ひっくり返したり、

バッタ、天敵をかわすのに、葉の姿に変えたり、

葉の裏に隠れたり、

必死に葉にしがみつき、
が、飛んで逃げようとはしないバッタ!

 
このけなげな姿に、心打たれ、追跡を断念した指、、と安心したバッタ!


☟景信山は、八王子、高尾山から続く「関東ふれあいの道」の尾根。

 

 

群馬県の榛名神社の「ゆうすげの道」に通じる、
けれど・・

 
いまの私には歩きとおせない「夢の道」でもありましょう。

コメント (4)

ウラギンシジミ、裏高尾、登山を断念させた1頭!

2017-07-23 20:01:26 | 高尾山

        えっ!

 


コメント (2)

キタキチョウ vs サカハチチョウ!

2017-07-22 20:18:43 | 高尾山

まったくぅ~!
いえ、人や物にあたっているわけではありません!

自分に!
20日は「景信山」に昇るつもりで、意気揚々!
が、花のビデオに1時間余り見てしまった「駒野木庭園」
そこまでは良かった。
景信山の麓に着いて、登山の準備完了、❛いざ、いざ❜
鬱蒼とした木立を眺めては、したり顔。
何しろ、景信山登れば、とりあえずの目的は達成するのであります。。

踏み出し3歩、黒い蝶が、ひらり、一頭。
1頭だけなら、景信山の道に入った。
振り向けば・・・・・・道に蝶の群れ!

千々に心は乱れ、まったくぅ~
景信山、山頂の景色、千年の先になるのか・・・・!
うん・・・ままよ!





 








 同

同じ蝶なのに、表より裏の翅が美しい!
人も、こうなら、きっと・・・・・・!


 


 

コメント (2)

景信山へ、裏高尾ですこし寄り道!

2017-07-21 21:08:29 | 高尾山

☟関所があった頃の通行は、朝6時から夕刻6時まで、
今この道は対向車が来れば、徐行するくらいの狭い道。
明治2年に取り壊されるまで、道はもっと狭かったに違いない。
この道を突き進むと、景信山の麓に差し掛かる。
昔、北条が武田の動向を探るための山だというが、
詳しいことは、いまだ知られていない。
ルート20から、西浅川の信号を八王子から右に曲がる、ルート516。

その手前に「高尾駒野木庭園」が幟が自然に目に入る

今は、「蓮」しか咲いていないけど、庭園で咲く四季の花がテレビに映していた。
立ったまま1時間近くも、見てしまった。

☟庭園近所のご家庭の花。

☟景信山に登るなら早く行けと、ネコに言われた昨日‹2017.7.20›でした。

コメント (2)

榛名山、3つの目的の2つ目❛まゆみ❜

2017-07-20 21:42:57 | 魅せられた!

 


ロープウェイ乗り場の花壇咲いていたつつじ。
頂上を目指したなら、見逃していました。


榛名山で、撮りたかった花。今は蕾というのでしょうか。
❛まゆみ❜


やがて、10月の末、榛名山はこの花がいっぱいになるのです。
まだ見たことがない花。赤く染まるのもあるといいますから、
その時が楽しみです。
が、きっと、成長を見に訪れるだろうな、と・・・・。

 mi_mayumi_shiro

 
榛名神社の参道、最後の売店、水に浸して見る、
おみくじのあるところに咲いていました。

榛名神社の砂防ダムの上にいた蝶。
ヒメアカタテハかヒオドシチョウか、また別なのか、判りません!
彼はなんと呼ばれているのでしょう?

これは「ゆうすげ」ではないですよね?

でっかい、でかい「ふき」でした。
 榛名神社に沿って流れているせせらぎの傍。

コメント

ゆうすげの道には、こんな花も!

2017-07-19 09:42:54 | 魅せられた!

右を向いても、左を見ても・・・。
みんな、眼がトロン!
14日目の暑さ、まだ続きます。とォ・・。
なのに、頭の快適さは、とうに薄れている。
昨晩は、テレビも部屋の電気も付けっ放し・・・・ドテッ。

榛名山の麓の花は、凛。
琴の音色で、吹く風に、残り少ない、命に磨きをかけ、
和ませていて、見習いたいけど
身体、頭の中は、波瀾万丈!

ゆうすげの道、榛名山麓の花たち。

 

コメント (4)

榛名山麓ひよこ色の、ゆうすげ!❛1❜

2017-07-17 19:18:41 | 魅せられた!

 

群馬県、花の宝庫。

雨がポツリ。ポツリ。
7月9日満月を避けて、昨日、三日月辺りを待って訪れた榛名山。
榛名神社を見て、❛まゆみ❜の成長を見て・・。

某ブロガーさん、山歩きのスペシャリストの、花が待っている来い、来いと・・・。
夕方に咲き、真夜中でもっと咲き、朝陽の出を待って、花を閉じるという、
❛ゆうすげ❜

榛名山、事の始まりは❛まゆみ❜この花が、
秋の榛名山を優美にさせるのだという。
まゆみの丘と名をつけるほど。
が、今は榛名山が優しく見守っている、
可憐な、❛ゆうすげ❜この花に、遠い故郷の匂いが・・・・・。

            

 

 

 

  

  

  

 

     

 

  

    

 

 

 

  

❛ゆうすげ❜月が出ないなら、私が月に・・・・!

 

 

コメント (8)

高尾の猫と、私!

2017-07-16 23:54:45 | 高尾山

2017.7.14  pm6:00
誰もいない高尾山の頂上。
小仏峠から、戻って、ほっとした矢先。
私を迎えた、高尾山の猫。
彼も、人がいなくなった自分の陣地で、
我の気分に、浸っていたのだろ!
いくら声をかけても・・・・。

2017.7.16 pm11:20
群馬・榛名山から、我が家に着きました。
これからの私、高尾山の猫になる、ソウ、間違いない・・・・!

 

 

コメント (2)

奥高尾で、咲いていた!

2017-07-14 22:29:50 | 高尾山

花は咲いていないと、自分でも納得しているのに、
登ってしまった高尾山。
午前中で帰るつもりが、麓に降りた時は陽が陰っていました。

私は、肺に陰があり、非常に息苦しくなる身体。
おまけに、足はやや不自由ときた。
それでも、意地っ張り、どこまでも進んでしまう!
高尾山山頂から、小仏峠まで。
とはいえ、きっちりと帰れる時間は見計らっている。
今度来る時の為に、景色に眼を光らせている!
が、帰りは予想通り、極めて大変!
ベンチがあると休憩。石垣があると休憩。

そんな今日、やはりたった一つ目を見張らせた花を見つけました。
これで十分なホンワカ心地!
とりあえず、更新。調べるのは明日にします。

☟これは私でも知っている❛ヤマユリ❜

☟前回はここまででした。
今日は、ここからさらに90分の小仏峠まで。

☟とにかく暑い。ちょいと一服です。

 

ラムネを飲んで、さてあと90分!
小仏城山を、下ってすぐです。
この花です。25センチくらいの花!
初めての花でした。
 

 




これで満足。帰ろうかと思いましたが・・・・。
☟小仏峠から相模湖を・・・

コメント (5)

心頭を滅却すれば 陽 もまた涼し/イセハナビ!

2017-07-13 21:48:15 | 高尾山

日毎、面相が、ダラーンとして、
比例して、予定する行動は少しずつ削りっ放し、
被災のニュースに、手も足も出ないが、
日本丸の今後には、溜息は出る。

☟昨日まで覚えていた花の名前、
はい、しっかり忘れています。

☝☟人間の形は地球、どこでも似たり寄ったり、
歳とっても、似たり寄ったり、

が、花はどうしてこんな見事な形を作ってしまうのだろう!
それを思うと、暑さを忘れてしまう時がある!

 

☟イセハナビ(伊勢花火)
夏~秋、薄赤紫色の漏斗状の花を咲かせ
シソ目キツネノマゴ科イセハナビ属の多年草。
東南アジア原産で、日本へは観賞用として、
中国を経由して伝来したものが野生化し、
葉は長楕円形で、対生につき、花弁の先は5深裂します。
❛花の図鑑から❜
2017/7.10 高尾植物園で

 

 


岩盤の僅かな隙間に根を張る植物の逞しさ。
自然研究路2号路、木の根ばかり、

 


☟灼熱10日目、明日の予定はと聞けば、

朝開き、暮れて眠むるだけ。
なんとおおらかな、
夏の夕暮れ、見てホットする花です。

 


☟キンシバイ

 

 "頭を滅却すれば  もまた涼し"

 

 

 

 

コメント

早熟の、カリガネソウ!踏めない竜の髭!

2017-07-12 06:32:08 | 高尾山

外に出れば暑く、家の中、クーラーをかけると寒く、
何処に身を置けば程よく、快適になるのか、
今日も朝から、八王子カンカン照りです。


ジャノヒゲ❛龍の髭❜の花。
写真はピンボケですが、初めて見ました。
なんとなしに、踏んでしまう時があるのですが、これを見ると、踏めなくなります。

 

 

 

 

カリガネソウ❛雁金草❜
日は当たるが、乾燥しない場所に・・・。
8~9月の開花、早熟でした。
独特の匂いがあるというのですが、気が付きませんでした。

 

 

 

高尾山麓のアジサイは、もう枯れてしまっています。
辛うじて湿気のある中腹では咲いているのですが・・・・。

 

暑い折、体調に気を付けてくださいますよう!

コメント (2)