春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

飲み過ぎ、丸太から滑った
徳利、背中の与太郎河童
花見の色香に、プハァ~川から顔出し
キョロ、きょろきょろ!

高尾山、ちびた靴をはいて!

2021-03-02 19:58:32 | 関口文治郎/神社仏閣


放蕩無頼のなれの果てと言われないよう、
ちびた踵の靴を履き、
「記憶袋」の提げ紐を緩めたら、
あてにならない記憶が満杯になっていて、

その一つ、掻い摘んでみたら、
丹波山系、
江戸100万人口で、20万の人が、
参拝したという、大山寺。
安政の大火で立て直した向背の木鼻、
彫った彫物師の一門は、
高尾山の山門にも飾ってあるの資料を見たのに、
3つある山門の資料に、彫り物師の記録はなく、
社務所のお偉いさんの努力も虚しく、
いつか裏付けが出るのを待つようにと・・でした。
八王子の河童、
末期の不覚と言われないように、
大山寺の記事を訂正して、
ひとつ、高尾山杉並木を見上げて、
残念でしたが、
社務所の担当の方に感謝して、
ホッ!

手中明王太郎敏景(師職として:小川監物)信景の子。
江戸城本丸普請に作事方として加わった。
寺社建築では天保6年(1835年)に建てた
高尾山薬王院表門などが残る。
次代の景元は前鳥神社旧大神輿を敏景の作と記録している。

👇薬王院・仁王門に・・。



今年、三十三代法燈を継承した、
佐藤秀仁山主
歌舞伎俳優・市川海老蔵さんに似て、

身近に見た人は、せっかくの解脱に、
煩悩、酔いはしないかと・・・。
バカばっかし・・。


👇高尾山薬王院。
ここで毎日護摩を焚き上げます。
石段を上ると本社、極彩色の権現堂があり、
ここの彫刻は、石原常八さん。
群馬花輪彫刻集団でも、
抜きんでた鑿裁きを伝承させた初代です。



👇四天王門に・。
















この3月は群馬県を行ったり来たりで、
投稿も思うようにはいかないかと思います。
手際の悪さを、ぼろくそ、反省して河童、
指をそろえて畳の縁、
頭を👆に👇に何度も、何度も・・。


花たちは、旧甲州街道・小仏関所跡
コメント

砂山が固まる・まで・今だけ・サヨナラ!

2021-02-22 20:20:00 | Extra

春、かすかに大地の香りがして、
薄着に開放感を一心に一身に受け、
彷徨いの襞を取りはじいて陽も輝いて・・
なのに、
あなたに、しばらくの別れです。
事故に遭ったわけではなく、
病気になったのではありません

孤独になりすぎているでもありません
ほんの少しです。
そして、お願いです!
あなたのブログに私の「あしあと」が着いても、
決してその
「あしあと」を追いかけないでください・・!。
画像は昨日の一昨日の、

画面と変わりません!
永久の別れではありません。
ほんの少しです。
私を育ててくれる、
たくさんに感謝して!

~  寺井尚子  ~
キサス・キサス・キサス
( たぶん・たぶん・たぶん )

 




コメント

『MINAMATA』写真家の悶え。ユージン・スミス。

2021-02-21 12:42:49 | 被災


今日は春、春。
寝つき前、貴重な自由時間の今日、
予定に心地よかった。
なのに、出かけの玄関、
知人の訪問の知らせを受けて、
回れ右!
40日の部屋埃に衣服を汚しては・・と。
二の次にされた、ブログの投稿写真は、
暇つぶしの?ちっこい権力者の前に敢え無く、
ノックアウト!・・です。

昨年ドイツベルリンで2月、
写真家を主人公にした映画が、
ベルリン国際映画祭で公開されて、
話題になってた。
失意で酒付けになっていたユージン・スミスさん。
3年前、日本でも彼の作品展があった。
映画をプロデュースしたのは、
話題に事欠かない、
ジョニー・デップ氏。
起用した俳優に、
真田広之さん、美波さん、浅野忠信さん。

今年、2月アメリカで、イギリスでトルコで上映中で、
近くイタリア、フランスでもオーストラリア・・も
公開される・・のに、
「MINAMATA」
きっと、日本でも公開されることを望んで・・。


『MINAMATA』
ジョニー・デップ主演
20/02/25






👇英語の説明に・・
私は、英語もフランス語も、スペイン語も中国語も・・
あるいは日本語もちんぷんかんぷんで・・
ただ、一枚の絵から、
撮った方の
見えない言葉が、
伝わってきます。

The story of W. Eugene Smith 

 

春は来てるのでしょう
冬を忘れても
忘れてはならない

「記憶袋」
ふと、紐といて
立ち止まる
それも
明日への道かもしれませんね!




コメント

2月10日『不知火忌』・『苦海浄土』石牟礼道子の悶え神。

2021-02-19 21:54:09 | 被災



石牟礼道子『苦海浄土』刊行に寄せて



👇第二章
石牟礼道子さんの思う共同体、
もうちょっと心の隅々まで、あるいは肉体の隅々まで、
温めあうような、
死んだ先までも忘れ難い絆がないと、
あんな北風がびゅうびゅう吹く東京の
ど真ん中です座られたものではありません。

大学総長の田中優子さんは、
道子と呼び、
道子はさらに云う。
「戦う共同体」は決してユートピアではない、
心ひとつにして、一丸となって闘いを挑んでいく、
という美化されたものではない。
個人の立場の事情が、絡み合い、
諍いもあれば仲間割れもある、
揺らぎながら、震えながら、立ちすくみながら、
生き延びるための戦いに挑んでいく・・と・・。




👇汚染地に留まり続ける老婆.
酒の力を借りて事故処理作業に従事する男,
戦火の故郷を離れて汚染地で暮らす若者.
四半世紀後の福島原発事故の渦中に,
チェルノブイリの真実が蘇える



石牟礼道子を偲ぶ「不知火忌2021」 

繋がぬ沖の捨て小舟
生死の苦界果てもなし
👆「不知火」の冒頭の言葉は
「苦海浄土」の始まりの言葉と同じである。


 
コメント

ウンラン咲く、庄内砂丘「砂の女」はどこに! 山形県鶴岡市。

2021-02-17 21:22:33 | Extra

番傘、油紙貼る、糊代にも事欠き、
長屋、あちこち苦情のいびきに、
飼い猫、顔中引っ掻くところで、
眼が覚めた。
時代漫画の読み過ぎ・・
コロナ禍、孤独の幻影か・・。
汗かく陽ざしに、いきなりの冷たい風は、
冬が吹き忘れた風・・。
半纏裾ひるがえし、風切る八王子の河童、
能天気に、今日も元気であります。
ちょっと気に病んで・・
更新記事無く、今日も
ちっこい蔵の中から、穿り返して・・。


庄内砂丘「砂の女」の取材地を歩く 

 


ノーベル賞にならなかった
👇安部公房さんお墓
八王子市上川霊園

代わりに、今年のノーベル文学賞は
多和田葉子さん・??・・
テヘぇ~






コメント