春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

大叔父・太田節三の慕情を新装しました・・・。

頭痛は水分不足からも?

2017-02-28 12:15:59 | Extra

ここしばらく、夜中から寝起きまで、ひどい頭痛に悩まされていた。
書籍の小さい活字やPCで目の使い過ぎと思っていたが、
それだけではないらしい。
頭痛は、体内の乾燥も、要因のひとつだと、
今朝、知らされました。
確かに、動かない生活、食事も一食ほどの日もあり、、
水分の摂取は、まこと少ないな、と振り返った。
外から乾燥、内から乾燥!
市販の「頭痛薬」に頼っていたが、
昨晩は、打ち合わせをしながら、人並みの食事を採った。
その後PCで遅くまで仕事したけど、今朝は、頭痛がない。
一日だけで、結論を出すのは、どうかと思うけど、
ニュースを聞いて、思い当たる節に、
妙に納得してしまった。
引きこもりを気にしていた「友」が、
「当たり前!だから言ったたじゃないの、ほどほどしなさい」と、
電話の向こうで「意を得た」とばかり、
リズミカルに怒っていた!

昭和45年まで使われ、昭和52年に解体された、上野消防署の望楼。
48年ごろの都心は、このスタイルの塔屋式と煙突式の望楼は、
建築物の高層化と電話の普及で、ほぼ役割を終えていたよう。
今は、小金井市の公園に移築されている。
解体前は23メートルの高さで、この望楼は上部7メートルの部分。


 
          

          この趣は、昭和生まれの私には、
         気持ち和む、ひと時を与えてくれます。
             
  ではまた! 

コメント (2)

わるものは、撃沈!

2017-02-27 18:06:57 | Extra

昨日とは違う、冷たい風が、吹き寄せている八王子です。
平穏な日々を送る、私にはのような、
肌寒い世界は不要で・・・ただ悪い輩には、制裁は必要で・・・・。
こんなきな臭い映像の掲載は、これっきり、これっきり!

資料室で放映している画像。これも転載可能画像です



のような笑顔で、過ごしたいものです!

「京橋・デカタンス・チョコレート」一度食べたら辛党でも、癖になります!




では御免!
 

コメント

どうにも、こうにも、この日々、この国!

2017-02-26 18:06:12 | Extra

なにその恰好「たまには、外の空気を吸ってきなさいよ」
ついでに云う。
なんでもいいから、鼻のティシュだけは取りなよ!
花粉症・症状の処方と、予防で欠かせない、
鼻に詰め込んだティッシュペーパーのロングスカート。
他人から見たら、滑稽で同情をあおる格好だけど、
身近の人間にすれば「タダ、恥ずかしい姿だけ!」であるという。
フン!

これほど「無くなってもいい国はない!」と思わせてしまう。
以前は「地上の楽園」などと虚構の宣伝で、
1958年から
戦争後の労働力不足を補うために、在日朝鮮人の集団帰国を促し、
「夢を見て渡った」人たちもいた。
自分の国でありながら、その後は二度と出国を許されず、
貧困と規制の地獄を味わい続けていた。

北朝鮮、この「共感性」のない国、
「共同体への帰属心」「生存戦略」は、
まさにサイコパス・精神病的変質と、
精神病理に素人の私でもわかる。
トップのみならず、国民全体が、
病的な殺人者の巣窟と思わせてしまう。

九州南西海域工作船事件
2001年(平成13年)12月22日に東シナ海で発生した、
不審船の追跡事件である。
不審船は海上保安庁の巡視船と交戦の末爆発、沈没した。

見事なV型船底、普通の漁船は「平型」です。


90メートルの海底に沈没した不審船を海底から引き上げた結果、
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の工作船であることが判明し、
現在では「九州南西海域工作船事件」と称されている。

※通常引き上げには、100メートルと聞いています。


工作船としての特別使用で、プロペラを4基にして
 これで60ノット、時速≒110キロのスピードが出せるようにした。


☟小型船、プロペラ3基に改造、50ノットで≒90キロのスピード!
 競艇ギャンブルの好きな方、そのくらいの速さです。


破損した操舵室の向こうが機関室、2室ある。

3ミリメートルの生硬な鉄を繋ぎ合せる「溶接」の技術は、
 当時の北朝鮮にはなく、よその国の技術者の技だという。
楕円形の穴は「トイレ」右の円柱は、排水用パイプ。
 寝室がないので、急場は、この場所(船尾)ですっきり!

第二次世界大戦直後に歩兵用にソビエト連邦が設計した
 開発された口径4.5ミリ機関銃のようで!

錆と塗装の部分を切り取れば、
 「アブストラクト」の絵画のようで楽しめるのですが!
 こんな国があるなんて、気が殺げて来ます。
 では!

※海上保安資料館横浜から。資料掲載は認められたものです!

コメント (2)

失礼いたしました!

2017-02-25 21:05:27 | Extra

今日は、更新記事が、春らしくないなぁ~なんて思いながら、
ブログのページをいじっていたら、
二つもタイトルなし、記事なしが公開されていて、

「肝」を冷やしているところです。
大変失礼いたしました。

明治開港資料館の中庭で「玉楠の木」がエネルギーたくましく。

今日はこのあたりで

コメント

浅はかだった!

2017-02-24 19:58:44 | 残念・・・!

花粉症です。昨日から。
春を呼ぶ「風の舞い」があった、朝から夕方まで
窓を開け放して本を読んでいた。
夕刻からくしゃみ、鼻水、頭痛。

初めての経験でした。症状は今日も止まる処知らず。
ごみとなったテッシュは山になっています。

河北新報。2011年3月27日の新聞。


被災した私たちにとって、「ガレキ」などというものはない、。
それらは破壊され、奪われた大切な家であり、家財であり、
何よりも大切な人生の記憶である。たとえゴミのような姿になっていても、
その価値が失われたわけではない。
気仙沼、リアスアーク美術館の常設展示場にある解説、
学芸員、山内宏泰氏が執筆した文句である。
『ガレキ、という言葉を使わず、「被災物」と表現してほしい』とも述べている。

当時、
被災地の人々も会話では、「このガレキ!」と口走っていても、
ひとりになると、
かじかんだ指を、吐く息で温めながら、
一つ、一つ、と、記憶を取り戻しながら、我が家と家財を、
つたう涙を口で受け、探し続けていたのだ。

被災地から離れた土地で暮らしていた私は、
災害の話題になると、
日頃の言葉「ガレキ」と、簡単に口走っていた。
十把一絡げの「ガレキという言葉」に心を痛める人達がいたのに!

コメント (2)

猫の日、鞍馬天狗の、いい日でした!

2017-02-22 20:40:09 | Extra

目がボゥ~ォ~!
髪の毛があっち、こっち!
コーヒーを入れて、向かった先はブログ!
ここでしっかり目が覚めた!
野村胡堂の原籍で 銭形平次のふるさとの地を見て、
あっという間に目が点になった。

しばらく眺めていました。
一気に何百キロの地へ、跳んだみたいでありました。感謝です!

鎌倉自宅で「鞍馬天狗」の大佛次郎氏

今日は何の日「猫の日」だと。
犬の日は、月に2度あり、安産を願うにはいいと云うけど、
猫は年に1度。それでいいのかも!大事にされる。
横浜生まれで鎌倉に住んだ小説家「大佛次郎」
無類の猫好き。
次から次へと増える猫に、突然、15匹以上になったら、
「わしゃ、家を捨て、どこかに行く」とダンピラ!
元女優の美人猫好きの、細君に云い伝えた、ある日、
出掛けにユーターン「家を出る」という。
16匹の猫がいる。
数えたらしい。
奥さん、やんわり、やんゎ~りと、
「この子はお客さん、朝ごはんを食べたら帰ります」
大佛次郎、亡くなるまで、鎌倉から出ることなく!
はぁ~ぁ!
奥さんが居れば、こそだね!


気になった!
まさか大佛次郎の愛した猫たち、

旦那のいない時の夜、ドンチャン、ハレ、ホレ!
エイ、ヤット~ォ。まさかね!



大佛次郎の愛された猫たち、ポチッと感動の、もう一つのエピソードが。
2016-05-17 20:46:15 | Extra  飼い主が亡くなり、猫、猫、猫たち・・・どうする!

1500en

 ではまた!

コメント

かわり映えのない一日でしたが!

2017-02-21 22:17:15 | Extra

今日は、眼鏡の度の調整と、
突然訪問した「友」と福島行きの事で、議論になった1時間以外は、
読みかけの「北米百年桜」に夢中になった日でした。
カナダに近いシアトル辺りで、
日本人移住者が排日に辛苦を味わった
百年二十年前のからの記録ですが、
今のアメリカが遭遇している状況は、
八十年前の移民者を脅かす政策と世相の流れは、全く変わらない。

私見ですが
いずれトランプは「自分から大統領をやめる」と言い出すでしょう・・
あの性格は、言い出しかねません!

大工の棟梁と弟子が長屋の月明かりで一杯やりながら、
「はった、張った」

辞めるか、辞めないかで、
「蕎麦代」をせしめようと≪張っています≫

 
     横浜街並み 
 

もう少し、読書。
今日はこのあたりで!

コメント (2)

捻じり鉢巻き!

2017-02-20 14:33:58 | Extra

フットワークは、良い方なのに部屋詰めが続き、
体力も、脳も、酸素不足のゾーンが目の前。
本を読むのは、早い方だと思っていたけど、
今回は、「問屋が卸してくれない」
誰も鼻で笑う、自称「鼠小僧次郎吉」
がぁ~、活字を盗む術は、つまづいたり、転んだり。
修行を積んでいればと、今更猛省!
先日見舞いに行った、「宙に舞った男」が、
来週は福島へ徒党を組んで行脚するから、
暇を作るようにという。
春一番、稜線の砂埃を横目に捻じり鉢巻き、
読破めざして、水をあおり、呷り、奮闘中であります。

練馬区石神井公園・ふるさと文化館別館
月曜日休みで、入るのはタダ!9:00~18:00

      ではまた!

コメント (1)

いい天気でした! 北米百年桜(Ⅰ)

2017-02-17 21:37:42 | 節三・Memo

3週間待ちの本が入ったので、受け取った後、
陽気がいいので、ドライブしようと・・

出るとき、今までのような、冬の支度だったので、
さすが、汗がにじんで、
それでも、気持ちはよく、
車で1時間ほどの「大国魂神社」と
街の中を散策してきました。

「府中市」3億強奪事件のあった街。
中心部は、ビル、ビル、神社で栄えた街ですが、
これも時代でしょうか!

神社を背にして、メイン通り

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【節三Memo】

1973年(昭和48)2月
日貿出版社から限定150部、17000円て売られた、
復刻版。1984年12月発行。

北米、特にシアトル、タコマ、ロスアンゼルス、サンフランシスコ等、
1900年代前後に移住した日本人の生活、インタビュー、
世相を書き記した、本で、4巻、各450ページ余り、
日本人の移住の資料には欠かせないものと思います。
今日入手したばかりですが、ところどころ見てみますと、
新聞記者上がりだけに、とても読みやすく、疲れません。

伊藤一男氏・北海道旭川生まれ。日本農業新聞、
読売新聞社を得て、北米報知東京、シカゴ新報東京支局長、
(財)海外日系人協会の理事も務め、この本を完成。2001年没
JICA横浜から運営管理を任されている、(財)海外日系人協会が
遺族から所蔵資料の寄贈の照会を得て、
いまは、「横浜海外移住資料館で」、
北米からの膨大な資料、書簡等を見ることができます。
そのもとになった本です。
資料は後日何点か更新したいと思っています。

コメント

愚痴のあいづち! 横浜開港記念会館

2017-02-16 20:33:23 | Extra

今日は、土手をバイクで走って、横切った犬だか、猫だかを
避けようとして、宙に舞って、河原の泥に落ち病院のお世話なった、
「気の置けない仲間」を、からかいに出掛けた。
ギブスは取れたものの、細くなった手と足は、
私の比ではなくさすが「赤提灯」へとは、言い出しにくかった。
奥さんにとって訪問した私は≪好い鴨≫
「旦那」の小気味のいいの愚痴?の連発。
奥さんの愚痴には決まって、一つ一つ順番があるようで、
一つ云うと、微妙な❝間❞がある。
その❝間❞に入ると、僅かあごをしゃくり、鼻が上を向く。

「そりぁ~、おまえ、まずいよ!」などと云うものなら、
間髪入れず意を得たりとばかり、
「そうでしょう!」と膝と掌で音を作り❝クィ❞と首が曲げる。
が、たまに「あなたもそうでしょッ」と、矛先が回れ右、
私もやり込められてしまう時がある。
心地のいい長い付き合いでは、あるけど、
腹の中では、
「悪戯の度が過ぎたら、相棒も私も、きっと白装束の裃に違いない・・・」と
天井の縁を目が、何度も行ったり、来たり。

ではまた!

今日は、前に撮った画で!              
横浜開港記念会館
 


絵を描く方、一昨日は、大さん橋で見かけました。

コメント

ガーデンネックレス横浜2017は準備中!

2017-02-15 20:34:01 | Extra

目のかすみは腹が減ったときにもあって、腹ごしらえ。
手前のテーブルが指定席。
街並みを眺めながらのコーヒーは、我が家のコーヒーよりおいしい。

今年の全国都市緑化フェアーは昨年は開かれなかったので、
今年は春は横浜、秋は八王子市と決まって。

平成29年年3月25日(土)から6月4日(日)
「ガーデンネックレス横浜2017」
【みなとガーデン(都心臨海部会場)】
〔山下公園、グランモール公園、港の見える丘公園、
横浜公園、日本大通り、象の鼻パーク、

【新港中央広場、運河パーク】
里山ガーデン(郊外部会場)〔横浜動物の森公園植物公園予定地〕
このマークは使用申請が必要になりますご注意を


キャラクターは、GARDEN BEAR(ガーデンベア)
製作者 伊藤有壱氏 1962年生まれ。
東京大学藝術大学美術部デザイン科卒

~キャラクター・プロフィール~
・年齢:推定200才。
・身長:通常60センチ。大きさを自由に変えることができる。
・趣味:ガーデニングと散歩、元気に歩くこと。草花や蝶と話す事。
・好物:花の蜜。綿菓子のように食べる雲。

今度、横浜で開かれるのは、何年後か?、腕に縒りをかけて、
あちこちて準備が始まっていました。




大さん橋ふ頭ビル・手前が「蔵の鼻」型の岸壁。

飛鳥Ⅱは横浜港が母港で国内のクルーズ船。
1894年に完成の鉄桟橋をもとに、
1970年ごろまでは「メリケン波止場」と呼ばれた桟橋。
※これは桟橋ではなく、構造上「岸壁」ですね。
船が止まっている奥が桟橋。
手前には言葉が通じなかった人たち。

「横浜ベブリッジ」・「赤いくつ」のバスがターミナルから・・・・
行ってみよう!

大さん橋、ぜ~んぶ・・・木
案内のスピーカーは、材木の≪とげ≫にご注意くださいますよう・・・・
職人さんがあちこちで、電動やすりで、メンテナンスをいたしてます。

赤煉瓦倉庫も、花、花、緑に囲まれます。

横浜の街、3月はどのように変わるんでしょう!

ではまた!

コメント (4)

なに、この部屋!

2017-02-14 23:59:55 | Extra

帰宅は11時30分頃、これは嘘ではなかった。

診察は大体、予想を裏切ることなく、早く終わる。

が、電話にメールがあって・・・お世話になっている「健ちゃん」
「ひまかい!」
つい「忙しい」と応えた。
しばらくして、胸の中で、≪チクリ≫と痛みが走った。
今日は、誘いを断るほど忙しいわけではなかった。
嘘ついて、今更「健ちゃん、暇になったとは」とは云えず、
そのまま、横浜まで、出かけてしまった。
そして今日は「健坊」がいなくて済む、場所を歩いた。
健ちゃん横浜の歴史にかけては「私の先生」である。
というより、歴史の先生である。

帰ったら、部屋の中が、乱れていた。
聞いたら、「友」が亭主と友を誘って、
今まで一度でも、もらったことがないのに。
私とバレンタインだったという。
待ちくたびれて、ほどほど、私のところで飲んで帰ったという。
金色、茶色の小さい紙があちこち、 酒瓶が空っぽになって、
鍋が底をついていた。

申し訳なさそうに、
机の上に、小さいチョコが2個、綺麗に並べて置いてあった。
電話でもくれればいい、と云いたかったが、
云えなかった。どうせ「帰れない」と云うに決まっている
散らかった理由は、何のことない、昼前に帰ると、
云って帰らない、腹いせ。
それにしても・・・・・・・

帰るよ!
嫌だ!
帰え・る・よ!
嫌だ!
この根性、私の生涯の性格にしたい!

てなわけで!

コメント

あぁ~!  羽村取水所

2017-02-13 23:01:05 | 残念・・・!

3~4日前までは、すこぶる元気!
今日は、酒を含んだ気分のように、トーンダウン。

私はこう言った、確認した、
揉み手擦り手、しゃべくり、自画自賛、手の内丸出し、
昔の係長程度の、首長なれば、
なんとなく、頼りがいが無く。

がぁ~大切は、
何かあったら私はこうする、こう言い張る、強さが欲しい!
『追従思考』、と云う言葉のドローンが、何十機も飛び、
トランプの鼻息が、耳元で大きく聞こえ、
寝つきは悪く、いつもの目覚めの爽快感が

てなわけで、明日までは、動いていけないけど、
90分程度の青梅まで・・・
「裸の王様」が、目の前でちらり、チラリ!
多摩川上流、夏、秋は川べりに降りて・・・・

☝☟多摩川、奥多摩湖から流れてくる水流。

奥多摩湖


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント

銭形平次、あっしの親父は岩手、紫波町の生まれなんで!

2017-02-11 22:29:37 | Extra

昨日付けっ放しのテレビの画面に、
怪盗ルパンの天敵、「銭型警部」の画面を見て、
そっくりだと、笑いこけてしまった。

江戸の「銭形」は同心や、与力から僅かばかりの、品物をもらう程度の給料。
大川橋蔵の「銭形平次」はどうやって生活していたものか!
いろんな役者さんが演じていたけど、岡っ引きの立場を演じて、
一番似合ったのが、
大川橋蔵さん。
端正で小柄、何とも、画面に吸い寄せられる俳優であったか!

村上弘明さん、若山富三郎さん、長谷川一夫さん辺りでは、
警部どころか、警視総監が捕り物をしているようだ。
やはり大川さんのキャラクターがいい。
飛び道具の投げ銭姿も、美しかった。

岩手県盛岡中学には、昔から、文学少年の巣屈で、
石川啄木、野村胡堂、金田一京助、宮沢賢治、などか学び、
海軍大将、及川古志郎などは胡堂の文学仲間であったようだ。
金田一京助は、アイヌの研究者でもあり、詩人としての感覚で、
石川啄木を、生涯の理解者にもなっている。

今日は、雪でも降っているだろうか。
盛岡中学を卒業した野村胡堂は、岡本綺堂の「半七捕り物帖」に
負けず劣らずの「銭形平次捕物控」を発表した。
東北人の気勢は江戸っ子に似ているが、
堅気から外れた江戸っ子、伝法の凄みは無いが、
「この男ならつかまってもいいや」と、思わせる、
物腰が額にしわが寄らなくて、見ごちがいい。
何とも野村胡堂の人柄を想像させる。


上から目線でもなく、遜るでもなく、
粋な平次の碑は、
神田明神の傍で平次と、お静が住んでいた町を見下ろしている。

この絵柄では、岡っ引き大川橋蔵さんのイメージが崩れる。がぁ~
こんな岡っ引き、私は大好きなのであります。困った。


ではまた!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コメント (2)

画面、ウンでも スンでもない!安部真知。

2017-02-10 21:28:58 | Extra

乾燥の解消とばかり、窓を解放、
肌に潤いの、つかの間で、四苦八苦のしかめっ面でした。
一昨日から、gooブログの画面だけが、出た切り、動かず、閉じない、

携帯も、ipadもしっかり働いてるのに、パソコンだけが、
早過ぎるメーデー。ストライキでウンともスンとも。

作家でいち早くパソコンで原稿を書いたのは、安部公房。
当時200万円もする、NEC。
コンピューターがまだ実験段階の頃
パーティーで会社の社長たちの前で、
「きみたちコンピューターは科学者のおもちゃだと思っているだろう、
ところが君たちの会社はこれが無くなれば、一日もやっていけなくなるんだ」
まさに脳の中の幽霊が動いて、予知を発揮した名言でもあった。
この時、社長達は「作家はやはり、現実的ではないな」と、
陰口をそっと囁きあった。

それが今、消費者の私ですら、身に染みて感じてしまった。

動いた
広い画面・・・リアリティー満載であります。

ネタのない処、引き出しにへばりついていた❝好きな一葉の写真❞。


安部真知、本名、安倍真知子
大分県国東半島、豊後豊田の「廻船問屋」の娘。

ではまた!


箱根、芦ノ湖の風景。昨年の秋でした!

コメント