春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

飲み過ぎ、丸太から滑った
徳利、背中の与太郎河童
花見の色香に、プハァ~川から顔出し
キョロ、きょろきょろ!

日高市巾着田の曼殊沙華

2019-09-29 18:57:55 | 散歩

 
埼玉県日高市巾着田公園。
俯瞰した公園の形が、巾着袋に似ていて、
高麗川が巾着袋をくるり、
悠々と流れている。

地獄花。子供の頃、
遊び場お寺のお墓にちょっとだけ咲いていた花。
花を見ると、脳裏を自在に行き来する故郷が、
いきなり、パッ、と広がる。
彼岸花と名前を覚えたのは、
ずっと、ずっと後から。
彼岸花の名は、方言を含めて、
全国1000もあるという。

9月27日、群生している巾着田をテレビで見て、
好奇心、
出店の雰囲気も手伝って、行ってきました。
入り口辺りまだ3分咲きの看板に、
気落ちしたけど、歩く、歩くで、
帰着袋底の辺りでは満開。

花音痴、
河原でポットの味噌汁と握り飯を、
頬張りながら、解説書を読んで、
触れず観賞すれば、
触るなと言われ、怖かった郷での地獄花も、
今日は、可愛く曼殊沙華。
 
スポーツの秋、昨日から、
ラグビー・バレーボール・世界陸上のテレビ観戦、
今日も又。
ラグビー、ウェルズが勝って、
曼殊沙華の投稿写真も、ここでポン!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

鶴岡市、善寶寺の貝喰の池・日高市の酔芙蓉。

2019-09-27 20:11:18 | 関口文治郎/神社仏閣
 
昨日テレビで埼玉県日高市巾着田の、
500万本の曼殊沙華を映していたので、
早速運動を兼ねて、出掛けました。
高麗川沿いに酔芙蓉が咲いていて、
駐車(500円)場の案内嬢が、
酔芙蓉は朝は白、昼はピンク、夕方は赤くなると教えてもい、
恥をかいた人間の顔と一緒だな!なんて思いながら、
見惚れて、カメラを構えました。
 
👇瀧澤山の裾野から、階段を上り、

 
龍王殿・善宝寺の奥之院で1833年再建のファイルが、
見当たらない!!
 

👇本堂

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

貝喰の池に行きます。
 
 
 
 
 
 
 
竜王講を済ませた信者は、ほとんどの方が立ち寄ると云います。
一千百年の歴史を刻むこの池には
昔からの伝えで、今も二頭の龍が身を潜めていらしい、
人面魚か龍、どちらかでのいいから、
逢いたかったのですが・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここで、善寶寺さんとはお別れです。
これから雪が降る、風などひかないように・・と、
手を合わせ。

 
 
 
 
 
 
 
 
コメント (6)

鶴岡市、善寶寺・五百羅漢

2019-09-26 23:52:35 | 関口文治郎/神社仏閣

運動不足で下腹の肉が豊かになって、
自業自得とはいえ、眉間にしわを作り、
テレビを見ながら
う〜んと唸っている、昨日、今日。
 
 
善寶寺は、
日本海の荒波の
1年の海の航海を守る竜神様の講で知られているという。
あらら、私は知らなかった。
4月の大祈祷際には、北海道、関西迄、
漁業関係の方、2000人以上の方が、
漁の安全と豊漁の祈願をしに訪れると云います。
 
 
善寶寺の龍王講の信者だった、
北海道の豪商、伊達、栖原家が、
敦賀の海から酒田の湊に、
酒田の湊から、鶴岡まで
京都にあった、善寶寺に寄贈した、五百羅漢像。

善寶寺、

篠崎英治秘書室次長が、釼持大工の「馘」や、
五百羅漢について説明してくださった。
石像の五百羅漢は各地で見ることはできるけど、
木像の羅漢を見る機会は、無かった。
五百羅漢堂の中にはいることはできないのですが、
たまたま、入れて頂いた。
 
 
 
 

鶴岡市、善寶寺・五百羅漢 

 
 
 
 
人面魚でにぎわせた「貝喰いの池」
 
 
 
コメント

鶴岡市、善寶寺・125年の歴史・五重の塔

2019-09-25 23:26:50 | 関口文治郎/神社仏閣

庄内地方の果物はおいしいのだけど、
都内に出回ると、
値段が高くてちょっと、篭には入らない。
そこまで、贅沢志向者ではありません。
メロン農家に行けば、
傷のついた3個1000円くらいで買える。
ただ一人では、げっぷ、ゲップになるので、
頼んでせいぜい1個。

鶴岡市は明治の戊辰戦争で知られるのですが、
その面影を街中で見ることはできませんでした。
善寶寺には北前船の寄港地で、
北海道、東北地方、北陸地方の海に関わらる、
人達の願いで建てたという、
銅瓦葺屋根、鱗供養塔の五重の塔があります。
1883から足掛け10年をかけて、
1893年建立したと云います。

 
 
 
 
 

内部を拝観出来ました。
釈迦如来挫像 ?ですよね。
 

建物の周りは、三蔵法師の彫物もあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


五重の塔の拝観を済ますと、
向こうに五百伽藍堂が、見えます・・・。
 
 
 
コメント

鶴岡市、善寶寺・1150年の歴史

2019-09-24 08:56:20 | 関口文治郎/神社仏閣
 
 
  山形県鶴岡市の龍澤山善寶寺。
  1150年の歴史といいます。
  現地で彫刻のある神社はと聞いて訪れてみれば、
  ほっこりするエピソードをそっと教えてくれた、
  善寶寺、広報主任の篠崎英治さん。



  錆びた電車と廃線になった待合の場所に車を止め

 
 
  👇総門 1856年再建。

 
  👆 👇総門の彫刻は、きれいな木目が、
  浮いて彫り物師の意気が感じ取れます。
  彫ったのは、善寶寺お抱えの大工棟梁、
  近在に住む剣持嘉右衛門。
  彼が、善寶寺の歴史の、
  三面記事的エピソードを伝える人物。

 
 
  👇 山門1867年再建。

 
 
 
 
 
  👇関東の透かし彫りの技術の施しは、ないのですが、
  斬新なデザインは、ちょっと嬉しかった。
  彫ったのは剣持嘉右衛門さん。
 
 
 
  👇右に毘沙門天さんと、左の韋駄天さん。
  もともと、羽黒山の山門にあった彫刻でしたが、
  明治の廃仏毀釈を前に、善寶寺に移し、
  善寶寺で存在感を見せます。
  囲いがないのも、住職の心意気が感じます。
 
 
 
 
 
 
 
 
  👇山門を潜る上に、
  施した彫刻、広報主任が、教えてくれた。

 
  寺お抱え大工棟梁、釼持嘉右衛門さんは、
  総門・三門・五重塔・五百羅漢堂と彫刻を肌理細かく、
  制作した棟梁。

 
  👇 鯉を跳ね具合を構図に、
  悩んだ剣持さん、自宅に大量の鯉を飼い、
  毎日デッサンを繰り返す、凝りよう。
  
  
住職さん、目をつむっていた使いすぎる建立費用に、

  釼持さんを「馘」にして、
  後釜を弟さんに変えた。
  
 
 
 
  👇弟さんは、兄の嘉右衛門さんに相談しながら、
   彫ったと云います。
  ※が・・・鑿裁き、なかなかの腕と見受けたのですが・・。
 
 
 
 
👇五重塔  次回にします。

 
 
コメント (8)

庄内砂丘「砂の女」の取材地を歩く

2019-09-22 21:16:37 | Extra

 
草むしりで気分良くして、
かき箸で夕食を済ませ、
ブログ投稿と、机に向かったら、
バレーボール、アメリカ戦、
いい勝負なので、

テレビ観戦します。
今日の題は書けば長くなるので、
やめにして・・・


ごめん!
ごめん!
ごめん!
 

 
長いので👇暇な時でも

〜 庄内砂丘「砂の女」の取材地を歩く 〜 

動画・演奏者 ゼゴビア ・ プレリュード
       クレダーマン・海鳥と太陽 
           

 
👇 浜中あさり海岸
 
 
 
 
 
 👇十里塚海岸
  
 
 
 


👇ウンラン
コメント (2)

高尾山散歩・乙女の願い

2019-09-20 14:08:11 | Extra


キュウリ揉み、
どれほど作ったのか、満足した味が出ない。
山にも持っていき、
夜の昼のホッとする時間のつまみ。

友達に造り方を教えてもらったら、
揉んで酢とだし汁と・・挙句、
賄いの準備と電話を切られた。

美味いと思ったキュウリ揉み、
どこで食したのか思い出さない。
キュウリ揉み・・・・にも、
どうやら故郷があるみたいだ。


こんなんで・・時間を費やしてしまった、
晴れている八王子の午前でした。
高尾山を散歩したコースにある寺社の写真です。


高尾山散歩・乙女の願い 

 
 
 
 
 
 
 
コメント (4)

昨日は高尾山、 今日はとょっと暇、ビナンカズラ。

2019-09-18 15:11:49 | Extra
 
痒い、足指に気を取られて、
台所で小鉢を足の甲に落としてしまった。
痛いのなんのって!
火花は出なかったけど、痛みが頭の芯を貫いた。
とたん、
痒いはずの足のうずきが消えた。
便利だ。
痒い時は薬ではなく、痒いより痛いのが特効薬だ。
♫ 馬鹿ばっかし言って!
 
八王子市はずれの高尾山、
訪れる登山者は世界一で、
混雑も世界一、登山コースによっては、
サンダル履きでも登れる。

599m、山頂までのコースはいくつもあり、
組み合わせると、何日も必要で、
昆虫の生息地では、
大阪の箕面山、京都の貴船神社と並んぶ、
三大昆虫生息地と言われ、
ムササビ、狸など25種類の哺乳類もいる。

1600種類の花が咲く
という高尾山。
籠って、やせ細りが気になって、
ザックを担ぎました。
車で10分ばかりところの山です。


台風の被害でコースの一部は「通行止め」もありましたが、
11時に登って日暮れまででした。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

タマアジサイでしょうか
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント (4)

酒田市、山居倉庫資料。gooブログ画像について。

2019-09-16 18:59:02 | 散歩
 
目覚めて、
雨が降れば、すべてにあきらめがつく。
買い物も山に登るのも、観光に出かけるのも。
その分心配しなくてすむ、奇妙な安堵感があったのですが、
スカ!
意外と早く晴れてしまった、今日は、
高尾山に夕焼けが・・・。

擬死態状態というのがあって、
不意の衝撃を受けて、マヒ状態になる、
あのクモ、や昆虫類。
いずれは覚醒して、ルンルンとなって、走り回るのですが、

gooブログのファーム変更の不意の衝撃は、
ルンルンとはいかない、毎日です。
いつ来る、ルンルン・・・。

ブログ画像の工夫について質問がありました。
わたしなり投稿手順を添えて、回答をいたしました。
もし、参考になればと・・・・。

ブログ、新規投稿を開いて・・。
なんつ〜ったって、ブログの画像解析は劣化して、
そのことで、苦情を表している人もいるのに、
改善が見られず、あきらめた。

で、推奨項目は無視。
投稿スタイルも変えて、
ユーチューブならいくらか鮮度が出るかと・・
うん! いくらか解消したものの、なんつったって、
時間もかかり、音楽も又、好みもあるし、
紀行の良さも伝わらない。
作るか、やめようか、ふらふら。

ついでに、
旧ピクセル1920を選んでアップロードして編集画面に。
 
旧バージョンでの、1920の貼付け画像は、大きすぎて、面倒。
スマートエディターに移して編集すると、これは楽。
 
ただ、投稿前は旧バージョンにして、再編集。
この手順がまた、時間のかかること。
なんてつたって、私は不器用。
 
gooブログは、なんて、時間喰い虫かとも思っています。
旧バージョンでだけで編集できるプログラムも創ればいいのに。

画像はいくらかキレイになりましたが、
アップロードするまでピクチャーの画像の編集にも、
時間を掛けます。

テンプレートの選別でも、画像の見映えは違うので、
これは、好みかと・・。
 
劣化・・・2~3年前の記事を見ると、
投稿時とは違う写真かと、思うほど、劣化しています。
上記の方法も、いづれ劣化するのではないかと、
様子を見ています。

※右下最下段の、メーセージ欄は、私に届いて、
返信できる、あなた様のアドレスは表記されません。
よんどころない要件等は、悪口を含めて送って下さいますよう!
 
👇山居倉庫の(2-2)でしたが、
倉庫の風景資料写真で、完であります。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

酒田市・山居倉庫(2-1)

2019-09-14 09:37:14 | 散歩
 
旅先の歴史を知る
 いちばんの近道は、
    寄り道かもしれませんね。
JR東日本の宣伝ポスターのキャッチフレーズ。
酒田市山居倉庫の裏道。
 
米どころ酒田市が最近まで使われていた山居倉庫。
最上川と新井田川に挟まれ、
1893年(明治26)に酒田米穀取引所の付属倉庫として
通称「山居島」に建てられていて
今は酒田市の観光の眼玉。
一部は「庄内米歴史資料館」や、
観光物産館資料館に改装していて、
穏やかな時間を過ごすことができました。
 
 

庄内平野の90%で米の生産をして、
米の百万石の米所と言われた庄内米。
明治の頃、米を積んだ荷車で、
ごった返していた
写真が印象に残ります。

👇屋根は二重構造にして、天窓もあり、
空調設備の無い頃の構造で、
保存に、工夫を凝らしている。
ケヤキも又、日本海からの風と、
直射日光を遮断する、役割を果たしているのだそうです。
 
 
 
👇倉庫から米を積む船着場で、対岸からの風景。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
👇今でも倉庫の機能を持っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント (6)

シラビソ原生林の朝日岳 ・Me Olvide De Vivir

2019-09-11 22:24:25 | Extra

 
👇途中の琴川ダム。
 
 
昨日は久しぶりに山に登りした。
山梨県と長野県の境、朝日岳(2581m)
最初の目的は金峰山でしたが、
昼からの雷雨注意報で、
晴れているのに、苦渋の選択。
 
👇写真の人たちも、ここで下山をしてしまった。
わたしもここで食事をしながら、
 
 

👇この景色を眺めていました。
にぎり飯を頬ばりながら、見る金峰山が囁きます。
「そら、登って来な!   雨にへこたれるお前じゃないだろう!」
など、沢山ささやきます。
金峰山は、
朝日岳からいったん谷に降りて、鉄山の尾根を行きます。
次から次と金峰山から朝日山に登る、
下山の登山者と会話をして、

ここであきらめよう、と私。


 

シラビソ原生林の朝日岳 ・Me Olvide De Vivir 

 
 
 

👇シラビソの原生林。

 
 
 
 
 
あきらめてよかった。
車に乗って5〜6分、
いきなり,稲妻、土砂降り。
身の危険も感じたけど、
ブログ投稿してるから、元気は元気!

コメント (6)

蜂子神社・羽黒山

2019-09-09 10:55:27 | 関口文治郎/神社仏閣
 
 
蜂子皇子。
562年生まれ。崇峻天皇の第三皇子。
592年11月3日、曽我馬子に父が暗殺される。
蜂子皇子30歳の時。

馬子の追っ手からから、
従兄の正徳太子に匿われて宮中を脱出し、
丹後国由良(京都府宮津市由良)から、
海を北へと向い、山形県鶴岡市由良にたどり着いたとき、
舞台岩と呼ばれる岩の上で、
八人の乙女が笛の音に合わせて、
神楽を舞っているのを見て、

皇子はその美しさにひかれて、
近くの海岸に上陸してしまった(スケベェ〜・・・)
今の由良地区、八乙女浦。

船を降りた蜂子皇子を、
待っていたのが道案内、三本足の烏(八咫烏)で、
導いた場所が、羽黒山。
生来まじめ?女性に眼をくれず、
羽黒権現を感得し、
月山に登り、湯殿山に登り、
出羽三山を開いたといいます。

旧暦641年10月20日(11月28日)
皇族のお墓では最北の地、三神祭殿の近くに、
生前、人々の苦悩を取り除いた肖像画を観れば、
怪奇な容貌の、皇子が眠っていると云います。

👇右が、蜂子社。左は厳島神社です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

👇厳島神社。海の神、航海の神様。
 昇り龍に下り龍。(彫師 不明)
   上野東照唐門に施された、左甚五郎の作より、
 鋭い彫りは、ダイナミック、胸がざわめきます。  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
予期しない雨に、月山の登山を断念し、
深い知識もなく見学した羽黒山。
 
密教が、政治に弾圧され、
ささやかなこころの拠り所を、
もぎ取られても、今は、

世界に類を見ない、宗教の数が多い日本。
この不思議な世界、雨が降れば、尚更、
飛鳥の時代から、仏像を焼き払った近代まで、
少しばかり、沈痛な面持ちになります、が、

宗教とは無縁でも、寺社を巡れば、
どこか、こころの奥底が、
穏やかになります。

八王子夜更け、窓打つ大風に土砂降りの雨。
夜明けの木綿綿のような灰色の稜線が、
くっきり、青みがかて来ました。
※ 出羽三山の記録も今日で終わりました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント (4)

出羽神社。今日は半巡り・・。

2019-09-07 15:53:31 | Extra
 

👇 出羽三山神社の梵鐘。
 
 
 


 
 
 
 
 

 
 
 

👇東昭大権現(徳川家康)を神として、
1945年荘内酒井左エ衛門が創建したもので、
1980年に解体をし、修理した・・と。
 
 

👇建角身(たけつぬみ)とは神話、
裸踊りで名の知れた高天原に住んでいた神で、
天照大神の命令で高天原を天下り、
神武天皇の道案内を、
八咫烏の姿に変えた神・・・
下駄を奉納する風習があり、
ここでは、足の弱い人が、強くなれと、
旅の安全をかなえられるなら、
境内社のうち、ここは写真に収めて、
しっかりとお参りをしました。
 
 
 
 
👇ここは、三神合祭殿の並びの少し奥まったところに、
最近建てたものと思わせるほどの、
朱に染まったきれいな霊祭殿があります。
昭和58年に再建しているのだそうです。

 
 
 
 
 

👇出羽三山神社は、月山、羽黒山、湯殿山を指して、
標高の高い月山(1984m)、湯殿山(1504m)を、
登らなくても、羽黒山(414m)で三山神社にお参りすれば、
同じようにご利益があると、言われる神社。
8月の末には、
羽黒山修験本宗(修験道)のそれぞれの山伏により、
「秋の峰」と呼ばれる1週間以上におよび、
山に籠る荒行が行われる・・のですが、
知らない私は、酒田市に飛んでいました。
一日待っていれば・・・。
 
1818年に建立した、三神合祭殿は、
茅葺は厚さ2.1mあり、高さ28m。
見上げるには、邪魔になる傘、
細めた眼を、容赦なく小雨が叩いたけど、
茅葺の壮大さに、感動さえ覚えました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

👇出羽三山の歴史を見るのは、
三神合祭殿のほかに、ちょっと階段を下りた、
所にあるのですが、次回にさせて頂きます。

コメント (2)

濡れた靴が、手水を拒んだ....出羽三山。

2019-09-05 18:41:58 | 関口文治郎/神社仏閣
 
 
八王子、降りそうなベランダの奥の、
雨空を見上げて、煙草を一本。
ちょっと喫いすぎを気にしながら、
また一本。

鶴岡市に着いた時もそうだった。
月山に登る筈だったけど、
着いた時には雨。
八合目までは車で行けるのに、
頂上まで、案内では2時間と書いているけど、
わたしの足では、3時間かかる。

車の窓の隙間から、煙が細い板になって流れ、
斜めの糸雨に消され、
そこで、
出羽三山の宮巡り。

山伏の宿の提灯が、なんとも日本に居ながら、
異国に飛び込んでしまったかの、雰囲気。

 
法螺貝の音をだすのに1年、
ただし、出すだけ。
それから、それぞれの音色を出すのは、
修業する男のセンスだと・・。

 
 
 
 
どこで知り合ったか、いつ知合いになったか、
思い出せない、記憶に、
黙って付き合ってもらえないかと、
付き合った男が、
でこぼこ道を揺れながら着いた神社で、
白衣に着替え、脚絆を付け、鈴懸を羽織って、
袴を着け、結袈裟を下げて、
高台から景色を眺めていた私に一礼の後、
祠の前で法螺貝を鳴らして見せた。
2時間ばかり、なんで誘われたか、
判らなかった。
今でも判らない、
けれど記憶の奥に、眠っていた、
綺麗な後ろ姿が

ありありと浮かんできます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
随身門の近くの八坂講社、信者の宿屋が、
以外に存在感があって、
不敬ながら、つい立ち入ってしまった。
でも、ちゃんとお辞儀はした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
出羽三山頂上。
雨に染みた靴が、手水を拒んでしまった
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
重さ約10トン、刻銘に建治元年(1275)八月二十七日とあり、
蒙古襲来の折の伝説に、
造った由来があるという。
本日、御免ここまで・・・チョン・チョン。
 
 
 
 
コメント

紅花染めに、子をくるんで。酒田市。

2019-09-03 22:04:34 | 魅せられた!
 
 
 
 
 
女の一生の願い。
子が健やかに育てと。
農作物が実るようにと。
邪気を払ってくれる動物をと。

細工して神社仏閣に秘かに奉納した、
傘福の信仰。
こうなると、理屈は、
いらないですネ!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

庄内シルク、椿の旅。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

山形の花。
紅花染めの、子への思い。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント (4)