春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

大叔父・太田節三の慕情を新装しました・・・。

クレオパトラで映える香油瓶? 

2017-06-30 21:33:44 | ヴェネチアのガラス

昨日、
知り合いの自宅に行って、
草むしりをした。
奥方が云う。
「怪我人同士、熱中症にかからないように!」
その、1時間後、相方、縁側で顔をゆがめて、足を持ち上げた。
相方に「無理すんじゃないよ」と言ったばかり。
私、バケツを持ち上げた瞬間、ふくらはぎが吊った。
奥方「二人とも骨董に近いのよ!」
骨董になるなら、私にいくらの値段・・・?
昨日は、夜の雰囲気を味わうことなく、
今日は、足の筋肉痛。
明日は、相方の奥さんに「冷麦」のお礼に、ビールを引き下げて!
明後日は?
高尾~~山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

芸術は権力と密接な関係あって、権力者によって、
芸術は生き残れたといってもいいわけで・・・・
クレオパトラが香油瓶のデザインに口出ししたかの
文献はありませんが、どうだろう?

 

 

 

 

 


☟※照明の装飾としては、眼を見張るものがありますが、
 日本の行灯、提灯は極めて科学的に優秀な照明器具ではないでしょうか。
 しかも、見ているだけで、情念の世界に引き込まれるのですが・・・・。



また、あした!

コメント

2千年前、ムラーノのガラスが飛んできた!

2017-06-28 21:59:16 | ヴェネチアのガラス

八王子、今日は朝から雨でした。

今晩のファイルも箱根リトル・ムラーノの館内で雨宿りしてもらいます。

 

 ここの天井には「最後の審判」が・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明日は、晴れるでしょうか?
では!

コメント (4)

ムラーノ島から飛んできた小鳥たち!

2017-06-27 20:48:36 | ヴェネチアのガラス

イタリアに住む歴史小説家・塩野七生さんが、
現地の日本人から聞いたことを言っている。
イタリア人は、コンピーターとか、パソコンその他の器具に、それぞれひとりずつ、
割り当てられることを嫌うのだそうだ。
彼らは、その全部に囲まれて、必要に応じて使いこなすやり方が
好きだというのだ。
持ち場や役割を厳密に定められてしまうと、日本人は安心するところだが、
イタリア人はつまらなくなってしまうらしい。



ガラスの森美術館の売店に入ると、
「色」と「光の反射」でおとぎの世界にいるようです。
さまざまな技法の土産品を並べたテーブル、それさえ
ひとつの作品と思ってしまう。
値札が付いている、高いもの、安いもの、案内人もいる、キャシャーもある。
間違いなく売店。
触れてもいいけど、触れていけない気がして、
人差し指で、隠れた値札を❛ヒラッ!❜と、ひっくり返すのが精いっぱい。

自由闊達なイタリア・ムラーノ島のガラス職人の「感性」が、
八王子辺りで、ちょろちょろしている私の「小さな脳」を、
ドリブルしている、と思った数日前でした。
「想像力」なんて、言われてハイ、ハイじゃ生まれないよ・・・ネ!

「ムラーノから飛んできた鳥たち」







このグラスで飲んだら、どのように持ったらいいのか!
 鑑賞だけで、我慢出来るかな?



 




30年前だったら、「・・・・に内緒」で買ったかもしれない?


1つ、2つあれば「鏡」を見るのが楽しくなるね!










 

 

コメント (2)

風になびく、ラグーナのガラスの森。狐の手袋 ❛3❜

2017-06-25 19:57:50 | ヴェネチアのガラス

私は誰に誓いを言えばいいのか、
何を誓えばいいのか、
愛の誓いでもいい、過去の懺悔でもいい、
せせらぎが聞こえる、小路を下りていきます。

途中で「イワタバコ」
まずい、見たことがない方がいるのに、見てしまった。
なんか、後ろめたい!
日の洩れのほとんどなしや岩たばこ/浜田波川・作

 

 

 


「ガラスの森」
イタリア語で、植物が群を成して、伸び行く様を
示す言葉だといいます。
パイプ状の透明なガラスは、風になびき、季節を映し出す、陽の光を、
箱根の森でも、調和させてくれます。
この作品は、ヴェネチアビエンナーレ❛1995❜にヴェネチアのラグーナ❛潟❜に
展示されたものです、と。

 


誓いはひとつでいいのに、2つ言ってしまった。
庭園に戻りながら、ひとつは取り消して来ようと思ったけど、
階段は少し苦手の状態、振り向いただけで、済ませてしまった。
こんな心構えじゃ、虻蜂取らずじゃありませんか、ネェ!


マガモ、いつも5~6羽いるのに2羽だけ。
産卵の時期、もしそうであれば、このあたり卵を狙う輩がいるので、
無事、災難を免れ子供と一緒に姿を見せてくれればいいのだけど・・・・。




水車のある、売店で買い物!

 




入り口に❛狐の手袋❜ジギタリス。

 

 




      

では!

コメント

ムラーノの職人、箱根で花とコラボ!❛2❜

2017-06-23 20:03:23 | ヴェネチアのガラス

訪れるたびに姿が変わっている今回の美術館では、
レストランから、もてなす歌手の歌声に酔い、
花に酔い、人に酔って、
ここから早く出ようと思っても、立ち去り難い。
綺麗なものに、理屈はいりません、、ネ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、また!

コメント (2)

箱根・ムラーノ村、薔薇とガラスのコラボ ❛1❜

2017-06-22 20:27:23 | ヴェネチアのガラス

入り口で、足が止まった。
そこも、あそこも、向こうまで・・・薔薇。
シンプル好みの自分。
何処を撮っていいものか・・・。
19日(月)に伺った、箱根ガラスの森美術館の庭園の何枚かを。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今夜もいい眠りに・・!

コメント (6)

戻ってきた蝶々、高尾でジュースを!

2017-06-21 21:14:13 | 高尾山

 

梅雨の雨は、シトシト、長く降り続けるものとしっかり、
思っている八王子の歳とった貴公子。
今日は「土砂降り」
中部地方で「豪雨」に見舞われた方には、「小癪」と叱られますが、
出掛けるのも、おっくう。
家にいるのもおっくう。
取った行動は、天下一品の持前の怠け癖、
やはり、ごろごろ、横になったり、横になったり。

明日は晴れ、高尾山で4日前に見た蝶々は、花の蜜を吸えるだろうか?

たくあんと、海苔が匂って来る高尾頂上の休憩所で、

自前の「むすび」を頬ばっていた時、テーブルで食事をしていた、
女性が麓まで届きそうな声を上げた。
何のことはない。ジュースのボトルがで倒れただけであった。
が、それ以上の「奇声」を挙げたのはとなりのテーブルで、
タッパの稲荷を摘まんでいた、おばさん。
マダラ」、「マダラ、ょ」と。
テーブルにしみ込んだ、ジュースを、吸っている、アサギマダラでした。
私、石垣の腰掛に、ソフトクリームを置いたまま、
「これは雄、オス」と解説するおばさんを、そこのけ、そこのけ。
人の群れを作ったスターを、一目見ようと、我先、我さき・・・と

 

 

去年、15~20匹くらいだったと記憶していましたが、
間もなく冬、高尾山から離れる頃、
群れを成して舞っていたのがこの場所、頂上付近でした。








                              
                             
溶けて石垣を伝っている、ソフトクリームを拭く自分の姿、
いやはや!何とも、複雑な心地でした。。。。。!

今日は、ここまででした!

コメント

高尾山と、リトルギャングズ!

2017-06-20 21:02:56 | 高尾山

良い日和でしたが、今日は休養。
山へ登るも、気になる甲府の訪問も、
眠気に襲われて、ぐうたら、グ~タラ!
断っても妙に近づいてくる、「歳」の所為でしょう!
暇なら一杯やろうかと、誘いを断って、
イビキのひと時を満喫してしまいました。


唯一の喫煙場所。登る前に一服。下山して一服。

地蔵さんもはた迷惑と思っているのでしょうが・・・・。

高尾山の麓の民家に咲いていました。
この「ひよこ色」が好いのですネ!

山で子供たちを見ると、嬉しくなってきます!

 

? 奥高尾で。


静御前、今日は妙にくっついていて!
「フタリシズカ」


陽が暮れて下山。花は寝ていました。

ではまた!

コメント (2)

この世の花は、いくつある? 

2017-06-19 21:37:12 | 高尾山

今日は、箱根のガラス美術館の訪問で、
バラを見たのは良かったのですが、
バラの花、全部に名前が付いている。
陽も強く、覚えるどころか、背筋が曲がってきそう!
少しだけ、時間を伴にしてくださる方がいるので、つい、言った。
私は熱中症に強い体質、それは、自他共認めるところ。
「めまいが・・・」そんな時、レストランから「カンツォーネ」
5時間もいる羽目に・・・・・・。


 山音痴、花の名前音痴、写真を撮って一番困るのが、
近寄った方に、花の名前を云えない時の、脂汗。
幸いなことに高尾山は、自宅から10分で、登山口に着きます。
一度登ったら2つの花の名前を、ブツブツ言いながら名前の復習。
18日の日曜日は、幾らかお話ができていたのは、
我ながら進歩の途上。


 





5号路、奥様方が、夢中になって撮っています。
これを見逃すわけにはいきません。




撮る腕が悪いのは、カメラの所為にしましょう!

 

初めての場所。この日 (6.18)ここまでなのに、ゼィ、ゼィ、はぁ、はぁ!

 また、あした!

コメント

また、お邪魔いたします!・・・・高尾から

2017-06-18 23:09:09 | 高尾山

「うぬは、最近ブログ更新をしていないそうだな!」
「申されました通りで・・」
「何ゆえか!」
「・・・・・・」
「はっきり申せ!」


「色々、訳がありまして・・・・・・、その~、棒手振り、出稼ぎに出ておりまして・・・」


「ホホウ!棒手振りで稼いでおったと?」
「はい。日銭を稼がなければ、骨皮筋衛門と、なりご先祖様から
 お迎えが参りましょう!」
「ほぉ~、して、その肥え方では、ぬし、相当私腹を肥やした事であろう、
のう?」
「ヘイ、おかげさまで・・・明日の空気は喫える程度、
良かった!コテンと眠れる程度の稼ぎで、あります、・・」
「処で、稼ぎがあればそれでいいが、
 ブログで心配して居る方々には、なんと申し開く。ウン?」
「はい。皆様には大変しんぺい、おかけいたしやした。
間もなく8月が来やす。棒手振り家業はそこで、終わらせるもんで。
その日まで、空けることはありますが・・・・今しばらく、
 あつたか~く、温かく見てくださればと・・・・」
「・・・あい判った。その方、途切れても、ブログは更新するということだな!」
「性根は変わっておりませんのです!」
「今申した言葉に、嘘偽りはあるまいな?」

根の詰めた何日か、光源氏か、源頼定ばり?のすがすがしい顔も、
「御平の長芋」きりりとした元の顔になるよう、説得力のない顛末でしたが、
今日から、しゃかりき活動します。

高尾の麓から山頂まで、登れば一つは初めて見る花が咲いています。

ホタルブクロ

 

 




☟セイヨウオダマキ


 


 




 

スイカズラ(奥高尾) 2017.6.18
この花、初めて見ました。



 


☟この風景も、麓で初めて見た風景。
 

明日から、関東に梅雨が居座るようですが、
裾をはしょる程度ならいいですけど! 

コメント (2)

梅雨はスカ、スカでも花は華!

2017-06-08 19:08:00 | Extra

 

八王子の梅雨は「スカ」
東の空から、西の稜線ちょっと手前までしっかり青空。
とりあえず、今日の天気晴れ。
困ったのは、「梅雨」とコラボする「あじさい」
拍子が抜けた。梅雨のスケッチに「あじさい」の写真を、
沿えようと思ったのに、
明日も、明後日も、その次の日も「は~れ!」

 

梵鐘 文永元年(1264年)

長谷寺は全国に240か所!
鎌倉、長谷寺の創建は奈良時代ですって。
文士に好まれたお寺ですが、去年まであった、
「久米正雄」氏の象は撤去されていました。時代の流れでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 


ミスト。こんな気遣いも。


製作日数・8年数か月(世界最大)



 




 


 


 


 

 

 


諸堂ある長谷寺ですが、
以前ブログにしていますので、今回はパス。
この写真は6月5日で「あじさい」が、咲きこぼれているという、
状態ではありませんでした。
見ごろは来週あたりからでしょうか?自信はありません!

 

長谷寺終わりにします。

コメント (2)

沙羅空木! Kamakura!

2017-06-07 21:32:53 | Extra

あじさいに似つかわしくない、大男が、伊豆大島から「弓」で矢を放った。
平安の時代が変わろうとしている頃のこと。
「矢」放った男は、生まれつき勇猛で傍若無人、
兄たちにも遠慮しなかった、
気性ゆえ、
肘を外され弓矢を使えない体にされ、伊豆大島に追放された男。   
甥に源頼朝、義経兄弟がいる。
身長2mを超え、父の為義に持てあまされた、
目の隅が切れあがったいいいい男の、源為朝。
流刑地伊豆大島から放った矢は海を超え、
鎌倉の材木座海岸まで届いた。
そこから水が湧き、井戸ができたという伝説がある。
材木座ビーチのはずれの、「六角ノ井」
そこから車で10分の「長谷寺」です。

 


観音堂への石段の途中に地蔵堂
傍には、イワタバコが密生し、水子の地蔵さんが。
「友」は、神妙に手を合わせております。
その間に花を撮り続ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

卯の花の 匂う垣根に
時鳥(ほととぎす) 早も来鳴きて
忍音(しのびね)もらす 夏は来ぬ

  さみだれの そそぐ山田に
  早乙女が 裳裾(もすそ)ぬらして
  玉苗(たまなえ)植うる 夏は来ぬ

    橘の 薫るのきばの
    窓近く 蛍飛びかい
    おこたり諌むる 夏は来ぬ

      楝(おうち)ちる 川べの宿の
      門(かど)遠く 水鶏(くいな)声して
      夕月すずしき 夏は来ぬ

        五月(さつき)やみ 蛍飛びかい
        水鶏(くいな)鳴き 卯の花咲きて
        早苗植えわたす 夏は来ぬ

沙羅空木・(卯の花)
為朝は伊豆諸島の八丈島の小島で、白い花の木を折って、
9歳で手に懸けた我が子を想って、赤く染まる空と海を眺めた。
暮れて、手にしたウツギを、為朝は祈るように差した。
後年、根付いたウツギを見て、島の住民は村を「宇津木」名づけた。

漁業で生計を立てた「宇津木」は、
昭和44年に移住を決め、全島民が離島してしまう。
今は無人島になって平成11年「宇津木漁港」の名前は記録だけになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

か関東地方の明日が梅雨に入ります。
荒れなければ、紫陽花も一気に咲くのでしょうか!
では!


 

コメント (2)

鎌倉、長谷寺のあじさいは?

2017-06-06 18:42:50 | Extra

昨日は、久しぶりに、鎌倉へ出かけました。
八王子から、鎌倉までは、511号の信号相模川沿いから、
海老名、藤沢へと抜ける2時間30分ほど。
長谷寺の紫陽花の鑑賞がメインでしたが、
昨年資料探で訪れた、鎌倉図書館の職員さんと、
職員さんが紹介くださった方への、挨拶も予定にしていました。
鎌倉図書館は、八王子と同じ火曜日だと早とちり、休館日でした。

職員さんが紹介くださったМさんは生憎亡くなられていた。
97歳で意識もはっきりとして、何度かお尋ねして、
4歳か5歳くらいの記憶は、Мさんのお母さんから聞いた話と前置きして、
時には「この間、話したように・・・・」と前回の内容まで記憶していた。
小柄、背筋の張った、正座がとても似合う愛らしい方でしたが・・。

初めて長谷寺を訪れたのは昨年、
Мさんのお宅で取材を終えた午後でした。
それから幾度か訪れましたが、紫陽花の時期は初めて、
運転手代わりの「友」は鎌倉が初めて、結局、私が颯爽?と運転。
鎌倉の
往来はとにかく、人の波。
車道にはみ出す人がなんと多いことか。
怪我をしたら自国へ帰る予定が狂うでしょうに!

駐車場は足立、奈良、宇都宮、品川、岐阜、バスがぎっしり!
紫陽花の路、待ち時間0分。


まずは麓の、2つの池の辺りから、

 

 

   

 

 

 

写真を撮ろうとするとこんな輩もいる!
なんという、タイミング!
つい撮ってしまった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは出口、ちょっと早かったかな、と!
とりあえず入り口の方へ・・・

 


良縁地蔵。
いつもだったら、気にしなかったのに・・・・・!

97歳、Мさん。いい縁だった・・・。

 


コメント (2)

間もなく梅雨、合わせるようにあじさい!高尾

2017-06-04 20:07:45 | 高尾山

昨日は、飲みました。
「友」ら元気に高尾山へ向かいました。私は丁重に辞退。
[大人しくしているんだよ!」と女長兵衛、母親気取りが、
ドアの向こうから聞こえました。
の~んびりした日曜日でした。
「友」は明日も来ると、珍しく予定を入れました。
車を飛ばし、何処でも出かけてしまう癖、
一人山登りする私が、離れていれば心配なのでしょう!
「出掛けるなら、私が運転するから」と、
しかしですね、老人扱いが、老化を早めるということも、
知ってもらわなければ困りますよネ。

アジサイは、登山口の昨日の状態です。
間もなく、梅雨、明日は「友」を連れて?
鎌倉長谷寺のアジサイでも見ようかと!

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰り、高速のサービスエリアで、抹茶のソフトクリームを
2個、買いたい時は、この駐車場に車をと、老婆心ながら・・・・。
高尾山の麓、「高尾山口駅」辺りは1500_ですが、
ここは、¥500_で朝から無制限。深夜の駐車ははダメですが、
早朝留めたく、社務所が開いていない時は、まず登山ください。
支払いはゆっくり下山後に・・・。
登山口まで、4~5分です。 ではまた!

コメント

ユキノシタから出たばかりなのに、梅雨対策。高尾!

2017-06-03 22:55:38 | 高尾山

のんびりと、快晴の八王子を過ごす筈でした。
のんびりを破ったのは、「友」
ブログを見て、「暇人になった」と察したらしく、
朝から梅雨対策とばかり、台所、風呂場、トイレ、冷蔵庫の掃除。
なんと、忙しない午前中。
仕事がなくなれば「与太郎」役立たずの私でも、
恰好を付け、優雅に
、煙草をくゆらせたい!
が、文句つけようがないもう一つ。
昨日までなかった、1升瓶がテーブルが、しっかり、徳利を待っている。
私も、物にひれ伏す、弱い性格。
ついおべんちゃらを言った。
「スリムになったなぁ~」
「そうォッ?明日はもっとやせています!」と、ドスの効いた声。
差し入れ持って、ボランティア。
なのに!ありがとう、と云うタイミングを失った。

夕方、高尾山の麓にある、599・高尾森林ふれあい推進センターの
学芸員に、花の名前を聞きに行ってきました。
土曜日、久しぶりに多くの登山者を見ました。
てなわけです。

和名・ユキノシタは、
雪が上につもっても、その下に緑の葉があるから、
また、白い花を雪(雪虫)に見立て、その下に緑の葉があるからと
する伝えがあるらしいく、
葉は山菜として、天ぷらなどにして食す。
葉の裏面だけにうすく衣を付け、揚げたものを「白雪揚げ」といい、
このほか茹でて水にさらしたものをゴマあえや辛子あえにして
食べる方法もあるという。❛拝借した引用文❜

小さいので、通り過ぎてしまいますが、よく見ると、
とてつもなく、美しい姿。いっぺんに好きになりました。1号路麓

 


シラネサンキュ(植物園内)

 




マルバウツギ
昨日も掲載したのですが、アジサイ科なんだってネ!6号路中間地点


コバノタツナミ(木葉の立浪)
別名・ビロードタツナミ
シソ科ですって!5~20センチ
伊豆半島から南の海岸に咲くというのですが、
見たのは、山。これはペンデングですね。1号路麓付近




サワハコベ
ナデシコ科ハコベ属
咲ききっていない状態のようですねネ!



「友」泊まり込みよろしく、旦那と意気上がっています。
大きい声では、云えませんが、「帰れば良いのに・・・」
こんなことぐらいで、めげる相手ではありません。
明日は「高尾に行くかぁ~」だって!
とんでもない。がぁ~・・・・・。

コメント