春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

大叔父・太田節三の慕情を新装しました・・・。

秘湯の温泉、肘折温泉に・・。山形散歩 ①

2020-09-30 21:14:49 | 散歩

山形市から肘折温泉に来ました。
温泉の歴史は1200年といい、
24軒ばかりの宿屋の、湯治場です。
東北、7月の豪雨であちらこちら、
復旧工事で通行止め箇所が多く、
到着までは、難儀をしました。

農作業の疲れを癒すために、
怪我の治癒に、
効果があるのだそうです。
一晩だけでは、
昨日の寝違いの首の痛さや、
足首の痛みが、治るとは思いませんが、
周りは観光施設は無く、夕暮れには、
ほんに山あい、
静かな湯治場です。
日本秘湯を守る会の提灯が、
湯治場に時を過ごす心地を、
良くしてくれます。

今日はここまでで・・・。









コメント

山形、河童の散歩② 飛天を背にして③-③

2020-09-29 20:10:32 | 散歩


昨日は、山形市の観光地を見学し、
その前日の山寺の1000段の石段2往復に、
クラッチ踏む足に、あ~ァ、歳だなぁ~ ・・・と。
それでも👆一位の木の実、幼い頃がいつだったか・・。
成ってたところは山形城がある、


山形県の今日を作り上げた、
最上義光(もがみよしあき)大将👇の、
像の前。



ひとつ摘まんだけど、幼い頃の味が、
思い出さなかった。
済生館👇を観たり、


山形城の門を守る猫👇と話をしたり


一位の木の実「食っていいか」と訊ねた、
職人さんと話をしたり、


とんぼ 👇と、駆け引きをしたり、




なんとなく歩いて、夜は、
食事前のビールで、コテン!

明日は、どこへ行こうか、
まだ散歩の余裕で、投稿後は、
行末は 誰が肌ふれん 紅の花・・芭蕉
のキャッチフレーズの山形の酒、
男山」をちびり、ちびり・・とです。



秩父街道、宝登山神社の玉泉寺、飛天の絵。
最後の投稿、になりました。
代̪赭(たいしゃ)色で描かれた、
ふくよかな飛天、
無信仰の私でも、こころが安らぐ、
天井画でした。
代わりになる絵を探すことは、
きっと、出来ない事でしょう・・。






















コメント (4)

山形県、山寺に、秩父街道の飛天を重ねて③ 

2020-09-28 06:33:30 | Extra

リアルタイムのファイルを投稿するのは、
久しぶりです。

👇 昨日は、山寺・立石寺に登山したのですが、
冬のいでたち、
カメラの付属品を、頂上に忘れ物をして、
1000ほどの石段を2度往復してしまい、
宿に着きビールを飲んだら、
アッというものあ~さ、朝です。
寒い朝です。
山形駅の今朝の景色です。





山形にはたくさんの古刹があり、
山寺・立石寺もひとつでしょう!
860年からの歴史、
慈覚大師円仁ゆかりの開山堂と、
左に小さい納経堂に、
秋が訪れてます。






♫♬
秩父街道、宝登山神社の玉泉堂の飛天の天井画、
待たれる方がいます、
落ち着ける絵でね・・。











コメント (4)

宝登山 ② 玉泉寺の飛天図 

2020-09-25 20:02:08 | 関口文治郎/神社仏閣


赤色、黄色のパプリカに、
舞茸、ブナシメジを刻んで、
夕餉の定番、
豚肉の炒め物を頭に浮かべた、
そぼろ雨の小路。
寒さに疼いた歯に、薬が効いたら作ろうと、
それまでは、
高野山黒ゴマの豆腐2つと、
噛めるか、いわしの刺身・・・。
夜の食事をとらないファスティング療法を、
とうに頓挫してしまった、河童の金曜日夜のメニュー。



1800年、
常陸國真壁郡関本村、今の茨城県筑西市に、
生まれた男の子。
9歳で、筑波郡作谷村の東済寺で得度し仏業の修行に入り、
13歳、武蔵國埼玉郡上羽生村の正覚院で
僧として認められた、
小菅是道・
榮乗

22歳で、正覚寺、末寺の住職になり、
2年後には、
京都で、大日如来が宇宙の真理を説くという教えの、
会得に厳しい修行の日々を送った榮乗住職。

39歳、宝登山信仰の、
玉泉寺46代の住職迎えられ、以後、
宝登山大権現の社殿再建の道を歩みます。
廃物稀釈の明治に在って、
宝登山神社を完成させるという、
榮乗住職の毅然とした信仰が、
幕府を説き伏せ、
寺と神社は別の宗教になった今、
同じ敷地で互いに、補完し合って、
無信仰な私でさえ、訪れれば、
江戸末期に再建された👇
玉泉寺本堂の、
天井画の諸仏飛天図を、
弘法大師の生涯を彫った欄間を見ていると、
安らぎいっぱい、帰りの時刻を忘れさせます。














宝登山訪れて、玉泉寺に寄れなかった方もいましょう。
👇こんな絵が、本堂格子天井に描かれいます。












飛天図は25面あり・・次の投稿で・・。




コメント (2)

玉泉寺の住職の宝登山神社。秩父街道。①

2020-09-23 22:56:16 | 関口文治郎/神社仏閣


ここ数日 8時には眠くなり、
そのまま眠ることもありましたが、
今日からは幾分、時間の余裕ができ、
幾分、平和な心持ちです。

埼玉県を流れるかつては暴れ川と呼ばれた、
荒川は甲武信ヶ岳を源流として、
縄文時代の遺跡を見せる、秩父盆地を、
日本地質学発祥の地碑のある、
長瀞の岩畳では、穏やかな川下りを楽しめます。
まもなく紅葉時期、
11月の上旬から、下旬まで、
モミジ、クヌギが500メートルばかりの、
透き通った川面のラインくだり、
夜の、月の石公園ではライトアップするのですが、
今年は、どうでしょう?
楽しみにしているのですが・・・。




ライン下りの後は、船着場から、
まっすぐ宝登山へ(497m)へ、
幕末に建てられた神社ですが、
埼玉県の名工・岩田岩次郎さんの彫刻を観、
ぐるり一回りするまで、
なぜか、時を忘れさせてくれます。










岩田岩次郎さんが手掛けた、龍の
独特なデザインは
秩父、三峰神社の手水屋の龍とそっくりです。




宝登山神社は、敷地内にある、
玉泉寺を抜きにして語れません。
1113年開基され、
創建された本堂は、真言宗智山派 、
明治維新の廃仏稀釈の兆しに、
住職榮乗さんが、
神主の資格を得て、
限られた御浄財により当初計画を変更しながら、
苦労をして、建てられたもの。
彫り物を配し、
動植物等を天井絵をも飾った神社です。
その住職・榮乗さんがいたお寺が、
玉泉寺で、今は宝登山神社の社務所になっています。
宝登山神社の登山の後は、
是非玉泉寺、拝観の時間を、と思います。

ファイルは一部、以前投稿記事とダフリますが、
次回投稿に欠かせなかったものと、
ご了承くださいますよう!













コメント (2)

忙中、忙中、明日も暇なし。ゴーヤと戯れ!

2020-09-19 20:09:05 | Extra


葛の大きい葉、一枚、
葉柄に葉身くるりまいて、
風は、ないのにひらり、ひらり。
くすんだ稜線、明日は霖の気配に、
煎じ、呑んで時を過ごそうか・・
ゴーヤの天日干し。
ちょっとの苦みに甘さが鼻を通し、




❛❜おまいさん、今夜もかい?❛❜
40年前なら、いきり立って、
❛ おう、そうよ、バーボンのロック!❜
人の年輪、東西南北、でこぼこに太り、
天空に伸びるはずが、縮まり、
ぽってり腹が、無性に腹立たしい!
今夜の秋風、明日のお茶づくりの前、

ビールどんぶりに、
天日で痩せたゴーヤ、
ふたつ、みつ、ポイ!





















👇 10月の下旬には、
榛名湖のまゆみの実は、
パコンと開く、行けるかどうか・・・。







コメント

《居間に射す陽光、画家の妻と子》

2020-09-16 19:59:31 | Extra




油彩・35.5×45.5cm・デンマーク国立美術館蔵

新しい内閣が出来て、
これから、私、私たち、
どんな生活を送ることが出来るでしょう!

👆デンマーク、
ナポレオン戦争で財政の繁栄、
開運業が打撃を受け、
国家財政が疲弊し、、
スウェーデンもノルウェーも手放して、
半世紀以上後、
市民が文化を作り上げていく、
王侯貴族の趣向、
王宮や教会に飾られる絵画が、
市民の居間に飾る絵画の幕が開く。
1888年、
アンデルセンの童話に挿絵を描いた父に、
画家ヴィゴ・ピータースンが描いた
室内でくつろぐ妻と子、
「居間に射す陽光・画家の妻と子」
微笑む女性に、母を興味津々に指さす幼子。
思い出、今なら、机に飾る写真の額を、
当時は絵にして、居間の風景を壁に飾る・・。

なんと、穏やかな時間の流れ・・・。
デンマークでは、
お金やブランド品を持っているより、
毎日、くつろいで、落ち着いて、なごむ時間を、
持つことに価値を置く人が多いという。

この時間を、「ヒュゲ」という言葉で、
表現するといいます・・・

がさつで、無鉄砲な私の脳裏が、
穏やかな優しさに占領させられた、
一枚の絵でした・・。

👇水の街、三島市の
猛暑日、楽寿園で見たぐったり姿。














コメント (2)

漆喰・なまこ壁の町。伊豆松崎町

2020-09-12 20:42:46 | Extra


打たれて、ほっとひと息、
二の腕に優しい秋の雨、雨でした。
窓を開けて眠れる、こんな夜は・・
ロックのバーボン片手に、
過ごしてみたい週末です・・。

水の街、三島市記事の前に・・。
三島大社の蟇股の彫刻は、小澤半兵衛さんでした。
昨年2月、伊豆白濱神社を訪れた時、
巫女さんから、松崎町の彫刻家と聞いて、
相模湾から駿河湾へと方向転換をした、
記憶がポッと蘇りました。

小澤半兵衛さんが生まれた町、松崎町、
小澤さんの詳しい情報は、得ることが出来ず、
散策に「なまこ壁」がとても新鮮でした。
後日、松崎町には漆喰細工、

鏝絵・なまこ壁の名工、
入江長八(1815~1889)さんの名も知りました。

👇2019.2.25の記録です。


































コメント (2)

水の街、三島市の散歩の前に・・。三島神社 ②-②

2020-09-10 22:01:38 | 関口文治郎/神社仏閣

蜩の声はまだかと、
呟く9月2日、雨空から晴れ間がのぞき、
水の街、三島市の風景を撮ろうと・・。
旧東海道と、下田街道の分岐点の、
伊豆半島の神様92座のてっぺんに座する、
三島神社をお参りです。

松尾芭蕉の句に今日のような、
空の日に詠んだ句だと思いながら、





840年三島神の皇后を祭祀した三島大社、
三島大社の今日までの歴史が記載されている、
冊子は西暦、年月日がきっちりと記載されていて、
朝廷が関わり、
源頼朝さん、北条さん、足利さんたちが奉納した、
品々や、朝廷への上申など、
事細かく記録されていて、
読むにつれて、息苦しささえ感じる。
もし、息抜きが出来たと、いえるなら、
1194年頼朝さんのお嬢さんが病に伏し、
祈願に訪れ、奥さん北条政子さんが、
蒔絵手箱を献上した辺り。
娘さんの病名は何だったか・・・。
1200年の略史には、
伊豆国府を知るためには貴重な資料では、
あるのでしょうが、
三島に住む、庶民の動きは、
日々の願いに手を合わせる市井の、
記録はなく、
何か取り残された気分になる。







総門の彫刻は、伊豆の海鼠壁で名を知る、
松崎町に住んでいた、
小澤半兵衛さん。
幕末に活躍した方で、相当の売れっ子。
系図等、文献も沢山あって、
容易に知ることが出来ます。


👇舞殿から拝殿を・・。






👇拝殿、本殿の彫刻も、小沢半兵衛さんで、



👇蟇股彫刻3部作は、
右から、漢学者で遣唐使の吉備真備さんが、
唐で初めての囲碁を挑まれ、生か死か、
一目で勝って、死を免れたという、
吉備野真備の図の一部で、
中央は、天照大神の岩戸の神話、
左は、平家物語、
猿の顔、狸の胴体、虎の手足で、尾は蛇 、
夜中にヒュー・ヒュー、不気味に鳴く、
妖怪「ぬえ」を退治する図柄。






👇境内に、鹿の園、30頭はいたでしょうか。







この後、市内に向かうのですが、
空模様が・・

コメント (2)

震災の生き証人、三島うなぎに口わらず。静岡三島大社。①

2020-09-08 19:39:09 | 関口文治郎/神社仏閣

👆台風が過ぎ去り、
穏やかに白むあさぼらけに、
夜空に輝いた星屑が名残惜しむ、
ロマン、美しい花、曙草。

昼に・・午後になれば、見事、
晩夏に、夏バッテ!
にら蕎麦がっつり・・
日暮れに風も無く、もの思いのロマン、
かけらもない!

箱根峠、旧東海道を函南ブナ原生林を左に、
沼津港へただひたすら下れば、
漆喰塀に3本の古木・・。
650年から750年、
1850年代立て続けにこの地を、
恐怖に陥らせた地震に耐えて、
1853年の震災で倒壊した、

三島神社の姿を見ていた唯一生き証人達。
三島うなぎの弁当にも、口を割らず・・。








👇朱色の欄干は、




















👇建築中伊豆震災に遭い、
竣工昭和6年、台湾檜を使用したという総門。









コメント

昼のひと時、穂が花・吾亦紅! 

2020-09-06 12:47:35 | 散歩



休養を決めた静かな午前。
花のファイルを開き・・。
そっと、
明日からの予定に、
眼を通せば、のんびり屋、
八王子河童の水皿も、
乾きそうで・・。

正午、八王子に、
いきなりの雨が降り出し、
テレビ、
災害が出ないよう九州への願いの、
心を移して・・、
見入いる画面に、
カップラーメン箸が止まります。






























コメント

修復、職人が見つける歴史。久能山東照宮 ③-③

2020-09-04 20:54:03 | 関口文治郎/神社仏閣

俄かに仕込んだシャワー室の腰壁、
素人左官職人、夢に見たつるつるの板のよう・・
朝から湿気の汗が滝のように、
ほぼ半分仕上げた壁、
小舟が通った後のような波のよう・・・。
差し入れにピンクの寿甘は、
熱射病のご機嫌伺いが、ありありと胸に響く・・。

久能山東照宮、
漆の輝きの限度50年、
日光東照宮にも関わり、
修復作業を手掛けた美術工藝社の
塗師・新井好夫さん。
焼失した沖縄首里城も手掛けた。
平成22年、国宝に指定された最大の理由は、
新井さんが、古い漆を削る作業で、
現れた傷痕。
その傷が、東照宮を建造した、
幕府お抱えの大工棟梁の中井正清さんが、
付けた傷痕と判明、一気にクローズアップされた。
湿気が無いと乾かない漆の湿度には神経を使い、
塗った後の雨で、早く乾きすぎ色が統一されず、
やり直しもあった。
拝殿・登り高欄の手すりと、柱。
繊細で、熟練の技に、
ただただ、敬服してしまう。

風との闘い、金粉舞う、金箔貼りも、
ただ一心、建造部にある紋章は金箔、
垂木の部位にも金箔、
歴史保存には膨大な修復費用が掛かる。

極彩色、色とりどりは、
岩絵の具、赤、青、緑、茶色の4色手で、
濃淡は、砕く岩の粒で決め、
接着材には、にかわを混ぜる。
彩色師、今は基礎を学んだ、
若い女性が多く活躍し、修復士の道を歩む。

寺社を訪ねて、朽ちた彩色に、
竣工の頃の色はどうだったかと、想像するのは、
年月にさらされた寺社の歴史を想像し、
時を忘れるときがあります。
修復された寺社を拝観するときは、
修復師の息づかいに感動します。













東昭宮には、丸印の彫刻等が100以上あり、
取り外しの際に、思わぬ歴史の足跡を、
見ることが出来る、修復がなければ、
現れない、彫師も、彩色師も、完成時に、
わずか、作成の記録を残したいもの・・・。
東照宮では、楼門の職人しか入れない、
内部に沢山みられ・・・。



👇徳川家康公のお墓。













👇👇大正時代の修復後、
貴重な資料になった、数枚の図面。
平成の修復では、この図面の彩色を、
忠実に再現されて・・。







正月見る夢・・・茄子。
子だくさんを夢にして・・。



コメント

戦いの武器を喰う獏、後世に願いを。久能山東照宮。②

2020-09-01 22:30:12 | 関口文治郎/神社仏閣

瞳孔検査、車では絶対に来ないでと言われ、
検査方法、割りばしかピンセットかで、
開くのかと思って・・・、
点眼薬で、瞳孔を開かせ、光を当てるだけ、
同情を得る前に、あっけない終わり方で、
明日は自宅で休養と決めていたけど・・。
灼熱、紫外線の光の日であれば、
横断歩道の白のしましまを見たら、
うずくまっていたかもしれない。
送迎を頼んだ手前、
なんと説明したらいいものか・・。

近場のレストランで、ありったけの物を、
注文をと言ったのに、
フルーツパフェだけ、
ますます、肩身が狭かった。



👆👇久能山東昭宮の楼門、
参拝者が通る門の中央に獏が4体。
映りはぼけていますが、
獏は鉄を喰う霊獣、
戦いの武器に使う刀や槍を喰う。
武田信玄公が所領していた、
戦国時代の久能山、
武田家滅亡の後、
天下を支配した、家康公が願った、
戦いの無い平和な時代をと・・・。

👇平成21年、修復前の獏。


👇拝殿、


👇振り返って、シベリアンハスキーが2匹。






👇神庫(じんこ)
御祭神で使う、御神宝類を収容する倉庫・・。
どうやって出し入れするのかわからず、
まぁ~いいか・・と。


👇1617年、幕府御用達の大工頭、
中井正清さんが建てたもの。

中井さんは、
駿府城、名古屋城、江戸城を任されたものの、
今は、見ることはできない、
久能山東照宮は、日光東照宮と共に、
現存する貴重な建造物と云えるのでしょう。



👇拝殿は正面階段からは入れず、
日枝神社に通じる透塀の門をくぐり。







👇神廟を表す黒を基調にした拝殿に・・。






コメント