春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

大叔父・太田節三の慕情を新装しました・・・。

文治郎ンちの、猫?

2018-06-28 22:54:59 | 関口文治郎/神社仏閣

 

 

渋川市から「からっ風」街道、スピードを抑えてしまう、
榛名山の風景に、風が心地よかった。

 

 

 

 

 


彫し関口文治郎、関東の「左甚五郎」と言われる男、
中国24史を題材にし、彫の鋭さ、柔らかさを自在にする技に、
上州、武州、信濃の宮大工の棟梁はこぞって、文治郎を名指し、
最後の作、榛名神社の海老紅陵まで人気は変わらなかった。
24史は魅力のある彫刻とは思えないけど、
花輪町の彫刻軍団をまとめ、後世に彫刻で名を遺した文治郎の、
素顔。

手慣れた鑿の扱い、文治郎に鑿に変わる光物。
文治郎は「新当流免許皆伝」の使い手でもあった。
塚原卜伝から8代目。

最後の皆伝書はブラジルに渡ったとしていたが、
萩原家違いで、萩原静子氏宅から発見されたものに、
文治郎の名が記されていた。
山賊の刀の先の肉を平然と口にし、
若者たちの追っ手を畳を返しながら逃げ切ったなど、
武勇に飛んだ男でもあった。
これで、人間関口文治郎に興味を持った。

その文治郎が育った桐生(当時勢多郡)市,
渡良瀬渓谷沿いの花輪町に・・。

 

 

 

 生まれた家の不動沢で、滝に打たれ心身を清め、
在郷の彫師たちを育てることに力を注いだ文治郎。

 

 

 

 

 

 
ちょっかいだしても動じない。

 
初めて会うのに、肝っ玉が据わっている、
文治郎は、国宝文化遺産をいくつも彫った男だ・・。

「しッ、しッ、しッ」無言で威嚇したのは・・・ネコ!




 写真 2018.6.24 みどり市花輪町

コメント

伊達男・文治郎、榛名山麓で煙管ばっかし!

2018-06-27 22:36:30 | 関口文治郎/神社仏閣

 

榛名山の麓、
箕郷の西明屋の氏子から神社の改装を依頼されたのは、
1783年黒保根、上田沢で正月を過ごしたばかり。
関口文治郎は次男松治郎を連れて、
西明屋の八幡宮に出向き仕事の打ち合わせをしている。

浅間山に噴火の煙がたち、噴火の焼砂が降り始めたのが7月7日。
箕郷村は農作物が全滅し、荒れ地になってしまった。
翌1784年は八幡宮の建立を中断し、
浅間山の噴火が収まり、落ち着きを取り戻した、
氏子たちは、八幡宮の建立に、15両1分を集め、
再度八幡宮改修に願う。
本殿がの出来上がったのは、1791年。1796年

文治郎60歳。66歳
次男松次郎は、脇障子、戸脇を担当し2両2朱、
文治郎率いる花輪彫刻の、
神梅の鏑木半次郎と花輪の前原与四郎は、
獅子8つ象2つで作料3分。
鏑木半治郎 作料金3分

目貫龍竜と珠輪を彫った水沼の萩原要右衛門に1両2分を、
そして、越後から呼んだ、木挽久右衛門は、
神社の正面、蟇股を彫った功績に、4両1分を渡した。
文治郎ここでは彫らず、棟梁風。
天下の名工と騒がれているのに・・・まったくゥ~!


このころから、文治郎は、彫刻棟梁としての集団をまとめる力は、
の集団より抜きんでていた。

誤記に横線をし、赤字は訂正箇所  訂正
toyo
 勢多郡東村誌、黒保根村誌、群馬県史に依存。


西明屋八幡宮、今は東向八幡宮。



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 写真 2018.6.24 高崎市箕郷町

コメント (2)

山が燃える、文治郎、男盛り

2018-06-25 22:56:43 | 関口文治郎/神社仏閣

 

1979年黒保根、下田沢にささら舞いが伝わり、
小さい太鼓から山間の医光寺の境内響いていたころ、
その年10月、南の島桜島が大噴火し、島民の大半が焼け死んでいる。
関口文治郎がその話を聞いたのは、
1980年11月、桐生下田沢から10里離れた、箕郷村で、
不動寺の境内の仮小屋で空っ風、寒さをしのぎながら、
欄間に3つの24史彫っていた時。


関東、文治郎の噂は、左甚五郎の生まれ変わりと、
一際高い評判。
箕郷柏木沢の農民は、4丁離れた
「不動寺」の境内でひと目、
文治郎見たさに境内を埋める
ときもあった

文治郎49歳、弟子の千次、松治は、文治郎の子供。
弟子の才能は、文治郎22歳で、医光寺の24史を彫り上げた技には、
とてもかなわない、
が、男前ではあったろう。

11月14日、不動寺の24史を彫った後、
藤岡の「秋葉神社」で一仕事を終えた、

よく年、1781年、箕郷村の「赤城若御子神社」の、
本殿に彫刻の依頼を受ける。
それからさらに1年半後、1783年7月7日、
浅間山が大爆発するなど、知る由もなく・・。


その「赤城若御子神社」

 

 

 

 

 

 

 


磨けば、立派な神社であります。

 

 

 



 

 

 

写真 2018.6.24 高崎市

コメント (2)

人間、文治郎・桐生天満宮(序)

2018-06-23 23:28:07 | 関口文治郎/神社仏閣

 

群馬県黒保根,医光寺に中国24史を彫った関口文治郎は、
3年前、1752年寝食を共にし師匠石原吟八郎が、
病で亡くなり、あとを受け次いで、
彫り上げた、武州(埼玉県)妻沼の聖天堂・本殿・幣殿。
その出来は、多くの宮大工棟梁たちの眼に留っていた。

それから25年経ち、文治郎47歳、
このあたり、人間臭さがにプンプン、ここで気になり始めた。
彫り物集団の頭になり、
息子、仙次郎、松次郎は文治郎の弟子になって彫師の道。

宮城村の「金剛寺」を彫ってから4年。
弟子の彫りに目を光らせ育成していた1777年、

龍舞村(太田市)の宮大工大棟梁、町田弥七郎栄信は、息子栄清を、
文治郎の屋敷を訪問させた。
上田沢の医光寺は栄信が作り、
文治郎は医光寺の欄間に24史を彫っていたよしみ。
天満宮の彫刻を、文治郎にと。

文治郎、随行者8人と、大量の味噌を持って、
天満宮の敷地で自炊を始めた。
12年間。
幣殿と本殿、埋め尽くした精巧華麗は、
関東各地、桐生天神の名を轟かせたという。

文治郎ひっせいの大作。桐生天満宮です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



         写真 2018.6.17 桐生市

 

コメント (2)

関口文治郎の彫刻(序)

2018-06-21 23:59:49 | 関口文治郎/神社仏閣

群馬県桐生市黒保根下田沢の医光寺に、
中国24史の彫刻が、本堂の欄間飾られている。
師匠、石原吟八郎之が亡くなって独り立ちした、
関口文治郎の作。
昭和37年3月25日「商工会たより」に、役場職員松島晃史が、
欄間裏面に「宝暦6年、彫刻関口文治郎」と記録されていたのを発表したて判ったもの。む(宝暦6年=1753年)
幼少から彫刻の才能に一目置かれた、文治郎。
22歳の時に彫り終えた、透かし彫りに両面彩色。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この地藏さんの左を曲がり最上段に、
今年の5月、上田沢の観音堂から、関口文治郎の墓が、
末裔の地所に、移された。

 

写真 2018.6.17 桐生市

コメント (2)

オンマ谷、ちいさい「まゆみ」の花

2018-06-20 19:16:34 | 榛名湖・上州

 

霧の榛名湖、歌唱「静かな湖畔」の、
カッコウ、カッコウの唄が聞こえるユウスゲの道。

1年、回った季節を待ったのは「まゆみ」の花咲く6月でした。
群生地を教えて頂いて、
機を逃してしまった昨年。
今年は4月からそわそわしていた。
観た!

これで『まゆみ』の1年の節目を観ることができました。
感謝です「山の師匠・おたか」さん。
「御宿・カワセミ」の小説から知った「まゆみ」
昨年から、ミーハーよろしく「追っかけ」だった。
今年はもう追いかけなくて済む。
ゆっくり観るために行ける!

オンマ谷の「まゆみ」の花 👇

 

 
内心、散っているのでは?
案の定、小道を歩いて、思いは的中。
木立は高く、
肉眼では見えない1センチメートルに満たない小さい花。

あきらめた!
でもあきらめられない!


まゆみの里の看板を過ぎて、もっと奥。

背丈ほどの木、手で払いのけたのがまゆみ」
小学生の伊香保から登ってくる、
課外授業の生徒に挨拶をされて・・。
前日からの群馬、疲れがすっかり取れた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『まゆみ』の実。

 写真 2018.6.18 榛名山オンマ谷

コメント (8)

三峰神社 御影石から龍が出た!

2018-06-16 22:18:48 | Extra

 

今日、部屋を閉め切っても寒く、
オイル交換に出かけるときは、冬支度の格好だった八王子です。

参拝する神社が煌びやかだと、いつものこと、
手を合わせずに済ましてしまうことがあります。
三峰神社も軽く頭を下げただけ。
しかも、帽子をかぶったまま。
これでは、秩父パワースポット三峰神社といえども、
私へのパワーのご利益は、外されることでしょう。
それでも、鳥居、三門を抜けるときはときは、
必ず帽子をとってお辞儀をする。

ことを成し遂げて、肩の荷を下ろしたお礼、
死を覚悟した人が生きられるようにと、
願ったのは、

ひっそりとした場所、飾り気のない、ちいさな神社。
大きく煌びやかだと、願い事の所作の前に、
眺めて、感嘆が先に立ってしまうのです。

 

 

龍が現れた。海老紅梁の龍、
喉が渇いたのか、

柄杓で水を流すと、くっきりと浮かんでくる。

 

  峯神社拝殿を棟梁として建設したのは林兵庫政清、
随身門・三峰神社(3)を建設したのはその息子の林兵庫正信であり、
こ の「林兵庫」とは代々妻沼の地の宮大工棟梁として活躍 した名家。
三峰神社は1691年、随身は1972年に建立。


棟梁、林兵庫政清のデザインには私が期待した床下の彫刻がない。👇

 

 

 


23社の摂末社。
写真の右に大きい摂末社は東照宮で、
右には7社があったのですが撮ってないようで…。👇

 

 


パワースポット三峰神社、彫刻を堪能して、
帰ります。

 


遠くは、雲取山でしょうか?

 

 

 

彩甲斐街道(R140) 👇

 

甲府市の街 👇

写真 2018.6.9 三峰神社(おわり) 甲府市

コメント (4)

秩父三峰神社 手水舎

2018-06-14 23:58:32 | Extra

三つ鳥居 あるいは 三輪(みわ)鳥居 ☝
小規模な2つの鳥居を組み合わせたもの

午後5時に参拝して、1時間ばかりの見学。
群馬県黒保根の彫師、関口文治郎が渾身を込めた彫刻。
文治郎はこの後、榛名神社の彫を終えると生涯を閉じる。
その生涯をたどりながら・・・。

 

16紋菊 👇

 

 

 

 

 

 


八棟木灯台 👇
安政4年(1857年)建立した、高さ6メートル。・・・案内看板から

 

 

 


手水舎 👇
嘉永6年(1853年) 案内看板から
手水屋に施した彫刻、配色は一際目立ち、
立ち位置で変わる、彫刻は、まるで百面相に見える。

 

 

 写真 2018.6.9 三峰神社 (2)

コメント

秩父・三峰神社

2018-06-13 23:18:20 | Extra

 
6月9日、秩父の町を抜けて三峰山裏参道に着いた午後1時。
前回、中央道「勝沼」から西沢渓谷、大菩薩峠の麓、
雲龍寺を訪れた道、国道140号ですが、
今回は、その140号 ❛彩甲斐街道を❜ 逆回りです。
向かうのは山梨県勝沼インターまで。
これで奥多摩の外周を一回りすることになります。
いつもの通り寄り道ばかり、

三峰山、荒川沿いに

神庭(かにわ) 洞窟は、縄文時代の史跡があって、
目的地の一つでした

 

登竜橋の入り口にある三峯神社の一之鳥居。
明治20年、荒川廣川宿から、42年この場所に移築した鳥居。
三峰講で登る人たちは、この門をくぐり、

 

山梨から、群馬碓氷峠に行く途中のこと、
武尊を導いた山犬(狼)が狛犬の代わりに、守っています。
秩父のオオカミ信仰は、修験者の言い伝えられますが、
元は、日本武尊と先導した山犬の逸話からでしょう。

 

 
参拝者は、登龍橋の手前大正3年からの「紅の屋」で、
脚絆を締めなおしたり、食事摂ったり、
10年前、ケーブルカーがあったころは、
かなりの盛況だったといいます。👇


一斗」とは「五升の倍」だから『御商売』

「二升」は「升(マス)が二つ」だから『益々』
「五合」は「一升の半分で半升(はんじょう)」だから『繁盛』
よって、「御商売益々繁盛」👇

 



 三峰神社本社まで52丁。約5.5キロ。
この先500メートル先、右に折れ荒川の川沿い進むと、
縄文時代の人が住んでいた神庭洞窟があり、
わたしの参道はそこで終わりです。

 
舞い戻って、140号甲州、塩山方面に向かい、
三峰神社新道で本社に行きました。
午後5時、駐車場は6時閉門。
急いで順路通りに・・・。

 

 

 

 

 

 
オオカミ君 りりしく、しっかり見張りをしているわけ👇

 

 

ここは日本武尊が、いざなぎのみこと・いざなみのみことが、
我が国をお生みになられたことをおしのび、
お宮を造営したのは110年。
お参りすると夫婦円満、睦まじくです・・・。

 写真 2018.6.9 三峰神社 (1)

コメント (2)

好きです、菖蒲!

2018-06-11 20:57:35 | Extra

 

ようやくたどり着いた、昭和記念公園のラストシーン。
菖蒲の花の投稿。

ここでへまをした。
菖蒲、訪れた5日には、ややしおれていたのに、
投稿は今日。

とはいえ、入園料シルバー210円、駐車場820円、
払った、たくさんの見物客に、
めかして、もてなしていたのに、
知らんぷりは出来ない。
やはり、投稿。
来年、6月5日より息を切らして早くいけば、
菖蒲、どの花もどの花も、手をふり、微笑むに違いない。


 菖蒲には日傘が似合う

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真 2018.6.5 昭和記念公園 Last scene

コメント

ワルナスビ・悪茄子

2018-06-10 15:23:45 | Extra

 

 

東京立川市と昭島市にまたがる、
昭和記念公園は、
もともと、旧日本陸軍が飛行場にしていて、
戦争が終わると、アメリカ占領軍が接収し、
飛行場にしていた跡地であります。
拡張工事で地元が反対し、流血事件などあり、
地元民の戦いが、米軍の飛行場を1メートル冴え拡幅させないで、
土地を返還させた、歴史がある。
飛行場にあった建物の解体は、4~5年くらい前まで・・。

2016年の大ヒット映画「シン・ゴジラ」、
日本政府の臨時指令本部が置かれた場所として登場し、
1961年、ザ・ピーナツが30センチの妖精に、
なって登場する「モスラ」♪モスラ~や♫ モスラ~や♪
ラストでモスラを誘導するニューカーク市の空港のセットは、
米軍立川基地で撮影されたもの。

閉門時刻に間に合わせるなら、
30分以上前には帰り支度をはじめなければならない。
閉門時刻のアナウンスに急いだ、子供広場の垣根で見た、
「ワルナスビ」
きれいだと惹かれたけど、
調べたら、歓迎されない花だ、と。


原産地はアメリカ合衆国南東部
果実は球形で黄色く熟してトマトに似て、
全草に『ソラニン』を含んでいて有毒なので、
家畜が食べると場合によっては、
中毒を起こすことがあります・・・
除草剤にも、臆さずはびこる強い「草」とあった。
❛webから❜




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 写真 2018.6.5 昭和記念公園

コメント

青・矢車菊

2018-06-09 08:35:49 | Extra

 

最近、目が不自由になり、朝には頭痛の毎日、
仕事はパソコンが今では不可欠になっていて、
いつもこめかみを擦って、自然治癒とばかり。
少し休養が大切と医師に言われたけど、

山に登るのも、滝を観に行くのも、花を観に行くのも、
休養じゃないのかと、思っていたのに、おおざっぱ。

昭和記念公園の花です。

👇 眼精疲労に効く花というけど、
  花を観たら、煎じる気にはなりません。

ヤグルマギクは、キク科・ヤグルマギク属に1種だけ分類される多年草です。
もともとは麦畑やとうもろこし畑に生える雑草でしたが、
園芸用に品種改良され、今ではドイツやエストニアなどの国花となっています。
日本には、明治時代の中頃に渡来しました。❛
webから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この歳になると、10個の花を暗記して、
2つ位は寝る前に、覚えているようにと暗示をかけるのですが、
一晩、過ぎると全部忘れている。
覚えるのには、花をじっと見て、
架空の物語の場面を創る、
花に合う、音楽を併せる・・
これがいいけど、想像力もまた、希薄で。
結局、同じ花を何回も観て、名前を呟くがいい、と、
手っ取り早い「あんちょこ」👇

 

写真 2018.6.5 昭和記念公園

コメント (2)

賄いの前にうなだれ、チョウトンボに見習う。

2018-06-07 19:33:12 | Extra

 

梅雨の雨籠り、風呂上りに、バーボンのロック。
街頭の灯りに千条の糸、あの蝶は、トンボは、と・・。
そんな抒情をひっくり返す、今日の天気はカンカン照り。
姉さんかぶりの手ぬぐいを膝で払って、ドドンパ娘。
かぶり、訳を聞けば一日家にいると、埃が舞っていると・・・。
ヤッコに、湯剝きのトマト、シジミの加薬飯の賄いの前に、
返す言葉なく、

聞こえないように、チッ!

 

 

 

 

 

羽化して、午後。
飛べ、跳べ、とべ~!
チョウトンボ。

トンボ、1日食事しなければ、
生命(いのち)は無くなるわけで、
私が応援しなくても、全エネルギー出して、まもなく飛ぶわけで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真 2018.6.5

コメント (2)

美容柳(ビヨウヤナギ)

2018-06-06 23:58:07 | Extra

 

 

 


葉隠れの小鳥も、肩寄せる雨、
一鳴き、ハートまで作って嬉々として喜ぶ蛙。
梅雨の都会、車のしぶきでは、あまりに風情がなさすぎる。

梅雨籠り、避けられないのなら、
樹々に葉にけむる、風景を眺めながら過ごしたいものです。

昨日、昭島市・昭和記念公園で、半日。

 ☝ 井の頭公園の水中・・・館


👇 ビヨウヤナギ

 

 

 

 

写真 2018.6.5 昭和記念公園

コメント

三ッ釜の滝、龍もびっくり

2018-06-04 23:09:50 | Extra


私の小さい時の遊びは、堰堤や滝の水遊び。
冷たい山の水に、震えては、
近所の畑から無断で持ってきた、芋を焼いて食べたものでした。

昨年、冬、氷柱になった滝を撮りに行った奥多摩の三ッ釜の滝。
大岳山の中腹を流れる沢、夏の景色をと、出かけました。
3日の日曜日。
道中アメリカキャンプ場では、家族でバーベキューの人たちで一杯。
三ッ窯の滝には、数人機材をもって、三脚の操作に無心なカメラマン。
そんなカメラマンの心情を腐らせる、
ラフテング集団が、
奇声を上げ、

 

 

 

 

 


世界公認ガイドがついて、おおよそ10,000円の沢下り。
私の沢登りは、せいぜい地下旅にわらじ、
膝上までの水深。
この方たち、スェットスーツに、腰にいくつものカナビラ。
なんとも、なんとも、遊びもダイナミック。

1時間ばかり付き合い、写真撮りながら、

沢登りのヒントしっかり戴いて♫・・・と・・・・!

ガイドが私に営業します。
あなたとは、マンツーマンでと流暢な日本語。
心の声が絶叫します。
とんでもない。私は、かなづちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真 218.6.3 奥多摩三ッ釜の滝

コメント