春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

大叔父・太田節三の慕情を新装しました・・・。

焼け寺に馳せた、男三人、上州の気っぷの良さ!

2019-11-27 23:32:58 | Extra
 
👆群馬県渋川市近くの子持山を望む吾妻川。
1700年代ごろ、

この辺りは、平坦な河原に葦が無数に生えていた。
吾妻川に沿う砂利道を血相を変えて
渡良瀬、花輪から10里、
渋川の宿に泊まり、明け方、
中之条宗本寺に昼飯どきの前には着くと、
息子を急かせた万之助。
1744年1月13日宗本寺の諸堂が焼けた。
1742年、7月27日の午後から降った雨は、
東海から近畿、関東、北陸を襲い、
29日の夕刻には、辺り一面湖の状態になり、
家や田畑は消失して、農民たちは途方に暮れていた。
(寛保の洪水記録)
からっ風に義理人情、計画性はないが、
生真面目で正直者、飽きっぽいが、柔軟な頭脳、
くよくよしない上州人を絵にかいたような万之助。
焼け跡を片付け、洪水の後の生活に困窮しながらも
再建をしようとする、檀家たちを見た、
7月下旬。建立本堂欄間の彫刻を彫ることに決めた。
高瀬万之助、生粋の上州人。
大工棟梁は、箕郷和田山の松本吉右衛門。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
撮影禁止の条件で本堂の欄間を見せて頂いたものの、
本尊の上に龍、両面に飛天の緻密な彫り方に、
度肝を抜かされた。
瞬間、撮影禁止がちらつき、
案内の坊さんが須弥壇の掃除をしながら、
チラリ、チラ、こちらを見ている・・。
外陣の欄間に、子安地藏、赤鬼、牡丹と雉、鳳凰と青獅子、
白獅子に蛇に似た4つ足の架空の蛟、馬・・・
彩色は剥がれいるけど、滑らかな鑿使いが、いい!
1750年完成した彫刻の欄間に墨書があり、
良く読み取れないけど、一枚一枚に施主の名前がある。
彫ったのは高瀬万之助、忠七親子。
親子はこの30年後、近くの応永寺の山門の彫刻を施し、
さらに20年後、忠七は宗本寺の欄間に3面を加えたのが、
私が見た宗本寺の欄間。
投稿者の現地報告をさらに、詰めることを期待するものです。
👇本堂玄関の彫刻は、たぶん万之助の作ではと・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高瀬万之助親子が、吾妻地方に熱を入れたか・・
分らない。
こちらも現地調査の報告を期待したい!
 
 
 
コメント (2)

高瀬忠七・売れっ子独立して月夜野で初仕事。

2019-11-25 22:32:30 | 関口文治郎/神社仏閣
 
・・・・降って寛永十四年丁丑年(1637)
十月沼田領主真田家にて、
再建せしが、幾星霜を経て社殿破損せしを以て、
寛政四壬子年(1792)
氏子信徒等敬神宮の尽力により営繕完成せり・・・
 
群馬県のわたらせ渓谷の淵に、
花輪町があって、1700年代、
日光東照宮の彫刻修繕をしていた、
真田家の家臣で刀傷で武士を捨てた高松又八さんが住んだ。
彼の弟子の、石原吟八郎という、腕のいい彫刻師も、
又八さんと一緒に日光東照宮に出向いていた。
 
又八さんの死後、独立した吟八郎さんが、
53人の彫刻集団を作り、
江戸初期までの飾りけの無い寺社から、
群馬県、埼玉県では人目を引く、
彫刻のある寺社に変身させた。
前原藤次郎、関口文治郎、星野政八、石原常八・・・・
雪の夜、皆12,3、4歳からしもやけにの手に、
焚火の灯りで手練に仏像を彫った彫刻師たち。
20歳ごろには、いっぱしの彫刻師になって、
よその土地で施した彫刻を見て、あちらこちらから声が掛る。
 
高瀬忠七。
親父の高瀬万之助さんも、花輪で生まれ、
石原吟八郎さんの弟子になり、
撮影禁止にするほどの、
群馬県中之条の宗本寺の本堂欄間24面と、本尊上に、
多彩の彫物を施している。
この欄間の3枚が忠七さん。
7~8キロほど離れた吾妻町、応永寺の山門も彫り、
山門棟札の裏面には忠七さんの名がある。
 
1792年、忠七が独立して初めて彫ったのが、
みなかみ町月夜野の大峰神社。
氏子さんたちが、壊れかけた神社を見かねて、
僅かの金子を出し合い、建て替えた神社。
中之条の宗本寺、応永寺山門を手掛けた忠七さんに、
彫り物を依頼したものでしょう。
高瀬一族は、群馬県北部に多くの彫刻を残している。
欄間の高瀬忠七さん。
晩年は、名が出てこない。
そのころ、
星野政八、石原常八の度肝を抜かす、鑿裁きが、
台頭してきた、1820年ごろ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
やんちゃだってのは、分ってるけど、
もう何十年も、親におさえつけられているわけで・・・

 
何も子手毬を見せつけなくても・・・だ!
 
 
 
 

 
コメント

榛名に来れば目に「まゆみ」

2019-11-22 23:45:33 | Extra
 
掃出しの溝に、
短い秋に隠れる場所を失ったか、
小さい虫が2匹。
来年6月までの仕事に、かまってもやれず、
銀杏黄葉も枯れを早める今日の雨。
榛名山を撮った暖かかった15日から日が経ち、
ニット帽が目立ち始めた八王子です。

👇伊香保温泉から榛名湖へ行く、
伊香保森林公園の手前にある、高見展望台から、
三国山、谷川岳、小野子山、子持山、赤城山、
ずら〜っと展望でき、街並みは渋川氏の市街が、
古墳時代の歴史を背負い、余すところなく。
4000個ほどの古墳を持つ群馬にして、
温泉の数も多い県。
浪曲に、芝居に語られる人物もいて、
からっ風、気候にマッチする人物、物語が沢山ある。

 
 
 
妖怪、ダイダラボッチが造った榛名富士と湖。
浅間山、富士山を造ったダイダラボッチたちに、
後れを取ったけど、と民話も豪快。

 
👇群馬と馬は切り離せない歴史。
 
 
👇とうとう今年も登れなかった相馬山。
家族で登った方がいた、レポを見て満足。

 
 
 
👇相馬山、榛名富士を真ん中に、三ツ峰山。

 
湖畔のメロディーが奏でる上毛山パノラマ街道から、
「まゆみ」の木を前景にして榛名山・・。
 
 
👇オンマ谷。
噴火で飛んできた巨大な岩石が、
伊香保から馬でも登れなかった、谷。

 
👇今年の風穴は、雨の所為?
冬の所為?
風の音が聞こえなかった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
👇この場所に来ると、胸が熱くなる。
紹介してくれた方の仔細な助言に、
「まゆみ」を探し、通い続けた私に、
そして植物音痴の、
「まゆみ」を見て酒を飲むはずの友が、
若くして、来れなかったことに。
 
今日までオンマ谷は遠かった、
まゆみは見られないと思ったけど、来れた。
 
そろそろ帰ろうかと見上げて・・・、
青い空に「まゆみ」「まゆみ」
後ろも、右も、左にも「まゆみ」

 
 
 
 
 
 
 
👇友に見てもらいたかった「まゆみ」(2017年)
 
 
 
 
 
 
 
コメント (2)

「おお、よき月よのかな」と詠めば、月夜野。

2019-11-20 23:08:53 | 関口文治郎/神社仏閣

👆台地の三峰山に昇った月を見て、
歌人、言葉遊びの達人源順・みなもとのしたごう、が、
執掌を持てず、位官に甘んじて、晩年、
能登守の補任される途中に立ち寄ったのだろうか、
平安時代の短い歌。
「おお、よき月よのかな」
月夜野。
有名歌人が詠えば、厳かになり地名にもなる。
暴れ川、利根川の上流に流れる、
赤谷川が流れる、大利根山の麓、
群馬県・みなかみ町月夜野。
昔は朝廷に献上する馬の牧があったところ。
 
 
 
 
 
 
昭和12年当時月夜野町の町民が、
1.5キロ先の寿命院から、神社を人力で曳家した。
明治41年、月夜野神社と改称した都神明宮。
天照大神を祀っていた、神社を、
江戸時代初期、沼田藩主、真田伊賀守信利が再建したもので、
曳家は寿命院の山腹から、かなりの労力だったろうと・・。
利用した道具は、木のソリとコロだったといいます。
月夜野に鎮座した神社を観れば、
曳家をして迄、鎮座したかった思いが判ります。
本殿、1792年、群馬県榛東村の柏木、大河原の二人が、
棟梁になって担当した神社。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
関東で、軒裏の四面迄、彫刻が施されている、のは、
群馬県、中之条町の吾妻大国魂神社しかない。
彩色の剥落は、造営当時の華やかさを、想像して、
時間を忘れさせるのに十分でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

あきる野市草花、猛者武将と豪族のタックル。

2019-11-17 22:15:12 | 関口文治郎/神社仏閣
 
東京の西の8万人が住むあきる野市、
米軍基地、横田基地が、
160万年前の全骨格のクジラの化石が、発見された昭島市が、
僅か20分程度車で走れば、
秋川の峡谷が、
今は、閑静な住宅街になっているけど、
鎌倉時代、一の谷の戦いで名を挙げた、
平山季重、一時は500騎の平軍勢に17騎で戦った猛者が、
社殿を奉納する。1207年。
一宮神社。
 
室町時代には、この地の豪族が、再建し、
小宮大明神と呼ばれ、戦国時代には、
豪族たちの祈願所になって、
市井の生活苦から建てられた神社とは、趣きが、ちと、違う。
再建したのは、地元豪族、小宮上野介憲明。

今は、彼岸中日の獅子舞の催しは、
家内安全、
雨ごいの獅子がいて、稲作文化の舞いもあり、
天然理心流.棒術の流儀を子供たちが披露するのだそうです。

前日五日市の同名の・小宮神社を訪れ、
彫刻が無く、スカ、を、
地中海の食事をして、ギャラリーを見学したリベンジの神社。
小宮神社の所在地、あきる野市草花、
なんと、愛らしい地名であろう。

 
👇一間社流造り。
 
 
 
 
 
 
 
 
👇「石橋」
清い涼山の石橋の滝の縁で、
舞い狂う獅子。
清涼山は中国の秘境にある山、
行く道にかけられた石橋の向こうは、文殊の菩薩の浄土、
なまくらな修業では渡れないとから待てと、現れた獅子。
そこへ現れた別の獅子、
これが、乱舞し、
世は慎重に、決めたら活発に動けと、
悟らせる、彫物。

 
 👇この獅子が文殊菩薩の霊験。

 
👇「二見ヶ浦」
福岡県にも二見ヶ浦の観光地があるけど、

この彫刻は、伊勢の二見ヶ浦の日の出。
本殿背面の羽目板。
 
 
 👇「高砂」
♬ 高砂や、この浦舟に帆を上げて、この浦舟・・・♪
夫婦愛と長寿の祈願を側面の胴羽目に。

 
 
 
👇向拝の龍。
この龍の構図と彫り方、最近、京都の城崎温泉の温泉神社に、
訪れた群馬県の山の師匠がブログアップした、のに似ている。
彫刻師の名が判らなかった、
いいきっかけを知らせくださいました。
 
 
 
 
 
 
 
コメント

閉めた本殿、木立に白い建物「メリダ」

2019-11-14 21:18:49 | 魅せられた!
👆彫刻が施されている小宮神社。

シャキッと目を開いて ♫ ワン・ツー・ワン・ツー ♬
ナビの通りにハンドルを握って出かけた神社。
着いたのは、👇
五日市駅近く、あきる野市戸倉の小宮神社。
 
 
 
道中、台風被害を復旧している光景を見て、
「う〜ん」

 

 
ダンプカーの往来する道に、駐車場が無い神社。
 
 

高台の神社を覗ける、地中海料理店の店先を、
渡りに船とばかり、支払いを、
スープ、生野菜、ポテトの、なんとかかんとかの食事代にして、
車を置かせて頂いた。
盆堀川の盆堀集落の夕暮れ。
ちと、この店の
売り上げを心配した。
が、ここは民宿の予約も受け、

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
👇離れたところに、
古代のトンボ玉、ピカソの版画、などのギャラリーが・・。
アクセサリー、クラフト作家の作品がある。
布小物、陶器もあって、販売もしている。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小宮神社の彫刻を撮りに来たのに彫刻は無く、スカ!
あきる野市には、小宮と名が付く神社は二社あるという。
 
スカを引いて、営業を終えたレストランが閉まるまで、
一人の老人が帰るまで、
扉をしめようとしなかった、
ギャラリーの
案内の方々。
朽ちかけた建物を改装した、木立に二軒の白い建物、

建物を見返えれば、乱形石の小道に、
盆堀川の流れのこだまが耳の奥、かすかに響いた。
11月6日、こんな日があってもいい・・・。
 
コメント

篭彫り松に鶴、住吉神社。青梅宿。

2019-11-11 21:03:16 | 関口文治郎/神社仏閣
 
 
1613年落雷で、社宝や、拝殿、社記が類焼したものの、
本殿だけが燃えなかった住吉神社

大阪で生まれて、
江戸で宮大工の修業をした棟梁が、
神社を後にしました。
石段を下り、煙管の刻み煙草に付けた青梅街道の砂利道。
見上げた住吉神社の本殿は見えないけど、
春日造りを少し変えたデザインに、少し胸を張ったに違いない、
貝塚作右衛門泰久さん。1716年の事。

 
 
 
 
 
 
 
 

1835年には、誰が彫ったか、
青梅街道の宿場町だつた、住民は、
べらぼうに有名文人ではないけど、
知識人が町をにぎわしています。
その流れが、神社の彫物に伺えます。
向拝や軒下には、牡丹に獅子、獏の彫刻が、
添えられ、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
圧巻なのは、海老紅陵の図柄、
曲がりには松の木と葉を中心に、
鶴の親子、夫婦鶴を配しています。
海老紅陵には水の神、龍が巻き付いている、
神社が多いところに、松、鶴の夫婦、親子が、
デザインしているあたり、
当時の青梅の情景が浮かんでも来ます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山あいの青梅の5月は、3、4、5日、祭りの囃子が響き渡ります。
 
 
 
 
 
コメント

風邪消えたか、冬の花。

2019-11-09 20:59:56 | Extra

昨日の風邪が、消えかけています。
早く治りかけている原因は、分りませんが、
昨日、寝る前に摂ったのは、
市販薬、15歳未満の服用は禁止している、
錠剤の3錠のところを1錠。
アカシアの蜂蜜、柿、バナナ3分の2本、水1リットル、
後はたっぷりの睡眠でした。
熱を出し切るまで3~4日かかるのに、
昨日の今日、熱が下がり始めて、
ブログに書いてしまった、「煙草の節煙」
いいきっかけになりました。

箱根湿地花園の花たちも、
終わる、秋の気配にだんだんと減ってきました。
でも、冬の期間、土の中で、
春に咲く準備をしている花もあるのだから、
「つまらない」 なんて言わなくていいやね !
見えない花の成長を想像するのも、
胸,昴まるひと時であります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント (6)

鬼の霍乱か、いわし雲。

2019-11-08 20:02:38 | Extra
 
出先で、お腹が膨らんだ。
チョットだけ胃から込み上げたものがあった。

いわし雲の下でちょっとした、
風物の主人公になってしまった。

序ノ口二段東の筆頭の風邪と、
西の筆頭と年寄りが、序盤戦の土俵で、
壮絶な闘いを始めています。
現在、風邪が一気に土俵際まで押し込み、
年より、必死にこらえ、
年より脳裏に「祝いの、イカの刺身」を浮かべています。
押し出しか,うっちゃりか。
序ノ口二段ながら、手に汗握る一番。
年より、
負けたら向こう5年間「節煙」
勝ったら次は「ツキノワグマ」と、
がっぷりよつの取り組みに、
「きりたんぽ鍋」で、英気を養い
さらに磨きをかけます。

サイドテーブル。
水よし、森永のキャラメル3個よし、ビターよし。
老眼鏡よし。
眠りにつきます。20時04分。


 
 



 
 
 
👇しもばしら
 
 
 
 
 
コメント (2)

箱根湯本の堀文子さん・ブルーポピー・。成川美術館 

2019-11-06 21:32:06 | Extra
 
 
 
 
 
出品の為に絵が運ばれてしまったら、
それが私の葬式で、
それを送ってしまったら、私はもう二度と振り返らない。
私はいつでも臆病、
白い紙に絵を描く時のあの恐怖・・・。
日本画家、堀文子さんの100年の胸の中。


82歳でヒマラヤ山脈を踏破して青いケシを見た。
翌年、解離性動脈瘤で1か月、入院した。
 
私は病院で、何かが擦り落ちた。
説明を省いた、研ぎ澄まされた画風は、
絵を見ていて、張りつめた空気に覆われてしまう。

箱根湯本の成川美術館で、

館主、成川氏が収拾した「堀文子」の日本画。
4室の会場に、すべて堀さんの作品を展示した。
今年2月、亡くなった堀さんの追悼。

海外の作品を含め、
一躍脚光を浴びた青いケシ。

群れず、師を持たず、弟子も置かなかった、
孤高の画人。

気さくで若い頃、描いたた絵を「上手ね」と、
白髪を掻きあげて、ケラケラ笑う画家の物を見る優しさを、
11月20日まで公開しているのは、
箱根湯本の成川美術館です。

機会があれば、もう一度見たい・・。
 
 
 
 
👇看板の文字は、シルクロードを描いた、
平山邦夫氏

 

 
 
👇蝶の叢叢 1994

 
👇ブルーポピー 2001
岩山の中で人知れず咲く慎ましやかな花は、
宇宙人のようだつた。
金色の棘で覆われたその姿は、
群青の花びらに、鎧をつけたような、峻厳さであった・・・堀談
ブルーポピーの3部作、
開場には黒のバックにした絵と
👇の2枚の絵が飾られています。

 
 
👇鳥が好きだった。昆虫が好きだった。
自由に飛んでいる姿を見て、あ~なりたいと・・・。
 
 
👇鳥の世界 2005

 
👇家族の肖像 2001
 
 
👇大軍が征く(ハキリ蟻) 1997
 
 
 2019.4.23
〜 青いケシの花 〜
 
 
👇庭園に咲いていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

千条の滝。箱根、鷹巣山の流伏水

2019-11-04 19:22:29 | たいへんだ
 
箱根に出かけました。
しょっぱなで、つまづく。
相模原からの「箱根裏街道・道志みち」は2ヶ所の陥没で、
前面通行止め。
ここまでたっぷりハンドルを握っていた。
2018年には台風24号で土砂崩れ、
今年4月ごろ、片側通行で開通したばかり。
「道志みち」の
バイクのツーリングドライバーは、
まぼろし探偵や、月光仮面ばり、
いつでも、追い越せと、シグナルを送れば、
追い越して、、「ありがとう」のシグナル、片手を上げて、
瞬く間に、小さな点になる。
マナーがよくて、運転の疲れは、吹き飛んでしまう。
その姿を見られないのは残念。

高速まで戻り、
神奈川県の滝では、一番の規模という「飛竜の滝」へ・・。
えぐれた道路、注意深く来たのに、
重機が道路で作業をしていた。
看板は無いけど「やめた方がいい」とオペレーター。
ありゃハレ、ありゃハレ・・。
観光客が意外と多かった11月2日。
人込みを避けて選んだ、箱根もう一つの顔、
森の中の景勝地。
あえなく、頓挫。
 
箱根湯本の「成川美術館」に見学して、
もう一か所予定の「千条の滝・ちすじのたき」へ。
小涌谷駅から20分ばかりところ、
浅間山、鷹巣山、箱根駒ヶ岳に囲まれた、
鬱蒼としている小道を、猫の歓迎を受けて・・。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
👇なんとなんと、プロのカメラマン?が、
モデルの撮影で、20分は待つことに、
美しい外人さんが、欲しい
「人のいない滝」
待っているのに声さえかけず、譲ろうとはしない。
ほとけの私が、ちっこい目を吊り上げて、
ドスを聞かせて言う。
「いつ終わる?」

 
 
 
 

辛抱強く、待って、
顔を見合わせて、声をかけたら、
なんと、流暢な日本語だつた。
 

千条の滝・ちすじのたき
近くで見ると、丸い岩石-円礫岩が堆積したもので、
鷹巣山や丸山の伏流水が流れている場所でした。
千条の滝が発見されたのは明治になって、ずっと後。
そのころは滝の前には椅子を置き、
絵葉書になり、湖畔と同じくらい、
人気の有ったところだったといいます。

コメント (2)

予期せぬ一言、吾亦紅。

2019-11-02 06:13:05 | Extra
 
最近、散らかし放題の部屋にいて、
片付ける意欲が無くなってきた。
散らかしているのは新聞。
これさえ、きちんと廃棄袋に入れてしまえば、
すっきりするのに、その片付け作動のスイッチが入らない。
折り込み広告は断っているので、
さほどの量ではないのに、片付けない。
布団の中に潜っていた新聞に、目が覚め、
足で外に押し出したこともある。
片付けの協力者がいたらいい、とぼやいたら、
♪ 小間使いじゃな〜い ♬ が、澄んだ秋の空を泳いで、
耳たぶを揺らした。
なんともはや!
 
箱根に出向きます。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント (2)

秋晴れなのに・・。

2019-11-01 08:24:04 | Extra
 
おはようございます。
久しぶりに時間に余裕ができた朝です。
ですが、
首里城の焼失は、
心の拠り所を失った、
地元の人たちの、シンボルを失った、
姿を見ていると、たまらない気分になります。
 
マラソンも北海道になる公算が強く、
都民として、権力のすごさに唖然とさせられます。
古代オリンピックを復興させたクーベルタンは、
オリンピックを通じて,
人々は平和に暮らすことを学べると思っていたのに・・。
準備の段階で、
きな臭い猜疑心にばかり走ってしまいます。

台風災害と・・重なる出来事、
直接手助けできる技量はないけど、
出来る何かがあるかもしれませんね。
 
昨日仕事の打ち合わせの後、通りに咲いていた、
花です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント