春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

大叔父・太田節三の慕情を新装しました・・・。

箱根風景、今日でぉぉお~~、チョン !

2020-06-29 21:15:40 | ヴェネチアのガラス


昨日・・一昨日、
仲間とじゃんけんをしました。
休みに出かけたら「東京差別」
いい顔されないし、タイヤの2本も空気を抜かれたら、
おいそれと、帰れない‥ヨ ッ !
そんなことは無いよと、意地を張って・・
で、勝っちゃった。


内心は、仲間の意見に納得したのに、
土砂降り、晴れると見込み、
長野県駒ケ根市に。
早めに宿に着き、仕事をしようと・・なのに、
寄り道してしまった、諏訪市。

パソコン開いて、準備で眼が点に、
内蔵バッテリーが消耗しているのに
鞄にはコードがない、
おまけにカメラ受電用の、ソケットもない。
ソケットは買えたけど、パソコンの充電コードは買えず、
とうとう、ウンでもスンでもない。
ドキュメンタリー、この時暗い8時。

そっとパソコンを裏返して、尻をパンパン。
横にして引っぱ叩いたけど、
意固地で頑固なパソコン、てこでも思いどぉりにならない。
面倒を見なければしまつに置けない、子供のような、
まるで生き物だ!

で、寝際のノンアルコール、
ありきたりの、あてにならない結論が・・・。
男の頑固も、女性のちょっとの支えで、
女性の思い通りに、男を扱えるのかもしれない・・・と。


箱根の記事も今日で終わります。
しばらくの間、レストランでのカンツォーネも
広間のヴァイオリン演奏も休演してますが、
早くコロナ騒ぎが下火になればいいですね !













































コメント

箱根・ディル・チフリーさんの現代ガラス。

2020-06-26 22:12:25 | ヴェネチアのガラス


1941年、アメリカで生まれた、ディル・チフリーさん。
1976年、自動車事故で左の眼は盲目に、
3年後サーフィンをしていて、左の肩を脱臼。
インテリアデザインの文学士号を取得し、
ヴェネチアでガラスの勉強をし、
美術学修士号を取得しても、
事故でガラス吹きパイプを持てなくなった彼が、
彫刻家と共同で築いたグラススクールでは、
監督であり、振付師であり、ディレクターとして、
成功をおさめた起業家でもあります。

箱根ガラスの森美術館が、イタリアのガラスの島、
ムラーノ島の美術館と姉妹提携をしたときに、
館内にチフリーさんの特設コーナーをつくりました。
池には、👇
























👆 芸術といわれるジャンルに理解が疎い私には、
いささかどこまでの価値なのだろう?・・・と。
ただ、コーナーから出るとき、
つっと歩を停め、振り返って、も一度眺めていました。
庭には、彼が幼い頃、玉ねぎ畑で働いた記憶の、
チフリーオニオンの作品もあります。

👇チフリー作品ではありません。







一昨日から実行している、
午後3時から、翌朝7時まで食事は摂らない・・・。
反動、朝飯、昼飯・・喰うこと喰うこと・・。



コメント

箱根に咲く花に、ファスティング。

2020-06-24 21:10:14 | 散歩

腹が減り、今晩のメニューに、
あれもこれも浮かんで、
迷いと面倒くささに・・・・

一石二・三鳥、晴天のへきれきのトピックス。
ファスティングという言葉がテレビから流れ、
今日から実行・・・

一日16時間は、水分は摂取し、

どうしてもの時は、黒糖や蜂蜜、具の無い味噌汁、
固形物を腸の中に流さないという、健康法。
腸に不安を持つ私にはもってこい。
午後3時から翌朝の7時まで、食しない。

あとは何を食べてもいいと・・・
腸内のたんぱく質 ?が良質になるのだといい、
肌もきれいになり・・・?
何よりいいのは、食事の手間を省くことが出来、
経費も掛からず、
1週間から2週間で効果が表れるという。
「断食の勧め」の半分。
これならやってみようかと。

ただ、決めた瞬間、冷蔵庫の枝豆が気になる。
効果の成果をブログで記事にできるかどうか・・。

箱根湿生花園も人が訪れるようになり、
花も咲きがいがあることでしょう!






































コメント (2)

駒草・仙石原の夏! ②

2020-06-22 20:44:48 | ヴェネチアのガラス

古代、黄金や天然宝石より珍重され、
神秘的な輝きは、人々の夢や願望を掻き立て、
繊細優美にして清楚さは、
儚さに高貴を併せて持つ、
中世貴族の貴婦人が持つ美しさに似て。
ヴェネチアのガラス職人が、美の女神として、
魂を奪われて、ガラスの美を探求した。

自然に抱かれた山里の集落に、
扉を開けばそこは、
越中五箇山の合掌造り、
富山の豪商の迎賓館、金沢の商家、
秋田の造り酒屋など、
長い年月を経て風合いを増した建物を、
移築して、和、洋の空間に一店一店が、
和,洋の、食の世界を作る、
「うかい亭」

食の物語から一店舗だけ。
ヴェネチアからすべての建物を移築して、
箱根の仙石原すすきが原の麓に、
「うかい亭」が、美術館を造ったのが1996年8月。
息がつまるほどの、訪れる人への、もてなし。

苦心をして収集した古代のガラス、
惜しげもなく、カメラの被写体に・・許しています。







👇 チケット売り場の壁に、ヴェネツィアの旗が、


























コメント

箱根、仙石原の夏!①

2020-06-20 22:03:20 | ヴェネチアのガラス

嫌な夢もゴミで捨てられないものか、と、
朝、ごみを出しながら、思ってしまった!
仔犬の尻尾を踏んで、
驚いた犬に脛を噛まれる夢。
仔犬が巨大な犬にへん~し~ん。
出来事に、
梅雨の合間の朝焼け、冷めた心地でしっかりと、
目が醒めてしまった。
恐かった!

箱根裏街道、神奈川県の道志みちを、ゆっくり。
久しぶりに、箱根湿生花園と箱根ガラスの森美術館に、
向かいました。
どちらの施設も、若い人たちが圧倒的でした。
ちょっと今までに無かった現象でしょうか。



花は、人の心も映す植物らしい!
自由になり始めた気分で、散策すれば、
春が過ぎて、
沢山咲いていないけど、
ひとつひとつが、奇妙にきれいに見えた!


















👇 ガラスの森美術館は特別企画は、ありませんが、
美術館が所有する、
中世からの作品を見ることが出来ます。






👇 向こうの煙は、大涌谷の噴煙・・・。



👇ガラスのアジサイも、自然に融けて・・。


👇 5センチばかりの車百合。
なんとも愛らしく、人気でした。



コメント

欅の街、府中市は大國魂神社で栄えた。

2020-06-17 18:53:18 | 関口文治郎/神社仏閣




👆 昭和記念公園のアジサイを、え~ィ、
👇 バチッと撮った後、
 見てたなぁ~!



6月、他県またぐ移動は、
手でも、足でも指を折って、たったの2本。
すぐには出かけられませんが、
不自由を敷いたモラルが解ける・とける・・・。
この嬉しさは、

3カ月の疲弊を何事もなかったと、思わせる、
光明とした朝陽のようなものかもしれません!



紫陽花の昭和記念公園から、夕刻、
30分ばかりところの、
大國魂神社で栄えた府中市に
市中のメイン通りは、
1062年、奥州戦の折、
源頼義・義家父子が1000本のケヤキの苗を寄進してから、
街はずっとケヤキ並木守っています。
メイン通りのケヤキを
国が天然記念物に指定するのも、
珍しいことだと聞きますが、
灼熱の陽も涼しく、
買い物・散歩に足取りも軽いです。

















5月には👇のような威勢のいい祭り「くらやみ祭り」が
六日間、開かれるのですが、今年は中止になりました。


👆👇2017年


👇 馬場大門ケヤキ並木


👇源義家さん若き日の像。
かなり男前ですネ!




👇 大國魂神社。
1646年10月、類焼により社殿が焼失した記録が残されています。







コメント

梅雨時、「お正月」をハミングして公園!

2020-06-14 10:24:17 | 散歩


朝の整髪の鏡に、
皺が増えたなと、
町のウィンドーの全身姿に、あれぇ~、
な~んと老けたものだ・・と !
鎖国状態の日本で、
同じ国なのに、他県に出れない鎖都状態が、
老けたウインドウーの姿に心して、
夏、正月の歌を口ずさむとは思わなかった!
♪ も~ういくつ・・ねると・・・♫
19日、緊急事態宣言の、
県境をまたぐ人の移動を全国的に解除。

骨折足指2本、
1本曲がらず今日も机に並べ、
今日の晩飯、
豚肉にトマトをベースに、と生唾呑んで、
グー・パー、グー・パー。

👆👇 梅雨空の、、園内施設が閉鎖された、
立川市国立昭和記念公園でしたので、
人が少なくて・・・。







































コメント

染井吉野の実。

2020-06-12 08:10:04 | Extra

👆 酸っぱい、苦い、渋い味。
オオシマザクラとエドヒガンを、
江戸の植木職人が交配した「染井吉野」の実。
食べられるのかどうか、
毒ではないと知って、
2度目の奥多摩湖でつまんで口にしてみたら、
酸っぱい、苦い、渋い。
大人のマナーの禁。

判っているのに、つい、
湖上にペッ、ペッぺ!

コロナで所属の事務所に入りびたりだった昨日まで、
今日はアパートから見た、山梨県方面の山並みを見て、
行かないと決めました。
梅雨空の青い空、午後からは降るようですが、
それまで近場、立川市の公園で、
リフレッシュ!
花の写真でも撮りに行こうと、

腰が浮いている状態です。





















👇万葉集に詠われていた、植物
暗記したのに、すっかり忘れてる!

ヒョンナ時、ありありと思い出すので、
気にしない!



コメント

東京の水瓶、奥多摩湖! 水の階段。

2020-06-08 21:37:44 | 散歩





鎌の刃先に、少しの風、
雑草に混じった
にらの、・・香りが、
雨上がりの午前、摘む手に心地よく、
ハンドルを握って奥多摩湖まで。
駐車中は満杯、何時もなら3時頃には、空くのに、
日暮れまで、沢山の人が帰りませんでした。

東京の水瓶、多摩川の上流です。

2000年春、人口の半分以上が被災した、
アフガニスタンの大干ばつ。
400万人が飢餓状態で、
100万人が、餓死の線上に。
餓死者の多くが幼児。
空腹で無くなるのではなく、
食べ物不足に、栄養失調になり、
抵抗力を失い、汚水のを口にして、下痢症を起こし、
簡単に命を落としてしまう。

何日もかけて診療所をめざし、
たどり着いても、外来の診療所でわが子が、
胸の中で死亡。
途方にくれる母の姿に、涙が出る。
「もう診療どころではない」
人は食べ物と水があれば、
防げるものだ。
「100の診療所より一本の用水路を!」
医師であって、重機に乗った、
中村哲さん。
砂漠に緑をよみがえらせ、
用水路は、決壊した時には、村人の誰もが、
修繕できる日本式の蛇篭で作り上げた
川。
亡くなって半年が経ちました。

生きるために、
水の在るところに人は集い、
瀬音を聞いて日を送る。
安らぎの瀬音でしょうか。


















水の階段




コメント

もう少し、もうすこし投稿を自粛します。

2020-06-02 21:52:52 | Extra



ブログを自粛して、昼の外出も、
夜のベランダ、街の灯を眺めていれば、
病室で眠り続けている、
知人の姿が浮かんできます。
脳卒中、いびきは無かったといい、
・・・・・生きられます。
素人判断に、のしかかったのは、
左半身の不随の生活は免れないという、
残酷な情報で・・。

まだ、面会できない状況ですが、
失意の狼狽を見せた家族が、
今後の生活を淡々と語り始めたのが、
救いでしょうか。


もう少し投稿は自粛しますが、
今は、それでいいのだ・・・・と。

気遣い下さったみなさまに、
改めて、お礼申し上げます。









コメント (6)