春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

飲み過ぎ、丸太から滑った
徳利、背中の与太郎河童
花見の色香に、プハァ~川から顔出し
キョロ、きょろきょろ!

来年又来る!赤城神社の弥勒寺音八さん。

2020-01-31 13:35:58 | 関口文治郎/神社仏閣









👇菜の花が咲く畑の中に・・・。




👇1797年伊勢崎市下渕名に生まれた弥勒寺音次郎さん。
渡辺家から宮大工小林家の養子になり、
35歳、母の弥勒寺を名乗った、宮大工にして彫刻家。
明治初年、伊勢崎神社に名を残して、
1869年、享年。




👇1821年、父音二郎さん24歳の時に下渕名に生まれ、
父の世襲を受けて、彫刻家にして、絵師。
後年は腕を買われ、皇居賢所の御紋を彫るも・・・、
仕事を終えて、日本橋馬喰町の宿に帰り、
仲間の妬みから、1887年毒殺され、
栄誉を自分で下渕名に、報告できなかった、
66歳の生涯。
奥さんと一緒に眠る音八さん。






👇音二郎さん、音八さん親子追悼の絵に、
二人が丹精込め、

伊勢崎市平塚のきめ細やかな「赤城神社」を。



























コメント

拝啓 弥勒寺音次郎・音八様、蝋梅に冠稲荷神社・聖天宮。

2020-01-28 15:21:44 | 関口文治郎/神社仏閣

江戸時代には大光院の門前町・日光例幣使街道の、
宿場町として栄えた太田市。
群馬県の地を俯瞰すれば、鶴が飛んでいて、
太田市は、しなやかな首の部分。
渡良瀬川と利根川が市を挟んで流れ、

利根川の、雨と雪の流域面積は、
全国の川を以て、トップを譲らず、
江戸の住民が、氾濫して困窮に頭を抱えさせた、利根川。
夏は夕立による雷鳴の轟きと集中豪雨がすさまじく、
冬は強烈な空っ風が吹き荒れる風土。
が、このごろ、この表現が当てにならない気がしてきた・・・。

👇冠稲荷神社の本殿。


👇商山四皓・1767年彫物師
前原藤次郎(上田沢)さん
小倉弥八秀邦(花輪)さん。
二人とも花輪彫刻集団の親分、
石原吟八郎さんの弟子で、
関口文治郎(1731~1807)のライバルでもあり、弟分たち。



👇琴棋書画・1767年。前原・小倉さんたちの彫物、




👇虎渓三笑・1815年・彫物師
飯田仙之助(1768~1835)さん47歳の時



太田市から利根川を渡れば、埼玉県熊谷市、
ちょッ、ちょっとコーヒータイム
熊谷市に女性初の医師国家資格を持つ、
荻野ぎん(吟子)の伝記を、
若村麻由美が、スクリーンで演じている
「一粒の麦」

一粒の麦もし、落ちて死なば、
     あまたの実を結ぶであろう





熊谷の宮大工名棟梁
飯田和泉安軌さんの子で飯田仙之助さんは、
文治郎さんの経営手段をまねて、
弟子たちが喰いはぐれが無いように、
精力的に、熊谷宿の神社に彫物師を常駐させます。
仙之助さんの弟子に、岸又八さん、
又八さんの弟子に、
大工棟梁にして彫物師、弥勒音二郎さん・
彫物師として絵師の音八さん親子。
伊勢崎市下渕名に生まれ、
二人のお墓は、

伊勢崎市下渕名の大国神社から歩いて5~6分、
江戸後期、
石原常八さん、

波の伊八(武士伊八郎)さんと共に
「名工三八」と言われた音八さんの栄華を見せることなく、
皇居の賢所の御紋を彫った名誉も、過去にして、
広い畑にブロックで囲まれポツンと、すこし寂しい。



👇冠稲荷神社敷地内に、1857年再築され、
師匠飯田仙之助さんが、
本殿の西壁・虎渓三笑を彫ってから42年後、
「聖天宮」一棟を手掛けた、
弥勒寺音次郎・音八さん親子の洗練された彫物。




















伊勢崎市下渕名に彫物師の名を歴史を刻んだ
弥勒寺音次郎(1796~1869)
弥勒寺音八 (1821~1887)

コメント

我が家から助六、食して冠稲荷神社、太田市。

2020-01-27 06:22:15 | 関口文治郎/神社仏閣

目まぐるしく動いた2週間。
群馬県太田市に行けば、
神奈川県藤沢市、
取って返せば、群馬県伊勢崎市にと、
我が家に帰った昨日、
一杯飲めば、夜、8時にはうつろな眼。
大雪の兆候、今週はすり切れた体力の回復に、
ほっこりお腹が出るほど、食したいものと・・・。

江戸時代半ばから「冠稲荷」と呼ばれたのには、
源義経、源氏の再興のために奥州下向の際に、
立ち寄った社の深夜、社殿からの奥に瑞光を見て、
この地が義経の祖のゆかりがあるとして、
元服の折、冠の中に勧請してきた、
伏見稲荷大社の分霊を鎮祭したことが、
江戸の民衆の心を射止めた・・と、こんな具合であります。

矢で射ぬいた餅が鳥になり、山の峰に降りたところに、
稲が茂った、これが伏見稲荷大社の「イナリ」の創祀。
う~ㇺ!


木瓜。
500本ばかりの樹が分岐して、半円になって、一株をになし、
縁結び、子宝の樹として、400年を生きてきた。








👆👇ウン!  
お参り3分・・、同じ狐様を見つけることができなかった・・・。











👇敷地内の聖天宮日高社。








冠稲荷神社、ここの社殿には、
前原藤次郎、小倉弥八秀邦、飯田仙之助、
弥勒寺音次郎、音八親子の、個々の作品の銘があり、
貴重な資料になっていて、
花輪彫刻師達の組織図の裏付けに、
花を添えています。


元気です、また明日。







コメント

河童、狐を数えて白黒の眼。太田市の白狐社。

2020-01-19 21:34:26 | 関口文治郎/神社仏閣


16日、太田市に滞在していた河童が、撮ったのは、
30分ばかりの夕焼けに朱の色調に映える、
冠稲荷神社。
3月頃になると、樹齢400年の木瓜の花が・・、
煎じて飲めば子宝に恵まれると、云われる木瓜の周りに、
多くの参拝者の願い札が結ばれています。

河童の願いは、早く仕事を終え、
少しの休みが取れたら、
あちらに、こちらに、一升徳利、
藁で編んだ紐をひょいと肩にかけ、
散歩に出かけましょう!
弥勒寺音次郎さんが刻んだ、本殿、
次回に・・・。













一日一匹ずつ、コーンと鳴いたら、
何年かかるのでしょう!

コン!















コメント (4)

河童 太田市・冠稲荷神社を散歩

2020-01-17 06:26:11 | 関口文治郎/神社仏閣


河童。取り急ぎの要件、
投稿記事を借りて・・・。
体調不良を心配くださいました。
河童、口はへの字になってうなだれていますが、
元気です。
今日の夕刻は、13日からの投宿を切り上げ、
八王子に戻ります。









コメント (4)

お色直し真っ最中、榛名神社・・。

2020-01-14 18:06:47 | 関口文治郎/神社仏閣






















コメント

榛名神社に渾身の気迫。(2-1)

2020-01-12 17:10:34 | 関口文治郎/神社仏閣

仕事の合間の日、春の陽ざしが欲しいと、
高尾山に降りそうな雲を眺める河童。

👆長い祈りは、賽銭箱から、後からの方のために、と、
移動して、手を合わせる姿は微動だにせず、

祈りの気迫が・・・。
軽井沢から榛名神社へです、と。

1731年、小さな村で生まれた、彫刻師。
神道流で武術にたけ、
護身法印相の免許皆伝を持ち、
山賊さえ、後ずさりしたという、彫刻家。
関口文治郎。
彫り物に鑿を入れる前は、必ず、
冷水で禊をしてからのルーティンを欠かさず、
生涯、孤高にして、人々の生活をも、
目に焼き付けた彫刻師。

自然災害に困窮して、神頼み「祈り」に、
日参する人たちに、神社の彫刻も、
救いのひとつと、渾身の思いをかけ、彫る男。
「孝」を持つて、「世」とばかり、
中国の故事を彫った。

群馬県榛名神社。
すでに、1500年の歴史を持つ、神社。
1806年、拝殿、幣殿、本殿が、創建される。
長いこと、埼玉三峰神社と行き来しながら、
建築にも関わった、彫刻師・関口文治郎。

そして、文治郎がかかわった彫物に、
氏子たちが用意したた金子を
そっくり、返して、
困窮する村人への、最高のプレゼント。
翌、1807年、黒保根村の上田沢で77歳を閉じます。


































関口文治郎の彫刻が、1700年後半から、明治の初めまで、
北関東の寺社彫刻を手掛ける人たちに、
さらに、大きな影響を与えました。

コメント (7)

文治郎、最後は「岩井堂」

2020-01-08 23:03:03 | 関口文治郎/神社仏閣

雨上がり、
ベランダから,碧い丘陵の稜線を見ている河童。


幻に終わるのか、訪れたかった社。
「岩井堂」
1962年群馬県の彫刻師、
「関口文治郎」が、31歳の時に彫った神社。
榛名山の南の麓、
こじんまりした岩山を一部くりぬいて、
陽が射す小高いところに朱の屋根。
地元・渡良瀬川田沢の、
医光寺の欄間や、
妻沼の聖天院を手掛けた人物とは思えない程質素。

文治郎さんの手掛けた彫物の最後は、
くしくも、文治郎さんの奈良県生駒市に住む、
子孫が書いた冊子の一行で、訪れた場所。

河童、日当たりのいい場所で、
持参したむすびを頬ばり、

258年前、半纏姿の、
「彫物師・人間・関口文治郎」を心の中に、

スケッチした一時間余・・・。





























👇扉の中には、文治郎さんが彫った、
観音様が・・・?

開けてみたい!



















コメント (6)

見つけられなかった、神社を訪ねて、榛名・平井堂

2020-01-07 09:42:33 | 関口文治郎/神社仏閣

👆 榛名湖、日暮れの湖畔道路はアイスバーン。
今季初めての路面に、湖に落ちないようにと・・・。

花輪彫刻集団、私が選んだ「関口文治郎」が、
榛名山の麓へ赴いたて彫った、「平井堂」
ここ👇の神社までたどり着くまで3年かかりました。
住所が曖昧で、幾度足を運んだか・・・。
これで「関口文治郎」が手掛けた寺社の彫刻の拝観は、
すべて済みましたが、
直接、文治郎さんが彫ったかを、見極めることは、
まず、私にムリ・・・・。
できれば、文治郎人間のほかに、彫った作品を見極める作業・・・・、
う~ん・・・やっぱり無理、無理 ,ム~リ

河童の散歩・昨日は高崎市に泊まり、
今日は、星野甚右衛門さんとお父さん、
政八さんの墓参りをし、早めに帰宅します。

👇平井堂・平井堂の土手に咲いてた  ❛ 花 ❜












👇榛名湖の稜線






コメント

 群馬県川場村。武尊神社・胡粉下地。

2020-01-06 08:23:51 | 関口文治郎/神社仏閣


八王子今日も晴れてるけど、明日からは雨が降るという。
我が家の河童、4日からの仕事で、
頭の皿の水がもう蒸発しかけています。
たつた2日の仕事で悲鳴。
「俺も年取った」

👆この彫刻の作者が判った「武尊神社」
大工        群馬郡荒井村の人で、松岡出雲正、他二名。
彫刻師  花輪村の星野甚右衛門
石屋  茂吉
屋根屋  伝七
長押金具 鍛冶佐吉
天井絵 法眼探雲

ただ、1804年に完成した時、
彫刻師 星野甚右衛門は、25~26歳の頃。
桐生の延命寺の欄間も完成させているので、
資料の出所がどこか判らないので、
胸を張って、星野さんの彫物とは言い切れない。

星野甚右衛門さん、
親父の名は、星野政八さん。
政八さんは、
関口文治郎の元で、関東では、三峰神社や、
昭和村の「千賀戸神社」
足を延ばして、長野県伊奈町の「熱田神社」を手掛け、
文治郎さんは腕を買っていたよう。

星野甚右衛門さんの本名は「星野慶助」
慶助さんは、絵も上手く「星野東渓」の名で、
子孫の方が画集も作り保存をしている。
群馬県・渡良瀬川、花輪近く萩原村で、オギャアと産声。













塗りは胡粉下地に彩色の、
色落ちしたところが、なんとも言えません。














👆深雲を探幽と間違え、
行年八〇歳の墨書に思考回路は、
泥沼に敷かれた線路。外れっ放し。
気づいたのは昨日。
👇作者の狩野法眼(ほうげん)探雲は、
甘楽郡野上村(現群馬県富岡市)の生まれで、
本名・佐藤守照。
江戸に出て狩野派に学び、
江戸城西の丸普請の際には障壁画の製作に従事したという。
晩年は七日市藩の御用絵師を勤め、
世に「上野(こうずけ)探雲」と称され、
1812年、88才の長寿を全う。

法眼探幽は何しろ1600年代の方ですから・・・。









土台が朽ちかけ、少し傾き、
保存の手入れが、待たれます。

群馬県川場村、

コメント (6)

河童の散歩 川場村・武尊神社

2020-01-03 23:04:56 | 関口文治郎/神社仏閣

3日が帰省ラッシュというのに、我が家の河童、
2日の大学駅伝を見た後、声をかけてもナンチャラ。
あくびをし乍らパソコンと、格闘した後、
画面に残っていたのは、ホテルから、
「ご予約有難うございます」
ラッシュで帰りは大変だというのに、
何を考えているんだか!

ホテルで、
わずかなビールとわずかな日本酒飲んで、
酒豪は昔の河童、今朝はしっかり二日酔い。

覚まして
群馬県川場村「武尊神社」でお参り。
お参りの神社は👇こんな、
堂風で、色落ちした彫刻と、天井画がありました。
詳しいことが判らず、写真だけ・・・です。













コメント (4)

2020年河童、挨拶申し上げます。

2020-01-01 09:03:51 | Extra






コメント (6)