春. 夏. 秋. 冬. 河童の散歩

飲み過ぎ、丸太から滑った
徳利、背中の与太郎河童
花見の色香に、プハァ~川から顔出し
キョロ、きょろきょろ!

投稿を自粛いたします。

2020-05-28 22:28:40 | Extra

仕事で沢山の助言を頂いて、
パートナーとして、
忌憚のない発言に、こころを揺るがす、
仕事を離れて、友人と呼べる55歳の知人が、
昨日コンビニで倒れ、搬送されて入院し、
当初情報では日射病ではないかと、
言われましたが、
対応の言語が正常に発せられない症状になったと。

本人には会えない状況で、
詳しいことが、わかりません。
救いは、生死にかかわる重症でないとのこと。
生きてさえいれば・・・・。

私事、恐縮ですが数日の間、投稿を自粛いたします。





コメント (12)

ささやかな願い、シラビソの原生林を抜けて・・。

2020-05-26 22:34:32 | 山に登れば

都庁の窓の灯りが、
レインボーブリッチが赤くならないように、
願い乍ら八王子、
草むしりが済んだところにまた草が・・・。
ぱっと生活委縮が晴れた今日、
植物の生命力はここで休んでもらって、
草刈りを半日ばかり・・・。

昨年、大雨、雷雨注意報で、
途中で断念した山登り、今年は、
決行出来たらと、ファイルを覗いて、
朝日岳シラビソの原生林を抜け、
金峰山の五丈岩の先端まで行ってみたい。
私のささやかな、今年後半、叶えたい願いです。

















👇 オオシラビソ











朝日岳
シラビソの原生林 
 ♪ Me Olvide De Vivir
👇 2019.9.10



コメント (5)

足かせ鎖をちぎって、奥多摩湖一周の散歩。

2020-05-24 23:12:41 | 散歩

都内が少し解放される。
盆の窪、孫の手で、ポン・・2度叩いて、
思い付き、奥多摩湖まで。
どこの公営駐車場も闖入者をふさぐ、鉄壁の守り。
ツーリングの爆音が山あいのあちこちから聞こえ、
白バイは、切符切りで、取り締まりどころか、
事務員に早変わり。
太陽に涼しい風に吹かれ、
白バイの餌食になって、
うな垂れ現場を見たのが4ヶ所。

昼は蕎麦と決めて・・・甘かった。
飲食店はどこも休業で、客用駐車場には、
ビールケースが積まれ、トイレさえままならない。
男一人旅?でよかった!
結局、ただ車に乗りっぱなし。

👇 奥多摩湖、浮橋の向こうの三頭山。




👆 湖を一周し、三頭山まで登り、檜原村に抜けていきます。
👇 下り途中の神社で、お参りし、







👇  数馬の里まで。
ここは武田信玄さんの娘さんが、
いとこの幼い子2人を連れて、
敵の目を欺くために、
今の松姫峠から少し遠回りして立ち寄った辺り。
茅葺屋根は宿で、日帰り温泉も、
楽しめます。




















順調に行っても、7月頃までは、
規制はあるのでしょうが、とりあえず、
運動靴の感触に 👇


奥多摩湖 

19秒の気勢の掛け声









コメント

伊豆高原ステンドグラス美術館・馬あぶ

2020-05-22 20:57:41 | 散歩

髪が伸びた、定例会見の小池首長さんの、
規制緩和の3段階のステップを聞いて、
なんとなく納得してしまいましたが、
順調にいっても、
コロナ退治の勝利乾杯は、まだ先・・・と・・・。
でも不思議、日本は人が歩いていても、
感染者がべらぼうに増えなかったのが。

無鉄砲なガキ大将が、こんだけおとなしく、
世間のマナーを守っていることに、
もう駄目だ、ガキ大将の肩書は、
そろそろ捨てなくてはならない。


ベラルーシでは、
まだ900人以上の患者が以上毎日、
出ているというのに!

👆👇 

引っ張り出した投稿記事の花は、
鎌倉建長寺の芍薬で、

今は役割を終えていることでしょう!
夏目漱石さんが
友人正岡子規さんに対抗して作った俳句、
鐘つけば銀杏散るなり建長寺

ウン、鐘はやはり柿が似合う。






静岡県伊東市川奈の、
伊豆高原ステンドグラス美術館、
1800年代のステンドグラスが、
約300点、ソファーで休み、
イタリア料理を堪能して、
時間を過ごすのも、
いいかもしれません。


  伊豆高原ステンドグラス美術館 ~ 
♪ 馬あぶ


👆  2020.2.1



コメント

静かな水の物語、ターシャ・テューダー。

2020-05-20 22:56:19 | 魅せられた!


牙をむき、槍を持って、襲つた、
犠牲者が、今日も出なかつたとはいえ、
街灯に照らされる、まばらな人影に、
元の街が戻るのだろうか、と・・。
写真を撮るのも、知人宅の庭が限度、だけど、
今は、それでいい!
明日、あさっては、雨模様です。
目覚まし時計、明日も鳴らない!



 Tasha Tudor ~
ターシャ・テューダ
1915.8.28 - 2008.6.18

子育てを終えた絵本作家が、56歳、
アメリカ北部の広大な土地に、

美しい花の庭をつくり、
花に{忙しくて心が迷子になってない?}と、
お茶を飲みながら、語り掛ける。
ドキュメンタリー映画監督、
松谷光絵さんの、

10年間の記録、

♪ ターシャ・テューダーの静かな水の物語 ♬
ターシャ92年の軌跡。


































コメント (4)

予期せぬ出来事 / アルハンブラの思い出

2020-05-18 21:26:03 | 音楽


3月27日からの自粛、
人は刺激がなければ、
時間があっという間に過ぎてしまう、と、
脳学者が示すように、
50日余の長い間、何をしてたかの記憶が、
とんと浮かんできません。
その反動でしょうか、昨日。
知人宅を訪れた後、八王子の駅に着いたとたん、
何を間違えたか、書店に入ってしまい・・・
大変です。爆買い。
半分以上は完読はしない書籍、
ひょっとすると、
埃のまま積み重ねられかもしれません。
この行動が、小雨、今夜の八王子、
微妙にこびりつき、脳を刺激しています。










 
塚 越 慎 子さん
 村 治 佳 織さん 
 山 宮 る り 子さん
世界を架け続ける、三人の奏者が、
奏でる

~ アルハンブラ思い出 ~ 
フランシスコ・タレガ 作曲

イスラム教徒に支配されていたスペイン、
国土回復に対抗したキリスト教徒が、
各地にあったイスラム王朝を、
国外に追放した最後のスペイン・グラナダの宮殿。
アルファンブラ宮殿。
最後のイスラム王朝が、
地上の楽園と言われた、
赤い漆喰の宮殿。
最後のイスラム王朝の王が落城して
見上げて、涙したのが1492年。
250年余のイスラム王国が、
スペインから消えた日。

1852年生まれの、
ギター奏者で、作曲家の
フランシスコ・タレガは、
宮殿にはよく訪れたといいます。












コメント (2)

苧環の、向こうに私の花?

2020-05-16 21:28:28 | Extra

紫の苧環、紫に限らず好きな花です。
花に注目をする前、素通りしていたころから、
苧環の花を見ると、名も知らなかった、この花の前で、
つッと、足を停め眺めていた、

記憶がつと、よぎります。
5月14日、紫の苧環が誕生花と知ったのは、
ごく最近。
「あなたの花ですよ」と・・・。
足を止めた記憶を紐解き、相槌は返さなかった。

私の花は・・・?
ビジョン・フリーゼの
樹里と、
マルチーズの
もも
17年余、空に見え隠れする、
一本足の👇だと思ってたけど・・・!
ウン!・・・う~ん?





コロナ騒ぎ、土曜日の八王子は、
自家用車が、途切れなくなって、
明日は、いい天気。

7月までは、気は緩めないと都内の規制ですが、

少しだけ、ほんの少しだけ・・・、
黄色い西洋オダマキを撮る機会を・・。

日本原産、ミヤマオダマキ。















コメント (2)

出羽三山神社・一億の祈り、にブルーポピー、コマクサ。

2020-05-14 23:26:00 | 散歩


都内はスティー・ホーム。
ヒマラヤの青いケシも、
コマクサも、海蘭も、厳しい環境で、
美しく、可憐に、陽を浴びてる。









村治佳織さん、
2011年、右手後骨間神経麻痺
2013年、舌腫瘍に罹患し、
谷川公子(koko)さんは、
2008年乳癌を発症し、食事療法で、克服した、
ピアニストで作曲家。
共に苦境から、東洋的な感性を透明感で、表現し、
村治さんとユニットを組み、
東日本大震災の被害者の方の鎮魂と、復興に
「一億の祈り」を作曲し、村治さんがギターを弾いた。

出羽三山神社、一億の祈り・村治佳織さん


2019.9.1











コメント (4)

腿に清流の聖滝、奥多摩川苔山。

2020-05-12 21:28:07 | 散歩



新聞地方版の小さい記事、
八王子の、飲食店の店主たちが道の駅に下す、
農家の食材を使って、
自粛で疲弊した人たちの舌を喜ばせているという。
それぞれ個人の店での
創意工夫のニュースは見るのですが、
店主たちが集まって、というところがいいですね!




奥多摩、日原街道の登山口から、川苔山の
沢登りをしなければ、見られない聖滝、
昔、戦いに敗れた落人が敵の目に映らないように、
選ぶのは川登り。
落人ではないけど、沢の清流が、
身を引き締める、を感じると、
落ち武者の、男の意気に燃えてきます。













沢の景色が変わり始め、
白妙・・石灰岩の岩肌が周りをめぐらします。








2018年、5月初め、下半身ずぶぬれに、
歯と歯がカチカチ。
川苔山、山頂はまだまだ先も、
聖滝、この日の目標地はここでした。








👇川苔山、山登り腿まで水に浸らなければ、
見ることが出来ない一枚。
だから、登山口の看板には、

聖滝の案内がありません。
あってもいいのに・・・





今年は登りたいリストに載せていた、
川苔山(1363m)中腹の聖滝です。




コメント

寶登山神社。巨犬が大和武尊を救った。

2020-05-10 19:02:09 | 関口文治郎/神社仏閣


散歩するにも、
運動するにも、仲間と会食するにも、
爽やかに晴れている八王子です。
日毎少なくなる都内の感染者ですが、
すんなり喜んでいいか、
コロナの性質を肝に命じなさい、と、
諭されると、じくじたる思い、
眉に立皺、口はへの字になります、が、
頭のてっぺんでは、やたらあちこちの景色が、
やんわりと浮かんで来てるわけです。

2018年、埼玉県長瀞渓谷にある、
宝登山に登り神社を見物していました。








平成21年極彩色に塗り替えられ、
彫物師の鑿裁きは、塗料の迫力に押されました。
不思議です、きれいになると、歴史の重さが、
チョット薄れる。








秩父神社、三峰神社に並ぶ、秩父社で、
いづれも、極彩色に装飾を施し、観光客を楽しませています。
社殿創建の歴史は、1847年で、
熊谷の飯田仙之助さんの息子、
飯田岩次郎さんが手掛けた彫刻。



右下の墨書は、額を彫っていただくための、
スポンサーの名前です。
神社創設の費用に、大分苦心したとも聞きました。

大和武尊が三峰神社から碓氷峠に行く途中、
山頂付近で火事に遭い沢山の巨犬が火を消し止め、
武尊を、救った伝説、

山頂に三柱の神を祀ったのが鎮座の始まりですと・・。
今の寶登山の地名はかつて、

♫ 火止山・ほどさん  ♪ と呼ばれていたようです。

👇神様の使い「御眷属・ごけんぞく」と、
呼ばれる巨犬・・。


































コメント (2)

トムがネズミ取り必勝法の本を買った。

2020-05-08 22:49:36 | Extra






自粛で住んでいる集合住宅、
かつてないゴミが収拾プレハブにあふれています。
朝、整理中の管理のおばさんが、
ぼやく。
『ネズミが喜びま〜す』
思わずごみ袋、背に回して車で、

近くの、眼科医院まで同乗させてしまった。

34年前、1986年
ウクライナの原子力発電所事故で、
放射性物質が流出し、
今は完全に人のいない町になったチョルノーブイリ。
国境まで30キロ余り、

隣国、報道されないベラルーシでは7日1日で913人が、
コロナ感染者が出て、
すでに2万人が被害に遭っているという。
しかも、消費者心理が委縮しているのに、
国は、集客をし、利益を上げ、
税金を通常以上に計上せよと、
自粛規制などしかないのだという。

ロシアのアーテイストはベラルーシの、
コロナ感染の動画をおもしろく、おかしく、
配信し始めているという。
そのロシアも、
一日1万人を超える感染者がいるというのに。

日本では、ようやく雀の涙ほど、
支援金が出るようには、なった。
感染者も少なくなった、
薬の認可も早くなりそう。
八王子の町に人が出始めたという。

副作用はせいぜい眩暈位の軽度で済む、
精度の薬は、いつ出回るだろうか。
委縮生活から解放され浮かれるのは、
まだ、先と肝に命じ今日の夜景も、
ベランダで、ほほ杖!



~ トムとジェリーの ネズミ取り必勝法 ~














コメント (2)

イタリア・日暮れの医療戦士に!

2020-05-07 12:49:29 | Extra







伏せた目に心を奪われ、
手を取り走る日もあった。
手が離れて、寡黙の日々を送ったこともあった。
言葉の知らない私にも、
判る何かが、あるとすれば、

9か月の時を経て、
苦難の日々を送る人たちへの、
画像をページにした指先、

夕の6時、教会の塔が見える、
世界に発信した、

ビルの屋上から
テントで治療する医師たちへの、
メロディーが👇


無断で私のページを埋めること、
きっと、許して下さるだろう・・・と。





コメント (2)

登山者の消えた高尾山・輪島キリコ。

2020-05-05 19:55:45 | 散歩


群れから離れた、小象が、
17時間爆睡した、昨日、
今日は不思議、寝起きのふらつきが、
眼の奥の頭痛が、しっかり消えた。


八王子のコロナ感染は昨日(4日)で42人。
退院した方が24人と、少しは明るい数字なのに、
規制項目の、テレビを睨んだり、チャンネル変えたり、
日が昇る丘陵、雨雲を呼ぶ、
風に回る物干しハンガー、眼はあっちに、こっちに!


~ 登山者の消えた高尾山 ~
👇 2020・4・29


(特別に許可を得て一部、小型無人機で撮影)
【時事通信映像センター】

高尾山に人々が戻るまで、
今日は昨年4月のファイルに再び、
陽を当てさせていただきます。



地元の方たちが、こんな風は初めてだ、と、
語るほどの強風、
朝市出店の皆さん早々とテントをたたみ、
半島の裏、七尾まで、車を走らせるかを迷わせた日でした。

奥能登には800本が保存されている。
輪島キリコ。
180の地区で姿を見ることが出来、
荘厳な装飾の柱は、11mに、



今は、6メートルのキリコが、
能登各地で7月から9月半ばまで、
神輿の渡御に共をし道中を照らし、
夜を徹して町内を練り歩きます。

見物したことがありません。
今年は見物できるのでしょうか!
































コメント (2)

ランプに灯が点るなら。妻篭宿木曽路。

2020-05-03 21:55:39 | 散歩

明日の,制限緩和が出る地域が、
さらに緩和されて、町の空気を喫えるなら、
5月末まで伸びた特定警戒地域の八王子に住む、
私たち、自宅に籠るのも、あとわずかと、
国の発信の心に巣くった疑心暗鬼のひとかけら、
消えていたランプに、
摺ったマッチの炎がゆらゆら・・・と・・。
マッチがただ、燃え尽きませんように・・!

👇1700年代のドイツ張りの建物を、
明治百年記念事業で、
解体修復された、妻篭宿。
江戸後期、
東海道の河川の氾濫を避けて通れる利便も、
険しい山道、冬は厳しく、
雪の中、通行困難な木曽路、
31軒の旅籠に400名近くが住でいた。












































見学 2020.3.25 でした。




コメント (4)

Wanted こんな、いとこ。

2020-05-01 21:01:43 | 散歩


八王子で軽感染者が宿泊するホテルで、
ロボットが対応する。
気落ちした患者の救いは、
不安の表情表現で声をかけてくれる、
一言。
ベットに看護師の白衣が、揺れる様子が、
カーテンを開ける手の動きが、
巡回の懐中電灯の明かりが、
患者の心をときめかすのに・・・。

私がコロナに感染したら、
橋の欄干にしがみついて、
橋の下にテントを張って、ここでいい〜。

👇給油スタンドから、遠回り、
久しぶりにシャッターを押した、

ハナミズキの小川。
かいか~ン!







こんな👇いとこの助っ人が欲しい
100人いたら
コロナが星屑になる

~ トムとジェリー ~
ごきげんな、いとこ












コメント (4)