稲村亭日乗

京都の渓流を中心にルアーでトラウトを釣り歩いています

増水でイワナの谷を目指したが

2018年09月19日 | トラウト
 長雨のあとの笙の川水系。

「ひょっとして・・・」とワクワクする思いで、イワナの谷へ。

 いつもは水の少ない谷、今日は違う。

      

 数投目で早速いいイワナ。

     
       ( あやうく網から飛び出しそうになったが・・・)

「予想はあたった!」
 と思ったが、あとは全然。

 やむなく、別の谷へ。

 こちらも水位が高く、いかにも出そう。

     

 ここでも数投目で体高のある1匹。

     
        ( シッポの朱色があざやか )

 けれども9月半ばの悲しさ。

 ルアーを追うヤマメの姿は少ない。

 護岸沿いのまっすぐな瀬。
 実績はないけれど、今日は水かさが高く、流れは速い。

 ルアーを流すと重い手ごたえ。

 今日一番の24cm。

     

 このクラス、下唇の厚さがたくましい。

 昨年の台風で渓相はずいぶん変わったが、ヤマメたちは健在。

     

 遊漁期もあと半月ほど。

 姿を見せなくなるヤマメたちだが、もうしばらく楽しみたい。

 本日 水温 17℃
     イワナ 1匹   (22cm)
     ヤマメ 5匹(16~24cm)
 
コメント

台風の爪痕きびしい渓谷にて

2018年09月17日 | トラウト
 午後から賀茂川水系へ。

 あまり人の入らないところを選んで入渓。

 一面砂利底で、川幅の広がったゆるやかなところ。

 今日はいつもと違って流れが速い。

     

 こんなところ、アマゴはまずいない。
 と思ったら、思い込みに反して手元にモゾモゾ。

     

 黒っぽいアマゴ。

 増水でこんなところにいるんやとびっくり。

 さらに前進し、いつもより深くなった瀬にルアーを投げ込む。

 数は少ないものの、ルアーを追う一瞬のきらめきが幾度か。

 ばらしが多いのは活性が悪いということなのか?

 さらに進むと杉の倒木。

     

 この杉に流木が山のようにかぶさっている。

 右から、左からと通り抜けを試みたがやっぱり無理。

 ここは両岸に道がないところ、やむなく断念。

 夜になって釣友 森さんからのメール。
 
 笙の川水系に入ったが、
「秋の準備に入ったか。ここぞと思うポイントも留守ばかり」
 とあった。

 いずこも同じようだ。

     

 本日 水温 18℃
     アマゴ 3匹(18~22cm)
コメント

すがすがしい会見 「私は私」

2018年09月14日 | 日々
 13日、大坂なおみさんが日本に到着。

 注目の記者会見で
「御自身のアイデンティティーをどう考えるか?」の質問。

「私はあまり自分のアイデンティティーについては考えません。
 私は私。・・・」と。

   

 周知のとおり、彼女は父親がハイチ人で母親が日本人。

 日本国籍というのは知られていたが、実際、
彼女の帰属意識はどうなのだろう?というのもひとつの関心事。

 が、彼女のこの答。

 そんなことは大事なことじゃない、
とにかく自分のテニスの道を・・・ということのようだ。

 実にさわやかですがすがしい。

 多くの競技者たちが背負い込まされがちな重圧から自由なことが。

 競技者たるもの、かくてこそ。
 
コメント

賀茂川水系 増水ながら影うすく

2018年09月12日 | トラウト
 先日の長雨で賀茂川水系は増水。

 どんなものか?と午後から偵察。

     

 渓谷はひんやり。
 先日までの暑さはもうない。

 水温もグンと下がった。

 さて、釣り始めたがルアーを追う影はなし。

 ようやく釣れたのはミニアマゴ。

     
       (頭を隠して出てこない)

 その後も状況は変わらず。

 京都市近郊の川ゆえ、かなり釣られてしまったか?
 
 それとも季節のなせるわざか?

 雨が降り始め、納竿。

 本日 水温 17℃
     アマゴ 2匹(10~16cm) 

 
コメント

長い停電にみまわれ

2018年09月06日 | 日々
 今季最強と言われた台風21号が去った。

 当日、最近ではあまり経験しなかったような強い風。

 15時頃、ついに停電となってしまった。

 いつもなら一時間程度で復電するが、二時間、三時間・・・。

 困るのはぼくの家では停電になると水道も使えなくなること。
 幸い、水の汲み置きはしていたが。

 イライラがつのり、「関電は何をやってるのか!」
 と復電の見通しについて電話をかけてみたが
「ただいま込み合って・・・」とつながらず。

 さすが、夜になって寝るしかない。

 遠くからチェーン・ソウの音。

 関電が電線に倒れかかった木を切っているようだ。

 またまた強い雨。
「ごくろうさんやなあ」とさすがにねぎらいの気持ち。

 そうして復電したのは翌朝の6時頃。

 なんと15時間近く。
 こんな長い停電は初めての経験だ。

 明けて、滋賀県方面に向けて車で走った。

 すると道路沿いの電線には、いたるところで倒木がもたれかかっている。

     

 なるほど、今回の台風、普通じゃなかったのだ。
 復電に時間がかかったことにも納得。

 作業にあたられた方々、お疲れ様です。

 それにしても電気が使えるということ、ありがたい。
コメント

夏の終わり 青い空と白い雲を見た日

2018年09月03日 | トラウト
 台風の前に笙の川水系へ。

 今日も暑いが、あの大暑のころのような息苦しさはもうない。

 ふと空を・・・。
 こんな青々した空を見るのは久しぶりだ。

      

 白い雲との対照の鮮やかさにしばらく見とれてしまった。

 子どもの頃、こんな空の下でクマゼミを追った日々がよみがえる。

 さて、今日の笙の川水系。

 活発ながら、やはり小さい。

 それでも17cmが出た。

     

 最近では記録モノ。

 ところが、支流との合流点付近、深さ20cmくらいの瀬。

 久々に重い!大きい!

 バレてくれるなと念じつつ慎重に網へ。

 取り込んだのは27cm。

     

 もうサビが出ている。

 この悪条件でもオルんや!と驚き。

 そのすぐ上流ではイワナ君も。

     

 今日は久々に満たされて納竿。

 帰る途中、護岸の修復工事が終わったと聞く杉箸地区に立ち寄った。

 以前はいい釣り場だったが、今は悲しいほどに平坦な長い瀬。

     

 釣りに入ろうなどという気はとても起こらない。

 地元の農家のおじさんと立ち話。
「いやあ、これでも川底の土砂を追加撤去したとこですよ。
 まだ川底はだいぶ高いけどね」

 豊かだった渓相は戻るのだろうか?

     

 また台風がやってくる。
 災害が起こらなければよいのだが・・・。

 本日 水温 21℃
     ヤマメ 13匹(13~27cm)
     イワナ  1匹(18cm) 
コメント (6)

ツクツクボウシが主役の渓谷

2018年08月30日 | トラウト
 今日もダメもとで笙の川水系へ。

 渓谷をさかのぼったが予想どおりシブい。

 かなり上流部に入ったところで小さいのがやっとポツポツ。

     

 雨が降ったようで、川岸はしっとりしているが水位は変わらず。

 堰堤にたどりついたところでひと思案。

 時間が早いし足を延ばすか!

 と決断し、何年ぶりかの源流部へ。

 水は少ないものの、ややマシなのが活発。

     

 もっとも成魚クラスの影はまったく見えない。

 しばらく上がると、もう流れはか細く。

 水量が回復したらまた来ようと断念。

 気が付くと、ヒグラシの声はもう聞こえない。

     

 ミンミンゼミとツクツクボウシの一騎打ちのような森の渓谷。

 それでも主役はツクツクボウシの感。

 トラウトの季節ももう終盤。

 さびしいね。

 本日 水温 22℃
     アマゴ・ヤマメ 9匹(11~16cm)
コメント

菅井きんさん逝く 併せて俳優像の虚実について

2018年08月28日 | 日々
 俳優 菅井きんさんが逝った。

 映画やテレビの脇役でよく見かけたが、どこにでもいるおばさんの風貌。
 その親しみやすい雰囲気、ぼくは大ファンだった。

 きんさんが若いころ、女優になりたいと父親に相談すると
「女優とは美しい女性がなるものだ」と猛反対されたとか。

 その後、脇役として俳優の座を確立するには自身の並々ならぬ努力があったはず。

 人気をはくした必殺シリーズの「ムコ殿!」のセリフや演技にも
きんさんの熟慮と工夫があったらしい。

     

 このイビリ役は当たったが、
きんさんの娘さんの実際の縁談では支障があったそうだ。

 相手方の親から「お母様があんな方では・・・ねえ」と。

 きんさん、このときばかりはあのドラマからの降板も考えたというからおもしろい。

 いや、考えるにぼくらが俳優に抱くイメージというもの、多分にその役柄に重なる。

 いつだったか、
韓国で悪役を演じた女優に猛烈な抗議やいやがらせが殺到したことが話題になった。

 そこまでいかなくとも、映画やドラマで紳士、淑女~悪役、
それぞれを演じる俳優というもの、元々私生活でもそういう人柄なのだと
知らず知らずのうちに錯覚してしまうのはよくあること。

 きんさんの逸話は、銀幕に映るのは虚像なのだ
というあたりまえのことを改めて教えてくれる。

     

 それはともかく、楽しませてくれたきんさんの御冥福をお祈りしたい。

 昭和がまたひとつ遠くなった。
 
コメント

笙の川水系 台風去って

2018年08月26日 | トラウト
 台風が去り、渓流はよみがえったか?と訪問。

 しかし、最初の数投。

 まったく反応なし。

 あまり降らなかったとみえ、水量は増えていない。

     

 そこから釣り上がったが、たまに小ヤマメが追ってくるだけ。

 水温を計ると23℃。

 これはきびしい。

 やっと小さいのが1匹。

     

 さすがに今日も暑い。

 日陰に入るとホッとする。

 開けたところなどでは、ルアーを投げている場合ではない。

 日陰に向かって逃げるように上がらなければならない。

 さすがに3週間ぶりの川歩きはこたえる。

 今日は早めの納竿。

     

 本日 水温 23℃
     ヤマメ 4匹(12~16cm) 
コメント

サイゴン陥落から四十年あまりが過ぎて

2018年08月24日 | 日々
 写真家 沢田教一展(大阪 高島屋)の広告が新聞に。

 沢田教一さんといえば、ベトナム戦争を撮り、
「安全への逃避」でピュリッツアー賞をとった人だ。

 なぜ今?と思ったが、またとない機会!と、とりあえず出かけてみた。

 京都からなんばまでの電車にゆられつつ思い出すのは、
アメリカのベトナム介入に抗議した過ぎし日のデモや集会のことなど。

 戦争は拡大し、長引き、
果たしてこの戦争には終わりがあるのだろうかとさえ感じたものだった。

 75年、サイゴンが陥落したときにはうれしくも信じられなかったほどだ。

 あれからもう四十年以上の歳月。

 さて、高島屋の会場に入る。
  
     

 やっぱり!と思ったのは杖をついた人、白髪の人など年輩者が目立ったこと。

 ぼくと同じような思いで会場に足を運んだ人も少なくないはずだ。
 そう思うと見知らぬ人にも声をかけてみたくなってしまったほどだ。

 展示写真は多岐にわたるが、
あの「安全への逃避」に代表される逃げ惑う民衆の姿が痛々しい。

 大人も子どもも多くの無辜の人々が傷つき、そして死んでいった戦争だった。

 もうひとつの写真。

 大柄の二人の米兵に両脇を固められて連行される小さなベトナム人兵士。
 目隠しをされ、足はもつれているかに見える。

 しばしば大国アメリカをゾウに、そして小国ベトナムをアリにたとえられた戦争。

 それを象徴するかのようなその写真がとても印象的だった。
 (インターネットの「沢田教一の画像」参照)

 膨大な犠牲が何層にも重ねられた末に、とにもかくにもベトナム人自身による
国の統治が実現したことにぼくは改めて敬意を表したい。
 
 亡き沢田さんの妻 サタさんの
「この平和なベトナムの姿を夫に見せてやりたかった」という思い。

 この国の歩んだ長い苦難の歴史と併せ、思わず目頭が熱くなってしまった。

     

 
 追記
 新しいベトナムは必ずしも自由で民主的な国とは言い難いものの、
それはまた次の課題として受け止めるしかないとぼくは考えている。
コメント