早起き鳥 

【未明混沌】今日も必ずお元気で…!

rakuten

念ずれば花開く

2011年03月31日 03時46分51秒 | 読書





苦しいとき

母がいつも口にしていた

このことばを

わたしもいつのころからか

となえるようになった

そうしてそのたび

わたしの花がふしぎと

ひとつひとつ

ひらいていった

随筆集「みぐりあいのふしぎ」
著 坂村 真民










この母に捧げる詩は

真民先生の詩集

「赤い種」の中にある詩

そして先生のお母さんの

名前は「種」だそうだ

いかに先生がお母さんに対して

深い敬愛の気持ちが

あったかが伝わってくる

どんなに苦しいこと、

かなしいことがあったとしても

それを喜びにかえていく

念ずればその想いは

叶うものである

念ずれば花開く…!

   早起き鳥







このたびの大地震、大津波で

被災された皆様、

心からお見舞いを申し上げます。

一日も早い復旧

元通りの暮らしが戻りますよう

お祈りしています。

    早起き鳥



がんばれ東北

がんばれ日本





人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



◆◆現在12位◆◆







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛すべき朴の木…!

2011年03月30日 03時49分31秒 | 読書





花おのずからにして咲き

道おのずからにして開く


ああ

わが愛する朴の木のごとく

あせらず

いそがず

この世を生きてゆかん

一つの道を貫きゆかん

守らせたまえ

導きたまえ

 随筆集「みぐりあいのふしぎ」
   著 坂村 真民










 朴の木とは
葉や花は大きく、香気があり、

材木としても利用されている
香りの良い葉は

朴葉味噌や食べ物を
包むのにも適している

字引には樹脂は消化不良や
下痢に効果があるとか

材木としては木目が細かく
柔らかで版木や鉛筆、

下駄の歯にも用いられているそうで
我々日本人の暮らしに

とてもなじみ深く広く山野に
自生する落葉高木である

まるで朴の木そのものが
人間のようである

朴の木のごとく
あせらず、いそがず

この世を生きてゆかん
一つの道を貫きゆかん

   早起き鳥







このたびの大地震、大津波で

被災された皆様、

心からお見舞いを申し上げます。

一日も早い復旧

元通りの暮らしが戻りますよう

お祈りしています。

    早起き鳥



がんばれ東北

がんばれ日本





人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



◆◆現在12位◆◆







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素直に一途に…!

2011年03月29日 03時50分28秒 | 読書





狭くともいい

一すじであれ

どこまでも

掘りさげてゆけ

いつも澄んで

天の一角を

見つめろ


いじけるな

あるがままに

おのれの道を

素直に

一途に

歩け

 随筆集「みぐりあいのふしぎ」
   著 坂村 真民










真民先生のこの本を読んで、
詩ってなんと素晴らしいモノだと
改めて知った次第

詩を読んで、
自分の声が聞こえるように読んでみて

気づく、奥の深い情景
何とかして生きたい

そう願って祈る
真民先生の姿が目に浮かぶ

先生にはこの詩
というものがある

私には、素直に一途に、
歩けるのも

それを見つけて
こられも歩きつづけよう

    早起き鳥







このたびの大地震、大津波で

被災された皆様、

心からお見舞いを申し上げます。

一日も早い復旧

元通りの暮らしが戻りますよう

お祈りしています。

    早起き鳥



がんばれ東北

がんばれ日本





人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



◆◆現在12位◆◆







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タンポポ魂

2011年03月28日 02時55分22秒 | 読書





踏みにじられても

食いちぎられても

死にもしない

枯れもしない

その根強さ

そしてつねに

太陽に向かって咲く

その明るさ

私はそれを

わたしの魂とする

 随筆集「みぐりあいのふしぎ」
   著 坂村 真民










真民先生の覚悟と
生き様を強く感ずる

なかば盲目になり、
開腹手術寸前まで追い詰められ

地獄の鬼どもに
ひきづりまわされながらの

真民先生の半生
生きる力強さ、

そのすさまじい覚悟が
伝わってくる

さあ、気愛をいれて
頑張らなくては…!


がんばれ東北

がんばれ日本

    早起き鳥







このたびの大地震、大津波で

被災された皆様、

心からお見舞いを申し上げます。

一日も早い復旧

元通りの暮らしが戻りますよう

お祈りしています。

    早起き鳥








人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



◆◆現在12位◆◆







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

毎日もまれている海の石

2011年03月27日 04時02分49秒 | 読書




海の中の石たちは

みなまるくなろうとして

あんなに毎日もまれているのだ

わたしはそういう石の心が

いとしくて

まるい石を拾うては

手のひらであたため

ほめてやる

 随筆集「みぐりあいのふしぎ」
   著 坂村 真民










そのまるくなった海の石を
拾って手のひらに乗せた

真民先生の心が伝わってくる。
その石、まるで私自身のように思う。

今、幸せに思うの気持ちは
神様の手のひらで

暖めてもらっている、
そんな安堵感に
満ち足りているような気がする。

神様から褒めて
貰っているような気がする。

でも、まだまだ、角があって
丸くなっていない。

神様、お願いです。
もう一度海の中へ投げ入れて下さい。

次、神様に拾い上げて貰うときには
必ず、もっと丸くなってきます。

    早起き鳥







このたびの大地震、大津波で

被災された皆様、

心からお見舞いを申し上げます。

一日も早い復旧

元通りの暮らしが戻りますよう

お祈りしています。

    早起き鳥








人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



◆◆現在12位◆◆







コメント
この記事をはてなブックマークに追加