早起き鳥 

【未明混沌】今日も必ずお元気で…!

rakuten

「早起き鳥」卒業のごあいさつ...!

2018年06月16日 04時05分27秒 | コラム


2004年8月に産声をあげた「早起き鳥」も
14年もの長きにわたってご愛顧賜り、心から御礼申し上げます。

14年間の投稿のデータも膨大となり私のサーバーもパンク状態となり、
早起き鳥はこの投稿をもちまして卒業とさせていただきます。

この間、読者の皆様には本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
多くの読者の皆様があってこそ、ここまで続けてこられました。

休むことなく、毎日、早朝に
投稿することを習慣として頑張ってきたエネルギーを

これからは新しいサイトに引き継ぎ、
これからも日々コツコツと精進してまいります。

以前から温めていた「健康」「水泳」をキーワードとした
新しいサイトをこの度、立ち上げました。

読者の皆様、どうぞ新しい私のサイト「けんこう水泳」でまた
引き続きご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

新しいサイトはこちらから⇨ けんこう水泳

  2018年6月16日     早起き鳥



コメント

ストレスは脳を萎縮させる・・・

2018年06月15日 04時12分55秒 | 読書





「ストレス」もまた、

脳に大きく影響します。

人間は長期間にわたってストレスを受け続けたり、

強いストレスを受けたりすると

脳のさまざま部分、

特に「海馬」が萎縮することがわかっています。

これは、ストレスによって分泌される

コルチコイドという物質によるものです。

コルチコイドは、もともと、

ストレスの原因に立ち向かうために

血糖値などを上げる働きのものなのですが、

これが長期間に脳の中にたまると、

海馬に悪影響を及ぼすのです。


今ストレスを受けていると感じている人は、

30代、40代の働き盛りが一番多く、

その原因は「人間関係」が圧倒的、

そして「仕事の質」「仕事の量」

と続くと発表されています。


ストレスに比較的強いという人たちもいます。

一般に社長さんなどの経営者や

社会的に地位の高い人

また芸術家などは比較的ストレスの影響を

受けにくいとされています。



   生涯健康脳

           瀧 靖之 著




     








ストレスが脳いわゆる「海馬」に

影響を与え萎縮するリスクを抱えるとか

「ストレス」という言葉自体が

暗いニュアンスを持つ

本当にため息が出そう・・・


なんとかストレスに動じない

強いマインドを持ちたいものである

ストレスに強い人たち

ここでは社長さんなど経営者、

社会的地位の高い人、芸能人など

有名人があげられているが

考えてみたら普通のマインドの持ち主が

何度も何度も挫折を繰り返しながら

上り詰めてきた人たちなのだから

言ってみればストレスに

打ち勝ってきた人たちと言えなくもない


ストレスに打ち負けて挫折した人は

社長や有名人になれず

落ちこぼれて行ったのだろう

社長や有名人はその地位につく過程の中で

ストレスに対する抵抗力が

強くなっていった人達と言えそうだ


今、ストレスと感じることが、

来年にはストレスと感じなくなれるよう

経験を積めばいいのかもしれない

降りかかるストレス、

これ絶好のチャンスと捉え

果敢に立ち向かっていきたいもの


とは言え今ストレスと感じる最大の原因は

「人間関係」だとか

人間関係=ストレスと思うほど嫌なもの

心の通う人との出会いの少ない今の世

なんとも暗い気がする・・・


などと、暗い気持ちは捨てて

大いにどんな人ともお付き合いを深め

ストレスフリーへのトレーニング、

今日も頑張ろうではないか・・・



       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント

「糖尿病」「動脈硬化」「高血圧」と認知症

2018年06月14日 04時50分45秒 | 読書





認知症が増えている理由のひとつに

「糖尿病」を持つ人が増えてきていることがあげられます。

糖尿病では「インスリン」が不足するために、

「アミロイドベータたんぱく」が分解されずに

脳に蓄積しやすくなるからです。


糖尿病だからといって

必ず認知症になるわけではありませんが、

認知症を引き起こすリスクは高まります。

40代、50代で糖尿病を放置すると

将来認知症になる確率が2倍になると言われています。


また「動脈硬化」や「高血圧」

を放置することによっても、

認知症を発症するリスクが

高くなることがわかっています。

動脈硬化や高血圧が引き起こす認知症は

アルツハイマー型の次に多い脳血管性認知症です。

脳血管性認知症は脳梗塞や脳出血など

脳の血管障害がもとになって認知症を引き起こします。


   生涯健康脳

           瀧 靖之 著




     








「糖尿病」「動脈硬化」「高血圧」

と言えば生活習慣病・・・

現代の大きな問題である

今の便利・快適が生み出した病気

だと言えなくもない

僕だって主だった症状が出てないだけで

生活習慣病患者といっていい


そしてこの生活習慣病の先に

認知症があるということをしっかりと

認識しておきたい

アルツハイマー型の認知症が

段階を踏んで進行していくのでなく

脳血管の障害レベルが突然異変を起こし

認知症を引き起こしてしまう恐ろしさがある


ともかく今の生活習慣を少しでも改めて、

あまり食べないこと、あまり飲まないこと、

歩く程度の運動を毎日習慣づける

これくらいはやっておかないと

次の世代に申し訳がない!


なん億円もの資産を

残してあげられるならいざ知らず

ごく平凡なサラリーマンが残してあげられる

とすればせめて健康で往生することぐらい

今の生活習慣を改めねばと改めて痛感している



       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント

肥満は脳の大敵

2018年06月13日 03時37分14秒 | 読書





飲酒と並んで脳の萎縮を進める、

もう一つの大きな要因があります。

それは太り過ぎ、つまり「肥満」です。

ことに中年期の肥満は高齢期になってから

認知症のリスクを高めるという

報告が数多くされています。


私たち研究グループでは

生活習慣の中でおこる一つの要因として

肥満を取り上げ、

肥満の度合いとMRI画像で

脳の萎縮との関係を検証しました。

その結果、肥満度を表す

「BMI」の数値が高いほど、

海馬が顕著に萎縮していることがわかったのです。


ただ私たちの研究から、

興味深いことがわかっています。

それは、この肥満による脳の萎縮は

男性にしか見られないのです。



   生涯健康脳

           瀧 靖之 著




     








なんと肥満も「海馬」の萎縮をきたすとは

生活習慣病というどうしようもない慢性疾患は

とんでもない結果をもたらす

悪の根源であるようだ

現代を生きる者にとって

健康でいられるためにはこの生活習慣病を

克服するしか方法がなさそうである


それにしてもこの肥満による脳の萎縮は

男性だけだとはなんと不思議なこと...!

この本では女性は皮下脂肪型肥満なので

健康にはほとんど影響を及ぼさないが

男性の場合は圧倒的に内臓脂肪型肥満が多いので

この内臓脂肪が脳の大敵だとか・・・


僕の場合、BMIが25だから太り気味!

もっともっと体重を落とさねばならない

最近買った通信機能のついた体重計で

内臓脂肪を計測すると8

この数字がどういうものなのかネットで調べたら

「標準」ということでまずは安心


でも女性の場合を見ると60代でも6.5

男性の20代の内臓脂肪なのである

この男性と女性とは大きな肥満度の違いに驚いた

これからさらなるダイエットに頑張りたいと思う



       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント

飲酒は脳を萎縮させる・・・

2018年06月12日 05時03分16秒 | 読書





多くの方々の「脳のMRI画像」と

「生活習慣データ」の関係から、

脳の萎縮が進む原因がわかってきました。

そのひとつが「お酒の飲み方」です。

飲酒の習慣やその量が、

脳の萎縮に大きく関係することがわかったのです。

慢性アルコール中毒の患者さんの脳をMRI画像で見ると

脳の様々な部分に重度の萎縮が見られます。


アルコールの摂取量が多い人ほど、

脳に萎縮が見られ、

中でも「前頭前野」の領域が

萎縮していることがわかったのです。

「前頭前野」は高次認知機能を担う重要な領域です。

飲酒が、人間らしさをつかさどる前頭前野に

大きなダメージを与えることがわかったのです。


飲酒と脳の萎縮の関係のメカニズムは、

まだはっきりと解明されていませんが、

脳が萎縮しない目安の量というのは存在せず、

言えることはお酒は飲めば飲むだけ、脳は萎縮し、

飲まなければ飲まないほど萎縮しないということです。



   生涯健康脳

           瀧 靖之 著




     








飲酒の問題はイロイロと

自分としても反省すべきところが多い

飲んで、飲みつぶれて、

翌朝、何も覚えていないということの多かったこと・・・

そんな若い時を過ごしてきたから、

僕の脳も相当傷んでいることだろう

最近、特に忘れやすいのは

今までの飲酒のせいかもしれない


僕の酒は盗み酒とか、

肴なしで飲めるほどの呑助ではないし

最初の数杯はビールも美味しく感じる

が肴がなくなるとにがく感じるし、

一人のときなどに焼酎とか

ウヰスキーとかはとても飲めない

せいぜいワインまでである

そのワインも若い時は

1本空けても平気だったが、

最近ではワインのボトル半分も飲んだら、

相当の酩酊である


僕の酒もだんだん弱くなってきた

若い時はなんでもなかった酒の量も

加齢とともにその量も少なくなって

と何よりも、酒の量をもっともっと

減らすべきと自分ではわかっていても

なかなか、できないでいる

長年の生活習慣とは恐ろしいものである

もう65を過ぎたら酒を控えるのではなく

止めなくてはならないのかもしれない



       早起き鳥




人気ブログランキングに参加
読者の皆様のご支援に心から感謝申し上げます。



コメント