Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

私は御身を信じ、礼拝し、希望し、御身を愛します!御身を信じぬ人々、希望せず愛さぬ人々のために、赦しを求めます(天使の祈)

日本の幼い子供たちの命を助けてください!

2017年05月22日 | カトリック・ニュースなど
アヴェ・マリア・インマクラータ!

3月24日午前8時ごろ、千葉県我孫子市でベトナム国籍の小学3年レェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)が遺体で見つかりました。
この事件を私たちは皆大変悲しく思います。

日本の幼い子供たちが毎日、お母さんのお腹の中で虐殺されています。

統計によると、2015年には、176,388人の日本の赤ちゃんたちが邪魔者扱いを受けて殺されました。
つまり、一日に、平均483人から484人が亡くなりました。

これは、一時間に平均20人の赤ちゃんが遺体となったということです。

計算すると、たった三分の間ごとに、一人の赤ちゃんが、2017年に亡くなっていきました。

私たちの愛するこの祖国で、私たちの同じ国民である小さな赤ちゃんたちが、邪魔者扱いをされ、罪もなく闇に葬られています。

これ以上、私たちの家族である、罪のない子供をいじめないで!

ファチマの聖母マリア様、私たちのためにお祈り下さい!

聖母マリア様!日本の赤ちゃんたちを、世界中の赤ちゃんたちを守って下さい!

愛する兄弟姉妹の皆様、どうぞ、日本で堕胎が無くなりますようにお祈り下さい!

天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 秋田巡礼-シュテーリン神父様... | トップ | 日本の幼い子供たちの命を助... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。