Credidimus Caritati 私たちは天主の愛を信じた

私は御身を信じ、礼拝し、希望し、御身を愛します!御身を信じぬ人々、希望せず愛さぬ人々のために、赦しを求めます(天使の祈)

教皇聖下の日本訪問が霊的なものとなるために、まず私ども日本の信徒らが霊的に祈りでもって準備をして教皇聖下をお迎えする

2019年07月30日 | カトリック・ニュースなど
アヴェ・マリア・インマクラータ!

愛する兄弟姉妹の皆様、

 報道によるとフランシスコ教皇聖下は今年の11月下旬に日本を訪問されます。

 教皇様は、キリストの地上における代理者ですから、地上における最高の権威者が日本に来られるということは、私どもカトリック信徒にとって大きな喜びです。

 あたかも、1549年の聖母被昇天の祝日に、イエズス会の聖フランシスコ・ザベリオが教皇の公使として来日し、カトリック教会の発展のための計り知れない成果を上げたように、今回の教皇聖下の来日が、より霊的なものとして、より実り豊かなものとなることを望みます。

 教皇聖下のご訪問が、ますます霊的なものとなるために、まず私ども日本の信徒らが霊的に祈りでもって十分に準備をなし、教皇聖下をお迎えすべきだと考えます。

 そこで私ども聖ピオ十世会日本では、教皇聖下のご来日を準備するために、信徒の方々に、ロザリオや聖体降福式などによる教皇様のためへの霊的花束を提案いたします。

 教皇聖下のご来日が霊的な意味を持つという意味で、今回のご来日が他の政治家の訪問とは、その意義がまったく違っていることを一般の国民にはっきりと印象づけられることが大切であると考えます。

 そのようになりますよう私ども日本中のカトリック信徒が、はっきりとした自覚を持って霊的な祈りをお捧げして準備をすべきだと考えます。来日する教皇聖下が、天主のみ旨のために働かれるよう願い、真面目に祈るのは、私たちカトリック信徒の義務であります。

 フランシスコ教皇聖下が、470年の時を経て、日本にとって現代の「聖フランシスコ・ザベリオ」となられることができるために、多くのロザリオの祈りを、教皇聖下のために、カトリック教会のために、祈るように呼びかけます。

 教皇様が、イエズス・キリストの教えに忠実なその代理者として訪日され、聖フランシスコ・ザベリオが日本に伝えたのと同じイエズス・キリストの教えをそのまま変えずに教えてくださるように、祈りを持ってお支えいたしましょう。このことを今、心ある日本中のカトリック信徒の方々に呼びかけます。

 私どもが教皇聖下のために多くのロザリオをその意向でお捧げすること、日本のカトリック信徒としてこれに勝る最高のプレゼントはありません。

 私たちは教皇座空位論を受け入れません。現代の私たちが見ている教会の危機は、第二バチカン公会議の中に含まれていた毒の種が大きくなって実りを付けている結果にすぎません。

 この危機において私たちは、天主の御恵みに助けられ、傷ついたキリストの花嫁であるカトリック教会と、教皇聖下への最大の奉仕をすることを望みます。それは、私たちが聖伝の信仰を守り、教会と教皇聖下のために祈ることによってです。

 2019年4月に離教の英国教会カンタベリー大主教ジャスティン・ウェルビ(Justin Welby)による黙想会がバチカンで行われ、その最終日である4月11日、フランシスコ教皇様は、戦争の火を今後全て消すことを三人のスーダンのイスラム教指導者らに求めて、彼らの足に接吻をしました。(これをあざ笑うかのように、この直後4月15日、パリのノートルダムでは大火災が起きました。)

 フランシスコ教皇様は、その個人としての行動や考えがどうであれ、依然としてこの地上に置けるイエズス・キリストの代理者としての権威を持って、来日されます。

 フランシスコ教皇様は、王の王であるイエズス・キリストの地上における代理者なのですから、イエズス・キリストの御名の故に、全地の全ての人々が例外なく敬意を表するべき人です。しかし、敬意を表すのみだけでは足りません。私たちは、教会とキリストの代理者に対する愛の火に燃えて、教皇聖下の訪日に向けて多くの祈りを呼びかけます。

 いまカトリック信者として真摯な祈りでお迎えする準備をすることが、教皇が日本で聖なるキリストの代理者としてご活躍をなさるために大きな力となるはずだからです。

 フランシスコ教皇のお姿と祈りと言動に触れることで日本の多くの方が本当のカトリック信仰に近づくきっかけとなることができるようになることを祈り求めて、フランシスコ教皇がそうしてくださいますよう 天主様に祈らなければならないからです。ロザリオの祈りをもって、祈りましょう。

 キリストの代理者の日本訪問により、日本に住む多くの愛する兄弟姉妹がイエズス・キリストを知る機会となりますように!

 フランシスコ・ザベリオが教えた時と全く同じカトリックの教えが、フランシスコ教皇様来日を機に、もう一度日本で教えられるようになりますように!

 そして470年前のその時と同じミサが、これを機に、今後、日本各地でも捧げられるようになりますように!

多くの善意の方々がこの呼びかけに答えてくださることを祈ります。

聖母の汚れなき御心よ、我らのために祈り給え!
秋田の聖母よ、我らのために祈り給え!

天主様の祝福が豊かにありますように!
トマス小野田圭志神父(聖ピオ十世会司祭)


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 【質問】 新しいミサ(Novus ... | トップ | 私たちには教皇様の来日を準... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
教皇様のためにロザリオを祈ります (ルルド)
2019-08-01 14:58:27
アヴェ・マリア!

このたび 計画されているというアマゾン・シノドスの内容がどういうものであるかを その一部をご紹介くださいまして ありがとうございます。https://blog.goo.ne.jp/thomasonoda/e/d809e2232d8c1d1177aee5c837b22ba4


日本語しか理解できない私にとって、このような形で 世界で発信されているカトリック教会の最新の状況を 日本語で伝えていただくことは 大変ありがたいことです。

教皇様の目指されている方向性はどういうものであるか、そのことに対しての枢機卿様達や司教様達の反応としては どういったことが現在報道されているか、そういったことを知る必要が 日本のカトリック信者にはあると思います。

先日 巡礼者の小道(Pursuing Veritas  )の記事http://japanesebiblewoman.hatenadiary.com/entry/2019/07/30/174333

が掲載されていました。

ここでは、アングリカン・コミュニオンで女性助祭の導入が始まったことから、ついに女性司祭制度にまで発展した経緯が紹介されていました。そしてそれに信仰上納得できないと感じた方が、そのコミュニオンから “脱出”して、ローマ・マトリック教会に立ち戻れたということが紹介されていました。

しかし、唯一のローマ・カトリック教会が 信仰に反するような制度を導入しようとしてそれが実現してしまったら、その時には 私たちカトリック信者には どこにも脱出するところがないということです。イエズス・キリストがその使徒に伝え託したカトリック信仰つまり唯一霊魂の救いが得られるところは このカトリック教会だけですから。

私たちは、天主様に願います、これ以上教会の内部を荒らすようなことを許さないでください、たとえ教皇という地位にある方の発案によるとしても使徒継承されたカトリック信仰が捻じ曲げられるように変更されることがありませんように。

リベラルな教会が「この世の貧困や自然破壊や社会の歪みなどだけに目を向けさせようとすること」という志向を掲げることで、「カトリック信者は超自然の命のなかに生まれるための戦いをしなければならない」ということに意識を集中しなければならないことを 故意に忘却させようとしているのかもしれません。

司祭独身制という使徒継承の遺産をまもること。
女性が司教、司祭、助祭に叙階することを可能にすることは出来ないこと。

これらを教皇様が完全に守ってくださいますように、私はロザリオの祈りを持って、聖母の汚れなき御心に取次ぎを願います。

日本には 使徒継承のままのカトリック信仰を守るために命をお捧げしたたくさんの殉教者がおります。彼らもまた 私達がイエズス・キリストご自身によって教えられたままのカトリック信仰を守ることができるように 取り次いでくださいますように。

フランシスコ教皇様の来日が 470年の時を経て、日本にとって現代の「聖フランシスコ・ザベリオ」となられることができるために しっかりと祈りでお支えしなければならないことがよくわかったように思います。

しっかりと霊的に祈りでもって準備をして、教皇聖下をお迎えしたいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。