連・断・続の部屋  

捨てる過去など何もなく、日々の社会との繫がり、自己の活性化、整理のためにつぶやく。

役のイメージを変えてくれた日下武史氏の演技をなつかしむ

2017-05-27 12:30:59 | 舞台、芸術
劇団四季創立メンバーだった、日下武史氏が、
5月15日に静養先のスペインで誤嚥性肺炎で逝去されたとテレビで聞いて、あー、
もう一度と願っていた日下”シャイロック”に出会えないことを噛みしめた。

シェイクスピアのベニスの商人は、以前から文章でも、舞台も観劇していたが、
ポーシャに拍手喝采しこそすれ、シャイロックの心情に心つかまれることは、日下シャイロックの舞台までは無かった。

 劇団四季の、ミュージカルもストレイトプレイもそれなりにリピート観劇している私ですが、
日下武史の演技は、”何故そう行動しなければならなかったのか”という本質の心情が、表面の行動以外ににじみ出る演技で、舞台の醍醐味を味合わせていただきました。
劇団四季の創立40周年記念で1992年の初演した”思い出を売る男”、そして2014年上演の「思い出を売る男」の乞食が最後の舞台。浅利慶太氏が演劇に込める気持ちを込めて建立した自由劇場で、劇団四季にとって記念碑的な恩師加藤道夫氏の演目が最後の舞台だったんだと感傷的に。

声優として吹き込んだCDを、脳内変換して、鹿鳴館の影山悠敏伯爵などの演技に思い馳せることと、
演技指導をした後輩たちが、ダメ出しに応えて、舞台は楽しいなと思わせてレくれる俳優に育つことを期待して。
合掌
コメント

役のイメージを変えてくれた日下武史氏の演技をなつかしむ

2017-05-27 12:30:59 | 舞台、芸術
劇団四季創立メンバーだった、日下武史氏が、
5月15日に静養先のスペインで誤嚥性肺炎で逝去されたとテレビで聞いて、あー、
もう一度と願っていた日下”シャイロック”に出会えないことを噛みしめた。

シェイクスピアのベニスの商人は、以前から文章でも、舞台も観劇していたが、
ポーシャに拍手喝采しこそすれ、シャイロックの心情に心つかまれることは、日下シャイロックの舞台までは無かった。

 劇団四季の、ミュージカルもストレイトプレイもそれなりにリピート観劇している私ですが、
日下武史の演技は、”何故そう行動しなければならなかったのか”という本質の心情が、表面の行動以外ににじみ出る演技で、舞台の醍醐味を味合わせていただきました。
劇団四季の創立40周年記念で1992年の初演した”思い出を売る男”、そして2014年上演の「思い出を売る男」の乞食が最後の舞台。浅利慶太氏が演劇に込める気持ちを込めて建立した自由劇場で、劇団四季にとって記念碑的な恩師加藤道夫氏の演目が最後の舞台だったんだと感傷的に。

声優として吹き込んだCDを、脳内変換して、鹿鳴館の影山悠敏伯爵などの演技に思い馳せることと、
演技指導をした後輩たちが、ダメ出しに応えて、舞台は楽しいなと思わせてレくれる俳優に育つことを期待して。
合掌
コメント

モーツアルト オペラ

2017-05-07 15:56:21 | 舞台、芸術
モーツアルト晩年の三大オペラ、フィガロの結婚、ドンジョバンニ、コシ・ファン・トゥッテそ、魔笛、そしてイドメネオを、1年の間に、劇場で、またはライブビューイングで、演目により複数回観劇。
モーツアルトのオペラは、前向き、進取の気風に富み、理不尽は理不尽と感じ、変革を示唆し、愛はすべてに打ち勝つ、めでたしめでたしに終わることが多く、ほのぼのとして帰宅の途につけます。

舞台演出、演技をしながらの歌、オーケストラとの調和を楽しむだけの私ですが、
モーツアルトが生きた18世紀末に、思いを馳せると、
庶民感覚の、訴えを散りばめながら、
倫理観、神に対する恐れも変革期だったんだなと思いました。

マシュー・ポレンザーニ、マリウシュ・クヴィエチェンと共演していた演目の、愛の勝利者を演じた時よりも、今回の息子をいけにえに捧げなければいけない、父親としてのイドメネオ王を演じた今回の演技、歌が私的には、ブラボーでした。
ことしは、ミリウシュ・クヴィエチェンに日本にいては出会えないのが心寂しい。
コメント

人生はすばらしい:劇団四季公演

2013-11-28 23:59:00 | 舞台、芸術

この日のスケジュール以外は日程が取れないので、

劇団四季のSONG&DANCE60名取公演を観劇してきました。

人生はすばらしいい、生きるに値する、メッセージを受け止めながら、

生きたくてもいきられず、治してあげられなかった患者を思い出しつつ。

土地勘がなかったので、杜のせき下駅は名取駅より仙台に近いと思い込み、

仙台空港線に長い待ち時間を、

太極拳選手権も近くなり、人がいないのを良いことに、寒さに耐えるのもかねて練習。

発車間際には、乗客もちらほらと思っていたら、集団の乗客。

本日出演したメンバーでした。携帯で撮影。

劇団四季は入り待ち、出待ち禁!

映像権などもあるので、個人の楽しみとして公開せず。

コメント

シャガール展;宮城県美術館

2013-09-12 12:39:54 | 舞台、芸術

美しい。光と色彩にあふれていた。20130911_165219_2

シアター形式で、シャガールを巡る旅http://m-chagall.com/

パリオペラ座の天上画、ノートルダム、ランス大聖堂、エルサレルのハダサー医療センターは、国際学会参加に付随した観光での思い出とともに、記憶の底から輝きだした。

大聖堂のステンドグラスの透明な青。

詳細は、今回のシアターで”そうだったの!ながめていただけだった”との思いを強くした。

ニース大学のモザイク画。そして、シャガールが学生に贈った言葉も、次世代を担う若人は、支え見守りに応えなければと思わせるあたたかいものであった。

展覧会のハダサー医療センターのシナゴーグのステンドグラスの説明で

ユダヤでは時間のうつろいが大事で、その表現

神の偶像は認めていないユダヤ教での神の表現 など 

創作の意図など興味引かれる記述でした。 

メトロポリタンバレエの【ダフニスとクロエ】の映像、舞台衣装の展示も楽しく、公演の場にいたかった。

想を練りながら沢山の下書きも展示されているのも完成までの膨大な作業に思いを馳せる展示でした。

”楽園”の色彩は暗く感じるのに、”楽園を追われたアダムとイブ”の画面は明るいのは

愛と家族をテーマーとした、人間世界と神の世界への想いの違いかしら?と鑑賞してきました。20130912_100925_3

3.11東日本大震災後、興味引かれる舞台、展覧会でも、

遠出をしてもという気がわき起こらなくなっているなかで、

次々とビッグな特別展が宮城県で開催されている。

世界の支援をひしひしと身に染みて感じている。

応えるのは、臨床データーの投稿しかないので、

いろいろあって2年以上も中断してしまった作業を再開し始めた。

コメント