連・断・続の部屋  

捨てる過去など何もなく、日々の社会との繫がり、自己の活性化、整理のためにつぶやく。

パンドラの箱を開けてしまった?

2015-11-29 15:05:46 | 健康・病気
10年ほど前の、太極拳を始めた当時
これ程姿勢が悪い人がいるなんて!と驚かれた当時の痛みは、発熱を伴った炎症の痛み。
痛くないように、動かさない、振動させない日々で、体がどんどん固まっていた。
太極拳を始めてから、人並みの演武に近づけるためには、矯正が必要で、
日々のストレッチで、
右手首の固縮、
首の回転制限、特に全くダメな左向き、がかなり改善しました。
今年になって、反時計回り、右傾斜の姿勢が、ほぼまっすすぐに。
それに伴う、足が伸び、
右手首が、まっすぐになる代償は、2年以上の癒着剥離に伴う炎症性疼痛の持続。
首が回るようになるまで、嚥下時の疼痛は2年ほど。
首が回らなかったのは、左肩の炎症のためで、今、左手の肩まわしで、激痛と、肩こり。
最近まで、動かせなかったので、肩こりはなかったのですが、
肩こり、年齢相応のろくじゅう肩を味わっています。
今年の、夏ごろから、”姿勢が良くなった、足も曲がらず、腰も下ろせるようになった”と
ほめ言葉がをいただくころから、
両足の動きが悪いのです!
荷重のかかる足には、普通人と同じような筋肉が退縮、委縮してしまったようで!
さらには、固縮した筋?腱?が伸びなければならないようで、
立ち続けると、足が痛いは、曲げるとまた痛いし。
すっきりした姿勢と引き換えの、歩行困難、激痛は、2~3年経ったら、収まるのかしら?
パンドラの箱が開けられ、
終息に向かう可能性はあるのかしら?
動かないで、仕事し続ける支障はないのですが、
歩き出しは、固まっていて歩き始められるまでしばし、
正座も、最近は滑らかにできるようになっていたのですが、
今は、突然ぐしゃと、くずおれる感じで。
動き出しの痛み、階段を下るときの困難さが、このまま続くのではと。
でも、パンドラの箱は開けてしまったので、
なんとか、改善、収束に努力しないと日々の生活の能率が悪い。


かって、ぎょっとするほどの甲状腺機能低下に由来する高度の貧血の患者が、
甲状腺剤を内服し、データー改善してきたらば、具合が悪くて、
普通に介護を生業としていたのに不都合が生じたと、訴えられたことを思い出した。
甲状腺機能正常状態の、体に半年ほどで適応し、能率が良くなったと感謝されるようになったが、良くなったデーターと、身体の感覚の乖離。
不安だったろうなと、改めてかみしめています。




コメント

高齢者医療:困惑する返戻

2015-11-24 17:10:24 | 健康・病気
認知症であるが、
家族の希望で、多発性骨髄腫(MM)の化学療法を施行し、それなりの改善をみたので経過観察として治療を終了した。
治療中断後は、従来から診療を行ってきた近医に通院し、時折MMについても生化学的検査を施行されていた。
重篤な貧血が認められ、
糖尿病はあるもののエリスロポエチンは低下しておらず、
ということで輸血のために再び受診し、貧血高度の時だけ紹介受診している。
輸血を繰り返してきたので、
貯蔵鉄の蓄積、心不全の懸念に対し、血清フェリチンを測定した。
血清フェリチンの検査が査定された(健康保険では認めないという意味)。鉄沈着の診断名は
レセプトに記載。

このような、査定を受けると、
高齢者には、お茶を濁す、安価な医療をせよということかな!?と、気持ちが揺れ、落ち込む。

この方は、自宅で、妻、長女家族と同居し、
認知症は、あるものの、基本的には自立した生活で、
共に長くいきたいとの姿勢が家族に見て取れる。
患者自身も、まだまだ体力があり、安らかな死を迎える前に、
合併症の心不全で、苦しむ体力があると判断できる状態で。

総論としての、高齢者医療費の削減は理解し、無理な延命治療は行ねわないが、
日々の生活での、QOLを維持するための医療は、根拠にもとずいて行いたいだけなのだが。
コメント

金沢

2015-11-21 12:48:53 | まち歩き
大観光地の金沢といえども、医学会開催地としては地方都市の位置づけ。
第77回日本血液学会総会を金沢で開催は、学会長の強い意志あってのこと。
金沢の来訪は、常に学会参加のため。
最後に訪れたのは、平成10年でした。
北陸新幹線開通後の観光の拠点として、駅前が整備されていて、びっくり
依然は、学会参加、発表のため緊張感はありましたが、終了後の解放感。
そして、金沢は、恩師宇塚にとっては在籍した旧制四高の地、縁戚もいる土地勘のある場所で、弟子たちに、若き日の懐かしい場所も、食も楽しませたい強い意向のおかげで、充実した時間を過ごした場所です。
旧制四高は、当時も記念館になっていましたが、内部は整備され当時の寮生の姿、”ストーム”も紹介されていました。
大樋焼の窯元も、輪島にも、近江市場で新鮮な魚介類、藩政時代の老舗があった尾張町にも、といろいろ訪問を企図しましたが、再び同じ時は訪れないと、講演を聞くことを主にして、次の気楽な訪問の時にと観光はせずの帰宅となりました。
宿泊が、兼六園下の、白鳥路ホテル山楽だったのでホテルの温泉と、早朝無料開園兼六園、金沢城散策は楽しみました。部屋の確保に四苦八苦して、週末高騰したホテル代は、驚愕という表現してもよい値段でした。
帰路は、空路にしました。以前とは様変わりで、混雑はなく短時間で小松空港に到着。
1か月が経過し、もう少し観光を楽しみ、大樋焼の茶碗は手に入れるべきだったと後悔の気持ちが。

コメント

無名病院の演者として講演して

2015-11-13 12:02:12 | 学問
本態性血小板血症(ET) 
白血病関連の疾患。
生活の質、生命予後を左右するのは血栓症と、長い経過で遺伝子変異の付加での急性白血病化
日本で、40数年ぶりの新薬が、2014年11月末、発売となりました。
新薬アグリリンの市場上梓を、患者とともに心待ちにしていたので
会社側からの、情報提供は無かったので、積極的にアクセス。
(大学病院時代は、望まなくとも資料、情報が押し寄せていた。隔世の感!)

研究機関(大学病院、その関連)属さない病院では、新薬については、当初は相手にされない。
会社側は、使用実績で、あれ?!という対応で、”アポイント”をと言って出向いてくる。
かって、某科の教授に、「大学病院に所属しているから評価されているだけだ。いったん退職したら、単なる一介の医師の扱いしか受けられないのを思い知っておけ!」と言われ、恩師宇塚共々で憤慨したことがことがあった。

新薬発売1周年を記念してか、地区でのアグリリン講演会が企画され、
全国でも、きわめて多数例の登録施設ということでの、講演を依頼された。
講演日当日、恒例による、演者の略歴紹介は、特別講演演者のみ。
学会ではない、かような講演会もそうだったかしら?
名もない病院に属する医師だから?

市井の病院となったとき、
仙台血液疾患センターが、日本血液学科会の専門医研修施設であった時も、
恩師宇塚が、年を重ねてきたときも、
世間の冷淡さの根源要因を分析し受け止めてきた。
再認識し、その中での立ち位置。
患者の、最大の利益を損なわないように、深慮し続ける。
症例登録に伴う、検査のため、分析のための検査はしない(遠い将来は還元されるかもしれないが)。
期待されている、研究費も授かっているだろう、研究機関の病院でやってもらおう。
開発にかかわったであろう施設も、数例の登録数であって、
市井の名もない富田病院の15症例の登録は、
マーケッティングの観点からの評価と受け止めて。

2011年、東日本大震災の年の総会で、診断について発表予定であった。
しかし、震災後の影響で、発表を断念せざるを得なかった疾患であり、
感慨深かいものがあった。


コメント

縄文が 四大文明と比較される 世界にも類まれな文化だったとは!

2015-11-10 13:37:28 | テレビ番組
8日のNHKスペシャルは、目から鱗の内容だった!!!!!
三内丸山遺跡の発掘も、発掘品もリアルタイムで興味津々で眺めてはいた。
世界からの注目、
巨大集落、それだけではない、
1万年も定住可能だった、
社会システムの構築、維持を、今回再認識させられた。
http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586502/index.html

農耕による人口を養うシステムではなく、
狩猟採集による巨大集落、人口を養っていた。

農耕は、開墾という自然の破壊を伴う生活習慣へと

狩猟採集は、自然に手を加えながら維持する。環境破壊の程度は軽微。

縄文に対する、偏見的決めつけが、発掘、青森県のみならず、世界中の科学者による科学的分析が、
人類が直面している、地球の環境破壊への解決策として熱いまなざしを集めている。
土偶が、オークションで、1億3000千万で落札は、
縄文文化の正しい評価への、口火に過ぎなさそそう。
コメント