連・断・続の部屋  

捨てる過去など何もなく、日々の社会との繫がり、自己の活性化、整理のためにつぶやく。

天候の変化

2013-07-15 11:38:16 | 日記・エッセイ・コラム

仙台は、雨と青空と入り交じった梅雨です。

日本海側の大雨、冠水は、中央から離れているためもあり報道は少ないのですが、

個人的に、由利本荘、象潟は縁があるので気になります。

/ろいろあり、SBDCの事務長は、象潟でラーメン店を7月8日に新規開店。http://kisakataraamenn.at.webry.info/ 

かって、新橋にあるホテルチェーンの総料理長を務め、国体で天皇陛下を含めた来賓への食事を指揮したいとこに手伝ってもらいと、にぎにぎしく開店しましたが、

初日から、大雨にたたられ、客足は遠ざけられているようで、

不慣れな中での大繁盛よりはと、前向きに受けとめているようですが。

日銭稼ぎの商売では、長引くのは経済的打撃となってきますし。

好きで、資格を活用しての、定年退職後の再出発でも、

そこそこの成功は収めてほしいと願っています。

不本意な、Photo 病院閉院に伴う、再出発に向けての、

かっての職員すべてに対する気持ちです。

地球温暖化に伴う、変化の激しい天候へと変化しつつある日本の気象。

予測に対する意識レベルを変化させて対応しなければいけない。

”例年”に対する思い込みをどう変えれば良いのか?

宇宙の時間の中で、今はどう記載されるのか?

記載できる人類が生き延びていればという前提ですが。

コメント