連・断・続の部屋  

捨てる過去など何もなく、日々の社会との繫がり、自己の活性化、整理のためにつぶやく。

金環日食と網膜症 そして恩師の目

2012-05-21 08:43:46 | 東日本大震災

6時35分に西側の一部が欠け始めたのを、通勤途中の田んぼの水面で確認した。バス乗り遅れないために速足で通り過ぎた。

宮学のキャンパスでは、観測している群団から安全なメガネを貸していただいて観察。

先人たちはいかにして観察したのか?

メディアは、繰り返し網膜症に注意を呼び掛けていた。繰り返し、2秒に達する凝視は危険と。

医療用の光を要する観察、顕微鏡、内視鏡観察では網膜障害による失明が起きている。

恩師、宇塚善郎先生も、単眼時代の顕微鏡観察で昭和50年代には右目は失明。

先生の目を凝視すると網膜が焼けたのがわかる。

そして、左目も徐々に光を失っている。

両眼で観察可能な時代でも、血液を専攻し診断手技としての顕鏡は欠かせない。

1時間観察を続けた後は、私の目は、調節力が落ち、いつまでも痛く、しみる。

恩師が大学の退官後、休日は、数時間の顕鏡でさらに急激に視力が落ちた。

かって、"self renewal" を確認する幹細胞実験を連日連夜行っていた。

学会、博士号提出のために結果を出すときには、宇塚先生も必ず顕鏡した。

弟子の私たちはすぐgive upするのだが、

恩師は数時間どころか、ときに10時間に及ぶ日もあった。

結果を出す期限が迫れば迫るほど長時間に及んだ。

そのとき”光を失ったら、目の代わりとなって”と言われたことがあった。

弱音をはかない恩師の、目の叫びだったんだと、今思う。

ほとんど視力を失いかけていることに、

くりごとも、絶望もなく日々淡々と過ごされている。

コメント

慢性骨髄性白血病(CML)

2012-05-19 13:20:24 | 健康・病気

CMlは、分子標的薬が開発、使用により劇的に生命予後が変化した。

今日は、長年にわたりフィラデルフィア染色体陰性、分子細胞学的レベルの検査bcr/ablでも

10-5 以下が続いたので、投薬を中止することにした。

白血病の治療を専門分野とした臨床医になろうとしたきっかけの疾患がCMLであっった。

健全そのものの肉体の変化が予知できているにもかかわらず、

手をコマね運命にゆだね無なければならず、

患者の希望に添えないもどかしさが長らく続き、

免疫調節役 ベスタチン は私達は、見るべき成果をあげ、

投薬継続20年後の現在もフィラデルフィア染色で活躍中ですが、

全国規模の試験では否定され、

その後は骨髄移植に完治を託しましたが、

ドナーを得られない、とかドナーがいてもドタキャンの悲劇とかを経験しました。

CMLの患者には等しく投薬できる分子標的薬の登場は、

創薬の勝利です。

その後、休薬で、染色体異常が出現するかは、

今後の長い経過観察により新たな指針が生み出されるでしょう。

わずかな差で、10年以上を経た今も健在な人はよしとして、

間に合わなかった、家族のために生き続けたかった患者の顔、家族の嘆きの顔も

忘れることなく伴にあり、感慨を持って投薬中止を告げました。

わずかな時間差で、運命が変わった人の経過を。

日本では、市場上梓は2001年12月だった記憶している。

そのわずか前に、インターフェロン治療に対しても不応となり、

細胞は悪性進化し急性転化となった患者がいた。

余命半年が常識であったが現在も生存中である。

グリベック投薬初期はフィラデルフィア染色体陰性となったが、

その後再出現し、新たに開発されたタシグナ投与で、肺病変が出現したが完治。

その後、当院は単科の小病院であるので見切りをつけられ、

総合病院血液内科に転院、現在も生存。

コメント

美味しい食べ物は、満ち足り、笑顔をつれてくる!

2012-05-14 19:33:22 | 日記・エッセイ・コラム

いろいろな流れから、多賀城で震災からいち早く復興した”Kazunoli Mulata" からマカロンをとりよせました。20120514190100001 マカロン星人を自称しているパティシエの手から生み出されています。季節限定のマカロンは、ローズ と ショコラフランボワーズで、通常の10種類のマカロンも購入。外側のパリッとしたその内側のまとわりつくような柔らかなマカロン。はさんであるクリームは、それぞれの味が生きて一体となって口の中で溶けていきます。ローズは、表現がむずかしい。かすかな苦みがローズらしさかな?ショコラフランボワーズは、はじめフランボワーズの甘酸っぱいあんこの感触で、次いでチョコレートの味が、途中は違和感無く解け合って、最後はチョコレートが引っ張って、それからマカロンの皮、アーモンドの主張で食べ終わりました。http://www.kazunoli-mulata.com/

カヌレを日本中にはやらせたお店。パリ、シットリ、舌にまとわりり、それでいてとろけるようにはかなく消え、また会いたいと思わせる。美味しく美しい。材料にこだわり凝っています。

宮城学院創立120周年記念の、学びやと、清楚なイメージを表現したヴィジタンテーヌとカノレアを創っていただいたお店でもあります。

コメント

舟を編む

2012-05-05 17:04:18 | 本と雑誌

まずらしく話題の本を読みました。2012年本屋大賞第1位”舟を編む”です。

終わりまで読み切らないと気が済まないと言うことを自覚して、

通常は読み続ける気が失せる作品を読んでいます。

連休なので、予定の仕事の見通しがついたらと心積もりしていたのですが、

仕事が行き詰まったので、昼前から読み始め、一気に読破。

辞書は、沢山詰まっていて、予想外の広がりがあるので、

辞書を引くのが好きで、辞書編集者の小説と言うこともあり”舟を編む”を購入

かって新村出先生が、編纂した「広辞苑」が出来るまでをNHKで見た記憶があります。

戦災に会いながら、世間の冷視に合いながら

地味で、労力の割には経済的には報われない仕事。

言葉を拾い上げる姿勢に感動しました。

自国語の辞書の編纂に、

公のお金の投入という言及は興味深いものがありました。

「言葉とは、言葉を扱う辞書とは、内的自由と公的支配の狭間という、

常に危うい場所に存在するのですね」と松本先生が、馬締正也に話す箇所です。

正史としての扱いの日本書紀と語り部民間伝承型古事記の記載の違い。

最近話題の平清盛もこの視点から考察すると、

大衆の公的支配への迎合ぶりとかが推察されおもしろいとおもいました。

本を読むというのは、居ながらにして、多くの視点を手に入れられて、

安価で、楽しい。

地味な仕事の行き詰まりを打開し、再開する気力を取り戻せた読書でした。

コメント

自然の猛威と恵み

2012-05-04 10:13:30 | 日記・エッセイ・コラム

仙台は、豪雨開けで曇り空ながら、新緑が萌え立っています。

山迫る、川沿いは、地面の保水力、樹木の貯水力を超えた水が氾濫する脅威のなかに。

仙台血液疾患センターでは、

吹き飛ばされた葉っぱが、樋に詰まる影響で、

壁際を伝って浸水し床がぬれるという事態が、毎年起きます。

今回も、最頻箇所におきました。

昔ながらの屋根に、軒がある旧棟には起きませんが

壁と窓が平面になっている増築部分に浸水被害が起きます。

何度も何度も、点検してもらっているのですが、一向にらちがあきません。

雨上がりのさわやかさを満喫しつつ、

その後遺症被害とも無縁ではいられません。

コメント

世界遺産ヴェネチア展

2012-05-03 13:47:26 | アート・文化

昨日2日は、思いがけなくも、日直医の訪れで午後解放されたので、半ばあきらめていたヴェネチア展に出かけてきました。3日、今は大雨の音に遮られ聞きにくいお知らせがながされている。警告音だけははっきりしている。昨日でなくてよかったと思っているので、特別な機会には、ふれた方が良いなと時間を満喫した午後のつかの間の時間でした。日が高い内の帰路だったので、花も新緑も満喫。

同じ宮城県美術館中の戸外にある佐藤忠良の作品。八重桜と原城の兵士。

20120502150300001

国際血液学会、講演終了後、解放された気分で訪問した恩師宇塚、同僚との夏の記憶にあるヴェネチア現地は、やはりすばらしかったのを再認識した鑑賞でした。

聖マルコ広場は水没していたときは、薄暗い堂内の金色の輝きに目を奪われ、周囲を埋め尽くす美術品に対する感覚は麻痺し、水没していないときは広場に人があふれ、活気に満ちていた。仮装はせず、ジェラートをほおばり、露天商に声をかけられ、逃げ腰になったけ。

ヴェネチアンガラウの500ピース以上からなるシャンデリアが展示されていましたが、

ムラーノ島での、ヴェネチアンガラス作成の職人技。

特別な作品の収蔵庫に入れてもらって、その結果、ずいぶん高価なヴェネチアガラスを購入することになった(ただほど怖いものは無し。しかし、購入した作品のすばらしさで、後悔はないが、その後の支払いが大変だった。)

グッズ売り場で、ラスクのようなそぼくなバイーコリ(ザバイオーネにつけてたべるとなおおいしい)、 ザレッティーニを買ってきました。 ”ソルレバンティ”=和名変換では東地中海というお店のお菓子です。20120503124000001

ヴェネチアビーズ作成キットも売っていましたが、独創性を出すには沢山のパーツを買わないとだめそうで、見るだけに。

コメント