中村亮太の活動日記

加古川市のために走り回る中村亮太のブログです

山口補選を振り返り・・・

2013-04-30 23:44:49 | 活動
ちょっと遅めではありますが、山口補選の振り返りを。

結果的には、ご存じのとおり、自民党の勝利。

まあ、現実的には誰しも「そうなるよね」と思われていたかと思います。

では、なぜこうなったか。
ひとえに争点設定が国会でなされていないから、と思います。

争点がわからなければ、順調な安倍政権への信任として自民候補が選ばれるのは当然です。

では、争点はどうであったのか。

勝利した江島候補:安倍政権への信任を、憲法96条改正
敗北した平岡候補:アベノミクス批判、脱原発

実際問題、アベノミクスの効果のほどは未検証ですが、現実の市場は好況です。
(現実の景気とは別問題ですが)

結果が出ているんだと言われれば、検証できていないので何とも言えませんが、反論もできない状態
だと思います。
(実際、円安は去年夏から進んでましたし、経常収支を見ると円安が進むのは当然ですけど)

一方、お手伝いをしていて感じたのですが、脱原発は響いていないようでした。
安倍さんの方向性としては原発再稼働&継続といった方ですが、いまいちメディアも取り上げませんね。
問題だとは思いますが。


では、憲法96条はどうだったか。

これも、興味をあまり感じられないようでした。
現実味がないということかもしれません。

96条自体は、ルールを変えることなので、例えば9条のように国民的議論の的にはなりにくいものです。
ですが、とても大事なものです。

夏の参議院選の前哨戦とするのであれば、憲法問題も、もっと議論の的にすべきだったでしょう。

自民党は、去年に憲法改正案を出しています。
検索すれば、案とともに色々な意見も出ています。

なかなか突っ込みどころ満載な憲法案ではありますが、野党が対案を出せているかというとそうでもない状態。
護憲なら護憲で、これまでの評価をすべきと思います。

この点を、国会において全く争点化できていないことに、野党の怠慢があるように思います。

まあ、みんなの党も賛成のようですし、維新も石原さんたちは賛成のようですね。
橋下さんは、Twitterで疑問を呈されていたと聞いていますが。

私としても、改正自体はあっても良いと思いますし、自衛(集団的自衛権含む)についてはしっかりと考えて
いくべきと思いますが、これまでの評価もなしに、「押しつけだから」という理由だけで改正というのは乱暴
だと思います。

9条も改正して良いと思います。ただ、自衛に限り、そして日本国境を出ないという条項付きで。

しかし、「変えるのが難しいから、そこから変える」というのは如何なものでしょうか。

それも乗り越えての憲法だと思うのですが。。


そのあたりを、参議院選の争点とするのなら、野党もしっかりしてもらわないといけません。

憲法問題は、国民全体で考えていくべきものだと思いますので。

その意味で、山口補選の投票率は低すぎです。
約38%。
これは野党にも大いに責任があるものです。
コメント

主権回復の日、ですか?

2013-04-29 23:50:09 | 活動
安倍首相が昨日、主権回復の日の式典を行われました。
今日の新聞はその記事で賑わっていましたね。

いろいろと書かれていましたが、私としては「なぜ今やるのかな?」というのが率直な感想です。

新聞に書かれているとおり、サンフランシスコ講和条約においては、沖縄は返還されていません。
同様に小笠原諸島についても、当時は連合国の統治下におくとされています。

また、ポーツマス条約によって得ていた南樺太と千島列島の領有権を手放すことも書かれています。

北方四島については、千島に入るのかが争点となるわけですが、当時のアメリカとしても「入らない」
としているようです。
ロシアはこのサンフランシスコ講和条約に批准していないので、この南樺太と千島列島については
どこの領有か不明な状態です。
(結果、ロシアとは未だに平和条約もない状態です)

しかし、北方四島については、そもそもロシアが中立条約を破って侵攻してきたことに原因があり、
国際法上も明らかに不法占拠です。


沖縄については、基地問題と、日米安保・地位協定の問題があります。
(基地と日米安保についてはバランスの問題もありますが、地位協定は明らかに問題です。)  

そのあたりを考えると、完全な主権回復は今もってなされていないと考えます。


安倍さんのようないわゆるタカ派の考え方からすると、ロシアの行動は許せないはずですし、主権回復
とは思わないのではないでしょうか。
まして、ニコニコして訪露することもないと思うのですが。

北方領土について交渉再開ということですが、不法占拠された状態で「主権回復です」といって
ロシアと話し合うという点に問題はないのでしょうかね。

二島返還で話をつけようということが水面下であるのかな、というのは穿った見方でしょうか。


私が勝手に思っていることですが、安倍さん自体はそこまでタカ派というわけではなく、現実的な
考え方をされる方のように感じます。
(現実的=親米ということですが)
保守アピールについては、タカ派やネット上の支持層を引き留めるためのリップサービス的なもの
ではないかと。
実際、それで竹島式典の政府主催と自身の出席は回避していますし。

その辺からして、二島返還もあり得る気がしています。

とはいえ、内閣府は「四島返還以外は認めない」という立場をずっととってきていますが。

冷戦構造も崩れ、アメリカからも二島返還でも怒られないと踏んでいるかもしれないですね。


長くなりましたが、なんにせよ主権回復ではないわけで、なぜ「今」やるのかが不明です。

これによって日本が、国内外ともに変なことにならなければ良いですが。

コメント

届きました!

2013-04-28 23:43:21 | 活動
市政報告、届きました!

遅くなってしまいましたが、これから配っていきたいと思います。

今回も内容と見やすさに苦労しましたが、ちょっと見やすくなったのではないかと
自負しています(笑)

ぜひご覧ください!
コメント

同窓会でした

2013-04-26 23:39:30 | 活動
今日は関西学院同窓会加古川支部の総会でした。

下関からの帰り、そのままにプラザへ向かいました。

まずは山本前教育長からのご挨拶。



それから、前の30周年記念総会のDVDの観覧へ移りました。



30年の歴史を感じる映像でした。

改めて、この支部を立ち上げられた先輩がたに感謝です。

ふと外を見ると満月。
パワーを感じます。



赤いのが、お月様です。

コメント

ようやくですが・・・

2013-04-24 23:19:35 | 活動
遅くなりましたが、市政報告が完成しました。
とはいえ印刷にまわした段階なのですが。

現物ができあがり届くのは土曜日くらいとのことです。

週末くらいから徐々に配っていければと思っていますので、よろしくお願いします!


とりあえず、何とか大きなタスクを片づけて、その足で新幹線に乗り込みました。
またもや下関入りです。

市政報告ができあがるまでの空き日程も有効活用です。
コメント