中村亮太の活動日記

加古川市のために走り回る中村亮太のブログです

淡路島・スコーラ

2013-11-30 23:32:59 | 活動
淡路島のスコーラへ行ってきました。

この間テレビでも紹介されていましたが、廃校となった小学校を民間事業者(パソナ)
が活用したものです。


小学校の面影も。
(二宮金次郎像もありました)

若者の就職支援も兼ねていて、社員として雇用しつつ、そこで働くのは半日で、あとは
自身の将来に向けた活動が出来る仕組みになっています。
芸術系が多そうですが、漫画家を目指す方などもいるそうです。

1階は地元産の野菜などを扱ったマルシェとカフェ、2階はレストランとバー、3階は
それぞれの活動スペースとなっています。

少子化が進む中、小学校の廃校は避けられないことです。
以下にそのピンチをチャンスに変えるか。
それには民間事業者の協力が欠かせません。

人口をまだキープしている加古川でも、近々直面する問題です。

施設統廃合を含め、将来世代に負担を残さないような形を探していかねばなりません。
コメント

請願第6号「TPP交渉からの撤退を要求する請願」についての態度表明

2013-11-29 20:30:02 | 市政
●請願第6号 TPP交渉からの撤退を要求する請願につきまして、市民クラブを代表し意見を申し上げ態度表明したい
と思います。

●当請願についての請願事項は、2点で、1つはTPP交渉の内容を国民に開示すること。もう1点はTPP交渉から撤退
することであります。

●TPP(環太平洋経済連携協定)については、10月にインドネシアにおいて、日本やアメリカをはじめとする、交渉
参加国12か国が首脳会合を開き『包括的でバランスのとれた地域協定を年内に妥結する。』という声明をまとめ、会合が
終わりました。また、現在においても、輸出入品に係る関税などの大半の交渉分野は、各国の駆け引きの状態にあり、
今後とも協議が難航するものと思われます。

●そのような中において、国内においても政府自民党が『聖域』としてきた農業の重要5項目586品目について、関税を
撤廃できる品目はないか、検証を始めている状況となっています。

●当請願においても、主に農産物重要5項目が守れるか、また、国益を守れる保証があるのか、更には情報公開が不十分
ではないかということが理由に記載されています。

まず1点目の『TPP交渉の内容を国民に開示すること』については、我々国民に十分な情報や説明がないまま秘密裏に
TPP協議が進められているような状況もあり、国民に不安が広がらないようしっかりとした説明をするべきと考え、賛同
できる内容であります。


●2点目の『TPP交渉から撤退すること』については、現在国内では特にTPPへの関心が農産物の関税問題に偏りがち
ではありますが、農業以外にも、工業製品や知的財産、金融、環境など様々な分野があります。特に日本の農業については、
高齢化や後継者不足でTPPの参加可否に関わらずしっかりと国がリーダーシップを取って農業政策として考えていかなけ
ればならないことだとも考えます。一方で、人、物、金が国境を越えるスピードが飛躍的に高まって、その範囲が地球規模
で高まる中、日本がTPPに参加しなければ、資源の少ないわが国が、ものづくり立国として成り立たないと考察します。
更に、日本の経済活動に対する負の影響というものも計り知れず、市場を喪失する恐れがあると同時に、生産拠点の海外流出
など、それに伴う喪失も大きいものと考えます。

●また、先日(11月26日)の参議院決算委員会で首相は、『守るべきものは守り、攻めるべきものは攻める。国益にかなう
最善の道を追求する。』と述べています。そういう中にあって、今後のTPP交渉は日本の国益にとって、総合的に考え、
プラスになるのか、マイナスになるのか考えなければならないと思います。総合的に考えマイナスとなるのであれば、脱退
ということも当然考えなければならないと思いますが、日本が世界の中で生き残っていくためには、日本にとってプラスに
なる交渉を現時点では続けるべきだと考えます。

そう言う理由から2点目の撤退ということには現時点では賛成できませんので、一部採択はできませんから、本請願には
賛成できないことを申し上げ、市民クラブの態度表明といたします。
コメント

12月議会スタート

2013-11-29 20:22:02 | 活動
今日はかなりの冷え込みでしたね。
車のフロントガラスもカチカチでした。

そんな本日から、加古川市議会は12月議会がスタートです。

初日の今日は上程議案の説明と、休会中に出ていた請願の審議です。

請願はTPPからの撤退を求めるもの。
農業関係のことが主に書かれているということで、建設経済の所管となったため、
私が委員長報告をしました。

委員会においては不採択、本会議でも討論がありましたが不採択となりました。
TPP自体は、現状のままであれば不参加であるべきとは考えていますが、請願は
内容や求めていることについて考えが違いましたので、会派としても不採択。

理由は別途あげますのでご覧ください。

12月議会の会期は12月10日まで。
週明けから一般質問です。
コメント

7番目です

2013-11-26 22:51:16 | 活動
今日は来週に行われる一般質問の通告期限。

くじを引いたところ、私は7番目に。
微妙なとこ。。。

ということで、出番の時間も微妙なところですが、

12月2日14:45ごろから

となります。

テーマは「加古川市空き缶等の散乱及び飼い犬のふんの放置の防止に関する条例」
についてです。

平たく言うと、タバコのポイ捨てと犬のふん放置について。

頑張ります!
コメント

特別委員会でした

2013-11-25 23:06:30 | 活動
今日は議会改革特別委員会の開催日でした。

委員会のネット放送も考えていかねばということで、今回の委員会は試しにカメラで
撮ってみることに。
これは後日確認です。
どんな感じなんでしょうか。

ネット放送については、録画かリアルタイムかの二通りがあります。
録画すれば何時でも見れ、編集もできるのですがコストがかかる。
リアルタイムはU-Streamなど使えば、周辺機器の整備のみで良いが不規則発言など
削除できない。

ともに良し悪しありますが、U-Streamを使っている鳥羽などは、全て含めて次回選挙
の判断材料にして欲しいということをおっしゃっていましたね。

まあ、これは今後の課題です。


今回話し合われたのは自由討議と議決事件の拡大。
これは双方関連しており、また私としても関心の高い部分です。

議会に入って一番驚いたのは、本会議で議論が無いのはまだ分かるとして(国会でも
そうですし)、委員会においても自由な議論が無いことです。

この特別委員会では結構やり合いがあるのですが、それが常任委員会になると無い
のです。

これには二つ原因があると考えていて、一つはそもそも議論する土壌になかったこと、
もう一つは報告が多く議論するにも出来ないことです。

前者は議員のあり方であり、大きな議会改革の方向でもあります。

後者が議決事件の拡大にも通じるところです。
具体的に言えば、審議会でやっていること(その報告のみ)で意見を言っても通じない
ケースや、もうやることは決まっていて報告だけのケースなど。

そうした場合、議論しようにも出来ませんよね。

そのあたりを考え、もう少し早めに報告してもらうことや、審議会を経るものでも
議会からの意見が反映される(一つの意見として提出される)仕組みを作るべきです。

当然、行政としてはイヤなことだと思いますが、議会のあり方や存在意義を考えると、
避けて通れない問題です。


この二点については次回に詰めた議論が行われます。
ちなみにスケジュールの問題から、特別委員会は月一回から複数回行われることに。

残された時間も少ないですし、シッカリと濃い議論をしていきます!



コメント