中村亮太の活動日記

加古川市のために走り回る中村亮太のブログです

なり手不足という現実

2018-08-28 22:13:21 | 活動
先日書きました高砂市議会議員選挙ですが、立候補者は20名となりました。

定数を減らして19議席としていましたが、それでプラス1名という形。

地方議会のなり手がいないと言われながら、その中で全国的に定数を減らしてきていますが、それでも
結局はプラス数人のところが多いようです。
(まあ、その中で定数を増やしている国会はどうなんだと思いますがね)

ちょうど新聞にも、なり手不足と書かれていました。
その一因は報酬であるとの結論でした。
確かに、町村では、専業でやっていくには無理な金額です。
初任給より断然低いですしね。

なり手不足の解決策として、国会では議員年金の復活が言われています。

議員年金は以前の印象がえらく強いらしく、私も3期目となったので「もらえるんだよね」と言われることも。

ここで言っておきますが、「そんなのは、とうの昔に無くなっています!」
私は掛け金のみ払って、その一部がかえって来たのみ。。

まあ、それがダイレクトに解決策となるかと言われると微妙ですが、若い人が挑戦しにくい環境であることは
確かです。

よく言われますが、諸外国のようにボランティアということであれば、民間企業との調整はいりますし、議案の理解度を
上げるための工夫もいります。
そもそも、そうすると地元の名士的な人がメインになりますし、政策提言というよりは議決期間に寄っていきます。
実際、参加できるのは余裕がある人が多くなりますからね。

で、今回の高砂を見ても、実際に若い立候補者は少ない。
また、競争率も高くない。

それらの弊害も考えねばなりません。
現実問題として、選挙が成り立たなくなっています。
それは、民主主義として健全ではありません。

その中で、今の在り方をベースにするか、ボランティア的にするか。
小手先ではなくて、全体としての在り方ですけどね。

総裁選もありますが、地方というのなら、そこのベースである民主主義の在り方も言及して欲しいなと思ったり。

コメント

これから秋にかけて、県下では結構選挙があります。

2018-08-25 22:21:15 | 活動
実は、兵庫県下では今年も選挙が多かったりします。

明日からは高砂市議会議員選挙。
10月には川西市長選・市議会議員選挙。
などなど。

知人も出るので気になっていますが、同時に投票率も気になるところ。
加古川市議選は45%台という結果でしたが、高砂はどうでしょうかね。

これまで議会においても投票率向上について話をしてきましたが、
結局のところ、投票の意義というものが伝わっていないように思います。

つまりは主権者教育。

他都市では様々な取り組みをしているところもありますが、政治が関わるとどうしても
進みにくくなるところ。

とはいえ、民主主義の根幹として、「なぜ参加するか」、そして「参加することによって
変わる」ことを知ってもらわないと始まらない。

そうした施策を行っているところもあるようです。
視察で見てみたいなぁ。

市の在り方の根本にも関わりますし、研究をしていますが、9月議会には間に合わないか。。。

ともかく、お隣の選挙が明日から!
注目したいと思います。
コメント

今期最初の福祉環境常任委員会

2018-08-20 23:41:38 | 活動
今日は福祉環境常任委員会でした。
この期に入って初めてですね。
福祉は久しぶりですが、子育て関連も当然ながらここに入りますし、闊達な議論ができればと思います。


さて、所管事務としては次回の議会に上程される予定の議案説明以外は、以下のとおりでした。


福祉部
①知的障害者総合支援センターの民間移管に向けた公募型ヒアリング調査(サウンディング)について
②債権放棄の報告について
③生活保護受給者の逮捕について
④加古川市立つつじ園における虐待事案について


①ですが、公共施設総合管理計画、また行政改革実行プランにおいて民間移管の方針が示されているものです。
その中で、平成32年からの民営化を目指して公募条件の整理を行います。

基本的には、土地は貸付、建物については譲渡の方針であり(無償か有償かは調査のうえ)、床面積約2400㎡は
削減される見通しになります。


②は、相手と連絡がとれなくなり時効も成立している診療報酬について債権放棄をするもの。

③は、生活保護受給者が職員に対して暴言・脅しなどを行ったことについて、公務執行妨害で逮捕された件です。
ルール上できないことを求められ、それに対して説明したところ、繰り返し上記の行為を行ったとのこと。

生活保護制度は、必要な方はしっかりと受けていただきたいものですが、当然ながらルールのもとに運用されている
福祉制度であり、そこは従っていただかねばなりません。


④は、つつじ園において利用者を押さえつけ口をふさぐという行為があったことです。
天候によって日常行う活動が行えなくなった中で、ルーティンが乱れて大声を出す方がおり、それが大声や音に敏感な
他の利用者に影響を与えることを恐れた結果のようです。

身体拘束ではなく虐待となったわけですが、要件である「緊急性・非代替性・一時性」のうち、非代替性が認められなかった
(ヘルプを求められた)ことが原因。
つまり、緊急かつ一時の行為ではあり、自身で判断するのでなく、例えば2人でその利用者を連れて行くなどすれば
身体拘束として認められたケースになります。

その時の状況によって判断が難しいケースではあるように思えましたが、何にせよ運営法人は「ハピネスさつま」での事案も
ある中ですから、改めて取り組みを法人内で徹底してもらいたいところです。


その後は面談などなど。

今回の委員会での内容もそうですが、行政サービスや様々な制度にはルールがあるのは当然であり、それに則って運営される
べきものです。
ただ運営する側・またサービスを受ける側も「なぜそのルールがあるのか、何の目的であるのか」を理解しなければいけないなと
感じます。

まあ、大原則は地方自治法にある「住民の福祉向上」ですが。

ルールも人が介在する以上、意識によって変わってきますね。


コメント

この一時を大切に

2018-08-18 22:25:38 | 活動
今日はインターンがっつりデー!

9時からお昼までは、お隣の島津インターン@高砂の学生と合同企画の会議。
基本的には口を出さないようにしますが、方向性がズレたり、議論が滞ったりしたときはアドバイスします。



少しですが進んだ感じ。


午後は中村インターンだけで、尾上公民館へ。
毎年行われている加古川飛行場に関する展示を見てきました。

今回は鶉野飛行場に関するものも多くありつつも、関わりのある特攻隊の方々の遺書も展示されていました。





学生らも、同じ年ごろ。20歳前後の若者たちが散っていった事実を目の当たりにします。

そうした方々の犠牲の上にある平和を享受している今。
彼らの無かった未来を考え、今、この瞬間を大切にせねばなりません。

郷土歴史科の上谷さんのご講演も。



これに合わせて行ったところでもありますが、久しぶりご挨拶もさせていただきました。

同じ会派の森田議員も来られていましたが、こうした資料の保存について、早急に対応していかねばならないことを
確認し、今後の計画も話しておりました。

特攻や戦史に関わるところは思想がからんでくることもありますが、一つの歴史的事実、また郷土の歴史として
残していかねばならないことは共通です。

具体的な取り組みに移ってまいります。

コメント

エアコンはH32から

2018-08-17 23:16:32 | 活動
本日の総務教育常任委員会で、エアコン整備について方針が示されました。

年初に市長から「付けていく」ことは示されていましたが、具体案が出てきた形です。

方向性としては
1.リース方式
  ⇒国の補助金は付かない可能性が高いが、これから自治体のエアコン設置需要が高まる予想の中で、早期に機材・人員確保ができ、
   工期も早期に実現できるものを選択

2.全校一斉設置

3.来年の夏休みに工事を行う。そこで残ったものは夏までに整備し、H32に全校稼働。

4.設置費、ランニング費用は市が負担する 
  ⇒工事費としては33億円、ランニング費用として6.9億円を想定。


この夏の異常気象のなかで多くの意見が寄せられていたものですし、具体的な方向性が出てよかったと思います。
この9月議会に債務負担行為での補正予算案が出てくる予定になります。


また、中学校給食についても、H33年9月に全校実施ができることになりました。


あわせて130億円以上の投資となりますが、未来の世代を育てるため。
岡田市政の二期目のカラーもありますね。

とはいえ、実施に伴うところで気になる点もあるわけで。
このあたりは、もう少し掘り下げていきたいと思います。
コメント