中村亮太の活動日記

加古川市のために走り回る中村亮太のブログです

夕方の会議までに

2011-01-31 23:23:58 | 活動
18時半から会議があったのですが、それまでの1時間ほど、今年度予算案について、財政問題とからめて
教えてもらっていました。

財政問題は非常に大切な問題。
なのに、正しく理解されていない、また正しく報道されていない現状があります。

23年度予算案では、税収が約41兆・その他収入が約7.1兆、そして国債が約44.3兆です。
全体として92.4兆になるわけです。

さて、報道では民主党政権となって国債発行額が税収を上回る状況となったものですから、
さも新たなバラマキでもやっているような表現がなされます。
(まあ、21年度予算は自民党が作ったんですけどね)

でも実際はリーマン・ショックにより落ち込んだ税収の分、国債発行をするしかなくなっているんです。

例えば、50兆(税収)+40兆(国債)=90兆の予定だったのに、税収が40兆に落ち込んでしまえば、
国債を50兆にしないといけないですよね?(ものすごく乱暴な説明ですが)
そうしないと、10兆分の支出をどこからか削らないといけないんですから。

それが急にはできないから、こうなっているわけです。

ちなみに、バブルの最盛期で、税収は60兆でした。

ということは、たとえ同じような好景気が来たとしても、国債は発行しないといけない状況なわけです。
これから社会保障費の自然増もあるわけですし。

ですから、歳出を削ることは続けながら、消費税などの話もしていかないといけないわけです。
(増税しないなら、数十兆規模で削減をしていかなければならないですから)

とはいえ、この不景気のなかでは公の財政出動も必要なので、非常に難しいんです。。

財政健全化を目指しながら、財政出動をしてゆくという相反する問題が、いま政府には突きつけられています。

私としては、増税の話は将来も考えてしてゆくべきと考えますが、実施は今のタイミングではないと思っています。
まずは景気対策。
主には金融緩和、日銀の当座のみがジャブジャブになっている現状を修正し、バランスシートを改善しないといけません。


まあとにかく、メディアには正確な情報を報道して欲しいですし、国民の皆さんも正しいことを知って欲しいです。

危機的状況なのは間違いないのですから。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

岡田康裕衆議院議員の国政報告会

2011-01-30 14:14:12 | 活動
今日は、10:30から国政報告会ということで、朝からお手伝いに。

今回は、藤井裕久官房副長官にお越しいただきました。

新神戸にお泊りということで、朝、車でお迎えに。(運転は岡田さんの秘書さんです)
前日、3時までサッカーを見ていた身としては、6時半起きはナカナカ厳しいものでした(笑)
どんな方なのかなと思っていましたが、非常に気さくな方で、いろいろと車内でもお話して下さいました。

会場での藤井さんのお話は、大蔵大臣・財務大臣を歴任されただけに、経済と財政の話題が主でした。

いろいろと多岐に渡りましたが、人口構成や経済状況、世界的な要因を考え、その時代に合った財政政策を
とっていかなくてはいけないという話は、私も同感ですし、ためになる話でした。

だからこそ、従前の公共事業などは経済効果が薄くなってきたので削減し(もちろん必要なものはやってゆく)、
子ども手当てや福祉・農業など必要なものに投資をしていくべきである。
その変化に対応したものをバラマキというのはナンセンスだということでした。

政治は未来を見据えて行わなければいけません。

もう一度、しっかりと考えていきたいと思います。


また、藤井さんが退出された後は、岡田さんが質疑応答。
財源についての誤解や、マスコミ報道による歪みを正す内容のお話でした。

このあたりの報道と事実の違いについても、もっと皆さんに知っていただきたいとも思います。


とにかく、盛況のうちに終わって良かったです。(会場は満員!)
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

会議づくし

2011-01-29 23:07:23 | 活動
今日は、13時から宮坂氏、17時から兵庫10区の会議と会議づくしの一日でした。

合間にニッケパークタウン・加古川橋東詰・大川町などで街頭演説。
市政についての報告を含め、話をさせていただきました。

党は厳しい状況ですが、変わらず温かいお声がけをいただき感謝です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

加古川北高、甲子園出場決定!

2011-01-28 15:49:29 | 雑記
やった!!
野球部の皆さん、関係者の皆さん、おめでとうございます!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本国債の格下げ

2011-01-28 12:21:56 | 活動
スタンダード&プアーズ・レーティングズ・サービシズ(S&P)が27日、
日本の国債の格付けを下げたというニュースがありました。

それに伴い、IMFからも日本の財政に注文が付くことに。

さて、国債のレーティングが下がるとどんな影響があるんでしょうか。

まず国債の価格が下がると金利が上がります。
ですから、金利のみで10兆とも言われる利払い費が、将来的に増加する恐れがあります。
とすると、予算編成自体ができなくなる可能性も出てきます。

次に、国債を大量に持っている人たちに影響が出ます。
では、誰が持っているんでしょう?
それは銀行です。
銀行の経営が立ち行かなくなる可能性もあるかもしれません。

また、国債の格付けが下がるということは、円への信用も下がることになります。

ということは、いわゆる「日本売り」が始まります。
そうすると円安となり、資源や食糧を輸入に頼る日本には大打撃が。。。

そんな中、日本国債売りを仕掛けようとするヘッジファンドもあるらしい。

何かの拍子に日本売りが始まり、銀行も大量保有をリスクと考えて売りだすようなパニックも有り得ないことではありません。


まあ、今回はそこまでいかないでしょうけれど、リスクが高まっていることは確かです。

もう待ったなし。国政も政局に明け暮れている場合ではありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加