中村亮太の活動日記

加古川市のために走り回る中村亮太のブログです

常任委員会でした

2018-12-10 23:38:16 | 活動
今日は福祉環境常任委員会でした。

ウチは請願がないため、条例案と補正予算、そして通常の所管事務調査になります。

条例案は、こども園条例の改正と指定管理者(斎場:これまでの事業者が継続)の案件。
斎場ですが、今後はなくなる方も増えるところではあるものの、処理能力と施設耐久も大丈夫のようです。

ともに採択。

補正予算も、子育てプラザの件があがっているくらいですが、これは説明もあったので理解している中、
特に意見も無く採択。

所管事務調査は、ごみ処理広域化の進捗状況についてでしたが、現状として液状化対策など必要な工事を
進めながら安全祈願祭も行い、順調です。

問題はやはりどこまでゴミ減量ができるかですね。
20%は一時達成したものの、これを続けていかねばならないため、まだまだこれから。
ただ、達成の道筋が見えてきたことも確か。


ということで、案件も意外と少なく、いつもより早めに終わりました。

コメント

第23回平和のつどい

2018-12-08 22:18:57 | 活動
今日は所属している世界連邦の事業である、平和のつどい。
お昼の設営からの参加です。

プログラムとしては、平和コンサートとポスター・作文の表彰と朗読。

ポスターは会場に掲示していましたが(というか、私もお手伝いして貼りました)、感心しますね。


市長賞の絵。

平和コンサートはブルーグラスというジャンルの演奏でした。
私はちょっと知らなかったのですが、アコースティック音楽のジャンルで、アメリカ南部で愛されているものだそうです。
確かに、カントリー的な懐かしい感じでした。
バンジョーとか使うやつ。




その後に表彰でしたが、朗読では本当に子どもに教えられるということを実感。

「もともと子どもは差別意識をもっていません。大人から伝わるものです。」

真っ白な子どもたちに、意識・無意識関わらず、大人から伝わっているのでしょうね。

なお、今年度から、会長が変わりました。

幹先生から、志方の鹿多先生へ。


変わらず、よろしくお願い致します。
コメント

一般質問を終えました

2018-12-05 23:11:16 | 活動
一般質問1日目。
朝から夕方まで、9人が登壇。

私は2番目でした。
テーマは
⓵学習指導要領の改訂に合わせたカリキュラムの対応について
⓶協働における職員のまちづくり団体所属について
⓷風疹の予防について

の3本立て。

⓵はマニアックな感じですが、やることがドンドン増える&自然災害もある中で、カリキュラムどうする?というお話し。
つまるところ、エアコン付くし、夏休みを短縮しても良いのでは?と。
その中で、新しい考え方であるカリキュラムマネジメントも確認した感じです。

夏休みについては、もし決めるならエアコン設置のタイミングしかありませんね。
なので来年中には判断。

プラスで、自習室や補習、部活での活用など、せっかく設置するならということで活用策を提案させていただき、当局からも
積極的なお答えでした。


⓶は、協働であるなら、職員(若手)はもっと外の人たちと関わって、まちを知ろうよ!ということです。
最近は加古川に縁のない職員も増えていますしね。
自分が働くまちで活動している人たちと汗を流し、人を知り、まちを知る必要があるのではないかなと思います。

イベントのお手伝いはあるのですが、そうじゃなくて作り上げるところから関わるということで。
これは、今回ボールを投げてみた感じですね。

⓷は関東で流行している風疹について。
国の予算が付きそうな感じですが、もし無くても独自で考える余地がある答弁でした。

プラスで、やはり多くの人が集い、妊婦さんも来る市役所では、職員はしっかり予防接種をしないといけないでしょうという
問題意識から、健康診断に抗体検査を組み込むなど提案。

このあたりはもっと踏み込んでも良かったかなぁと思いつつ。。

国の予算が付いても他人事なら接種は進まないので、今から方策は考えておいて欲しいですね。


さて、明日も夕方まで質問が続きます。






コメント

12月議会がはじまりました

2018-12-04 23:13:05 | 活動
今日から12月議会。

案件としては、アクア交流館の廃止や職務分掌条例の変更(広報を企画へ)や補正予算も。
また、選挙用ビラについての条例改正もありました。

アクア交流館については請願も出ているところですが、老朽度合と利用状況及び維持費、また代替性を考えると
廃止すべきと思います。
特にプールは維持にお金がかかりますしね。。

以前から、スポーツ施設は他市町も含めて統合など適正化を図るべきと言っていましたし。

さて、明日は一般質問です!
コメント

樋渡さんのお話しは、刺激いっぱい

2018-12-01 21:55:28 | 活動
今日は、市政報告会&講演会(研修会)を開催いたしました。

初めての試みで、元武雄市長の樋渡啓祐氏をお呼びして研修会も行いました。
樋渡さんも言われましたが、このような形は全国でも珍しいと。

もちろん市政に対して意見のある方もおられますし、バランスは難しいのですが、チャレンジしなければ
効果も何もわかりません。

結果として、いろいろ大変でしたが、踏み出して良かったなと思います。

印象に残った言葉は、「ストーリーからヒストリー」。

武雄市図書館も、言ってみればタダの図書館。(樋渡さん本人談)
そこにお手伝いされた方々のストーリーがあり、その行動による出来るものが後に残るヒストリーになる。
どれだけ未来を示せ、そこに関わる方とともに歩み、形にできるか。
そこで、どこまで市民を巻き込めるのか。

協働や一緒になど言葉にしては市民は引いてしまう、言葉なく未来を共有しどこまで一緒に歩めるか!
そして、市民も傍観者でなく、どれだけ関わるかも大切と。


また、元行政マン&行政トップの方の言葉として、「変えられるのは政治家」というのも心に残りました。

行政と政治は両輪。
ただ、私たち政治家は「変えられるのは我々」という想いをしっかり持って、共に加古川の未来を見据えたいと思います。

テーマの通り、深く考えられる機会をいただきました。

樋渡さん、本当にありがとうございました!!
また企画したいので、来てくれたら嬉しいなと!




ちなみに私は身長175センチなのですが、樋渡さんは更に高身長でスラっと。
ウチの学生もファンになっておりました。
大阪マラソンの傷も癒えぬところですが、長期計画でもう少しスラっとしたいところです。。
コメント