中村亮太の活動日記

加古川市のために走り回る中村亮太のブログです

権現総合公園内キャンプ場運営事業は拡充に

2018-09-18 23:04:39 | 活動
建設経済常任委員会でした。
議会事務事業評価のテーマは権現総合公園内キャンプ場運営事業。

事業名に表されているとおりですが、このキャンプ場はもともとハイウェイオアシス事業における権現総合公園の
整備に端を発する事業。

理事者からもありましたが、平成17年に暫定整備として事業化されたものです。

そして、ハイウェイオアシスの期限が平成36年。
数年内にはこのキャンプ場のあり方も含めて、全体としての答えを出さねばなりません。

その中で、市長は事業縮小を明言され、NEXCO西日本と協議を行っていく方針となっています。

つまり、その縮小の協議によって影響をされる事業ということですね。

暫定を示すものとして、平成26年に延期をした際の計画ではキャンプ場は移設されることにもなっていました。
より自然に近いところでキャンプをするということで。

そうした事業環境については事前に調べておりましたので、会派としては暫定利用を踏まえ、協議内容が整うまでは
現状の体制の中で利用者増を図る工夫をすべきとし(PRなど)、「現行通り」と判断しました。

委員会においては、拡充7・現行通り2ということで拡充となりました。


基本は利用者増を図るというところでしたが、⓵電源設備・シャワー設備などサービス面、⓶グラウンドゴルフ場の整備など
他の整備、という2点が主張され、その面で予算における拡充が言われました。

議会の意見として拡充になるところで、多数決なのでそれはそれなのですが、個人的には難しさがあるかなと思ったり。

まず⓵として、利用者の意見はごもっともですし理解しますが、現在のキャンプ場が暫定という現状では設備投資は難しいと
感じます。
NEXCOとの協議の中の縮小案次第で、以前の計画のように移転なども無くは無いので。
(まあ、移転は多分ないと思いますが、一部縮小がかかる可能性はあるかも)

ただ、ハイウェイオアシスが廃止され、そこから切り離され、単独のキャンプ場事業となった際は検討できるかと。
おそらく、理事者答弁の「再整備」という言葉も、そこを意識したものと思います。

⓶については、キャンプ場というよりは周辺整備なので別事業になる印象です。
ハイウェイオアシスが縮小・廃止となれば、現実問題はキャンプ場を残すかどうかの議論になる可能性が高く、周辺整備は
縮小方針の兼ね合いからも難しそう。
そもそも、広さが足りないかな。。

もしやるなら、アスレチックとか親水性のある設備とか子育て世代が集まれるようにもしてもらいたいですが。。
投資を精査するなら難しいか。。


まあ、拡充の中で将来的な在り方を考えてもらうというところかなぁと思います。

どのみち土台無理な計画が負の遺産となり現在の行政を苦しめているので、早期に方針を出してもらうようにして欲しいですね。

コメント

敬老の日ですね。

2018-09-17 22:03:35 | 活動
敬老の日でしたね。
お呼ばれしまして、敬老会へお邪魔してきました。

市では敬老事業をもっていますが、うち半分の町内会が敬老会を行っておりますが、半分は記念品を配布する形に
なっています。
地域の事業がありますので、良い悪いではないですが。
(個人情報のからみで、どれだけ該当者がいるかも共有できず分からない状況なので。何ともですが。。)

それでも、久しぶりに顔を合わせれば話も弾みますね。



コーラスも、マジックも良かったです。


さて、その後にインターン生と合流し、街頭演説と政治・経済講座。



政治・経済講座はごくごく基本的な、公民レベルのものなのですが、毎年ながら学生は知らないことが多いですね。
社会に出た時や、新聞を読む際に必要なところですので教えています。

あとは、選挙のよもやま話や、リーマンショック時の金融業界などなど。

大学生に講義する塾でもしようかな(笑)

来年は参議院選挙もありますし、仕組みを踏まえた上で、政策判断をして投票して欲しいですね。

インターンも残りわずかです。
コメント

運動・文化、秋ですね!

2018-09-16 22:00:20 | 活動
加古川中学校は、今日が運動会。
昨日からの順延ですが、市内では5校が順延して本日実施しているようです。



良い天気すぎるくらいでしたが、久しぶりの快晴の中、子どもたちの溌溂とした演技は素晴らしいものでした。


それから、母校の文化祭へ。
終盤への滑り込みで、吹奏楽部の後半の部しか見れませんでしたが。



うーん、こんなに大勢いてマーチングして、昔とは様変わりです。
盛り上がりようも。
記念棟の1階で聞くと、何となく学生時代を思い出しました。
もう20年も前になりますが・・・!


いよいよ秋ですね。
いろいろと活動しやすくなる季節。
新しい挑戦も良いかもしれませんね。


コメント

ええっ??

2018-09-15 22:25:38 | 活動
議会事務事業評価が行われている中ですが、ある記事でこんなことが。。
ざっくりとですが。

『市議の一人から「行政の事業評価が無くなったなか、今回は続けようと決めた」と来年度以降の実施については今後協議するとのこと』とありました。

え?

検討するのは議会事務事業評価の形です。
つまり、事業にフォーカスするよりも政策レベルで審査していくべきではないかという協議をするのです。

止めるかどうか協議するなんて、全く聞いてないですが。。
自身の考えを言ったんですかね。。
誰なのよ。

ということで、無くす検討はないです!
よりレベルアップを考えていきたいと思いますので、よろしくお願いします。




コメント

福祉環境常任委員会:病児病後児保育事業、看護師配置事業は拡充

2018-09-15 21:56:16 | 活動
昨日に引き続き、休会中の常任委員会審査。
今日は福祉環境常任委員会。


議会事務事業評価は、病児病後児保育事業と看護師配置事業。

まず病児病後児保育事業ですが、その名の通り、病気の子どもを預かる・病気の回復期だが集団生活はダメな子どもを預かる事業。
共に要綱に基づいて補助がなされていますが、病児保育については補助内で運営できていますが、病後児は補助以上の経費がかかって
いるようです。
とはいえ、病児保育も加古川町に一つと、高砂市の施設に対して負担金を払っている形。
市内東部での設置が求められます。

病後児はやはり経費面での課題。
利用者数によって補助額が変わる形で、他の園からの受け入れも可能なものですので、PRは必須でしょう。
(基本的に、病児からの受け入れが多いようですし)


看護師配置事業は、具合が悪くなってもすぐに迎えに行けない家庭もある中、その子をお迎えまで預かるもの。
市内3園で設置されています。
これは年間150万円の補助がありますが、看護師と保育士が必要なため基本は赤字です。
ちなみに、この事業は県下でも珍しいよう。
事業者は続けていく意向だそうですが、経営を圧迫していることには変わりありません。

病後児と看護師配置は同様の課題となりますが、受益と補助の検討を行い、事業の継続性を確保する必要があります。

それらを踏まえ拡充としました。
なお、委員会も全会一致で拡充でまとまりました。

そこから決算審査に移り、終了は夕方に。

所属する委員会の審査はこれで終わりなので、一段落ではあります。
とはいえ、最終日の意見などもありますし、まだまだ気は抜けませんね。




コメント