おばさんの料理教室

家庭菜園の野菜を使い皆で料理を楽しもう

おばさんの料理教室No.2721 愛媛県の郷土料理『ほた煮』4人分

2017年10月29日 | 日記

野菜と花を育て美を眺め食を楽しむ

愛媛県の郷土料理『ほた煮』4人分

11月のお月見の頃は里芋の収穫最盛期。親の周りに小芋が沢山出来、子宝に授かると言い、古くから縁起の良い野菜。お雑煮やお祭りの煮しめの料理に使われる。

『ほた煮』は里芋と小豆の風味が大変良く合う。小豆の赤い色は邪気を払い、カボチャとは冬至に食べる『いとこ煮』がある。

 

小豆150gを水で3時間ふやかし、水切りして、だし汁500mℓで煮たて、里芋400gを一口大に切った物を加え、弱火で芋が柔らかくなるまで煮る。

味付けは塩(こぶ茶)・砂糖大匙1で好みの味を付けて煮詰めて出来上がり

昨年の昨日のブログ

                    *簡単焼きりんご 

          青森でりんごを買ってきたのを焼きりんごにしました 

                      

① リンゴの皮をむき8つ切りにする。 

② フライパンにバター(サラダ油)を敷き①を乗せ、蓋をして柔らかくなるまで焼く。 

③皿に盛り付けシナモン等をかけて食べるのも美味しい。 

*オーブンで焼くのも良い。           

 

 



コメント   この記事についてブログを書く
«  おばさんの料理教室No.27... | トップ |  おばさんの料理教室No.272... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事