飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★オリーブの樹(野党共闘・統一名簿) ★原発廃棄 ★憲法九条厳守★日米安保を根底から見直す時期では?★たまには演歌

◆みのもんたのよるバズ!2019年3月16日 党利党略?維新“お家芸”Wクロス選

2019年03月16日 20時47分56秒 | ●YAMACHANの雑記帳

みのもんたのよるバズ!2019年3月16日 党利党略?維新“お家芸”Wクロス選

iKazeee

今週3月16日(土)午後8時から生放送の「みのもんたのよるバズ!」は

◆住民不在の党利党略?維新“お家芸”Wクロス選の是非

大阪都構想の是非を問う住民投票をめぐって公明党との交渉が決裂したことで

 「出直し選挙」を打ちだした松井知事。自民党は「反都構想」勢力と連携していく構えで、

 立憲や共産も共闘の可能性に言及。維新vsその他政党の全面対決となりそうだ。

◆二階氏「安倍4選」示唆&「参院選目玉」谷垣氏に出馬要請

自民党批判の急先鋒だった細野氏の二階派入会、小池知事の再選支持発言…

その言動から目を離せない二階氏だが、今週は谷垣前幹事長に夏の参院選比例代表での出馬を打診。谷垣氏は固辞したが、党内では政界復帰待望論が高まっている。

出演者は・・・

維新の会幹事長代理:足立康史

自民党衆院議員:宗清皇一

元宮崎県知事:東国原英夫

政治ジャーナリスト:安積明子

モデル:トラウデン直美

タレント:堀口ミイナ

精神科医:木村好珠

Abemaキャスター:林 愛実

絵本作家:小彩 楓

ナレーター:石黒千尋、狭川尚紀(順不同・敬称略)

コメント

◎沖縄県民投票の黙殺を許さない!辺野古新基地建設反対!今こそ日本の民意を示すとき!3.16首相官邸前アクション

2019年03月16日 15時46分36秒 | ●政治と市民運動

沖縄県民投票の黙殺を許さない!辺野古新基地建設反対!今こそ日本の民意を示すとき!3.16首相官邸前アクション

 
コメント

◎孤児たちの闘い

2019年03月16日 11時52分43秒 | ●YAMACHANの雑記帳

写真

1945(昭和20)年3月9日深夜から10日未明にかけ、米軍機が東京下町を襲った東京大空襲は、一夜で約10万人の命を奪い、親兄弟を失った子どもたちが戦争孤児となりました。飢えや寒さと闘い、どうにか生き延びた孤児たちは、その壮絶な体験をほとんど語らぬまま、歳月を重ねています。大空襲から74年。戦争孤児だった人々、救おうとした人々を訪ね、大空襲の裏面史を取材しました。その取材過程の一部で構成したドキュメント動画をお届けします。詳しくは、2019年3月10日から掲載の朝刊連載記事「孤児たちの闘い~東京大空襲74年~」をお読みください。

クリックすると↑東京新聞とリンク↑

終戦直後、焼け残った上野駅の地下道とみられる場所で座り込む人たち(1945年10月撮影)

写真

◆上野の地下道。毎日、誰かが亡くなっていた 鈴木賀子さん

[動画]頼るあてもなく地下道へ 鈴木賀子さんインタビュー

戦争孤児だったころ、身を寄せていた上野駅の地下道を訪れる鈴木賀子さん(81)

写真

 一夜で約10万人の命を奪った東京大空襲から、2019年3月9日で74年。空襲で焼け残った上野駅の近くにある地下道は戦後、家や家族を失った戦争孤児らであふれていた。国の調査などでは約12万人が孤児となり、地下道には千人以上の孤児がいたとされる。「毎日のように誰かしら亡くなっていました。皆、栄養失調ですよね」。空襲で母親と姉を失い、各地の親戚宅をたらい回しにされた埼玉県川口市の鈴木賀子(よりこ)さん(81)も、上野地下道での生活を余儀なくされた。ここでの体験を、ずっと語ってこなかった。餓死者が続出した地下道。鈴木さんも一緒にいた弟と2人、飢えに苦しむ。駅の近くのヤミ市で食べ物を盗み、口に入れて逃げた。仲間の孤児が教えてくれた「手口」。生きるため、やむを得なかった。「でもね、必ずつかまるんですよ。ボコボコに殴られました。私たち浮浪児だから、死のうが生きようが、大人はそんなことおかまいなしでした」つらい記憶が残る上野駅は、戦後70年以上がたった今も近づくのがはばかれるという。「東京大空襲は、たった2時間で10万人以上の犠牲を出した。なんであのとき戦争をやめなかったのか。私たちの怒りをどこにもっていけばいいの。戦争は私たちの代だけでたくさん」

◆孤児たちのため 戸籍も与えた「母」 石綿裕さん

[動画]愛児の家で孤児と向き合う 石綿裕さんインタビュー

「愛児の家」を開設した故・石綿さたよさんとともに上野で孤児を保護した三女の裕さん(86)

写真

 上野で困窮する孤児を見るに見かねて、自宅を開放し、彼らを保護してきた施設もある。東京都中野区に今も残る児童養護施設「愛児の家」だ。1989年に92歳でなくなった故・石綿さたよさんが食料を自ら工面し、一時は百人を超える孤児を保護した。さたよさんとともに上野で孤児を保護した三女の裕(ひろ)さん(86)は「母はただただ、子どもがかわいそうだという思いで『うちに来る?』って一人ずつ連れてきたのです。でも、連れてくると、みんなシラミだらけ。髪は脂ではりつき、体はあかで真っ黒でした」と振り返る。劣悪といわれた公的な保護施設に、多くの孤児が強制収容されていた時代。愛児の家では、さたよさんが孤児たちの母親の代わりになって面倒を見た。戸籍どころか生年月日、名前さえもわからない孤児も少なくなく、さたよさん自らが戸籍などを与えていた。

◆命の差別 納得できない 国の謝罪を求める元孤児 吉田由美子さん

元孤児として街頭に立つ吉田由美子さん(77)

写真

 東京大空襲で両親と生後3カ月の妹を失い、孤児となった茨城県鹿嶋市の吉田由美子さん(77)。「一人でも多くの人に戦争を知ってもらいたい」と、空襲体験の語り部としての活動を続ける。国に謝罪と損害賠償を求めた東京大空襲訴訟の原告に加わったが、訴訟は2013年に敗訴が確定した。元軍人らに総額60兆円が補償されているのに、民間人に対する補償はたなざらしのまま。実現の見通しは立たない。「国は謝らず、軍人軍属と私たちの命を差別している。納得できない。私たちの戦争は終わっていないのです」と吉田さん。終戦から74年を迎える今も、謝罪と補償を求め、国と闘い続ける。

コメント

★Worldwide Student Marches To Protest Climate Change

2019年03月16日 10時57分54秒 | ●政治と市民運動

Worldwide Student Marches To Protest Climate Change

 School students from all over the world on strike against government inaction on climate change https://videosenglish.telesurtv.net/v...

気候変動に対する政府の怠慢に対するストライキで、世界中からの学校生

コメント

★White Supremacist Kills 49 Muslim Worshipers in New Zealand as Islamophobic Hate Crimes Rise

2019年03月16日 00時22分16秒 | ●YAMACHANの雑記帳

White Supremacist Kills 49 Muslim Worshipers in New Zealand as Islamophobic Hate Crimes Rise

Democracy Now!
 White Supremacist Kills 49 Muslim Worshipers in New Zealand as Islamophobic Hate Crimes Rise
白人の至上主義者が、イスラム嫌悪の嫌悪感でニュージーランドのイスラム教徒崇拝者49人を殺害
In New Zealand, a white right-wing extremist killed 49 people in an attack on two mosques in the city of Christchurch during Friday prayers. It is the deadliest shooting in New Zealand’s history. Police have arrested and charged a 28-year-old Australian man named Brenton Tarrant with the attack. The gunman live-streamed the attack and published a manifesto in which he praised President Donald Trump as “a symbol of renewed white identity and common purpose.” We speak with human rights activist and lawyer Qasim Rashid, who recently launched a campaign to run for a seat in the Virginia state Senate. And we speak with Farid Hafez, a lecturer and researcher at the University of Salzburg, senior research fellow at The Bridge Initiative at Georgetown University and expert on Islamophobia.
ニュージーランドでは、金曜日の祈りの間に白い右翼過激派がクライストチャーチ市内の2つのモスクへの攻撃で49人を殺害した。 それはニュージーランドの歴史の中で最も致命的な射撃です。 警察は28歳のオーストラリア人Brenton Tarrantを攻撃したとして起訴した。 ガンマンは攻撃をライブストリーミングし、彼が「新たな白人のアイデンティティと共通の目的の象徴」としてドナルド・トランプ大統領を賞賛するマニフェストを発表しました。 バージニア州上院の議席。 そして、ザルツブルグ大学の講師であり、ジョージタウン大学のThe Bridge Initiativeの上級研究員であり、イスラム恐怖症の専門家でもあるFarid Hafezと話をします。
 
コメント (1)