飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎&共産党アレルギーを捨てオリーブの樹を育て日米安保を根底から見直して欲しい!!

●オリーブの樹(野党連携)●原発廃棄●憲法九条厳守●そもそも日米安保を根底から見直す時期では?●たまには演歌

★韓国が条約守らないと大騒ぎの日本国民は、今日本政府が沖縄に何をしているかを直視したらいい。

2018年11月02日 16時21分11秒 | ●政治と市民運動

韓国が条約守らないと大騒ぎの日本国民は、今日本政府が沖縄に何をしているかを直視したらいい。法律に基づく埋め立て承認撤回処分の効力を、本来政府の行為から国民を救済する行政不服審査法を使ってその効力を剥奪する、限りなく恥ずかしい行為から目そらすな

A:事実関係1、琉球新報社説「辺野古撤回効力停止 手続き違法で本来無効だ」
 石井啓一国土交通相は、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設を巡り、県による埋め立て承認撤回処分の効力を一時停止すると明らかにした。防衛省沖縄防衛局が行政不服審査法に基づき提出した審査請求・執行停止申し立てを認めたのだ。行政不服審査法は、行政庁の違法・不当な処分などに関し国民の権利利益を救済することを目的としている。私人ではなり得ない立場を有する政府機関は、救済の対象にはならない。公有水面埋立法は、一般私人が埋め立てをする際は都道府県知事の「免許」を、国が埋め立てをする際は都道府県知事の「承認」を得なければならないと定めている。国と民間事業者では意味合いと取り扱いが異なる。全国の行政法研究者有志110人が26日に声明で指摘した通り、国が、公有水面埋立法によって与えられた特別な法的地位にありながら、行政不服審査法に基づき審査請求や執行停止の申し立てをすること自体、違法行為である。違法な手続きに基づく決定は効力を持ち得ず、無効と言わざるを得ない。法治主義にもとる一連のやりとりを根拠として、新基地建設のための埋め立て工事を強行することは、無法の上に無法を積み重ねるようなものだ。断じて容認できない。撤回の効力を一時的に止める執行停止は認めるべきではないとする意見書を県が国交省に送付したのは24日だ。200ページ以上あった。わずか1週間足らずの間に、どのような審査をしたのか。安倍内閣の方針に従って突き進む防衛省の申し立てを、内閣の一員である国交相が審査するのだから、公平性、中立性など望むべくもない。 仲井真弘多元知事が「県外移設」の公約を翻して埋め立てを承認した際、工事の実施設計に関し事前に県と協議することが留意事項で確認されていた。にもかかわらず防衛局は実施設計の全体を示さないまま協議を打ち切った。承認された時には想定されていなかった軟弱地盤が明らかになったが、調査が継続中として存在を認めていない。政府の態度は誠意に欠けており、その主張は詭弁(きべん)とこじつけに満ちている。新基地建設に反対する県民の意思は、2度の知事選で明確に示された。大多数の民意と懸け離れた、元知事による決定を錦の御旗にして、新基地建設を強行することは理不尽極まりない。国交相の決定を受け、岩屋毅(たけし)防衛相が工事を再開する意向を表明した。全てが結論ありきの既定路線だったことは疑いの余地がない。 県は国地方係争処理委員会に審査を申し出る方針だ。安倍政権は一度立ち止まって、冷静に考えてほしい。強権国家としての道を歩むのか、民主国家として踏みとどまるのか。重大な岐路に立っていることを自覚すべきである。

A-2 琉球新報<社説>辺野古工事再開 「寄り添う」とは真逆だ(11月2日)「沖縄の皆さんの心に寄り添う」という安倍晋三首相の所信表明演説とは真逆の強行だ。米軍普天間飛行場の移設先とされる名護市辺野古への新基地建設計画を巡り、沖縄防衛局は埋め立て工事に向けた作業を再開した。海域を立ち入り禁止にするための臨時制限区域を表すフロートや汚濁防止膜を設置する。政府は今月中にも埋め立ての土砂を投入するとみられる。玉城デニー知事が政府に対話を求めているさなか、「問答無用」とばかりに工事を再開する。圧倒的な力を見せつけることで、国に逆らえないとあきらめる人が増えるのを待っているのか。まさしく征服者の振る舞いだ。民主主義の根幹が問われる。 埋め立てを巡っては、元知事が出した承認を翁長雄志前県政が8月31日に撤回した。埋め立て工事は法的根拠を失い、中断された。県知事選では新基地建設反対を明確に訴えた玉城氏が当選したが、政府は選挙で示された民意を考慮することなく、防衛省が国交相に対して行政不服審査法に基づく審査を請求し、併せて審査結果を待たずに撤回による工事停止の効力を失わせる執行停止を申し立てた。行政不服審査法に基づく審査請求は行政に対して私人が行うものだ。国が私人と同様だと称して同じ国の機関に審査請求をするという、行政法学者の多くが「違法」とする手続きを国はごり押しした。国交省は請求からわずか13日、県から反論の意見書が届いてわずか5日で撤回の執行停止を決めた。反論などを受け止めず、工事ありきで手続きを進めている。辺野古を巡る国と沖縄の対立構造は、何も沖縄だけの問題ではない。国が強権によって沖縄の民意を抑え込み、米軍基地を造ることに成功したとする。国策の名の下に国は何をしてもいいという前例になる。 例えば政府が秋田、山口両県への配備を目指す地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」。安倍首相は「地元の理解が大前提だ。懸念や要望に丁寧に対応していく」とするが、「丁寧」「謙虚」を連発しつつ最後は強権を振るうのではないか。受け入れ先がなく宙に浮く、高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分場なども同様かもしれない。地方分権と言われながら、そこに住む人々の声を無視し、時に「アメとムチ」で抑え込む補償型政治を続ける安倍政権の手法を止めねばならない。それには国民が辺野古の問題を知り、おかしいと声を上げることが必要だ。 県知事選挙で自民、公明などが推薦した候補者は政府丸抱えと言われ、物量、要員ともに圧倒した選挙戦を展開したが、県民は過去最高となった玉城氏への投票で「征服」されることを拒否した。

安倍政権は民意に対し聞く耳を持つべきだ。

記事をシェアするにはこちらから:
http://ch.nicovideo.jp/article/ar1692599

コメント

◆シリアで拘束・解放の安田純平さん、帰国後初の記者会見(2018年11月2日)

2018年11月02日 11時00分56秒 | ●YAMACHANの雑記帳

シリアで拘束・解放の安田純平さん、帰国後初の記者会見(2018年11月2日)

THE PAGE(ザ・ページ)
 ■チャンネル登録はこちら https://yahoo.jp/zaoidV ■THE PAGE(ザ・ページ) - 気になるニュースをわかりやすく https://yahoo.jp/g2tIKq
コメント

◆デニー知事誕生を喜び、県民投票沖縄3区補選 参院選へ力合わせる

2018年11月02日 10時34分41秒 | ●政治と市民運動

デニー知事誕生を喜び、県民投票沖縄3区補選 参院選へ力合わせる

ひやみかち うまんちゅの会 呉屋会長が志位委員長訪問

写真

(写真)沖縄での選挙3連勝を喜び合う志位和夫委員長(右)と呉屋守将氏=1日、国会内

沖縄県知事選で玉城デニー氏の選挙母体となった「ひやみかち うまんちゅの会」の呉屋守将会長(金秀グループ会長)が1日、国会内で日本共産党の志位和夫委員長を訪問しました。「素晴らしい結果でした」(志位氏)、「圧勝です」(呉屋氏)。両氏は満面の笑みで抱き合い、辺野古新基地建設反対を掲げるデニー新知事の誕生をともに喜びました。「県民のためにという思いで頑張っていただき、ありがとうございます。共産党の支援があったからこその8万票差です」と呉屋氏。志位氏が「相手の強権的・強圧的なやり方をはね返しましたね」と応じると、呉屋氏は「県民に寄り添わない政治は長くは続きません。続かせてはいけません」と力を込めました。呉屋氏が「今回の選挙はオールジャパンが勝ったと思っています。ぜひ『オール野党』でまとまっていただければ。右の方に走ろうとする安倍首相を止めることが国民の大きな願いだと思います」と話すと、志位氏は「野党5党1会派がデニー候補支援で力を合わせたことは前進です。安倍政権を倒して野党連合政権をつくれば、辺野古問題を解決する大きな道が開けます」と展望を語りました。呉屋氏は「集まれば大きな力になって安倍政権の強引な政治を止められるという希望があります」と述べ、来年行われる新基地建設の賛否を問う県民投票や衆院沖縄3区補選、参院選に向け、「引き続き大きくまとまりましょう」と呼びかけました。志位氏は「常に沖縄のたたかいをおなかの真ん中において、みなさんと一緒にやっていく気持ちを貫き頑張っていきます」と応じ、呉屋氏とがっちり握手を交わしました。

しんぶん赤旗

コメント

◆LIVE 衆院 予算委員会 質疑

2018年11月02日 10時19分30秒 | ●政治と市民運動

LIVE 🌏 衆院 予算委員会 質疑

monbran
 2018年11月2 日午前 #衆議院#予算委員会 質疑 #国会2018 「2018年度第1次補正予算案」質疑 質疑者 #小川淳也(立憲) #階猛(国民) #後藤祐一(国民) #奥野総一郎(国民) #渡辺周(国民) #岡田克也(無会) 午後は下記で配信します。 LIVE 🌏 衆院 予算委員会 質疑 午後

<<休憩 津吹みゆ 哀愁の木曽路>>

コメント