噛みつき評論 ブログ版

マスメディア批評を中心にしたページです。  姉妹ページ 『噛みつき評論』 もどうぞ(左下のBOOKMARKから)。

野党の職務放棄

2019-02-24 21:44:25 | マスメディア
 21日、桜田五輪相が2分遅れたことに野党が怒り、国会を5時間もストップさせた。さらに野党は桜田大臣に辞任を求めたそうである。いつもの針小棒大手法といえるが、なんとも厳しい野党の方々である。しかし2分間のロスのために5時間のロスをさせるのは理解できない。また通らないとわかっている不信任案を乱発し、また牛歩戦術で国会の時間を常に浪費してきた方々だけにこの厳しさには驚く。昨年の春はモリカケ問題が気に入らないと、18日間の「休暇」を勝手にお取りになった。まあ自分たちの職務に対する責任感が極めて薄い方たちなのだろう。

 気に入らないと大げさに怒ったりと、過剰な反応をして、元の原因を大きく見せようとする行為は子供によくみられる。普通、大人は言葉で反応するが、子供はそれが満足にできないので過激な行動に出やすい。日本では大人が職務を放棄することは滅多にない。日本人は職務に対する責任感が強いとされる。東日本大震災では、水門を閉めるなどの仕事で亡くなった消防団員は253名に上るし、津波に襲われた役場の建物から避難放送を続けた女性職員も亡くなった。職務に対する責任感の強さを示す例である。しかしそうでない国もあるようだ。セウォル号の船長や船員の行動を見てもわかるし、朝鮮戦争の勃発時、北朝鮮の突然の攻撃に真っ先に逃げたのは軍の幹部たちだったという有名な話もある。敵前逃亡は最高の職務放棄である。職務に対する責任感という点で、野党は韓国に似ている。

 野党といえども選挙で選ばれた選良である。大部分はいい歳のおっさんであるのになぜこんなに幼稚であるのだろうか。なぜこのような、駄々っ子のような反応をするのだろうか。強い疑問をもたずにはいられない。彼らの振る舞いは日本社会の他の分野では起こり得ない特殊なものだと思う。企業で職務放棄したらどうなるか。この特殊性の生みの親はマスコミではないかと思う。

 モリカケ問題は1年以上にわたって国会の機能を麻痺状態にし、多くのマスコミは野党側に立って報道した。その結果、野党は自分たちの行動がマスコミによって支持されていると錯覚したのではないだろうか。このような傾向はモリカケ問題に限らない。左派のメディアはほとんどの野党行動を支持しているように思う。安倍内閣を倒したい思惑が一致するためだろうけど、その結果、幼稚な行動までメディアに支持されると、そして国民にも支持されると勘違いしたのではないだろうか。野党は、左派メディアという甘い親に育てられた駄々っ子、つまり出来の悪い子供なのである。

 野党の出来が悪ければ、それは政治の質に悪影響を及ぼす。国会の議論を妨げ、国にとって必要な議論、重要な議論ができなくなる。左派野党のレベルの低さは国政に重大な不利益をもたらすわけである。そして、それを育てたのは左派メディアである。2分遅れのために5時間の空白を作って、反省もしないことの意味を理解してほしいと思う。こんなバカげたことは強く批判されるべきだが、メディアの反応はいかにも弱い。非を非と言わなければ野党はいつまで経っても大人になれない。
コメント

わけがわからん国、韓国

2019-02-17 22:06:45 | マスメディア
 韓国の非友好的な行動が連日メディアを賑わせている。嫌韓派は断交を求めて騒いでいる。一方、朝日などの韓国寄りのメディアも今回ばかりは擁護が難しそうだ。ともかく報道量は多いのだが、韓国側の一連の行動の意図となるとさっぱりわからない。なぜ喧嘩を売るようなことをするのだろうか。韓国民の対日感情がずっと悪いのは周知の事実だが、だからと言ってここまで理不尽な行動をしていたのでは国際的な信用までも失いかねない。また日本との関係がさらに悪化すれば経済面をはじめ様々な不利益を被る可能性もある。韓国も不利益は承知しているだろうから、あえて喧嘩を売る動機がわからない。まあ売られた喧嘩は買った方がよいと思うが。

 韓国の強気姿勢の背景には、韓国の主要貿易相手国が日本ではなく中国に移ったことや、北朝鮮との融和によって日本と協同して北朝鮮に対峙する必要性が低下したことなどがあると言われている。これらの理由もありそうなことだが、それらだけで納得することは難しい。そして韓国と親しかった左派メディアすら納得のいく説明を提供していない。

 個人なら怒りにまかせて喧嘩を売ることはある。しかし、国としての行動は感情に任せてするものではない。しかし国民が極度に感情的である場合は政府はある程度その影響を受けるのも事実である。反日教育までして政権の安定を図ってきた韓国ならその可能性がある。反日教育が成功しすぎて、それが共通認識、国是のようになったなら、親日の言論や行動は強く非難されるような社会になる。盧武鉉政権時代には「日本帝国主義の殖民統治に協力し、わが民族を弾圧した反民族行為者が、その当時、蓄財した財産を国家の所有とする」として、数十年前の行為を「罪」とし、禁じ手の遡及法まで作ってその財産を子孫から没収した。このような法案を国民が認めるわけで、韓国社会の反日感情がいかに強いかがわかる。反日が価値観の中心にあると考えられる。その結果、皮肉にも反日の理念が国を縛っているのかもしれない。自縄自縛、そして自業自得でもある。

 かつて日本はボロボロになるまで降伏しなかった。犠牲の多くは最後の一年にあるとされ、もっと早く終結していれば犠牲をずっと少なくできたにもかかわらずである。その理由のひとつは軍の求めに応じてだろうけど、新聞が戦争を正当化し、国民を強力に煽ったからである。国民への扇動が徹底すると、自らもそれに拘束される好例であろう。国民の意識を変えるのは大変であり、それには敗戦などの強い衝撃か、長い時間が必要になる。

 むろんこれらだけで韓国の行動を説明することはできない。文在寅大統領は親北朝鮮だとされ、新聞、テレビ、軍、裁判所の上層部は自身の支持者で固めたとも言われる。韓国メディアが政権の影響下に入っていれば、日本で報道されるものはかなり偏っている可能性がある。日本のメディアは韓国メディアの情報に負うところが多いからである。その偏りのために実情を把握するのが困難になっているのかもしれない。

 それでも韓国の日本に対する行動は理解できない。もしかしたら韓国は北朝鮮との親密な関係が水面下で進んでいて、将来は共同して日本に対抗するという見通しを持っているのかもしれない。反日は韓国と北朝鮮を結びつける強力な理念になる。両国に共通の敵が存在すれば、何よりの「絆」になる。従って両国の融和を優先すれば反日も継続せざるを得ないことになる。北朝鮮に前のめりの韓国は反日姿勢を北朝鮮に見せびらかしたいのかもしれない。韓国は既に日本を仮想敵国としているという見方があるが、そのような背景を考えると腑に落ちる。北朝鮮との軍事的緊張が低下し、陸軍兵力の削減をする一方で、韓国の国防予算は拡大を続け、今年は日本の国防予算と肩を並べると言われる。韓国のGDPは日本の約3.5分の1なので韓国は軍事国家なのである。北朝鮮の脅威が減少した現在、軍事力、それも海空軍を増強する目的は何か。仮想敵国は日本以外にあるのだろうか。

 韓国が日本を仮想敵国としているらしいということ、国防費が日本と並ぶことなどは日本ではあまり報道されていない。日本のメディアの多くは日本の軍事力増大に反対してきたから、日本に軍事的な脅威が迫っているという現実の報道には消極的であった。中国や北朝鮮に加えて韓国までが軍事力を強化している敵性国であるなどと報道すれば、日本の防衛力強化の口実を与えると考えるのだろう。メディアには9条があれば平和が守れるという妄想が依然として広がっているようである。

 とまあいろいろ考えられるというだけで、実を言うと私などにわかるはずがない。もしかしたら文政権が単に無思慮、無能なだけで、失政が重なって、そのうち反対派に潰されるかもしれない。そうなればありがたいが、ただ理解できない国、従って将来が予測できない国が隣にあるとき、平和を維持するためにはあらゆる可能性への対応を考えておくことが政治家とマスメディアの責務であると思う。
コメント (2)

核武装という選択

2019-02-10 23:24:40 | マスメディア
 ローマは蛮族の侵入によって滅びたとされる。蛮族とは主に北方のゲルマン民族を指す。ゲルマンのひとつ、ゴート族は4世紀頃にはすでに毛皮ではなく、布製の衣服を身に着けていたが、依然として蛮族とされていたそうである。文明国でなく蛮族であるとされる基準は衣服などではなく、法治の民であるかどうかということである。問題の解決を法に基づいて決めるのか、腕力で決めるかの違いなのである(塩野七生著 ローマ人の物語第14巻から要約)。

 法治というものは約束事を守るという気持ちが社会に広くなければ成り立たない。そしてそれは文化的背景に影響されるものであり、急に作れるものではないようである。ローマは一日にしてならず、なのである。豊かな消費生活をする国であっても文明国とは限らない。腕力でしか解決できない国もあることを認める必要がある。

 韓国、北朝鮮、中国、ロシア、これらが日本の隣国である。日本はこのいずれに国に対しても手を焼いてきたと言ってよい。近隣国すべてが話の通じない国であることは重大な問題である。これら四か国の側に問題があるという見方も十分うなづける。しかしそれだけであろうか。日本側にも大きい原因があると思う。それは専守防衛とそれを象徴する憲法9条である。

 外交の要諦は、握手の右手を差し出しつつ、左手で棍棒を隠し持つ、とされる。信義を持たず、力を信奉する国を相手にする場合、棍棒がなければまともな交渉は成立しない。日本は自衛隊をもつが9条は自衛隊を強く制限し、棍棒ではなく箸棒にしている。近隣国にとっては実にありがたいことであろうが、それが日本に対して居丈高な態度を引き出したと思われる。

 北朝鮮が米国から対等国並みの待遇を受けることができるのは核とその運搬手段を持ったおかげである。この味を知った以上、容易なことでは核を手放さないだろう。そして、核が気に入らなければカネを出せ、というのはまるで暴力団の手口である。核の放棄とカネを交換するようなことが起きれば、悪しき事例を将来に残すことになる。

 さて話を戻すが、もし日本も核を持てば状況は大きく変わる。周辺諸国は日本は何をしても手出ししない「安全な国」とは思わなくなるだろう。ロシアも中国も北朝鮮もすでに持っているのだから反対する根拠は乏しい。米朝交渉で、北朝鮮が米に届くICBMだけを廃棄するとことで双方が妥協すれば日本は不利な立場になるが、もしそうなれば日本も核武装するぞという意思表示だけでもそのような米朝の妥協を牽制する効果がある。周辺国に核がないときに、日本だけが核を持つのはよくないが、周囲の国に核があって、日本だけに核がないという状況はさらによくない。

 9条を金科玉条のように崇める護憲勢力は日本が海外に侵攻することを心配してるためであろう。非現実的な心配だと思うが、そうならば核武装と引換えに自衛隊の陸上部隊を削減する手もある。他国への侵攻は陸軍なしでは無理だからである。つまり陸軍は防衛にも他国侵略にも使えることが問題なのだろう。ところが核兵器は単独では他国への侵略には役立たない。核の最大の効果は日本への侵略を思いとどまらせることである。つまり平和への力強い味方なのである。核は平和を愛する国民の兵器なのだ。しかも安上がりであるし、プルトニウムはどっさりある。

 国会では、野党は統計不正問題ばかりに関心があるようで、外交など他の問題は置き去りである。何の役にも立たなかったモリカケのようにしたいらしい。左派の野党はなぜこんなに出来が悪いのだろう。どこかの野党が核武装を提案でもすれば米朝会談への大きな牽制になり国益に寄与すると思うが、とても望めそうにない。野党の関心は与党の足を引っ張ることばかりで、安全保障や外交などには関心がないようである。
コメント (2)

想像力欠如のNHK

2019-02-03 22:18:42 | マスメディア
  朝焼小焼だ
  大漁(たいりょう)だ。
  大羽鰮(おおばいわし)の
  大漁だ。

  浜(はま)はまつりの
  ようだけど
  海のなかでは
  何万(なんまん)の
  鰮(いわし)のとむらい
  するだろう。
  
 これは金子みすゞの詩「大漁」である。有名なものらしくご存知の方も少なくないと思う。私は詩をほとんど知らないが、NHKの動物番組を観たときだけは、この詩「大漁」を思い出す。最近のNHKの動物番組では強い動物が餌になる弱い動物を襲い、食い殺す場面がしばしば出てくる。私はつい食べられる動物の気持ちを想像してしまう。それが嫌なので、動物番組を観なくなった。

 確かに「いわし」のことなど、気にしなくても生きていく上で何の支障もない。しかし、金子みすゞはものごとの二面性、ここでは他の生きもの対して想像力を働かせることの重要性を示したかったのであろう。

 NHKの動物番組で捕食場面が多く出てくるのは、そのような場面を撮影するのは大変であり、価値あるものだと思っているからなのだろう。きっとその映像は高い値段が付くのだと思う。また自然の営みを描いているという意識があるのかもしれない。けどお茶の間で見ているのは一般の読者である。毎回のように残酷な場面を見せられるのは不快である。捕食場面を撮影する人も、それを放送で流す人も、食べられる動物の気持ちを想像しない人たちなのだろう。

 昔、人間が狩りをして生活していた時代、食物となる動物の気持ちを想像するなどなかったと思う。日常のこと、あたりまえのことであったわけである。それどころか狩りは楽しみでさえあったろう。現在でも一部の人間は狩りを楽しんでいる。さらに少数だが、人間を平気で殺傷する犯罪者もいる。恐らく相手の気持など、考えようとしない人たちなのだろう。しかし大多数の人はこのような残酷さに不快を感じるようになった。また、銃を使うなど、明らかに有利な立場での動物殺害は卑怯だと思う感性もある。

 NHKの動物番組は子供も観ている。それは教育的な意味を持つ。見せられるのは弱肉強食の自然の世界であって、残酷さを排し、秩序が保たれた人間の世界ではない。その残酷さを見せることで子供達がどんな影響を受けるだろうか。自然の持つ残酷さをできるだけ排除する人間の世界を肯定する受け止め方もあるが、逆に自然が残酷なら残酷なことをしてもいいのだという理解もあるだろう。子供が多く見る番組だけにNHKは十分考えているのだろうか。NHKはインパクトの強い映像、珍しい映像、センセーショナルな映像を優先しているように見える。それが視聴率のためなら問題である。
コメント (2)