噛みつき評論 ブログ版

マスメディア批評を中心にしたページです。  姉妹ページ 『噛みつき評論』 もどうぞ(左下のBOOKMARKから)。

面従腹背が座右の銘

2017-06-26 09:02:55 | マスメディア
 「面従腹背」とは「表面は服従するように見せかけて、内心では反抗すること」である。人の心を表す言葉として、最悪の部類に属する。そのレベルは卑怯や卑劣に勝るとも劣らない。裏切る危険性が極めて高い人間である。表面の見せかけは虚偽であるから嘘つきということにもなる。「時の人」前川喜平元文部科学省事務次官は「面従腹背」を座右の銘にしているとテレビで言い放ったそうである。

 教育行政のトップに立っていた人物が「面従腹背」を公言するとは、まことに驚くべきことである。この言葉の持つ意味を知らなかったわけではあるまい。しかし「面従腹背」を公表することは自ら裏切り者だと認めることになり、それが世間にどう受け取られるか、ご存じないようである。夜な夜な出会い系バーに通っていたことを調査のためだと言い訳されるのを見ても尋常の感覚ではないようである。

 過去に在籍した組織で知り得た事実を公にすることは事情にもよるが、一般には褒められたことではない。この人の場合は組織を裏切った形であるが、座右の銘「面従腹背」とよく符合する。

 気になるのがメディアの反応である。加計学園問題を取り上げるのはとても熱心だが、この元事務次官の裏切り行為を批判する気配すら感じられない。森友学園問題では籠池氏の詐欺が疑われる事態となったが、詐欺とはだまし取る行為であり、彼もウソつきである。メディアは籠池氏に借りがあるのか、批判が感じられない。通例ならば数千万円の血税をネコババしたと騒ぎ立てるケースであろう。

 本当のことはわからないが、どちらも問題においても政府の説明は明瞭さに欠ける印象があるのは確かである。ただそのような印象を狙った報道が多いので割り引く必要がある。左翼メディアと野党の行動は安倍政権の足を引っ張ることに専念しているように見える。しかしこれほど大騒ぎに値する重大問題であるとは思えない。またどちらの問題ともウソつき氏の証言が元にになっているところが興味深い。

 国会を何日も空転させるほど重要とは思えない問題を、針小棒大に報道するメディアの姿勢が、一方でモラルの荒廃をもたらしているのではないか。政治は清潔になったが裏切りが横行する世になった、ではちょっと賛成しかねる。

 ついでながら生徒の自殺が相次ぐなかで、教育委員会がいじめとの関連を否定したものの、後で認めざるを得なくなってしぶしぶ謝罪するというケースが続発している。まったく格好悪い始末である。教育委員会と言えば地区の教育行政のトップである。数例のケースで全体を判断するのは適切でないが、教育界の頂点に立つ者がこんな調子では心配になる。教育行政のトップたる者は生徒の少しは模範的な人物であるべきで、面従腹背の人物や責任逃れの嘘つきは自分の素質に合う他の仕事をお勧めする。
コメント (2)

難民受け入れ国がテロに遭う理不尽

2017-06-12 09:27:14 | マスメディア
 英、仏、独、最近テロに見舞われた国ですが、いずれも移民・難民を大量に受け入れてきた国でもあります。とりわけ好意的に難民を受け入れた国々がテロの「お返し」を受けたのではたまりません。移民の受け入れには労働力を期待する「下心」もあるとされていますが、EUの理想主義に基づくものもであったことも確かでありましょう。年間数十人~数百人もの無辜の市民が殺傷されているにもかかわらず、難民受け入れを継続する姿勢には頭が下がります。

 テロリストはイスラム過激派とも呼ばれる人間で、一般のイスラム教徒とは異なります。しかし一般の人々からは両者が同じグループに属するものと見られがちです。またイスラム教がイスラム過激主義の母体であることも否定できない事実です。それにもかかわらず、受け入れを続けるのは大変なことでしょう。

 一方、我が日本は移民・難民に冷たい国だとされ、中でも難民受け入れ数は話にならないレベルです。そんな冷たい国がテロの被害に遭うことなく、平和を享受しています。しかし移民・難民を極度に制限してきた政策が成功した結果だと喜んでいいとは思えません。国や故郷を捨てざるを得ない人々の苦難は想像を絶するものがありますが、彼らを拒否することは裕福な先進国としての役割を放棄することです。逆に、戦乱や天変地異などで日本人が難民となったときのことを考えるべきでしょう。

 ここで気になるのが我が国のメディアの姿勢です。「従軍慰安婦」のように70年以上前の問題を大きく取り上げるのは正義を振りかざす姿勢ゆえだと見えなくはないのですが、それならば難民受け入れ問題をもう少し積極的に扱ってもよいと思います。難民は現在の問題であり、放置すれば彼らの生命にも関わる問題だからです。左派メディアの正義とは偽善か、それとも政治的な戦略の結果なのでしょうか。この姿勢は野党とも共通しています。奇妙な一致です。

 難民受け入れに関しては、いろんな意見が出てしかるべきですが、なぜか受け入れに積極的な意見はメディアから聞こえてきません。彼らの正義とは国内向けに限定なのか、左派メディアにあっては韓国・中国向けに限定されるのでしょうか。ダブルスタンダードの、ずるくて狭量な姿勢が気になります。自分の利益を優先させるトランプ流の利己主義にも通じます。まあトランプはそれを隠さず公言するのでこちらの方がまだマシとも言えますが。
コメント