「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログです。

「放射能」「被曝」「原発」、日本のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開します。

【輪島・ガレキ阻止】試験焼却をあす強行する可能性。要注意。僕の来年からの体制について。

2012-12-26 04:21:28 | 福島第一原発と放射能

【輪島・ガレキ阻止】

 年末が近づき、僕のところに詳細情報がありませんが、本日午後、美谷町のクリーンセンターにガレキ搬入する可能性があり、あす試験焼却を強行する可能性があるということです。

 美谷町など地元は焼却阻止を強く主張しています。

 とにかく、輪島市への抗議の声を緩めないで下さい。梶市長の強権ぶりは、さらに露骨です。

 

 きょうは、僕の今後の体制について、いくつかお伝えしておきます。

 一年九か月以上、ブログと講演など、現実にこの活動を続けてきましたが、いろんな意味で、活動の限界も大きくなっています。このままの状態では、活動自体の活性化も望めませんし、厳しいことが多いです。

 もちろん、僕自身が至らない点も多々あるとは、思います。しかし、実際に活動を共にしていく人材があまりにも少ないのと、組織的にも資金的にも、そうした構造が形成されていないため(いろんな批判に配慮しすぎて、無理に作ろうとはしませんでした)、おそらくこのままでは維持できないと思います。

 このため、年末年始にいろいろと考慮して、新年は、さまざまな観点で、新しい対応を始めたいと考えています。ある種の再構築は必要不可欠と認識しています。

 いろんな問題を平気でおこす多くの人たちのある一定数が、この放射能防御という御旗にまとわりついているのも事実です。特に、自己顕示欲、自意識過剰なタイプの人間が、放射能防御を自己実現のために、悪用している話は、枚挙に暇がありません。外の敵よりも、うちの敵の方が問題は大きいです。そうした人に限って、考えられないレベルの動機(僕がすぐに認識できないタイプの欲望など)に基づいて、行動していて、この放射能防御という、リアルな戦いを混乱させています。彼らの目的が見えると、あほらしくなります。「こんなレベルの感覚で、こういう話を転がしていたのか。」と。

 ただでさえ、大勢との戦いが厳しい中で、こういう輩が足を引っ張り続けます。僕に対しての外部からの中傷も、あきらかな敵方のみならず、こういう人たちが陰に陽に行っていることも、ほとんどわかっています。いろんな意味で、僕は情報が取れすぎるために、気分がどんどん悪くなります。嘘が見えすぎています。というか、外のどうしようもない人たちよりも、こうしたものの方がたちが悪いです。

 これは、良くも悪くも東京の一線で仕事をしていて、東京しか人生がないと、判断していた僕が、この被ばく状況の中で、得てきたものの大半を東京含めて捨てるしかないと思った感覚とは異なります。そして、僕が懸念する連中は、どうやら違う欲望のために、この被ばく状況を使っているみたいです。

 今まで得られなかった代償をここから得ようと、こういう人たちは、躍起になっています。そこには、まともな意識もなく、まともな方もおりません。無理です。

 なにかまた、分かれ目にいるような気がします。そして、この分かれ目はとても大事と思います。本当にどう転ぶのかは見えませんが、年明け以降、自分の生き方を見直して、周りを再構築できるのか、トライすることになるのは、間違いない話と思います。

 3.11.以降、信頼のできる人間は極端に減少しました。もともと、友達は極端に少なかった僕は、しかし、信頼はしていた人は多かったのですが、それがほとんど消え去りました。まあ、そんなものです。

 大乱世は、人間の本質をさらに露呈させます。その渦に僕も貴女も居つづけています。否応なく。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 溜息しか出ないXmas。吸気被... | トップ | 「疫学データ揃う迄発言する... »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
<学校保健調査>屋外制限影響か 福島の子に肥満傾向 (Unknown)
2012-12-26 07:26:15
こんな記事がありました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121225-00000062-mai-soci
放射線不安から外出できず、ストレスや運動不足による食欲不振、不眠、肥満が懸念される

食欲不振で肥満?っておかしくないですか?
何か別の病気が隠されていないか、心配です。
福島の子供たち、どうなっているのでしょう。

福島被ばく調査:乳歯保存拒絶の材料探し 検討委に依頼
http://mainichi.jp/select/news/20121219k0000m040142000c.html
これからもご自分の信じる道をすすんで、情報を発信しつづけてください。 (福島県南相馬市出身)
2012-12-26 07:30:59
福島市にすんでいた弟の一人が(いまは南相馬市の実家にもどっております)木下さんの講演に出席してから、木下さんのご活動に注目しておりました。わたしは今結婚してオーストラリア在住、二人の子ども(7才と4才半)を南相馬の実家には少なくとも30年は連れて行けないからと母に宣言いたしました。悲しいことですが。それでも両親は70才ちょっとですから、原子力発電所事故がなかったとしてもせいぜい1年に一回かえってあと10年がいいところでしょう。だからその分これかrの10年、両親が元気なうちにオーストラリアにもっとくるようさそったり、震災直後の10月には知人の空き家をおかりして奈良で1週間ともにすごしたりしました。これから九州や沖縄など私にとって未知の場所を家族皆でおとずれることができるようさがしてゆくつもりです。同時に、日本全国にすでにしのびよっている放射能の危険性をきちんとリアルタイムで認識してゆくつもりです。面識もないし近くにもいないので、お力にはなれないかもしれませんが、わたしのような原発事故地元の人間が木下さんの活動をしっかりみているということをお伝えしたく、メールさせていただきました。よいお年を。
人間の本質 (K市より)
2012-12-26 09:02:35
木下さん、いつもありがとうございます。
そしておつかれさまです。

私などがエラそうに言えることじゃないのですが
木下さんがかなり少数派の人間であることを認識してほしいと思います。一昔二昔前ならまだ多かったかもしれない大事なものを持った人間。
人の本質は有事に試されるのですね。

通常はそのことが間違いだと分っていても、自分にとって損失になることであれば、知らなかったことにしてしまう人がほとんどでしょうし、下手すれば正義感すらもっている人もいるでしょう。

けれども、木下さんが胸に手をあてて、行ってきたことは、誰にでも真似できることではありません。
ときに孤独感に襲われることもあるかもしれませんが、あなたを愛するご家族や、遠くから祈っている存在を忘れないでください。人間としての美しさを誇りにしてください。木下さんの心の灯りがいつもとともっていますようお祈りしています。
応援してます (Unknown)
2012-12-26 11:27:19
3.11以後、世間にはなんとクズ夫の多いことかとびっくりしっぱなしです。そんなクズ夫に足を引っ張られて動けない、奥さん、お母さんを、3.11直後から「そんな夫は捨てて逃げろ」叱咤激励してくれる木下さんは、貴重な存在です。
家庭内の平和なんぞより、命そのもののほうがずっと大事です。


Unknown (Unknown)
2012-12-26 12:03:37
汚染瓦礫や汚染食品の拡散がまだ続いているのですね。
これからは、注意の無い人々や注意の焦点が甘い人々は
中部や西日本でも、突発的な体調不良にみまわれる
確率がますます高まるのでしょう。
Unknown (Unknown)
2012-12-26 12:27:59
木下さんお疲れ様です。木下さんはご自身のご活動に対して成果があまり感じられないようですが、私は木下さんのご活動は少しずつじわじわと浸透していっていると感じます。即効性はないけれど、ゆっくりゆっくりと。人の口から口へと。
日本人の悪い癖は、何があってもすぐ忘れることですが、それを克服し、乗り越えないとこれから先も水俣病や最近では、トンネルの崩落を例に何度も何度も弱者が犠牲になることでしょう。
粘り強い活動が大切と思います。
それにしても、私も含め、最近の日本人はどうしてこうもだらしなくなってしまったのでしょうね。歩いている人を見ても皆猫背気味にダラダラしていますよね。昔の人は、親に、背中がピシッとなるように背中に定規を入れられたりしたそうです。
私も現代日本人の代表のような人間で、自分に甘く、常にダラダラしていてたまにガラス張りの壁に映る自分を見てハッとなります。亡くなった祖父が見たら、もっとシャンとしろと怒鳴られそうです。
まずは自分から変えていかないとだめですね。
広島長崎内部被爆は吸気 (上田一郎)
2012-12-26 12:52:09
名古屋大学名誉教授沢田昭二氏は下記インタビュー動画で広島、長崎の内部被曝は吸気による、と明言されています。

動画URL:


http://www.youtube.com/watch?v=h5gd2JGz7us
福島の子に肥満? (まつ)
2012-12-26 13:23:13
チェルノブイリでは放射線の影響で若年性糖尿病が多く発生したそうですから、その原因を肥満にしようと企んでいるようにも思えます。

相手は幾多の経験から、放射線による健康被害を無いものとすることに長けていますから、先読みして次々とこういう発表を仕掛けて来ることでしょう。

選挙でも不正が行われたフシが有るようですが、こういった報道もいともたやすく出来てしまうのが恐ろしいですね

しかし、肥満になったとしても、その対処法が高放射線量地帯からの避難や疎開ではなく、住み続ける為の方策でしかないことにも戦慄を覚えます。

明日 (ANVD)
2012-12-26 13:49:59
http://s.ameblo.jp/kansai-tokyo-kyuen/entry-11435259312.html
いつもありがとうございます。この場をお借りしてすみません。明日、大阪瓦礫弾圧に関する院内集会が決まりました。どうか多くの仲間にお伝えいただきご参加いただけますように。ご協力お願い致します。
Unknown (Unknown)
2012-12-26 15:26:51
私も震災以降、極端に人付き合いは減りました。減った代わりに本当に信頼できる人とだけの付き合いになり、人付き合いのストレスは減りました。というか減ってわかったのですが、言い方が悪いですが自分にとってどうでもよい人、向こうも自分をどうでもよいと思っている人と無理に付き合っても何も得るものはなく、かえって付き合い続けることによってマイナスになっていたことに気付きました。
大人になってから知り合った人と末永く仲良くしていくことは本当に難しいし、学生時代からの友人のようなものを求めてはいけないですね。大人になってから知り合った人とは、失敗はまず許されません。学生時代からの友人ならば、一回くらい失言をしても流されますが、大人になってからは失言が命とりで、たった一回で距離を置かれてしまうのでヒヤヒヤしながらの付き合いで全く面白くありません。
ちょっとでもズレたことをすると(例えば放射能移住)たちまち頭のおかしな人というレッテルを貼られ、周りから距離を置かれてしまいますね。まるで監獄みたいです。
それでも私は人付き合いの本質がわかっただけでも良かったと思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事