みけん・み~すけのやさしい技術士ブログ

あなたと、技術プロフェッショナルな人々をリンク! みけん、み~すけのコラボレーション・ブログは技術士への扉です!

しゅわしゅわawa酒

2018-10-20 21:28:50 | 美味しいバイオ

とにかく、しゅわしゅわな飲み物が好きなのです。
アルコールが入っていなくても、いいんです。
機能性表示食品のしゅわしゅわ飲料もありますもの。

https://www.asahiinryo.co.jp/products/carbonated/wilkinson_tansan_extra/

でも、やっぱりしゅわしゅわなお酒だと、とってもしあわせになります。

"未来へのバイオ技術" 勉強会
「東京五輪への課題シリーズ2:おもてなしを支える日本の食と酒」
<https://www.jba.or.jp/jba/seminar/se_02/_2_2.php>

では、
しゅわしゅわawaの酒とワインの試飲あり。
【開催日時】2018年10月30日(火) 14:00~16:45

お話いただく、永井酒造さんのホームページはこちら。
http://www.mizubasho.jp/

素敵なカフェもあるんですって。
http://koshinkan-kuracafe.com/

 

 

コメント

臓器の長期保存や、もしかしてコールドスリープも可能に?!

2018-10-16 20:53:03 | 国際連携

コールドスリープものの物語やマンガは、時々見かけますが、
可能にする技術もあるみたいです。

20世紀のSFの世界が、21世紀では現実に?!

◆"未来へのバイオ技術"勉強会「結晶が変える未来社会」

<https://www.jba.or.jp/jba/seminar/se_02/post_95.php>

【開催日時】2018年10月26日(金) 14:00~17:00

【場所】 (一財)バイオインダストリー協会

【主催】 (一財)バイオインダストリー協会

【協力・協賛】 (国研)宇宙航空研究開発機構(JAXA)、(公社)日本生物工学会、(公社)日本農芸化学会

※臓器の長期保存にも役立ちそうです。

「氷結晶制御技術による美味しさと医療の革新」

河原 秀久 氏(関西大学 化学生命工学部 教授)

「チョコレートを美味しくする結晶物理学と体に良い食用固体脂開発技術の展望」

上野 聡 氏(広島大学大学院 生物圏科学研究科食資源科学講座 教授)

「「きぼう」日本実験棟を利用した高品質タンパク質結晶生成実験の最新成果」

木平 清人 氏((国研)宇宙航空研究開発機構(JAXA) 有人宇宙技術部門 きぼう利用

センター)

 

コメント

ナマコみたいな高分子

2018-10-03 20:52:56 | 国際連携

ナマコみたいな高分子。

こういうワクワクする話題を教えてもらったのは6月頃でしたか。

11月に講演を拝聴する機会を得ました。米国にいらっしゃる先生が、一時帰国されるのに合わせて、

魅力的な話題3つをご紹介いただけるのです。

おひとりの先生は中国からご帰国いただき、お一人は北海道から。

これは聞き逃せません。

「バイオ素材百花繚乱13~生き物からの学びを柔軟ゲル材料に生かす」

<https://www.jba.or.jp/jba/seminar/se_02/_20171027_14001715_60.php>

開催日時 2018年11月7日(水) 14:00~16:50

開催場所 (一財)バイオインダストリー協会

定員 60名

主催 (一財)バイオインダストリー協会

協力・協賛 (公社)日本農芸化学会、(公社)日本生物工学会(予定)

卵白を素材とする高強度ゲル材料」

野島 達也 氏(中国 東南大学 准教授)

鋼鉄の5倍丈夫な繊維強化ハイドロゲル」

黒川 孝幸 氏(北海道大学GI-CoREソフトマター、北海道大学大学院先端生命科学

研究院 ソフト&ウェットマター研究室 教授)

「光で粘弾性を制御可能な高分子物質: ナマコに学ぶ網目の可逆的切断・再生」

本多 智 氏(東京大学大学院 総合文化研究科広域科学専攻 助教)

楽しみですわい。

 

コメント

ノーベル医学・生理学賞とバイオインダストリー大賞

2018-10-03 06:45:57 | バイオ

2018年のノーベル医学・生理学賞が、京都大特別教授の本庶佑先生と、米テキサス州立大のジェームズ・アリソン博士に決定致しました。
免疫を抑える働きを阻害することで、がんを治療する画期的な免疫療法を確立、がん治療に新たな道を拓いた功績が評価されました。
本当におめでとうございます!

バイオインダストリー協会の主催する、第1回バイオインダストリー大賞(2017年度)を受賞された本庶先生が、
翌年(つまり今年)、ノーベル医学・生理学賞を受賞されるということで、大変嬉しいことです。
 
今回の受賞内容とは直接関係致しませんが、BioJapan2018の中日、10月11日(木)15:00~17:00F203/204会場スポンサーセミナー
「S-9神戸医療産業都市20周年(神戸医療産業都市推進機構)」で、本庶先生が登壇されるそうです。
展示会場で右往左往しているので、先生のお姿を拝することはできないと思いますが、とても誇らしいことです。

BioJapan2018については、下記をどうぞ。
https://www.ics-expo.jp/biojapan/ja/

コメント

微生物の素敵な絵を貴方のもとへ・・・。

2018-07-26 06:07:09 | 芸術

素敵な微生物の絵を描かれた水野澄子さんをご紹介します。

過去の展示会の様子です。

http://www.mnc.toho-u.ac.jp/nmc-gallery/06th-biseibutsu.html

セレクトギャラリーです。

http://www.art-annual.jp/select-gallery/mizuno-sumiko/

微生物関係の会社さんなどで展示されると、とても素敵だと思います。

ご興味のおありの方は下記にご連絡下さいね。

 

hal52790@rio.odn.ne.jp(@を半角にしてください)

sumiko.mizuno8@gmail.com(@を半角にしてください)

コメント

東京五輪:真夏の開催、食はどうなる?!安全と安心。

2018-06-07 06:57:42 | 美味しいバイオ

6月なのに、既に暑いですね。

東京五輪は真夏に開催されます。

真夏の開催、食はどうなるのでしょう?!

改正食品衛生法により、HACCPが制度化されました。

東京五輪に、日本の食材は、食品は、どんな風に供給されるのでしょうか?!

6月29日、

 東京2020大会における飲食提供に係る基本戦略(飲食戦略)検討会議委

員で、農林水産省 食料産業局食文化・市場開拓課長である西 経子 氏を

お招きし、「東京五輪への課題シリーズ:魅力的で安全・安心な食の提供に向けて」

が開催されます。

東京2020大会における食の安全と安心への関心を高め、盛り上げませんか?!

 

■■2018年6月29日 "未来へのバイオ技術"勉強会「東京五輪への課題シリーズ:魅力

的で安全・安心な食の提供に向けて」

<https://www.jba.or.jp/jba/seminar/se_02/post_80.php>

開催場所 (一財)バイオインダストリー協会

定員 60名

主催 (一財)バイオインダストリー協会

協力・協賛 (公社)日本農芸化学会、(公社)日本生物工学会、(公社)日本技術士会登

録グループ 食品技術士センター(予定)

備考 名刺交換会 1.15:00~15:15 / 2.17:05~17:30

「東京五輪で考える魅力的な和食文化の普及・振興」(仮題)

西 経子 氏(東京2020大会における飲食提供に係る基本戦略(飲食戦略)検討会議

委員 / 農林水産省 食料産業局食文化・市場開拓課長)

「最新の食品安全の潮流~衛生管理手法HACCPを踏まえて」

今城 敏 氏(ロイドレジスタージャパン(株) 技術支援部門 食品事業部長 / 立命

館大学 客員研究員)

※改正食品衛生法の柱のひとつであるHACCPの制度化を取り上げる。

「物流、加工場内の省人・自動化から衛生的リスク対策まで」

江龍 晃 氏((株)前川製作所食品部門 技術化G)

高橋 朋子 氏((株)前川製作所技術研究所)

コメント

改正食品衛生法とHACCPの制度

2018-05-29 06:11:20 | 国際連携

東京オリンピックに向けて、食の安全安心は最重要課題ですね。
是非、お話を聞きたいものです。

2018年6月29日 "未来へのバイオ技術"勉強会
「東京五輪への課題シリーズ:魅力的で安全・安心な食の提供に向けて」

<https://www.jba.or.jp/jba/seminar/se_02/post_80.php>

開催場所 (一財)バイオインダストリー協会

定員 60名

主催 (一財)バイオインダストリー協会

協力・協賛 (公社)日本農芸化学会、(公社)日本生物工学会、(公社)日本技術士会登

録グループ  食品技術士センター(予定)

備考 名刺交換会 1.15:00~15:15 / 2.17:05~17:30

「東京五輪で考える魅力的な和食文化の普及・振興」(仮題)

西 経子 氏(東京2020大会における飲食提供に係る基本戦略(飲食戦略)検討会議

委員 / 農林水産省 食料産業局食文化・市場開拓課長)

「最新の食品安全の潮流~衛生管理手法HACCPを踏まえて」

今城 敏 氏(ロイドレジスタージャパン(株) 技術支援部門 食品事業部長 / 立命館大学 客員研究員)

※改正食品衛生法の柱のひとつであるHACCPの制度化を取り上げる。

「物流、加工場内の省人・自動化から衛生的リスク対策まで」

江龍 晃 氏((株)前川製作所食品部門 技術化G)

高橋 朋子 氏((株)前川製作所技術研究所)

 

コメント

ウナギの完全養殖と鯛の未来・・・。

2018-04-05 05:57:41 | 美味しいバイオ

ウナギとマグロが好きで、日本大学の塚本先生(当時は東大)、近畿大学の家戸先生の

ご講演を拝聴したことがあります。

https://blog.goo.ne.jp/mike-mie/e/faec8c86f79eecf0d8fe07de5b93f1aa

近々、またウナギと鯛の話を聞く機会を得ました。

ウナギの完全養殖と、マッスルマダイの話になりそうです。

ウナギを食べてもよいのか、ということには賛否両論あるようですが、
ウナギを食べるという文化も大事にしていきたい、と考えます。
完全養殖、応援したいですね。

https://www.jba.or.jp/jba/seminar/se_02/_2_1.php

"未来へのバイオ技術" 勉強会
「育てる!バイオと水産業2~ウナギとマダイの明日」

2018年5月16日(水)10:00~13:00
開催場所 (一財)バイオインダストリー協会
定員 50名
主催 (一財)バイオインダストリー協会
協力・協賛 (公社)日本農芸化学会、(公社)日本生物工学会(予定)

「ウナギの完全養殖は今どうなっているのか(仮題)」
野村 和晴 氏((国研)水産研究・教育気候 増養殖研究所 ウナギ種苗量産研究センター 量産基盤グループ 主任研究員)
ウナギは稚魚であるシラスウナギを日本各地の沿岸で採集し、それを育てて出荷している。ニホンウナギの稚魚であるシラスウナギの不漁が続いている。いまから8年前の2010年4月には、(独)水産総合研究センターが、ウナギの完全養殖の実験に成功したと発表。「天然資源に依存しないウナギの生産に道を開く悲願」が達成されたとのことだが、実用化に向けた研究は今、どこまで進んでいるのだろうか? 
「ゲノム編集で限界まで筋肉量を増やしたマダイの育種」
家戸 敬太郎 氏(近畿大学水産研究所 教授)
演者らは、不可能といわれたクロマグロの完全養殖に成功。前回の勉強会では、クロマグロ完全養殖研究の黎明から展望、商業化、その後の展開に至るまでの道のりを紹介いただいた。
今回は、ゲノム編集の技術で、筋肉の増えすぎを抑える遺伝子を働かなくさせ、限界まで筋肉量を増やした「マッスルマダイ」について、生産コストを抑えて食べられる部分を増やしたいという養殖業者の願いを形にした育種技術の詳細と、今後の展望についてご紹介いただく。
12:00~13:00 情報交流会「鰻と鯛を食べて、夏へのパワーをチャージしよう」
※お弁当をご準備いたします。どちらか事前にお選び下さい。
 ■築地うなぎ食堂の『熱々の美味しい鰻弁当』
  または
 ■銀座うち山『鯛 胡麻だれ弁当』
※お弁当のメニューは都合により変更になる可能性がございます。あらかじめご了承下さい。

 

コメント

「アサイーあまざけ」ホットも格別。

2018-03-27 22:24:08 | 美味しいバイオ

「アサイーあまざけ」を温めて飲みました。
味が益々濃い感じ。おいっしいっ!!!

とろっとして、酸っぱすぎなくて、冷やしたのもいいけど、うーん。美味しい。

東急ストアでも買えるみたい。

コメント

フルッタフルッタ&会津天宝醸造のコラボで、「アサイーあまざけ」

2018-03-20 05:19:33 | 美味しいバイオ

フルッタフルッタ&会津天宝醸造のコラボで生まれた新商品。

味わってみました。

やさしいお味で、かつアサイーの濃い味わいが豊かで、

おいし~!!!

http://news.e-expo.net/release/2018/01/post-153.html

フルッタフルッタの新製品情報は

https://www.frutafruta.com/products/

です!

会津天宝醸造のオフィシャルサイトは

http://www.aizu-tenpo.co.jp/index.html です。

ダイエットパートナーの玄米オリザーノもおすすめ!
(常温・濃縮)玄米オリザーノ120gが便利です!!
http://www.aizu-tenpo.co.jp/list-genmai.html#itemT

 

コメント