狸喰うモノ牛愛でるモノ

あー。 なんでこんな偉そうな事書いてるんだろうなー。

今年の靖国参拝について

2006-07-25 23:53:23 | Weblog
私が言うのも何ですが、見送った方がよろしいかと。
民意が分かれている(条件賛成派が多数)こと、今年の8月15日に行っても
公約実現にはならない(一回総選挙を挟み、公約がリセットされている)こと
なども有りますが、最大のネックはレバノン情勢。
転がり方次第ではイスラム諸国が散り散りになる、あるいはイスラエルが
泥沼に沈むなども有り得るので、今年後半はひたすらおとなしーく、
息を顰めて静観するのが吉と見ます。
中国に屈する形を避けるのなら簡単で、単に
「涼しくなってから行く」とでも言う。
「今年は二年参りを予定」でも良いですし。
コメント   トラックバック (1)

ミサイル防衛について

2006-07-12 00:26:49 | Weblog
ミサイル発射について北朝鮮の外交関係者は関知していなかったとかいう話が
あるとか無いとか。 とすれば
「拉致は重要度が低いが、なんとなくor遊び半分で現状維持
 分断国家の悲劇の一つである家族離散なんてどうでもいい」
というわけではなく、
「拉致とミサイル、それぞれ諜報機関と軍部がメンツ争い」
ってことになるのか? それはそれでなんだかな~。

さて、ミサイル防衛について。
現段階では何発か打たれた内の何割かは打ち落とせるというレベルのはず。
予算を投入してもこれが劇的に良くなるわけではない。 まあ観測点と
迎撃ミサイル数を倍増させればそれなりに率は上がるだろうけれど。

じゃどの程度の被害が出るのか。
北朝鮮から日本に届くミサイル数が100発、通常弾頭で一発あたり平均10人
犠牲者が出るとする。 とすると死傷者数は1000人。
都市直下型地震一回分といった所か?
次は核弾頭の場合。
人口密集地に三発とどいて、それぞれ10万人犠牲者が出るとする。
計30万人の死傷者。
地震災害だと最悪級、戦争被害としてもかなり悪い。

単純に戦争として考えるならば打ってきた後反撃して
北朝鮮を埋め立てれば簡単に勝てる。 が、被害は大きいと。
国を人に例えるならば交通事故で複雑骨折、
社会復帰はかなり先で動くと傷むみたいな?
30万/1億2000万 だと1/400、知己に犠牲者が出る&
家族親族ごっそり犠牲になる友人が出るレベルか。
もちろん自分がお陀仏になるかも知れない。

自分のテキトウ?な結論としては
・ミサイル防衛システムは無いよりはあった方が良い
・投入する金額とマンパワーは地震対策レベルあたりが上限?
・圧力を強化するにしても「打ってこい」的発言はしない
あたりか。
コメント

自民党次期総裁について

2006-07-09 16:36:15 | Weblog
北朝鮮によるミサイル発射の結果、今年9月に福田氏自民党総裁に就任する可能性が
ほぼ消滅したわけですが、日中関係にはむしろ良かった、かも知れないと。
理由は以下の三点。
1 安倍氏と福田氏で、就任後に掲げる対中政策に大きな差は無いと思われること
2 福田氏逆転勝利となっていた場合、「中国・北朝鮮による工作」の疑念が拭えない
3 北朝鮮が原因で安倍氏確定ならば、中国のメンツは傷つかないこと

日本側の嫌中感情のピークは2004~2005年あたりがピークだったと見る。
最近では感情悪化要因はほぼ出尽くし、右派・保守派の論調も「敵対的」から
「大国を警戒」といった傾向に移行しつつあるように思われる。
この流れは胡錦濤外交の静かな勝利、といった所なんだろう。
まあ元々外交とはそういうものだと言われればそうなんだろうけど。
コメント   トラックバック (1)

北朝鮮によるミサイル発射について

2006-07-09 16:30:17 | Weblog
金英男氏の会見直後にミサイル実験。
会見は日韓分断を目的としたものだとするとなんだか支離滅裂だ。
北朝鮮がおかしいのは当たり前だと考えるか、
会見を失敗としてミサイル実験に踏み切ったか。
否だろう。

最初から会見→ミサイル実験という流れを予定していた、いやむしろ実験が主、
会見が従であったと自分は見る。

北朝鮮の某独裁者になったつもりで考えてみる。キモイとか言うな。
イラク情勢が落ち着き、イラン核疑惑問題も収束しつつある。
このままだと米軍が空爆してくるかもしれない。
ミサイルで脅しておこう。
でもいきなり発射すると日本・韓国内のシンパが離反するかも。
じゃあ、それを防ぐために人質を握っていることを改めて示しておこう。

こんな所か?
これが正しいとすると、平壌政府は国、民族をより良くしていこうという意思は
持ち合わせておらず、権力維持しか興味が無い、ということになる。

クソ政府だ。

これまでは北朝鮮の体制も無政府状態、内乱、弱肉強食よりはマシだと思ってきた。
間違いだったかも知れない。こんなモノよりかは無政府状態の方がまだマシだ。
日本にいる、人質を取られているわけでもないのに代弁やっている連中も同種、
己の権勢維持のみを目的とする輩だろう。権力亡者の世界だ。犬と豚だけだ。

もちろん、「ミサイル恫喝が主」が正しいとした場合の話ではある。
が、そう考えると辻褄が合う。

中国もハイそうですかと見捨てるわけにはいかないのだろう。
でもいったい何時までこんなのに付き合うつもりなのだろうか?
コメント