中小企業診断士 地域活性化伝道師のブログ

地域活性化を目指すプロフェッショナル人材をリンクさせイノベーションを目指す中小企業診断士、地域活性化伝道師です。 

海外生産比率から日本のものづくりの立ち位置を見る!!

2020年03月19日 04時32分43秒 | 2019年版ものづくり白書
「持続化補助金」が募集中です!!
持続化補助金の書き方を、全11回でまとめてみました。是非、参考にしてみてください!

申請書はプロに任せましょう!
経営者の仕事は経営戦略を考えることです。持続化補助金、ものづくり補助金等における申請書の方向性を考える時間は重要ですが、書く作業はムダな時間です。短時間のヒアリングで申請書を完成させます。是非、当社にご用命ください。


 

おはようございます。株式会社リンクアンドイノベーション 中小企業診断士 地域活性化伝道師の長岡つとむ です。

昨日は2019年版「ものづくり白書」8ページ「図 111-6 製造業の実質労働生産性の時系列変化(2010 年を1とした時の上昇率)」を読みましたが、今日は9ページ「図 112-1 我が国製造業の海外生産比率の推移」を見ます。

下図について白書は、我が国製造業のサプライチェーンはアジア全体に広がり、タイや中国における日系自動車産業の集積も報告された。同時に、国内工場の役割として「マザー機能」を残すという戦略も見られるようになった、とあります。

この図の序文として、 ものづくり白書は、バブル崩壊、1997 年半ばの急速な円高方向への推移や、新興国の工業化を背景に国内工場の海外展開が進んだことで、国内製造業が衰退するのではないかという、いわゆる「産業空洞化」の危機感が強まった時代に生まれた。

こうした背景もあり、刊行以来、グローバル展開戦略に関する記述は例年、当白書の重要な柱の一つとなっている。初期の白書においては「加工貿易」による外貨取得を重視し、ASEAN 諸国への生産設備移転の増加傾向を踏まえ、国内製造基盤の空洞化を懸念する分析が行われた。

しかしながら、グローバル化の進展がますます加速化し、新興国に対する諸国の直接投資が活発になると、工程間の国際分業を進める取組が紹介されるようになり、「国際分業論」が展開された。当時の白書においては、グローバル化の中で世界規模での競争に対応するためには研究開発・生産・販売の各段階において、最適な立地環境が整備されている地域へ拠点を展開し、事業や企業の再編を進め、経営効率を向上させる「国際機能分業」の必要性が指摘されている。

「日本は加工立国」「産業の空洞化」という言葉が今となると懐かしいですね。今回のコロナウィルスの影響で中国からの輸入に支障が生じているので、「分業」がさらに一歩進むかもしれませんね~。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
最後までご覧いただきまして、本当にありがとうございます。
是非、応援クリックをお願い致します!お待ちしております!!
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ  
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この先どうやって進めて良いか分からない・・・
事業維持・拡大・縮小、事業承継、等々・・・こんな悩みを抱える小さな会社の経営者を応援します。
今後の進め方を整理しながら、今後に向けた事業戦略の構築をお手伝いします! 是非、当社へお気軽にご相談ください。

売上が上がらない時代には・・・
消費税が増税しても売上高は上がるものではありません!このような時代には事業と個人のお金の使い道を見直しましょう。
中小企業診断士として「事業支出」を分析しながら、FP技能士として「家計のムダ」を整理します。
是非、当社へお気軽にご相談ください。

たまには違う専門家を呼びませんか!
持続化補助金、ものづくり補助金、経営力向上計画等の経営計画策定を開催する商工会・商工会議所の経営指導員の皆様。
専門家派遣・セミナー講師等々、是非、当社へお気軽にご相談ください。

この記事についてブログを書く
« 日本は労働生産性が高いのか... | トップ | 海外から国内へ投資が戻って... »
最新の画像もっと見る