FROM EDITOR・・・・・

航空専門誌の文林堂『航空ファン』&『世界の傑作機』公式ブログ

年末年始の休業のお知らせ

2015-12-26 00:45:44 | BLOG×記事


皆様、今年も『航空ファン』『世界の傑作機』をはじめとする株式会社文林堂の出版物を
ご愛読いただき、ありがとうございました。

弊社の本年の業務は昨日12月25日(金)をもちまして終了となり、新年は1月4日(月)から
業務・編集作業を開始させていただきます。

レッドブル・エアレースの日本初開催と、その後の室屋義秀選手の大躍進から、
思いもよらないソーラーインパルス2の来日、MRJの初飛行まで、今年もさまざまな
航空ニュースがありましたが、来る2016年も、明るい空の話題がたくさんもたらされることを
願ってやみません。

皆様、よいお年をお迎えください。





『航空ファン』、『世界の傑作機』など、
文林堂の本の情報はコチラから!
コメント

MRJの納入時期延期、正式発表

2015-12-25 12:10:14 | BLOG×記事
三菱航空機と三菱重工業は、MRJの開発状況のレビューを発表とした先のリリースのとおり、
12月24日に開発状況に関する説明会を愛知県春日井市で開催し、
三菱重工業副社長の鯨井洋一氏、三菱航空機社長の森本浩通氏らが登壇、
量産初号機の納入時期を2017年第2四半期から1年程度先に変更することを発表しました。



あわせて発表された正式なリリースは以下のとおりです。

----------
三菱航空機と三菱重工業は、次世代リージョナルジェット機 MRJ(Mitsubishi RegionalJet)の量産初号機の納入時期を 2017 年第 2 四半期から 1 年程度先に変更致します。
現在までに、初飛行及びその後の試験飛行で機体の基本特性が良好であることを確認しておりますが、開発を加速する中いくつかの課題を認識し、これらの対策および以下の観点を含め、全体スケジュールのレビューを行ない、スケジュールを変更しました。具体的には、これまでにエンジニアリング作業を米国知見者と共同で進めていく中で、より完成度の高い機体にするため、試験項目の追加・見直しを行ない、これらを納入までのスケジュールに反映致しました。
なお、パートナーとも全体レビューを行ない、開発スケジュールに反映しています。
今後、開発マイルストーン管理を行ない、進捗に合わせてスケジュール精度を高めて参ります。また、北米での飛行試験の早期実現、3拠点(三菱航空機本社・シアトルエンジニアリングセンター・モーゼスレイクテストセンター)の役割・体制を明確化し、各種作業の加速など施策を講じて、開発作業を推進していきます。
これらにより、安全・安心で完成度の高い機体と高品質なサービスをお客様に提供することを目指します。
----------

また、地上試験、走行試験、飛行試験で得られた成果を適宜機体に反映していくとして、
その改修内容について
・全静強度試験結果を反映し、機体強度を向上
・機体システムに組み込まれているソフトウエアのバージョンアップ
も施しているとしています。

これらのMRJ開発に関する最新情報については、次号『航空ファン』3月号(1月21日発売)でも
詳細をお伝えする予定です。
コメント

JALの羽田クリスマスイベント

2015-12-24 10:09:16 | BLOG×記事




JALは23日午後、羽田空港第1および第2ターミナルで計2回、
JAL合唱団「フロイデ」のクリスマスミニコンサートを開催しました。
同合唱団は首都圏のJALグループ社員やOB、OGが1988年に結成、
羽田では1993年の1タミ供用開始以来、20年以上にわたって
毎年クリスマスコンサートを開催しているそうです。
今年も「赤鼻のトナカイ」「ホワイトクリスマス」など計11曲を披露。
1タミ会場(写真)では突然のJALからのプレゼントにしばし足を止め、
ひとときクリスマス気分に浸る家族連れなどの姿が見られました。

なおJALでは、今日(24日)のイブと明日25日のクリスマスの両日、
2タミ5Fのフライトデッキトーキョーで午前11時からと
1タミ2Fのフェスティバルコート(マーケットプレイス)で午後3時から、
さらに今日午後4時から国際線ターミナルの「江戸舞台」で、
「JALベルスター2105」によるミュージックベル演奏を行ないます。
こちらも20年以上にわたって活動を続けているJALの音楽グループで、
今年のメンバーは入社1~3年目の客室乗務員8名で構成されています。
3会場では「ジングルベル」「星に願いを」「サンタが街にやってくる」など
9曲を演奏する予定です。こちらもお楽しみに!

また、今日のJL321出発に際してはお菓子とクリスマスカードの配布、
「フロイデ」によるアカペラ演奏で乗客を見送る予定とのことです。

※ANAの国内各空港におけるクリスマスイベントについてはwebサイトをご覧ください。

コメント

室屋義秀氏関連テレビ番組情報

2015-12-21 12:24:18 | BLOG×記事
この年末、レッドブル・エアレースでも大躍進を見せた室屋義秀氏に関連する
テレビ番組がNHKでオンエアとなります。



1本目は祝日、振替休日の朝にNHK総合で放送されている『インタビュー ここから』。
―――
レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップにアジアから唯一参戦している
パイロット、室屋義秀(42歳)が、エアロバティックスの世界での成功のため、
練習場所を求めてたどり着いたのは、縁もゆかりもない福島市の小さな農道空港、
ふくしまスカイパークだった。
福島の仲間たちの支えもあり、パイロットとして技術を磨き上げてきた矢先に
発生した東日本大震災。
もう飛ぶことはできないかもしれない、そう感じた室屋を再び世界に
送り出してくれたのは福島の仲間たちだった。
―――
「福島から世界の空へ~パイロット 室屋義秀」と題して、
天皇誕生日の12月23日(水)に放送予定です。

放送日時: 12/23(水祝) 午前6時30分から(23分)
放送局 :NHK総合
番組サイト:http://www.nhk.or.jp/a-holiday/

※聞き手、吾妻 謙アナウンサーのブログでは制作秘話・裏話も公開されています。
http://www.nhk.or.jp/fukushima-ana-blog/1400/234185.html



もう1本、レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ2015に関する番組が、
NHK BS1で12月26日(土)午前に放送されます。
こちらは『スポーツ追体験ドキュメント「エアレース2015 室屋の全8戦」』、
新しい機体EDGE 540V3を導入、2度表彰台に上るなど急速な進歩を遂げた
室屋氏が全8戦をどう闘ったのか、その軌跡を自身の目線で振り返り、
進化のプロセスを追体験するというもの。聞き手には辻よしなり氏と、
エアレースの解説も担当した能勢雄一氏があたります。

放送日時: 12/26(土) 午前9時00分から(100分)
放送局: NHK BS1
コメント

『航空ファン』2月号の翼TVニコ生トーク番組は12月21日

2015-12-17 18:29:32 | BLOG×記事
今月もニコニコチャンネル『翼TV』とのコラボレーション生放送、
「航空ファン2月号最新情報トーク」を、12月21日(月)に
ニコニコ生放送でお届けします。
番組のスタートは、いつもどおり20時となります。

今月は12月1日に創設60周年を迎えた航空自衛隊飛行開発実験団の特集にあわせて
同団の記念式典や歴史の話を紹介するほか、誌面で採り上げているさまざまな時事ネタ、
話題のMRJや航空自衛隊向けF-35の組み立ての話などについても触れたいと思います。

放送日は発売当日の21日となりますので、書店にお立ち寄りの後は
早めに帰宅して、今年最後のまったりトークをお楽しみください。
また、もし当日放送を視聴できなくても、翼TVチャンネルの有料会員と
ニコニコチャンネルのプレミアム会員は放送後1週間は自由な時間に再生が可能です。
有料会員以外の方でもニコニコ会員に登録さえすれば、下記URLページ内にある
「タイムシフト予約」をクリックすることで、同様の視聴が可能です。

なお『翼TV』チャンネルには会員限定の航空祭リポートなどの有料コンテンツのほか、
たくさんの航空関連無料コンテンツもアップされていますので、
それらもぜひお楽しみ下さい。

翼TVチャンネルのメインページは上記リンクから、
今月の生放送のご案内はこちらからどうぞ。
コメント

カレンダー

2015年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • RSS1.0 RSS2.0