FROM EDITOR・・・・・

航空専門誌の文林堂『航空ファン』&『世界の傑作機』公式ブログ

年末年始の休業のお知らせ

2016-12-27 17:54:01 | BLOG×記事


皆様、2016年も『航空ファン』『世界の傑作機』をはじめとする株式会社文林堂の出版物を
ご愛読いただき、ありがとうございました。

弊社の本年の業務は本日12月27日(火)をもちまして終了となり、新年は1月5日(木)から
業務・編集作業を開始させていただきます。

2017年は米海兵隊のF-35B日本配備に始まり、さまざまな航空ニュースで賑わいそうです。
室屋義秀選手が初優勝を遂げた千葉でのレッドブル・エアレースについても、引き続き
開催の方向で調整が進んでいるようですし、あの有名なビンテージ機が
世界ツアーの途上、日本に立ち寄るという噂も聞こえてきています。
来年も、明るい空の話題を皆さんにたくさんお届けできることを祈りつつ。

よいお年をお迎えください。




『航空ファン』、『世界の傑作機』など、
文林堂の本の情報はコチラから!

コメント

1月下旬、埼玉でブルーインパルスの映画&トークショーイベント

2016-12-22 12:31:53 | BLOG×記事


クリックすると大きな画像が確認できます

気の早い来年の話ではありますが、イベントのご案内なので少しお早目の第一報です。
1月28日、ブルーインパルスの元飛行班長吉田 "Shin" 信也氏をゲストに迎えたトークショーと
バナプルT-4ブルー20周年作品『果てしなき追求』の劇場版スペシャルエディションの上映を
組み合わせた「ブルーインパルス Movie & Talk イベント」が
埼玉県川口市のSKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ映像ホールで開催されます。
上映される『果てしなき追求』はブルーの飛行映像や未公開シーンなども追加収録、
大劇場用の迫力あるサラウンドシステム用に音も再編集された特別編集版(96分)となっており、
トークショーでは質問コーナーやプレゼントコーナーも用意されています
(会場ではDVDやブルーグッズの販売も計画中)。
当日はトークショーのお手伝いで編集部神野も参加させていただく予定です。

イベントは1400時と1730時の2回実施の予定で、当日券のみの販売。
今後バナプルブログでも追加の詳細情報が出されるとのことなので、
こちらもご確認ください。

また、SKIPシティ以降、各地でのイベント上映についても現在調整が進んでいる模様で、
こちらについても今後、バナプルブログで新しい情報が発表されるかもしれません。

航空祭の一段落したウインターシーズン、ヒコーキの爆音やイベントに飢えている(?)
ファンもいらっしゃるかも? ぜひ一緒に盛り上がりましょう。
コメント

『航空ファン』2017年2月号の翼TVニコ生トーク番組は12月21日

2016-12-17 19:22:20 | BLOG×記事
今年も残すところ半月となってきましたが、2016年最後となる
ニコニコチャンネル『翼TV』とのコラボレーション生放送、
「航空ファン2月号最新情報トーク」を、12月21日(水)に
ニコニコ生放送でお送りします。
番組のスタートはいつもどおり20時の予定です。

今月は2017年早々に岩国基地に配備されるSTOVL(短距離離陸垂直着陸)型の
F-35BライトニングⅡに関連して、
同機とアメリカ海兵隊航空の最新情報を特集していますが、
巻頭で紹介している岩国配備直前のVMFA-121の空撮レポートほか、
誌面の記事に関連する裏話や締め切り以降のトピックなどについて、
トークを展開したいと思います。

また、12月下旬の放送ということで視聴者の方に抽選で当たる
クリスマスプレゼントも用意する予定です。ぜひお見逃しなく!

放送は発売当日の21日。早めに帰宅して、2月号片手に
放送をお楽しみいただければ幸いです。
また、もし当日放送を視聴できなくても、翼TVチャンネルの有料会員と
ニコニコチャンネルのプレミアム会員は放送後1週間は自由な時間に再生が可能です。
有料会員以外の方でもニコニコ会員に登録さえすれば、下記URLページ内にある
「タイムシフト予約」をクリックすることで、同様の視聴が可能です。

なお『翼TV』チャンネルには会員限定の航空祭リポートなどの有料コンテンツのほか、
たくさんの航空関連無料コンテンツもアップされていますので、
それらもぜひお楽しみ下さい。

翼TVチャンネルのメインページは上記リンクから、
今月の生放送のご案内はこちらからどうぞ。
コメント

『航空ファン』2月号は岩国配備間近のF-35Bと海兵隊航空の特集

2016-12-16 08:34:41 | BLOG×記事


2016年もあと半月、編集部では年内最後の発行となる『航空ファン』2月号の
編集作業も無事完了して、12月21日の発売に向けての準備段階です
(一部発売の遅れる地域もあります)。

2017年1月、岩国基地に米軍にとって初めてのステルス戦闘機国外恒常配備となる
海兵隊のF-35BライトニングⅡが到着します。
配備されるVMFA-121“グリーンナイツ”は現時点では海兵隊唯一の実任務部隊ですが、
今月の特集は「岩国配備F-35部隊の来日直前訓練と米海兵隊航空2017」と題して、
巻頭で来日直前のVMFA-121のSTOVL(短距離離陸垂直着陸)型F-35Bの空撮を紹介し、
さらにF-35やMV-22Bオスプレイの配備で新時代へとシフトしつつある
米海兵隊航空部隊の最新情報と部隊リストも掲載します。

また、F-35関連としてはルークAFBに到着し、新編された“忍者”分遣隊に
配備された航空自衛隊向けF-35A初号機の話題もお届けします。

そのほかにも最後のQF-4参加となる2016ネリス・エアショー、
F-14トムキャットも飛んだキッシュ島でのイラン・エアショー、
スウェーデン空軍ヒストリックフライトのドラケン空撮、
シンガポール空軍の一般道戦闘機離着陸訓練、2016年最後のYoshi室屋国内6イベント
海自「多用途ヘリコプター(艦載型)」選定問題、
かかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫オープン、75年目のパールハーバーなども紹介、
追補・個人としての航空戦史「空対空爆弾は有効だったのか(その2)」も掲載します。
コメント (1)

『航空自衛隊次期戦闘機F-35ライトニングⅡ』12月17日発売

2016-12-14 17:46:58 | 告知&ニュース


アメリカ空海軍・海兵隊とわが国の航空自衛隊をはじめ、
世界各国で3,000機以上の配備が予定されているステルス戦闘攻撃機、
F-35ライトニングⅡ。

A/B/C各型の解説、コックピット、エンジン、センサー類、射出座席など
細部のクローズアップ、ウエポン、採用各国の情報のほか、
JSF計画スタートから現在までを追う開発史まで網羅したビジュアルブック
『航空自衛隊次期戦闘機F-35ライトニングⅡ』を12月17日に発行します
(A4変型判オールカラー112ページ。一部発売の遅れる地域もあります)。

巻頭では航空自衛隊向け初号機AX-01の2016年8月の初飛行と
9月の公式ロールアウトセレモニーをリポート。
さらに特別付録として初号機ロールアウト記念の布製パッチが封入されるほか、
航空自衛隊向けF-35Aのスペシャルパッチの誌上販売もご用意しています。


付録のロールアウト記念パッチ


誌上販売は3種のデザインのサブデュード、フルカラーの各バージョンを
アイロン仕様とベルクロ仕様で。
コメント (3)

カレンダー

2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
  • RSS1.0 RSS2.0