FROM EDITOR・・・・・

航空専門誌の文林堂『航空ファン』&『世界の傑作機』公式ブログ

『航空ファン』10月号はF-4記念塗装機から英将来戦闘機テンペストまで

2018-08-15 14:56:26 | BLOG×記事
今年の夏は猛暑や豪雨と本当に異常気象に翻弄されていますが、
皆様が体調も崩さず、災害などにも遭うことなく過ごされていることをお祈りします。
そして今日は8月15日、終戦記念日です。軍用機も多く扱うschool誌面構成ゆえに
ときたま「戦争を賛美するのか」といったご意見をいただくこともありますが、
編集部としては純粋に航空機のメカニズムやその運用の歴史を追究する立場で、
特段偏った政治信条を有しているわけではありませんし、
もちろん皆が平和に暮らせることを、切に願っております。



前置きが長くなりましたが、夏休みを早めにいただいた分、編集部は
皆さんがお盆休みのさなかも鋭意作業を進め、『航空ファン』10月号の校了となりました。
8月21日の発売です(一部発売の遅れる地域があります)。

さあ、全国のファントムファンの皆さん、お待たせしました。
『航空ファン』10月号の表紙と巻頭は、千歳基地航空祭にも参加して話題となった、
第302飛行隊のF-4ファイナルイヤー記念塗装機の空撮です。

そして第1特集は「空自将来戦闘機F-3と英テンペスト」。
一年のうちもっとも天候の安定した初夏のイギリスで、
2年に一度の見本市ファンボロー航空ショーが開催され、
イギリスが開発する将来戦闘機テンペストのモックアップが初公開されて
話題をさらいました。航空自衛隊でも将来戦闘機F-3の行く末が取り沙汰されているなか、
テンペストの国際開発パートナーの候補には日本も含まれており、
その動向が気になるところ。今月号ではテンペストの細部を見ていきつつ、
アメリカのロッキード・マーチンが提案するF-22ベース案などを含めた
航空自衛隊将来戦闘機開発計画も解説します。
第2特集では「空自新型空対艦ミサイルASM-3と世界の最新空対艦ミサイル」を採り上げます。
前号でも試験発射の模様をお伝えした航空自衛隊の超音速国産空対艦ミサイルASM-3が、
ついに開発を完了し量産体制へと移行しつつあるのを契機に、
同ミサイルの開発経緯と、世界の空対艦ミサイルの歴史や最新機材の状況を見ていきます。

このほかカラーでは、世界最大の軍用機の祭典RIAT、
英空軍創設100周年記念フライパス、100周年を迎えたポーランドの航空戦力、
政府専用機ジャンボが2機揃って参加した千歳基地航空祭、
夏の各地のイベント(新潟・石巻・桐生)で飛ぶブルーインパルスなどを紹介、
さらに陸自ヘリパイロット三上1尉が1万飛行時間を突破したニュースや、
中国空母の艦上機である殲15・J-15に生産停止命令が出たニュースなど、
タイムリーな記事、世界の話題、歴史ストーリーも多数掲載します。

なお、巻頭の第302飛行隊F-4ファイナルイヤー記念塗装機を記念した、
航空ファンオリジナルデザインのパッチとTシャツの
誌上限定販売もありますのでご注目を。

コメント

ソ連の女性戦闘機パイロットの漫画、連載開始

2018-08-14 17:20:01 | BLOG×記事
現在発売中の『航空ファン』9月号では特集として「女性パイロット列伝」を掲載しており、
そのなかでは第二次世界大戦中にソ連で編成された
世界唯一の女性飛行連隊についても触れています。
そして8月6日に発売された講談社の月刊誌『ヤングマガジンthe 3rd』第9号では、
この連隊をテーマにした漫画『白百合は朱(あか)に染まらない』(平沢ゆうな著)の
連載が始まりました。



第1回はまだ序章ですが、65ページのボリュームでつかみはばっちり!
今後の展開に期待したいところです。

https://yanmaga.jp/ym3/

コメント

丘珠の航空ページェント、今週末8月12日に開催

2018-08-10 16:30:43 | BLOG×記事


今週末の8月12日、北海道札幌市の丘珠空港(札幌飛行場/陸上自衛隊丘珠駐屯地)で
北海道航空協会の主催で2年に一度開催される「航空ページェント」が実施されます。

毎回官民さまざまな航空機が登場、国内の民間主催のエアショーとしては
最大規模のイベントとなっていますが、
今年は室屋義秀氏がエクストラ300Lでフライトを披露するほか、
MDM1FOXグライダーのアクロ、空自各種戦闘機、C-2、P-1や米海軍EA-18Gのフライバイ、
米空軍PACAF F-16デモチームのフライトデモンストレーションも予定されており、
地上展示には飛行点検隊のYS-11FCも参加する予定とのこと
(滑走路長の問題で、戦闘機の地上展示はありません)。

時間は09時から15時、会場には駐車場は用意されませんので、
公共交通機関でお出かけください(最寄り駅は地下鉄東豊線栄町駅)。

http://sky.geocities.jp/haa_web/pageant/pageant.html
コメント

世界の傑作機スペシャル・エディションVol.7、好評発売中です

2018-08-05 23:27:07 | BLOG×記事

全国の『世界の傑作機』読者の皆さん、お暑うございます。
蝉時雨が響き渡るこの時季になると思い起さずにはいられない、
あの敗戦から73年目の夏がやってまいりました。

七十数年前、当時の若者は祖国の必勝を信じて戦地に赴き
生還の望みを断ち、厳しい戦いのなかに身を置きました。
今回のスペシャル・エディションの「屠龍」もまた、
戦局が苛烈をきわめつつあるなか戦線に投入され、
北は満州、南はインドシナからニューギニア、
フィリピン、台湾、沖縄、そして本土防空戦と、
ライバル機に対しけっして優れていたとはいえない性能ながら
果敢に戦いに挑んでいったのです。
その「屠龍」と本機にまつわる人々の
躍動感あふれる写真を本号ではふんだんに掲載。
三四半世紀前の光景が鮮やかに誌面に甦ってきます。
さらに読み応えたっぷりの解説は従来の通説を正す部分もあり、
詳細な記述は他の追随を許さないと自負しております。

未発表を含む多数の写真提供と記事をご寄稿くださり、
さらに全面的な監修もしていただいたのは
日本機研究では当代随一の渡辺洋二さん。
渡辺さんは小社月刊誌『航空ファン』への不定期連載をはじめ、
他社文庫や書籍の執筆など多忙をきわめており、
じつはこのスペシャル・エディションも5年越しの企画でした。
写真や資料の収集、関係者へのインタビューなど
実際に原稿にするまでの労力は並大抵のものではなく、
世傑シリーズへの寄稿は今回が最後の機会となりそうです。
こうして出来上がった小誌スペシャル・エディションVol.7、
まだご覧いただいていない方は、ぜひ全国の書店さん、
インターネットショップ等でご購読くださいますよう
どうぞよろしくお願い申し上げます。

すでにお買い求めいただいた方はお気づきかと存じますが、カバーの折り返し部にかけて屠龍の全形を収めています。迫力のスケルトン画をお楽しみください
コメント

所沢航空発祥記念館に室屋機現わる!

2018-07-27 13:57:39 | BLOG×記事




今週火曜日(24日)から開催されている所沢航空発祥記念館の今夏のイベント
「『エアレース世界チャンピオン 室屋義秀』~極限からのメッセージ~」。
今日からは室屋選手の愛機、エクストラ300S(JA11DB)の展示が始まりました。





レッドブルカラーのこの機体、おもに国内のエアショーに使用しているもので、
そのフライトをご覧になったことのある方も多いのではないかと思いますが、
こうした機体を、こんなに近くで見られるチャンスはそう多くはありません。

ちなみに22日の千歳基地航空祭でも、室屋選手の操縦で華麗なフライトを披露。
その後ふくしまスカイパークに帰り、分解して昨日夕刻に記念館に搬入・組み立て、
今日からの展示に間に合わせたそうで、まさに“超ホット”な機体なのです。
※上の縦長写真のバックは、レッドブルから借りた実物の1/2サイズのパイロンです。





おもな展示は室屋選手のプロフィール&ヒストリー、エアレースや曲技飛行の解説、
実際に室屋選手が着用したヘルメットやフライトスーツ、トロフィー(上写真)のほか、
VR体験コーナーを設置、国際航空専門学校の学生さんが指導してくれます(下写真)。
また記念館ショップでは、室屋グッズの販売も行なわれています(最下写真)。







なお、イベント会期中の9月2日に室屋選手のトークショーが予定されていますが、
こちらへの参加(無料)は、7月3日から記念館大型映像館で上映されている
「サムライパイロット、世界へ 室屋義秀・極限の闘い」を試聴し、
そこで配布される応募用紙での事前登録が必要です(400人。応募多数の場合は抽選)。
トークショーの応募は8月19日までなのでご注意を!。
詳しくはhttps://tam-web.jsf.or.jp/?p=4501
またはhttps://tam-web.jsf.or.jp/?p=4687 をご覧ください。

●開催期間:~9月9日(日)※9月3日(月)休館日
●場所:展示室内・特別展会場
●料金:通常入館料のみ ※大型映像館での視聴は別途料金が必要。


コメント

カレンダー

2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • RSS1.0 RSS2.0