FROM EDITOR・・・・・

航空専門誌の文林堂『航空ファン』&『世界の傑作機』公式ブログ

国際観艦式に参加した高官輸送ヘリ

2022-12-01 19:20:51 | BLOG×記事
11月6日に海上自衛隊が相模湾で実施した平成4年度国際観艦式については
現在発売中の『航空ファン』1月号でリポートしていますが、
ここではこの式典を支援した機体に関するミニ情報を紹介します。

今回の観艦式には観閲飛行や訓練展示に陸海空自衛隊のほか
米海軍海兵隊、フランス海軍の航空機が参加していますが、
これに加えて高官の空輸支援や取材支援などで数機のヘリコプターが投入されました。
そのうち高官の空輸支援に使われたのが、第111航空隊の掃海輸送ヘリ、MCH-101。
ホームベースは山口県の岩国航空基地ですが、
事前訓練期間を通じて2機が千葉県の下総航空基地に展開、関東各地を飛び回りました。

当日は8651が観閲官である岸田文雄内閣総理大臣を
首相官邸から観閲艦の護衛艦「いずも」まで運んだほか、
式典終了後には「いずも」から付近を航行する空母USSロナルド・レーガンまで、
首相を運んでいます。
また、バックアップ機で随行員らを空輸する任務を帯びたもう1機の8652も、
式典後には横須賀から「いずも」に乗艦した浜田靖一防衛大臣を
レーガンまで運んでいます。



一部航空機マニアにはお馴染みですが、こうした高官輸送の際、
軍や自衛隊では搭乗者に敬意を表してプレートを掲出します。
内閣総理大臣と防衛大臣の場合、5つ桜のプレートが掲出されますが、
首相の桜がバックグラウンドが紫であるのに対し、
防衛大臣のものはエンジ(濃い赤)となっています。

さらに、あくまでも搭乗を示すプレートのため、掲出のタイミングも気を遣うようで、
岸田首相が「いずも」に到着して機体を降りた際には、
すでにプレートは外されていました(2枚目の写真参照)。









そして、今回の国際観艦式ではもう1機、プレート掲出機を見ることができたのですが、
式典にゲストとして参加した米海軍作戦部長(CNO)
マイケル・ギルディ大将の搭乗したMH-60Sで、
4スター(4つ星)に「CNO」の文字が入った紙が
キャビンドアに貼られていました。
同機は式典終了後に「いずも」に飛来、ギルディ作戦部長を
空母レーガンまで運びましたが、同艦に配備されるCVW-5(第5空母航空団)隷下の
HSC-12(第12戦闘支援ヘリコプター飛行隊)”Golden Falcons”の所属機で、
空母航空団司令機にあたるいわゆるCAG機(NF610/167885)です。



じつはこの機体、国際観艦式の1週前、10月29日にキャンプ富士で開催された
フレンドシップフェスティバルに、地上展示機として飛来していました(1月号P.41参照)。
この際、空母レーガンは洋上で行動中なのになぜ厚木に残っているのか不思議で
乗員に聞いたのですが
「この機体は今回は厚木に残されていて、
僕ら第7艦隊司令官などの高官輸送を担当するDet.1(第1分遣隊)が管理しているんだ」
とのことでした。
そして機内には革張りの座席が設置されており、
「とある理由でちょっと前にこの椅子を装着した」と説明してくれました。
「とある理由」がCNOの搭乗だったということが、このフライトで判明したわけです。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

久しぶりの『世界の傑作機』通常版No.208はTa 152を特集

2022-11-30 18:15:29 | BLOG×記事


通常版としては7月末の零式水上偵察機以来となる『世界の傑作機』ですが、
No.208ではフォッケウルフTa 152を取り扱い、
いつもより少し遅めの12月6日に発売となります(一部発売の遅れる地域があります)。

大戦末期にドイツの防空を託す高高度戦闘機として
クルト・タンク博士のもと開発されたものの、
戦況などから最終的な本格生産が始まる前に終戦となった機体ですが、
本書ではアメリカのスミソニアンが保有するTa 152 H-0現存機の細部写真のほか、
カラー図面や貴重な開発時の写真を多数掲載、開発史や各型解説、
実戦記録とパイロットストーリーなども網羅します。


©M.SATAKE
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

あいち航空ミュージアムのブルーインパルス企画展訪問

2022-11-28 15:42:24 | 編集長日記


愛知県政150周年ブルーインパルス展示飛行と、
あいち航空ミュージアム開館5周年記念特別企画展
「Always with Blue ~大空への憧れをブルーインパルスと共に~」の関係で、
11月26日、27日の両日、あいち航空ミュージアムに行ってきました。

民間施設の常設展示としては初となるT-4ブルー仕様機(26-5805)のほか、
オープニングトークショーとして26日午前には
SKE48の菅原茉椰さんと第11飛行隊第6代飛行班長吉田信也さん、
同館スタッフの土屋昭人さんによるステージがあり、
午後と翌27日には吉田さんにブルーを解説していただくトークショーも行ない、
航空ファン編集神野が聞き手としてお手伝いさせていただきました
(私事ですが、対外的にはこれが航空ファン編集長として
読者の皆さんと直に接する最初の機会となりました)。





そのほか、企画展では「リタイ屋の梅」氏のイラストでつづる
詳細なブルーインパルス解説パネルの展示や、キヤノンの8Kブルー映像の放映、
4番機ポジションでアクロを体験するシミュレーター(土日のみの運用)などもあり、
4月9日まで開催されています。

さらに、26日の愛知上空でのブルーの展示飛行を対象とした
愛知県主催のフォトコンテストも作品を募集中です。
当日、愛知県各地でブルーをカメラやスマホで撮影した皆さん、
ふるってご応募下さい
(募集要項や応募方法はこちらからhttps://aichi-mof.com/news/2022/11/422331.html)。

各種トークでは吉田さんの詳しい解説を聞くことができましたが、
26日午前のステージでは菅原茉椰さんのシミュレーターの腕前にも
驚きの喚声があがっていました。
なお、吉田さんとミュージアムの土屋さん(元空自テストパイロット)は、
航空学生の同期生(36期)なのだそうです。



そしてもうひとつ。館内1Fにあるミュージアムショップ「ファンブレード」では
「ブルーインパルスグッズ・スーパーフェア」と題して
弊社のカレンダーを含むブルーインパルスに関するさまざまなグッズが取り揃えられています。
なかには長年修業を積んだ職人さんがひとつひとつ刻んでいく
ブルーインパルスをイメージした「薩摩切子」のグラスなどもあるので
ぜひ訪問の際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか。      (神野)






コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

愛知県政150年とあいち航空ミュージアム5周年で今週末はブルーインパルスづくし

2022-11-22 01:00:00 | BLOG×記事


11月26日(土)、愛知県の県政150年を記念してブルーインパルスが同県上空を飛行します。
その詳細が発表され、13時15分ごろ小牧基地を離陸して
約50分間かけて県内を回ることが明らかになりました。
その詳細は本日21日発売の『航空ファン』2023年1月号P.96でも紹介していますが、
そこでも触れているとおり、
名古屋空港にあるあいち航空ミュージアムも今年5周年を迎えることを記念して、
開館5周年記念特別企画展
「Always with Blue ~大空への憧れをブルーインパルスと共に~」を
この日から開始します。
企画展では民間施設としては初となる
T-4ブルーインパルス仕様機(26-5805)の正式な常設展示開始のほか、
T-4ブルーシミュレーター体験やブルーの歴史やトリビアをまとめたパネル展示、
8K映像の上映などが催され、
また26日と27日にはSKE48菅原茉椰さん、
元ブルーインパルス飛行班長吉田信也さんらが登場する
トークショーなども予定されています。
さらに、26日のブルーインパルスのフライトを題材とした
愛知県主催のフォトコンテストも開催予定ですので、
ぜひこちらもチェックしてみてください。

ブルーの愛知県上空での展示飛行詳細については下記URL参照
https://www.pref.aichi.jp/press-release/blue-time.html?fbclid=IwAR2YzHBk6wv1QFxj5V4NzyBeqFMkgIJ2eodWek5BWRm43y6OJf7safOD9Pg

あいち航空ミュージアムの企画展等については下記URL参照
https://aichi-mof.com/




そしてもうひとつ。あいち航空ミュージアムに隣接する商業施設、
エアポートウォーク内のシネマコンプレックス、ミッドランドシネマ名古屋空港では
11月18日から「ブルーインパルス映画祭」と題して
バナプルのブルーインパルス作品の上映が11月いっぱい行なわれています。
11月18日(金)~21日(月)『絆 再びの空へ Blue Impulse』(上映終了)
11月22日(火)~25日(金)『果てしなき追求』
11月26日(土)~30日(水)『アクロエリアSKC』『劇場版コンプリートミッション』(2本立て)
※予告動画はこちらから
https://youtu.be/6yqHOklgQdQ

詳細は劇場URL参照
http://www.midland-cinema.jp/topics_detail/2743
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ご挨拶

2022-11-21 11:55:05 | 編集長日記


本日発売の『航空ファン』2023年1月号の編集作業をもって編集長を離任いたしました。
1988年の拝任から足かけ35年、読者の皆様をはじめ、執筆者、カメラマン、
イラストレーター、クライアント、取材先の方々には大変お世話になりました。
素晴らしき“仲間”に囲まれて仕事ができたことを誇りに思うと同時に、深く感謝いたします。
本当にありがとうございました。

後任には、これまで編集次長として私を支えてくれた神野幸久が着任しました。
新たな『航空ファン』に、変わらぬご愛顧をお願いいたします。

なお今後も編集部には籍を置き、『航空ファン』を側面から見守り(監視し)つつ、
別冊や『世界の傑作機』の編集には携わる予定ですので、
引き続きのお付き合いをよろしくお願いいたします。

とは言え、ひとつの節目を迎えたことに変わりはありません。
毎月、好き勝手に主観を書き連ねた『航空ファン』編集後記と、
本ブログの編集長日記を書けなくなったことに一抹の寂しさはありますが、
新たな気持ちで飛行機の魅力をお伝えできるよう、もうひと頑張りする所存です。

写真は私が小学生のころ、小遣を貯めて初めて買った『航空ファン』1968年10月号。
韓国オーサン基地に派遣された米空軍のF-106デルタダートのフォトリポートを
食い入るように読んだ(眺めた)ものです。
間違いなく、現在の私の原点がここにありました。

三井一郎
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カレンダー

2022年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー

プロフィール

プロフィール画像
自己紹介
毎月21日発行の月刊誌『航空ファン』、奇数月30日発行の『世界の傑作機』は共に文林堂の定期誌です。このブログでは、編集部による耳よりな情報を随時発信していきます!
  • RSS1.0 RSS2.0