FROM EDITOR・・・・・

航空専門誌の文林堂『航空ファン』&『世界の傑作機』公式ブログ

夏期休暇のお知らせ

2018-07-31 11:04:58 | 告知&ニュース
弊社は8月5日まで夏期休暇をいただいております。
お電話でのお問い合わせ等は6日午前9時以降にお願いいたします。
コメント

7月27日

2018-07-27 20:50:52 | 編集長日記




先ほど東京・四谷で、5月22日に逝去された航空イラストレーター、
下田信夫さんのお別れの会が開催され、発起人のひとりとして参加してきました。
会場には、下田さんと親交のあった人たちや関係者ら約100人が集まり、
それぞれに下田さんとの思い出を語るなどして、故人を偲びました。

コメント

所沢航空発祥記念館に室屋機現わる!

2018-07-27 13:57:39 | BLOG×記事




今週火曜日(24日)から開催されている所沢航空発祥記念館の今夏のイベント
「『エアレース世界チャンピオン 室屋義秀』~極限からのメッセージ~」。
今日からは室屋選手の愛機、エクストラ300S(JA11DB)の展示が始まりました。





レッドブルカラーのこの機体、おもに国内のエアショーに使用しているもので、
そのフライトをご覧になったことのある方も多いのではないかと思いますが、
こうした機体を、こんなに近くで見られるチャンスはそう多くはありません。

ちなみに22日の千歳基地航空祭でも、室屋選手の操縦で華麗なフライトを披露。
その後ふくしまスカイパークに帰り、分解して昨日夕刻に記念館に搬入・組み立て、
今日からの展示に間に合わせたそうで、まさに“超ホット”な機体なのです。
※上の縦長写真のバックは、レッドブルから借りた実物の1/2サイズのパイロンです。





おもな展示は室屋選手のプロフィール&ヒストリー、エアレースや曲技飛行の解説、
実際に室屋選手が着用したヘルメットやフライトスーツ、トロフィー(上写真)のほか、
VR体験コーナーを設置、国際航空専門学校の学生さんが指導してくれます(下写真)。
また記念館ショップでは、室屋グッズの販売も行なわれています(最下写真)。







なお、イベント会期中の9月2日に室屋選手のトークショーが予定されていますが、
こちらへの参加(無料)は、7月3日から記念館大型映像館で上映されている
「サムライパイロット、世界へ 室屋義秀・極限の闘い」を試聴し、
そこで配布される応募用紙での事前登録が必要です(400人。応募多数の場合は抽選)。
トークショーの応募は8月19日までなのでご注意を!。
詳しくはhttps://tam-web.jsf.or.jp/?p=4501
またはhttps://tam-web.jsf.or.jp/?p=4687 をご覧ください。

●開催期間:~9月9日(日)※9月3日(月)休館日
●場所:展示室内・特別展会場
●料金:通常入館料のみ ※大型映像館での視聴は別途料金が必要。


コメント

ヘリコプターフェスティバル in TATEYAMA、台風の影響で中止

2018-07-27 13:50:51 | 航空イベント


明日、7月28日に開催を予定していた海上自衛隊館山航空基地(千葉県)の
ヘリコプターフェスティバル in TATEYAMAは、
台風12号の接近にともない荒天が予想されるため、
残念ながら中止となりました。ご注意ください。

http://www.mod.go.jp/msdf/tateyama/newhp/ibento/ibento.html
コメント

BDのオーディオコメンタリーに初挑戦

2018-07-23 22:08:03 | 編集部日記
先日も本ブログで少し紹介しましたが、2006年にテレビ放映された
空自航空救難団の活動をテーマにしたアニメ『よみがえる空―RESCUE WINGS』の
BD-Boxが11月22日にバンダイナムコアーツから発売になります。
https://bvc.bandaivisual.co.jp/shop/itemdetail/BCXM-1398/

今日はその音声特典となるオーディオコメンタリー
(副音声解説の「レスキューコメンタリー」)の収録に、
航空雑誌の編集者という立場で参加させていただきました。



参加メンバーは元小松救難隊長でUH-60J導入にも携わった櫻田秀文氏、
軍事・航空評論家の岡部いさく氏、作品のプロデューサーで
『航空ファン』で「航空救難団活動記録」の執筆も担当してくださっている杉山 潔氏という
豪華メンバーで、実際の救難現場での苦労話や災害派遣出動のシステムなど、
興味深い話をたくさん聞くことができました。

ボックスに収納される全13話すべてにオーディオコメンタリーがつけられるため
(アニメの制作スタッフによるコメンタリーも収録されるそうです)、
今後もまだ数回、収録が予定されています。
個人的にも、今後も貴重な話を聞けるのが楽しみです。  (神野)


コメント

カレンダー

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
  • RSS1.0 RSS2.0

gooブログ おすすめ