FROM EDITOR・・・・・

航空専門誌の文林堂『航空ファン』&『世界の傑作機』公式ブログ

インド空軍がパキスタンのテロリストキャンプを航空攻撃

2019-02-27 13:15:53 | 告知&ニュース


インドでは先週末、エアロインディア2019が2月20日から24日にかけて
開催されていましたが、パキスタンのイスラム過激派ジェイシモハメドが
14日にカシミール地方で行なった自爆テロ攻撃への報復として
この会期直後の26日未明(0330時)、インド空軍の航空機が
パキスタンとの国境(正確にはカシミール地方のパキスタン実効支配線)を越えて
同国内バラコットの組織訓練キャンプを航空攻撃、
インド政府はこの作戦で武装勢力メンバーなど300人が死亡したと発表しています
(パキスタン政府は越境攻撃があったことを発表したうえで、被害については否定)。

インドとパキスタンはカシミール地方の領有権をめぐって
長きにわたり争っていますが、インド空軍機が国境線を越えて
航空攻撃を行なったのは1971年以来とのこと。
一部報道によれば今回の作戦では12機程度のミラージュ2000が対地攻撃を実施、
Su-30MKIが航空援護に就いたとの情報もあります。

なお、欧米とインドの国際関係がクローズアップされた
今回のエアロインディアについては、3月20日発売の『航空ファン』5月号で
リポートを掲載する予定です。

※追記
この攻撃時なのかその後再度の攻撃があったのかは分かりませんが、
その際インド空軍機2機が墜落したとみられ、パキスタン政府は撃墜したと発表しています。
コメント

航空関連コミック2冊

2019-02-25 13:52:38 | BLOG×記事


航空関連の漫画が、立て続けに2本、単行本化されて発売中です。
どちらも雑誌での連載開始の際にここで紹介しましたが、
コミックスでまとめ読みできるのはうれしいので、あらためてご紹介します。

1本目は『ソラモリ』(http://grandjump.shueisha.co.jp/manga/soramori.html)。
集英社『グランドジャンプ』で連載中の、村上もとか・千葉きよかずのコンビが描き出す
航空自衛隊パイロットの成長譚です。
1巻ではまだ主人公の伊吹守人が航空学生に入隊してから
初級操縦課程に進むところまでですが、今後の展開が楽しみな作品です。


もう1本は『白百合は朱に染まらない』(https://yanmaga.jp/c/shirayuri/)。
講談社『ヤングマガジンサード』に連載されている、平沢ゆうな著の
第二次世界大戦ソ連軍女性戦闘機部隊のストーリーです。
バルバロッサ作戦(ドイツのソ連侵攻)に端を発して編成された、
実在した世界で唯一の女性だけの戦闘機部隊、第586戦闘飛行連隊を題材に、
主人公ナージャ・カルサーヴィナと仲間たちの奮闘が描かれます。

コメント

あいち航空ミュージアムの新しい展示機&小牧基地オープンベース

2019-02-22 17:53:07 | 告知&ニュース




愛知県の県営名古屋空港に隣接するあいち航空ミュージアム(https://aichi-mof.com/)に、
本日2月22日、新たな展示機が仲間入りしました。
1機は先ごろ警視庁航空隊から除籍となったEH101、そしてもう1機は
映画撮影用の実物大模型ではありますが、『永遠の0(ゼロ)』に登場した零戦52型です。
零戦に関しては、2017年の開館以降三菱重工から貸し出されている
零戦52型甲が館内に展示されていますが、
同機については4月8日をもって展示が終了となる予定なので、
これから約1ヵ月半は、2機を一度に見ることができる貴重なチャンスです。
また、機体追加を記念した特別イベントも本日から24日(日)まで行なわれています。
https://aichi-mof.com/news/2019/02/post-59.html

なお、同ミュージアムではお伝えしている通りフォトコンテストの作品も募集中です。
Ⓐ民間機部門(エアラインで使用されている旅客機や民間企業、個人所有の航空機等)、
Ⓑ官用機部門(陸・海・空各自衛隊所属の航空機、警察・消防・防災等の
任務についている航空機、他国の軍所属の航空機等)、Ⓒブルーインパルス部門
(航空自衛隊ブルーインパルス所属の航空機)、Ⓓ航空関連施設・車両等部門
(管制塔、滑走路、気象レーダー等航空関連施設や飛行場で働く車両等)の4部門で、
3月31日(日)必着です(さらに、これに関連して赤塚 聡カメラマンの写真を中心とした
フォトギャラリー[写真展]も4月9日まで開催中)。
https://aichi-mof.com/news/2019/01/post-56.html




もうひとつ、名古屋空港周辺の話題としては、各地で上映してきた
コックピット映像でブルーインパルスの展示飛行を体感できるバナプル制作の劇場作品
『COMPLETE MISSION』(上映時間71分)が、3月1日(金)から14日(木)まで、
同じく空港隣接の商業施設エアポートウォーク内の映画館、
ミッドランドシネマ名古屋空港で上映されます。
URL:http://www.midland-cinema.jp/




3月2日には小牧基地オープンベースも開催予定で、
ブルーインパルスの参加も計画されていますが、これを機会に
飛行場西側に位置するあいち航空ミュージアムとミッドランドシネマに
立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
http://www.mod.go.jp/asdf/komaki/



コメント

『航空ファン』4月号は来年度予算案の公表にあわせて自衛隊航空2019を特集

2019-02-20 15:31:35 | 告知&ニュース


『航空ファン』4月号は次年度の防衛予算案公表にあわせた恒例の特集「自衛隊航空2019」。
平成31(2019)年度の防衛予算の使途や装備の概況を紹介するとともに、
今年度末時点での陸海空3自衛隊の航空関連部隊組織図も掲載します。
また、新防衛大綱と次期中期防では具体的な案が明示されなかったF-2後継機についても、
国産機の開発が可能なのかなど課題を検討します。
さらに表紙と巻頭では、日本よりかなり前からSTOVL(短距離離陸/垂直着陸)機
ハリアーを艦上運用してきたスペイン海軍について紹介。
軽空母プリンシペ・デ・アストゥリアスの退役後は強襲揚陸艦ホアン・カルロスⅠを
ハリアーの多目的プラットフォームとして運用している同海軍に、
F-35Bを導入し護衛艦上での運用も想定している自衛隊の姿を重ねつつ見ていきます。

ほかにもカラーページではハワイ沖に展開しF-22Aと訓練したB-2A、
4機で嘉手納に一時展開したU-2S、英空軍トーネードGR4運用終了記念塗装機編隊空撮、
オランダ空軍向けF-35A量産機ロールアウト、米海兵隊支援部隊H&HSのUC-35DとUC-12W、
新スポンサーを得たミカ・ブラジョー&
開幕戦室屋選手優勝のレッドブル・エアレース2019などを紹介します。

さらにモノクロページでは米海軍艦載レガシーホーネットの終焉、
霹靂ミサイル(中国空軍AAM)発達史、追補・個人としての航空戦史等の読み物をお届けし、
話題の『荒野のコトブキ飛行隊』を支える「こだわる人たち」については
舞台裏インタビューを掲載します。
明日2月21日(木)の発売です(一部発売の遅れる地域があります)。

さらに明日21日20時からは、恒例の翼TVニコニコ生放送
「航空ファン4月号最新情報トーク」も放送予定です。
放送視聴とタイムシフト予約は下記URLからどうぞ!
http://live.nicovideo.jp/gate/lv318588534
コメント

「写真を磨く」作例募集の締め切り迫る!

2019-02-18 18:44:53 | 告知&ニュース

©Junichi SHIMAZAKI

「写真を磨く」の第10回作例募集の締め切りが迫っています。
3月号、まもなく発売の4月号(ともにP.139)をご覧いただき、
下記の要領でご応募ください。お待ちしています!

●募集要領
・対象画像:自分で思うように仕上げられない画像やエキスパートの仕上げを希望する画像をお送りください。コンテストではないので“うまい写真”である必要はありません。
・被写体:航空機または航空に関するシーン + 特別テーマ「入間基地のC-1とYS-11」
・使用カメラ:デジタル一眼レフカメラまたはミラーレス一眼カメラ(メーカーと機種は自由)
・応募点数:ひとり7点以内
・応募画像データ形式:RAWデータ(未編集データで、Exifデータが付いていること)
・応募方法: 画像データをCD、DVD、BDなどのディスクメディアに収納して送付。撮影場所、氏名、メールアドレス、住所、電話番号を添えてください。
・採用時に本名ではなく、匿名で掲載希望の場合はその旨を明記してください。
・作品募集期間:2019年2月末日までに下記着。
・データ送付先:〒164-0001 東京都中野区中野3-39-2 ㈱文林堂「航空ファン写真を磨く」係
・応募画像の取り扱い:編集部で画像を管理、不使用画像および使用済み画像のデータを消去。ディスクメディアは返却しませんのでご了解ください。
コメント (2)

カレンダー

2019年2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

バックナンバー

  • RSS1.0 RSS2.0

gooブログ おすすめ