風のBLOG

東京演劇集団風の時事通信!
公演情報や稽古場速報、全国巡回公演の情報など
日々の出来事を速報!!

2022年『Touch~孤独から愛へ』秋ツアー その1

2022-09-12 16:47:44 | 全国巡回公演

9月5日(月) 【高知県】清水高校

  7日(水) 【高知県】佐川高校

  9日(金) 【広島県】松永高校・沼南高校合同公演

 10日(土) 【岐阜県】公益財団法人岐阜県教育文化財団TASCぎふ

             バリアフリー公演

 

9月5日 清水高校

この秋の『Touch~孤独から愛へ』巡回公演、初日は高知県立清水高校です。

2020年に『ヘレン・ケラー~ひびき合うものたち』を上演する予定でしたが、延期になり今回ようやく『Touch』で風は初めて清水高校のみなさんとお会いすることができました。

当日は台風11号の心配もなく少々蒸し暑い気候で、学校から歩いて15分程の土佐清水文化会館くろしおホールに入ったみなさんは、ホッと一息といった様子でした。

芝居が始まるとすぐにその場の空気が凝縮していくような濃い時間が流れていきました。そして、最後まで、静かだけれどひとりひとりがしっかりと舞台を受け止めてくれていることを感じました。

カーテンコールでハロルド役の柳瀬太一も「みなさんのおかげでいい舞台を作ることができました。良い初日になったことを感謝します。」とお礼を述べました。

その後、先生から「とても良い演劇でしたね。この感動を忘れないうちに感想を書いて金曜日の朝までに提出してください。」と呼び掛けておられました。

 

9月7日 佐川高校

6日に予定していた公演が台風のため順延となりました。

1日過ぎ、当日は台風一過できれいな晴天です。

今回の『Touch』の公演が創立100周年記念の行事の幕開けとなるそうです。

終演後、文化部長の生徒さんから、「心に残る公演をありがとうございました。すてきな舞台を間近ではじめてみて、最初は緊張していましたが、だんだん引き込まれて行きました。本当にありがとうございました。」とお礼のことばをいただきました。

そして、花束をおくられた柳瀬から「創立100周年の幕開けとしていただいたことを光栄に思います。この2時間を一緒につくり、食い入るようにみてそれぞれがそれぞれの感じ方をしてくれたと思います。誰かと重ねたり、歴史や社会を感じとりながら、見ているのかもしれません。みなさんにとって大きな思い出の一つ、大切な思い出の一つになってくれたら幸いです。」

 

 

当日の呼びかけで、たくさんの方が舞台見学と座談会に参加してくれました。

9月9日 松永高校・沼南高校合同鑑賞会

2017年には、両校合同で『ヘレン・ケラー』を上演し、2021年に『Touch』の公演を予定していましたが、延期となり今回の公演となりました。

開場にさきだち、両校生徒会のみなさんが舞台監督の佐田と打ち合わせを行いました。打ち合わせが終わり会場まで少し時間があったので、開演前に舞台を見学していました。

始めに松永高校の生徒会長さんがあいさつに立ちました。

「第9回目の合同芸術鑑賞会になります。今日の日を楽しみにしてきました。2年ぶりの開会です。前回の『ヘレン・ケラー』は感動の連続だったと聞いています。感染症にも注意しながら、楽しんで鑑賞しましょう。」

2階席のうしろからでもみなさんが真剣に舞台と向き合っている姿が見えました。

最後にフィリップがトリートを抱き、「トリート!!」と叫ぶシーンで客席の集中が頂点に達するのをみました。

カーテンコールでは、まず松永高校生徒会長さんが

「『Touch』という題名を聞いた時、何か引き込まれるものを感じました。他人同士という立場でも何かが築かれる。死んでしまったハロルドに対して、号泣しているトリートに感動しました。兄弟の大切さを感じました。」と話してくれました。

続いて、沼南高校の代表の生徒さんが、「今日は生徒の為に演劇を見せていただきありがとうございます。高校三年生にとってもはじめての鑑賞会でした。相手と向き合うことの大切さをあらためて感じました。これからの人生に生かしていきたいと思います。」と話してくれました。

そして、花束と記念品をいただき

柳瀬が「この2時間一緒につくりあげてくれた、みなさんひとりひとりの『Touch』です。心の中にできあがった『Touch』を大切にしてください。」とあいさつしました。

そして、鑑賞会の締めの言葉として、沼南高校の生徒会長さんが「このコロナ禍で開催が心配されていましたが、こうして合同鑑賞会ができたことを本当にうれしく思います。ありがとうございました。」

とあいさつし、会場が大きな拍手に包まれました。

 

終演後、セットをバックにして松永高校の生徒会と演劇部のみなさん、沼南高校の生徒会のみなさんで一緒に記念撮影をしました。

舞台の撤去作業と並行して、客席では柳瀬が松永高校演劇部の生徒さんら4人と座談会を行いました。生徒さんの活発な質問に答えている様子を校長先生と担当の先生が最後まで見守っていました。

 

9月10日 公益財団法人岐阜県教育文化財団TASCぎふ主催 バリアフリー公演

13:00から障害を持った方やサポートが必要な方が優先的に入場されました。

座席を決めてから、希望する方の舞台見学が始まりました。小道具に見て触れてみたり、階段のセットを上って裏を覗いてみたり……と楽しんでいただきました。

13:10から一般入場が始まり、同じく座席を決めてから舞台見学を希望する方々に自由にみていただきました。

障害のある方もない方も、そして、就学前の子ども達から年配の方まで幅広い方々がおられる客席となりました。

13:40から

バリアフリー演劇研究会のメンバーであり音声ガイド監修者である全盲の大河内直之さんと、岐阜ろう劇団いぶきの代表で舞台手話通訳監修者でもあるろう者の河合依子さんからバリアフリー演劇の説明がありました。

 

次に出演者にバトンタッチし、登場人物の衣装や髪型、舞台の構造、サインネームなどを説明しました。

 

ベルとともに開演し、静かな中に時折小さな子のかわいい笑い声が聞こえてきます。

私もいい時間をともに過ごせ、マスクのしたで鼻水をすすっていました。

「一緒になってみる。一緒になって楽しむ。一緒に喜びを味わえる社会が垣間みえたらいいなと思っています。みなさんとまたどこかでお会いできることを願っています。」と柳瀬のあいさつに客席から熱い拍手をいただきました。

終演後の舞台見学もしばらく続きました。たくさんの笑顔をありがとうございました。

 

いよいよ、秋の巡回公演が始まりました。感染症はもとより、台風の行方も気がかりな旅立ちです。それでも次の日には公演できホッとしました。

春の公演でもみてきた『Touch』ですが、毎回少しずつ印象に残る具合も変わる気がします。初日の舞台、ラスト近く散歩から帰ってきたフィリップが家を出る決意を兄トリートに伝えていく場面では、自分からどんどんと離れて行ってしまう弟への呼びかけが痛く切なくじわじわと涙が溢れてきました。

また、ハロルドが死の間際まで兄弟を元気づけていく姿――それも明るく――「心配ない。俺はいつも一緒だから……」。フィリップが「一緒?」と聞き返すと、「いつまでも、永遠に。あてにしていいぞ。」と二人に呼びかけ、動かないトリートに「もう見つけられるだろう。」と希望を託すハロルドの言葉がひびいてきます。

そして、今週特に強い印象を残した言葉はフィリップがトリートに語る「誰にも権利があるんだよ。誰にも侵すことのできない権利。生命と自由と幸福をもとめる権利。」でした。

これからの一回一回客席とつくり出していく『Touch』を注視していきたいと思います。

 

スタッフ:保角淳子


「ヘレン・ケラー~ひびき合うものたち」2022夏 西日本・東日本ツアー9週目

2022-07-21 16:21:59 | 全国巡回公演

7月5日[火]青森県 向陵高校

7月8日[金]茨城県 茗溪学園中学校・高校

今週は青森県と茨城県での公演でした。
春のツアーも千秋楽まであとわずかです。

向陵高校

八戸市では向陵高校のみなさんの、あたたかいおもてなしが印象的な公演となりました。


終演後にびっくりするくらい多くの生徒さんが手伝ってくれ、交流の楽しい時間を過ごすことができ、劇団員もたくさん元気をもらったようです。別れぎわには校長先生も「シーユーアゲイン」の言葉とともに見送ってくださり、風の次回公演を楽しみにしてくださいました。暑い体育館の公演でしたが、元気いっぱいのみなさんと過ごす時間は私たちにとって大切な(場)です。再会の日を楽しみにしています。


茗溪学園中学校・高校

つくば市の茗渓学園では中学校と高校の二回公演でした。ぎっしりと満席の会館は久しぶりです。

学校行事は2年半の制約を経て、少しずつそのあり方を変化させています。コロナ禍は相変わらずまた増える傾向のようですが、先生方はこれまでの経験をもとに、お互いの健康を気遣いながらの新しい鑑賞の形を探求している事を感じました。終演後には演劇部の座談会も開かれ、9月の発表会に向けてのそれぞれの想いや相談など、サリバン先生役の高階ひかりを囲んで盛り上がっていました。

アナグノス校長役:緒方一則


「ヘレン・ケラー〜ひびき合うものたち」2022春 西日本・東日本ツアー第9週目

2022-07-21 14:54:50 | 全国巡回公演

 

7月13日【東京都】府中西高校 昭島市民会館

7月16日 【東京都】 田園調布学園・中学部 同校講堂

 

 

4月にスタートした西日本・東日本ツアーもいよいよ千秋楽が迫ってきました。

熱い日々が続き、コロナに加え、集中豪雨と様々な試練がありましたが、学校は子供たちのためにと、

公演をやる気満々です!

 

 

 

府中西高校

 

コロナ禍で感染防止のために2回公演を希望する学校も多い中ですが、900人以上生徒が1回公演で観劇をしました。

コロナ以前に戻ったかのように思うくらい私たちも久しぶりの大人数での公演となりました。

この学校はコロナで公演が延期となり、今回2年越しの公演でした。

生徒さんたちはとてもワクワクしている様子で会場に入ってきました。元気な声が舞台袖まで聞こえてきます。

公演前の担当の先生の挨拶では、生徒さんたちに対し、とても熱いメッセージが伝えられました。

「やっとこの日を迎えることができました。皆さんも心を真っ白にして、劇団の皆さんが演じる”ヘレン・ケラー”の舞台に自身を染め上げてください。そしていろんなことを感じてもらえたら、と思います。」

舞台に向かう生徒さんは真剣に、息を呑むような静けさで、圧倒されるような客席でした。

公演後にも先生からの挨拶がありましたが、

「皆さんとってもよく観てくれていましたね。劇団の皆さんと一緒に舞台をよく作ってくれたのではないかと思います。」

と生徒さんたちをたくさん褒めていました。

 

コロナの心配もあり、交流会を行うことは叶いませんでしたが、2年延期となっても、

諦めずに生徒さんたちのためにここまで繋いでくださった先生方には本当に感謝を申し上たいです。

そして、全校生徒で1つのことに向かう今回の鑑賞行事が生徒さんたち一人一人にとって、

大切な思い出の1つとなってくれたらと思います。

 

 

 

田園調布学園・中等部

 

この学校は中等部の1・2年のみの行事での公演でした。

学校の講堂が地下2階にあるため、前日から舞台の準備がありました。

過去にも何度も公演をしている学校で、「肝っ玉とその子供たち」「ヘレン・ケラー」「ジャンヌ・ダルク」の公演を行っています。

今回の「ヘレン・ケラー」の公演は2回目となる公演でした。

生徒さんたちはとても元気な様子で会場に入場してきていました。

先生方からも「子供たちは今日の公演をとても楽しみにしていた」と伝えられました。

舞台に向かう生徒さんたちは、驚いたり、大いに笑ったりして、自由に観ていました。

舞台の最後の方では、真剣な様子でじっと前のめりになって舞台に向かっていました。

公演後には「この機会にいろんなことを子供たちには経験させたい」という先生の熱い思いから、

舞台道具の撤去作業のお手伝いと4つのグループになって交代しながら、座談会も行われました。

限られた時間の中でしたが、時間いっぱい質問をしてくれ、お手伝いも一生懸命に手を貸してくれました。

子供たちは帰り際に声をかけてくれ、「サインをください!!」といろんな感想を伝えにきてくれました。

 

文化庁の公演もあり、第9週目の公演は6ステージを行なってきました。

コロナの心配が増していく中、「子供たちのために、今年こそ!!」と先生方が決心した公演が、

一人一人の子供たちの出会いや何かの発見に繋がっていることが伝わってくる公演でした。

そして何より、子供たちやその姿を見ている先生方、保護者の方々がものすごくこの時間を楽しんでいました。

来週、文化庁の公演で、4月から始まった「ヘレン・ケラー〜ひびき合うものたち」の旅は千秋楽を迎えます。

しかし、まだまだ私たちの旅は続いていきます。

コロナに負けず、待ってくれている人たちの元へ向かえる身体を持ち続け、

一つ一つの出会いがまた、誰かに繋がることを願いながら、また明日を迎えたいと思います。

 

 

 

アニー・サリバン役

高階 ひかり

 

 

 

 

 

 

 

 


2022 『Touch~孤独から愛へ』春ツアー その9

2022-07-17 05:44:37 | トピックス

7月11日(月) 【島根県】隠岐高校・隠岐水産高校

        12日(火) 【大阪府】泉北高校

        13日(水) 【大阪府】藤井寺高校

        14日(木) 【兵庫県】八鹿高校

        15日(金) 【大阪府】淀川工科高校

 

隠岐高校・隠岐水産高校

島内にある2校の高校の合同鑑賞会で、2019年のヘレン・ケラー以来4度目の風の上演でした。

午前開演ということもあり、生徒の皆さんは現地集合。集合時間よりもだいぶ早くから来ている生徒さんの姿も多くあり、公演を楽しみにしてくれていることがうかがえます。担当の先生も「みんな、今日の演劇を楽しみにしていました。」と、笑顔で話してくださいました。

約700席に少し間隔を空けてほぼ満席の客席。保護者の方も何人か参加してくださいました。公演は、時折笑い声が聞こえながら、リラックスして見てくれていました。

カーテンコールでは、生徒会長さんから「最後のシーンが印象に残りました。大切な人を失って初めて自分の素直な気持ちに気付くというのは、なんか悔しくて、鳥肌が立ちました。」と、率直な言葉を送ってくれました。そして、綺麗なひまわりの花束をいただきました。

公演後には舞台見学が行われ、呼びかけると両校合わせて40人もの生徒さん、先生方が参加してくれました。

「こういう小さな道具ひとつひとつが舞台をつくっているんですね。」と空き缶を眺めて話してくれる生徒さんや、自前のカメラで色んなところを写真におさめている生徒さんもおり、皆それぞれに見学の時間を楽しんでくれていました。

最後はみんなで記念写真。皆さんにとってのいい思い出として残ってくれたらと思います。

 

泉北高校

2020年から延期しての上演で、風の上演は初めての学校です。

「やっとこの日を迎えることができました。生徒も教員も楽しみにしていますので、どうぞよろしくお願いします。」と、担当の先生が打ち合わせの時に話してくださいました。僕たちも皆さんとどんな出会いがつくれるのか楽しみです。

公演は終始よく集中して、しっかりと見ているといった様子が印象に残りました。

公演後には終演後の呼びかけで舞台見学が行われました。本番のときとはうって変わって、好奇心全開で、はしゃぎながら舞台を見学してくれていました。

「一番後ろから見ていましたけど、遠くからでも、台詞のことばが心に入ってきました。」「一番前で生徒と見ていましたが、表情や息づかいも感じられてすごい迫力でした」と、生徒に混じって一緒に見学をしていた先生方も、まるで少年少女のように興奮しながら劇団員に感想を話してくださいました。

「こうやって、見終わったあとに舞台を見学させてくれるところは今までなかったです。きっといい思い出になったと思います。」と、話してくださる先生もいらっしゃいました。

その後、男子生徒が一人「話を聞きたいです。」ということで急遽座談会が開かれ、ハロルド役の柳瀬とマンツーマンでじっくりと話をしていました。

三年生は文化祭で演劇の発表があるそうです。今回の公演で感じたことを是非自分たちの発表でも活かしてもらえたらと思います。頑張ってください。

 

藤井寺高校

こちらの学校も2020年からの延期の学校で、風は2001年のヘレン・ケラー以来、三度目の上演になりました。

開演前、担当の先生が舞台に立ち「今回の公演は元々三年前に立ち上がった企画でしたが、コロナで今年まで延期になってしまいました。劇団の方も、お待たせしました。と、エネルギーを溜め込んでこの藤井寺までお越しくださいました。みなさんの拍手で、盛大にお迎えしましょう。」と、大きな拍手で開演。本番が始まると、ジッと舞台に目を向け、見入ってくれていました。

終演後は、その場の呼びかけで集まってくれた生徒さんとの舞台見学が行われました。公演前の打ち合わせで、「舞台見学ですが、あまり集まらないんじゃないかな。」と、担当の先生はおっしゃっていましたが、予想に反してたくさんの生徒のみなさんが興味を持って参加してくれました。先生も驚いていました。

みんなで集合写真を撮ったあとは、客席で座談会が行われました。

くじ引きで、文化祭で劇を発表することになったクラスの生徒さんだということです。この日感じてくれたことを自分たちの芝居づくりに活かしてもらえればと思います。文化祭、目一杯楽しんでください。

 

八鹿高校

こちらの学校も2020年から延期になった学校です。

去年オープンしたばかりのあたらしい会館での初めての演劇鑑賞会です。

進行は放送部の生徒さんが担当。少し緊張した面もちでしたが、立派に進行をつとめてくれました。

開演前に、校長先生が「コロナで延期を重ね、3年越しにようやく演劇鑑賞会を実施することができました。まず、それがとてもうれしいです。みなさん、しっかりと楽しんで見てください。」と、生徒のみなさんに熱く語りかけていました。

その熱を感じてか、本番は生徒のみなさんが舞台へ食い入るように視線を向けてくれているのが印象的でした。

カーテンコールでは、生徒自治会長さん(八鹿高校では、いわゆる生徒会長のことを生徒自治会長と呼ぶそうです。)が、「演技、舞台セット、見せ方と、すべてに驚かされました。貴重な経験をありがとうございました。」と、堂々と話してくれました。

終演後には舞台見学を行いました。この学校も当日の呼びかけでしたが、舞台を埋め尽くすくらいたくさんの生徒のみなさんが舞台に上がり、熱心に見学をしていました。担当の先生も「こんなに集まるものなんですね!」と、驚きながらもうれしそうに話してくださいました。

舞台見学のあとは、何人かの生徒さんが代わる代わる座長の柳瀬に質問をしたり、交流をして会場をあとにしていました。

この日の公演が、みなさんのいい思い出になってくれたらうれしいです。

 

淀川工科高校

今旅の千秋楽(ツアーの最後の公演)の学校です。2014年のジャンヌ・ダルク以来3回目の風の公演ですが、こちらも2020年から延期を続けてようやく今年実施することができました。担当の先生もずっと鑑賞行事を担当されている先生で、「ずいぶんお待たせしてしまいまして、やっと生徒たちに見せられます。楽しみにしてます。」と、お互いにやっと公演が実現できたことを喜び合いました。

開演前には、教頭先生が舞台に立たれて、「人と人の触れ合いを大切にしている作品だと聞きました。きっと見終わったあとには、みなさんの心に変化があると思います。しっかりと鑑賞しましょう。」と、舞台と客席への期待のことばで開演しました。

舞台で起こる出来事を前のめりに見つめている姿が印象に残っています。

カーテンコールでは、生徒会長さんが、気持ちが昂った様子で、「今まで見てきた演劇のなかで、一番迫力があって素敵な演劇でした。本当にこうして見る機会をつくっていただき、ありがとうございました。」と、素晴らしい感想を述べてくれました。

公演後には、舞台見学と座談会が行われました。「なかなかない貴重な機会」と、小道具や舞台セットをすみずみまで真剣に見てくれていました。座談会も、質問に答える柳瀬に対して、真剣に耳を傾けてくれていました。

約3ヶ月に及ぶ春の旅が終わりました。今回もやむなく延期をすることになってしまった学校もありましたが、おかげさまで52回の公演を行うことができました。これも、これまでに学校と劇団とで、「どうやったら公演を実現できるか。」を時間をかけて話し合ってきたことが、実を結んだ結果だと思います。その源には、「コロナ禍で入学してきた生徒たちに、何か思い出を残してあげたい。」という先生方の想いがあり、その想いに旅の制作をするなかでたくさんふれてきました。先生方の想いに応えるためにも、そして、楽しみに待っている若い観客たちのためにも、自分たちにできることをしっかりとやり抜き次の旅へ歩みを進めていきます。

佐藤勇太(フィリップ役)


2022年『Touch〜孤独から愛へ』春ツアーその8

2022-07-12 07:58:19 | トピックス

4月下旬から始まった、『Touch〜孤独から愛へ』の春のツアーも今週、そして来週までと残りわずかとなりました。 たくさんの出会いを繋げながら迎えた今週は、

7月5日(火) [山口県]早鞆高校 下関市民会館

7月8日(金) [島根県]安来高校・松江養護学校安来分教室

早鞆高校

今週はじめは、早鞆高校での公演でした。 早鞆高校では、2007年に『ハムレット』、2010年に『肝っ玉おっ母とその子供たち』、2012年に『ヘレン・ケラー』を公演しています。 10年ぶりの再会となった公演です。 早鞆高校では芸術鑑賞行事は、一昨年に予定されていたのですが、コロナの影響により、今年へと延期をした公演でした。 根気強く公演を繋げ、そして、今日へと決断をしてくださった先生方に心より感謝を申し上げます。

開演前には、担当の先生方、そして一足早く、進行の打ち合わせに来た生徒会の生徒さんが、緊張しながらも、今日の公演を楽しみにしてくれていた想いを伝えてくれました。

午前の開演となった会場に、元気に入場する生徒さんたち。

900人の生徒さん、先生方、そして、数名の保護者の方々が客席を目一杯使って観劇しました!みんなで一緒に過ごせる時間が限られて来たという状況のなか、友達や先生たちと入場する生徒さんたちの姿から、ワクワクとした様子が伝わってきました。

 

 

開演前には、"みんなには、自分の目で見て、聴いて、感じて、自由にリラックスしてほしい。"とい先生の言葉と会場に響き渡る大きな拍手で開演しました。 公演が始まり、物語が進んでいくにつれて、熱気を帯びてくる会場。

終演後には、生徒会長さんの"今日は、本当にありがとうございました。私も、友だちと支え合いながらこれからの学校生活を送りたい"という素敵な挨拶と、とても綺麗な花束を貰いました。 撤去作業が終わった後は、この舞台で早鞆高校の吹奏楽部のみなさんが練習に使うとのこと。 撤去作業が終わった後、吹奏楽部の生徒さんが、"今日はとっても楽しかったです!みなさんも頑張ってください!"と力強く想いを伝えてくれました。ありがとうございました!!

安来高校・松江養護学校安来分教室

今週2日目の公演は、安来高校・松江養護学校安来分教室の公演です。

この学校では、1992年に『星の王子さま』、1994年に『Touch』、2010年に『肝っ玉おっ母とその子供たち』を公演しており、今回で4回目の公演となりました。
雨の中ではありましたが、傘をさしながら元気よく入場する生徒さんたち。
会場に足を踏み入れた生徒さんたちからは、“すごい!”、”楽しみ!“という声が聴こえてきました。
本番が始まると、声を出して笑ったり、時には、真剣な眼差しで舞台に向き合っている姿がありました。
終演後には、生徒会長さんから、“劇を観るのは初めてでした。前の席に座っていて、圧倒されました。劇の感想は、トリートにハロルドが父親のように接していたように感じたところです。”と、素敵な挨拶と素敵な花束を頂きました。
終演後には、演劇部の生徒さんたちによる舞台見学と座談会が行われました。
演劇部の生徒さんたちは、ついこの間、学校での発表を行ったそうです。役者やスタッフと目を輝かせながら、舞台や小道具に触れたり、話をする演劇部の生徒さんたち。
また、現在3年生の演劇部の部長さんは、1年生の時に、学校に訪れていたトリート役の佐野と会い、今回の公演での再会をとびっきりの笑顔で喜んでくれていました。
舞台見学が終わり、ハロルド役の柳瀬との座談会では、まっすぐな眼差しで、質問をしたり、話を聴いたりと熱い時間が流れていたように感じました。
今回の公演を繋げて下さった先生方に心より感謝申し上げます。
 
『Touch〜孤独から愛へ』春のツアー公演も残るところ来週が最後の週となります。
出会ってきた、先生方、生徒さんたちの想いや眼差しや表情や姿を胸に刻み、来週の公演へと繋げていきます!!

文:倉八ほなみ(スタッフ)