風のBLOG

東京演劇集団風の時事通信!
公演情報や稽古場速報、全国巡回公演の情報など
日々の出来事を速報!!

レパートリーシアターKAZE 5月公演 『窓辺の馬』

2024-04-01 11:29:51 | レパートリーシアターKAZE

 


レパートリーシアターKAZEは「跳躍! 不可能なものの可能性へ ——」と題し、
マテイ・ヴィスニユック3作品連続公演2024を企画しました。
第1作目は『窓辺の馬』を上演します。
2017年の初演から7年、よりアクチュアリティをもって私たちに響いてくるこの作品に
全力で向き合っていきたいと考えています。ぜひ、お立会いください。

 

 

 

窓辺の馬 Les Chevaux à la fenêtre

家族の日常と〈別れ〉をユーモラスかつダイナミックに描いた、戦争の寓意劇

 

作:マテイ・ヴィスニユックMatéi Visniec 翻訳:川口覚子
演出:ペトル・ヴトカレウPetru Vutcărău
〈モルドバ共和国/国立ウジェーヌ・イヨネスコ劇場 芸術監督〉

開演: 5月4日(土祝)~6日(月) 14時
出演:中村滋
   石岡和総/白石圭司/緒方一則
   柴崎美納/亀澤美未/倉八ほなみ


舞台美術:ペトル・ヴトカレウ/ボリス・ゴレアBoris Golea
     〈モルドバ共和国/国立ウジェーヌ・イヨネスコ劇場〉
作曲・音楽制作:セルジウ・スクレレアSergiu Screlea
    〈モルドバ共和国/国立ウジェーヌ・イヨネスコ劇場〉

照明:坂野貢也 音響:上田舞子 舞台監督:佐田剛久 

芸術監督 浅野佳成

著作権代理:フランス著作権事務所 
後援:在日ルーマニア大使館/在日モルドバ大使館/中野区

 

繰り返される戦争の歴史、繰り返される“別れ”の物語

使者が戦場からの〈死の報せ〉を持って現われるのは、三つの時代、三人の女たち — 母、娘、妻が待つ部屋。物語るのは、英雄の陰で死んでいった名もない男たちと残された小さな家族が繰り返す、悲しくも奇妙な〈別れ〉。蛇口からは黒い水が流れ続け、窓の向こうでは馬たちが凶暴さを増していく―

 

 

会場:レパートリーシアターKAZE 東京都中野区東中野1-2-4
アクセス:JR「東中野駅」東口より徒歩8分/地下鉄「中野坂上駅」A1出口より徒歩8分

入場料:当日 4000円/前売 3800円/学生 3300円/小中高生 2000円 [全席自由]  
    (中野区内の小中学生は500円割引です)
    * 13:00より受付を開始し、入場整理券をお渡しします。開場は13:45です ( 舞台見学あり)
     13:30より、配慮が必要な方の先行入場があります
    * 車椅子ご利用、補助犬をお連れの方、駅から劇場へのサポート、台本の貸し出し等が必要な
      方は事前にお知らせください  舞台手話通訳、音声ガイド、字幕のサポートはありません


チケットのお申し込み・お問い合わせ:東京演劇集団 風
Tel.03-3363-3261[代](平日10:00~18:00  土日・祝日を除く)Fax.03-3363-3265
E-mail:info@kaze-net.org URLhttp://www.kaze-net.org/ticket
(インターネットでのお申し込みは観劇希望日の3日前まで)


マテイ・ヴィスニユック3作品連続公演2024【8月公演】

8月10日~12日

『なぜ ヘカベ』 
構成・演出:江原早哉香
出演:辻由美子 他 劇団員総出演

途切れることのない母親の叫び
盲目の老人が語る、トロイアの女王ヘカベの物語。演劇のはじまりを問い、現代と切り結ぶ〈風の新しいギリシア悲劇〉として書き下ろされたオリジナル作品。
2023年、第25回テアトロ演劇賞・特別賞受賞(辻由美子)


8月30日~9月1日

バリアフリー演劇『ジャンヌ・ダルク—ジャンヌと炎』
演出:浅野佳成
出演:髙階ひかり、中村滋、白石圭司、佐藤勇太 他

いま、ひとりの少女が声を上げた—
障害のある人もない人も皆で一緒に楽しめるバリアフリー演劇の新作。
旅役者たちが語る、羊飼いの少女ジャンヌの物語。人々の幸福、願いに声を上げた少女の姿を描いた、マテイの書き下ろし作品。「すべての人は、たとえ小さくても心に炎をともしている」


3人の演出家によるマテイ・ヴィスニユック3作品の上演で、
再びヴィスニユックの世界に深く踏み込んでゆきたいと思います。
ご期待ください。

 

 

 

 


『ヘレン・ケラー 〜ひびき合うものたち』 秋の九州ツアー最終週

2023-12-27 14:10:45 | 全国巡回公演
12月21日(木)【鹿児島県】垂水高校 垂水市文化会館
 
9月から3ヶ月間各地を巡演してきた『ヘレン・ケラー〜ひびき合うものたち』の旅。いよいよ千秋楽を迎えました。
今年最後の公演は鹿児島県立垂水高等学校でした。垂水高校は劇団創立の翌年(1988年)から度々公演に訪れている学校です。最近では2020年にもコロナ禍の中、先生方の熱い想いに支えられて『Touch』の公演を行いました。
担当の先生方は3年振りの再会をとても喜んで下さいました。
開演前には校長先生のお話がありました。「ひびき合うものたちというタイトルの意味をぜひ考えて下さい。何と何がひびき合うのか、どのようにひびき合うのか。そして自由に、それぞれの感性を使って見て下さい。」
公演中は生徒の皆さんの様々な反応、それぞれの表情が伝わってきました。
カーテンコールでは代表の生徒さんが「誰かとひびき合うことで 成し遂げられることがあると思いました。」と力強い言葉を贈ってくれました。
 
 
 
 
 
短い時間でしたが、舞台の道具に触れてもらうこともできました。幕間休憩ではビニー役の清水菜穂子が生徒の皆さんを舞台に上げてポンプの水を出してもらい盛り上がっていました。
公演後には希望者の皆さんが舞台見学をし、「なぜ舞台が斜めになっているのか?」「背景の絵はどうやって描いたのか?」など質問をしてくれました。
そして、ヘレン役の倉八ほなみ、サリバン先生役の高階ひかりが座談会を行いました。九州出身の若く情熱のある2人に生徒の皆さんは嬉しそうにたくさんの質問をし、気持ちを伝えてくれました。
全てを終えた後、この公演にご尽力下さった担当の先生から「生徒たちがこんなに喜んでいる姿を見れて、こんな機会はなかなかない子どもたちなので、本当に来てもらえて良かったです。」と言葉をいただきました。
 
 
 
3か月の旅を終えて、劇団員一人一人の中に、これからの活動への意志が新たに生まれる出会いを重ねた旅だったと思います。
この旅でお会いできた皆様にとって、何か一つでも大切なものに出会える時間であったなら。そしていつかまた元気な姿で再会できることを願っています。
 
文:稲葉礼恵(パーシー役)

『ヘレン・ケラー~ひびき合うものたち』秋の九州ツアー 第10週目

2023-12-22 09:19:05 | 全国巡回公演

12月13日(水) 【福岡県】浮羽工業高校 同校体育館

12月14日(木) 【福岡県】八女農業高校 同校体育館

 

浮羽工業高校

今週の始まりは、浮羽工業高校での公演です。浮羽工業高校での風の公演は、今回で5回目、そして、2019年の『Touch』の公演から3年ぶりの公演となりました。

体育館が2階ということもあり、前日からの搬入作業を行いました。

体育館に着くと、なんと、野球部、演劇部をはじめ、たくさんの生徒さん方や先生方がお手伝いに駆け付けてくれました。また、以前にもお世話になった先生方も声をかけて下さり、再会を感じる時間ともなりました。作業の最中、公演を楽しみにしてくれていたことを伝えてくれたり、友達と声をかけ合いながら、チームワークもばっちりに作業を手伝ってくれる姿に支えられ、予想を超える、あっという間の時間に終わりました。

公演当日の本番では、元気な声で入場する生徒さんたち。ですが、本番が始まると、間数愚な眼差しで舞台で起きていることをとらえながら、時には笑いながら、時には、友達と反応しながら、思い思いに向き合ってくれる姿がありました。

終演後にも、たくさんの生徒さんがお手伝いに駆け付けてくれました。

また、撤去作業が終わった後には演劇部の生徒さんが声をかけてくれ、これから新たな作品作りに取り組んでいること、そして、なにより、仲間と遺書に“楽しかった”と喜び合える公演を創りたいと、とても胸の熱くなるような言葉を語ってくれました。

先生方の熱い想いと再会、そして、生徒さんたちの生命力あふれる姿に支えられた公演となりました。本当にありがとうございました。

 

八女農業高校

八女農業高校では、風は今回、4回目の公演です。

公演の日を、生徒さん方と楽しみにして下さっていたと語ってくれた先生方。

八女農業高校の皆さんから、皆さんが作られた、お茶とお菓子を頂きました。デザインもとても素敵で本当に美味しかったです。公演への活力になりました!本当にありがとうございます!

開演前に、何人かの生徒さんが、舞台をのぞきにきてくれました。

その生徒さんのなかには、以前小学校で、『星の王子さま』の公演を観たという生徒さんと出会いました。“あの頃は、小学校低学年くらいでしたが、覚えてます!”と話してくれました。また、先生方のなかには、前任校で風の公演を観られた先生、そして、高校生の時に学校で公演を観られた先生もいらっしゃり、声をかけてくれました。

時間を経て、またさまざまなかたちで再会をすることが出来たことは、私たちにとって、嬉しく、かけがえのないもののように感じました。

本番が始まると、客席もとてもリラックスした姿で全身で舞台を感じて、一瞬一瞬を一緒に創ってくれる姿に支えられた時間でした。終演後にも、たくさんの生徒さんが、お手伝いに来てくれたり、寒いななかにも関わらず、じっと舞台がなくなてゆく様子を一生懸命に観察してくれている生徒さんたちの姿に支えられました。

その最中にも、学科の説明やその中で今自分が取り組んでいること、将来の夢、未来はわからないけど、こういうことをやりたい、とたくさんの想いを生徒さんが語ってくれました。ひとりひとりの、皆さんの姿は、本当に輝いていました。たくさんの言葉と姿に支えられた公演となりました。本当にありがとうございました。

9月から始まったツアーも、来週が最後となりました。

一回一回が、たくさんの出会いとつながりから産まれた時間だったと感じる公演でした。公演をつなげ、ささえて下さった、皆さんに心より感謝を申し上げます。本当にありがとうございました。

 

文:倉八ほなみ(ヘレン・ケラー役)


『ヘレン・ケラー~ひびき合うものたち』秋の九州ツアー 第7週目

2023-12-13 11:08:26 | 全国巡回公演

11月13日(月)【佐賀県】 佐賀女子高等学校 同校体育館

11月15日(水)【鹿児島県】 国分中央高等学校 霧島市民会館

 

佐賀女子高校

この学校は、1990年に『星の王子さま』、1998年と2015年に『ヘレン・ケラー』、2018年に『Touch』を上演していますが、それ以降コロナの影響もあって、芸術鑑賞行事が実施されていなかったとのことです、800人を超える生徒さんたちの期待感が高まりが、舞台裏の私たちにひしひしと伝わってきました。

担当の先生の諸注意のあと、開演を知らせるチャイムが鳴ると、場内は水を打ったように静まり返りました。

食い入るように舞台を見つめる生徒さん達。

ときおり聞こえる笑い声や、驚きの声、しっかりと共に舞台を創ってくれています。

終わった後のカーテンコールでの、生徒さんのお礼のことばは、「私は将来、保育士を目指していますが、サリバン先生のような、すてきな教育者になりたいです。感動をありがとうございました。」と語ってくれました。

撤去作業にかけつけてくれたたくさんの生徒さん達。

いっぱいの笑顔がありました。どうもありがとう!

「また、来てください」の声に送られて、体育館をあとにしました。

 

国分中央高校

ここは、1990年と1995年に『星の王子さま』を、そして、2014年に『ヘレン・ケラー』を上演した学校です。

女性の校長先生のユニークなお話から、スタートしました。

「ヘレン・ケラーがあなたたちの年令になったのは、およそ何年前でしょういか?3択で答えてください。①85年前、②105年前、③125年前、さてどれでしょう?①と思う人は手を挙げて下さい!」考える生徒さんたちのざわめきが聞こえます。正解は③の125年前。挙手した人が一番多かったようです。続けて、今日の鑑賞にあたって、3つのことを提案されました。①ヘレン・ケラーに理解を深めること、②演者の表現から何を学ぶか、③観る側の鑑賞力の大切さ。

先生のお話を聞いたあとの客席は、すっかりくつろいだ空気が流れています。

大きな拍手で、『ヘレン・ケラー~ひびき合うものたち』がスタートしました。

シーンとしながらも、やわらかな客席。校長先生の思いが生徒さんひとりひとりに伝わり、演じている私たちにとっても、心地良い空間でした。

都合により、バックステージツアーも、座談会もできませんでしたが、明日につながる「元気」をもらうことができた公演でした。

文:酒井宗親(アーサー・ケラー役)

 


『ヘレン・ケラー~ひびき合うものたち』秋の九州ツアー 第9週目

2023-12-11 16:01:49 | 全国巡回公演

早いもので、秋の旅公演もゴールが見えて来ました。

 

12月4日月曜日【鳥取県】鳥取県文化振興財団主催

             中央高等学園専修学校 大栄体育館

12月8日【長崎県】小浜高校 同校体育館


中央高等学園専修学校

約2ヶ月半ぶりの本州は鳥取県での公演でした。
前日、6時間ほどかけて福岡県から移動してきました。

鳥取県文化振興財団アルテプラザの主催、数年前から鳥取県での上演を企画して下さっています。
今回は鑑賞校が中央高等学園専修学校、公演場所は学校からほど近い大栄体育館。

朝から仕込みをし、13:30開演。
開場中は自由にバックステージツアー、俳優やいろいろな道具に親しんでもらいました。

開演前には理事長先生が教育の真髄は心と心の交流。
ヘレンとアニーにどのような心の交流があったのか観てほしい。など温かい思いを受けて開演。

生徒さんたちは控えめながら笑ったり、友人と話したりしながら、しっかりと向き合っていてくれている態度を見せてくれました。

カーテンコールでは代表の生徒さんから「こんなに近くで生の演劇を観られて貴重な経験になりました。」という言葉をもらいました。

終演後は数人の女子生徒さんたちが撤去のお手伝いをしてくれました!

小浜高校

再び九州に戻ってまいりました!
小浜高校は6回目の上演です。

前日は宿泊した小浜温泉でゆっくりお湯を堪能し、名物の黒たまごで英気を養いました。
これも旅公演の楽しみのひとつ。

よし!今日もやるぞー!と学校に向かったところ、体育館の前にたくさんの生徒さんたちの姿が!

何と!野球部と生徒会の皆さんがお手伝いをしてくれるべく、いまか今かと待ち構えていてくれました!

私たちのテンションは爆上がり!
元気に挨拶を交わして、早速作業に取り掛かりました。

ちゃっちゃと運び入れてくれて、あっという間に搬入終了。


担当の先生からスタートのひと言と生徒さんたちの拍手をいただき、開演。

少し冷え込む状況でしたが、終演までとても集中して観てくれました。

カーテンコールでは代表の生徒さんから「演劇は初めて観たのですが、近くで観られて、楽しくて、いい経験になりました。」とメッセージをもらいました。

撤去作業にはバレー部、バドミントン部、卓球部、柔道部と有志の皆さんが積極的にお手伝いしてくれました。


今週も公演実現に向けて尽力下さった先生方、一緒にその場、その時間を創ってくれた生徒さんたち、作業を手伝ってくれた生徒さんたちに心からの感謝を申し上げたいと思います。

本当に本当にありがとうございました。

皆さんとの大切な出会いをエネルギーにあと2週間、ゴールに向けて“風"は駆け抜けます。

ケート・ケラー役 仲村三千代